デュエル リンクス 超重 武者。 遊戯王 デュエルリンクス フューチャー・ホライゾン

ジャックジャックのデッキ備忘録⑬~漢ジャックジャック・不動のデュエル~|ジャックジャック|note

デュエル リンクス 超重 武者

スポンサードリンク MVPはピン差しのカイクウくん。 こいつを出すだけで面倒な不知火や超重武者を完封できるのは脅威的。 そしてこのデッキの強みはそれらのパーツはそのままワンキルに転用できる点。 具体的にはカイクウ含め魔導陣により相手のメインフェイズを制圧、 仮にカイクウが突破されてもメインフェイズは終わっているため相手は再展開することができず、 エンド狡猾エンドコズサイにより場を空けて、 マジシャンズナビゲートによりワンキル打点を揃えて自分ターン突入、というのが理想の動き。 仮にコズサイにより相手の魔法罠を潰しきれなくても、マジシャンズナビゲートの墓地効果により封殺が可能なので問題ありません ではより細かく動きを見ていきます。 このデッキの切り札、カイクウ。 仮想敵は墓地効果を多用するデッキ、不知火やブラマジなど。 このモンスター単体でボードアドを取ろうとするのではなく、相手のテンポアドバンテージ 展開速度 を狂わせ こちらのワンキルに持っていくために採用しています。 例えば不知火の場合、こいつを置いておくだけでメインフェイズ中のカイクウ突破手段はかなり限定されます。 加えて魔導陣か狡猾があれば、まず次のターンまで相手はまともな展開が出来なくなるでしょう。 変わったところでは相手の召喚魔術にチェーンして「マジシャンズナビゲート」でこのモンスターを出すことで、 墓地のカードを素材にできずわ手札や盤面のモンスターを素材に使わせることを強要できます。 相手の消耗具合によっては融合することさえできなくなるでしょう。 とまあこいつの役割は、基本的に「少なくとも相手バトルフェイズまで棒立ちしててもらうこと」に尽きます。 相手ターンの動きばかりを記載してきましたが、当然自分ターン中もその制圧力は強力そのもの。 ラヴァル罠カードにより発生する不知火の除外時効果や、カイトロイド等の効果の一切を封じることができます。 とまあとにかく環境に刺さっており、こいつを入れておくだけで勝ち筋が増えるのは大きなポイント。 マジシャンズナビゲートのお供となる闇属性魔法使い族モンスターの採用候補としては現状こいつがダントツだと思います。 例の墓地除外できるチューナーも面白いですが、遅い上に弱いので スポンサードリンク 続いてはこちら。 まあこれに関しては私が触れるまでもなくみなさん複数採用されていると思いますが、ちょくちょく採用すらしていない方も見かけたので一応。 ブラマジミラーにおける強烈な勝ち筋は「ティマイオス」により召喚される「ブラックキャバラリー」です。 こいつが出ればほぼ勝ち確と言っていいレベル …ですが、こいつに関しては毎試合そう都合よくは出せませんし出させません。 もちろん相手側もそうでしょう。 そこで次なる勝ち筋となるのが「魔導陣による継続除去」。 これは厄介です。 一度型に嵌められればこちらがヒィヒィ言っても除外をやめてくれません。 ティマイオスよりも容易にコンボを決めることができ、リターンも大きいです。 したがって魔導陣に対する汎用性の高い対策を仕込む必要が出てきます。 それこそがコズサイというわけです。 ブラマジミラー以外でも基本的に腐ることはない 超重武者相手にすら装備化したモンスターを飛ばすという役割を担えます ですが、 唯一刺さらない相手が不知火。 環境2大トップのうち、ブラマジにはぶっ刺さるコズサイが不知火には全く刺さらない、というのも面白いですが、 不知火に刺さらないからと言って抜けるカードでも無いため、引き続きフル採用。

次の

【デュエルリンクス】超重武者デッキのレシピと回し方・対策

デュエル リンクス 超重 武者

グレートウォールで3700の守備モンスターというだけで十分強 いですからね。 コブCを入れない事でその分、他の初動カードや 超重武者装留をデッキに入れることもできます。 どちらも召喚権を使わずSSできるので1体目の 超重武者Sを作った後に手札に揃っていれば 2体目の超重武者Sをシンクロすることができます。 相手の妨害を踏み越える 超重武者は 底なし落とし穴や カナディアのような妨害される札に弱いです。 相手が明らかにそのような妨害札を伏せている時に あえて踏みに行ってから後続を出しに行くというプレイングなどで使えると思います。 ですが手札枚数的にもそんな余裕がある場面はあまり無さそうなので若干空論かな?と思わないこともないです笑 超重武者の戦い方 超重武者の戦い方について解説していきたいと思います。 戦い方によってデッキ構築をいじっていく必要がありそうです。 シンクロまでの過程で 防御札となる超重武者を墓地に落としつつ、手札に 超重武者Sをサポートする 超重武者装留を手札に集めます。 後半の息切れに注意 チュウサイ、 イワトオシなどで必要パーツを前半でかき集めるので 後半息切れしがちな印象です。 シュテンドウGビート 相手のバックを全ブッパして殴る シュテンドウGから上級のシンクロ体に繋ぐのにひと手間かかるため もうシュテンドウGでビートしてけばよくね?っていうデッキです。 実際に相手のバックを全ブッパできる効果はものすごく強くてバックを多くひいておきたいデッキなどに非常に有効です。 グレイトウォールで3700の化け物に 守備力が2500と、少し物足りないステータスですが グレイトウォールを装備するところまでが成立していれば バックがない状態で3700打点が立ってるので相手にとっては脅威になります。 ダブルホーンを装備できればそのままゲームエンドということも。 グロウVワンキル グロウVに着目したカウンター戦略 グロウVの防御性能はかなり優秀でデッキ操作した後欲しいカードを手札に加えらるのでドローを含め 5枚の中から好きなカード2枚を手札に加えられる効果とも言いかえられます。 この戦い方の場合あえてシンクロしないで グロウVの効果を使ったあと 忍ACをシンクロ召喚して グレイトウォールを装備させて4000ライフ削り切るというカウンター的な戦い方が有効そうです。 初見殺し的なところも・・・ ただ、今は新テーマと言うことで効果を知らない人が攻撃してくれたりしますがみんな慣れてくると墓地に グロウVがいる状態で対策もなく攻撃してくれなくなります。 若干 初見殺し的な戦い方ではあります。 上の2つの戦い方に比べて グロウVを3積みしたり グレイトウォールを多めに入れたりと少し特殊な構築になりそうでう。 僕もそう思います。 苦手な環境デッキが多い 環境デッキに苦手なテーマが多いのが 致命的に逆風です・・・ とりあえずすぐ裏側にしてくる モーレフがいる エレメント召喚獣が苦手です。 そして効果を無効にしてくる 堕天使が苦手です。 さらに最近だと 不知火も カナディア底なしてんこ盛りなことが多く展開させてもらえずそのまま負けというのが多いです。 超重武者の弱点は? 裏側などにする効果に超弱い カゲボウCなどで カナディアなど対策できるもののそれでも 裏返されるのにはやはり弱いです。 致命的なのが初動の イワトオシ装備のタイミングなどで裏返されるとアド損がハンパないです・・・ バック除去が積めない やはり 超重武者の 魔法罠が積めない制約がリンクスの環境では厳しそうです。 いまどきバック除去が積めないのはやはりどうにもならない感がすごいです。 シュテンドウGの除去効果はすごいですがそもそも シュテンドウGが出る前に潰されます・・・ 超重武者Sが言うほど鉄壁じゃない なんとかして出せた 忍ACや シュテンドウGが脆いというところがあります。 忍ACは破壊されても墓地蘇生できる効果がありますが次ターンスタンバイフェイズというのが遅く感じることがあります。 また破壊せず除去する方法は今時少なくなく せっかく出したS体があっという間に除去られる事が多いです。 守備力が基本的に3000ないのも環境的に足りてない感が否めません。 防御札がイマイチ カゲボウCや グロウVなど防御手段は一応ありますが、墓地にあるのは相手もわかっているのでそれをふまえて乗り越えてくるプレイングをしてくるので 牽制にはなるけどそこまで防御手段としては有効ではないです。 今は実装間もないので効果を知らずに攻めてくる人も多いですが2週間くらいしたら引っかかる人はさらに減るでしょう・・・ 環境を考えた最適解の構築がまだ見つかっていない 純構築だと厳しい結果に・・・ 上述した通り 超重武者は純構築だと弱点も多く、結構厳しそうな印象です。 ですがまだ実装されたばっかで現構築が最適解という事はないと思うので 今後試行錯誤を重ねられ今より強くなる可能性は十分にあると思います。 クリスロンや他のデッキと組ませるか 今後考えられる構築として クリストロンと組み合わせる構築などが考えられます。 クリストロンはフルモンに近い構築にできて、相手ターンにもシンクロ出来たりと相性が良さそうですね。 クリストロンS以外の汎用S体を調整することで 超重武者Sも無理なく入れる事ができます。 相手ターンに シュテンドウGブッパしてやりたいですね。 今後このような構築も色々考えられると思いますが 超重武者が最適解の構築にたどり着くにはまだ時間がかかりそうです。 まとめ ここまで 超重武者の戦い方や回し方について書いてきました。 結果として今のままではかなり厳しそうではありますが連続シンクロできたりグルグル回せたりと か なり面白い動きのできるテーマになっています! キングになるのには少し厳しそうですがプラチナ帯や月末のレジェンド帯なら十分戦えそうな感じもします。 非常に個性的で面白いテーマになっているので気になっている方は是非遊んでみて下さい。

次の

新テーマ超重武者の戦い方・回し方を解説!【デュエルリンクス】

デュエル リンクス 超重 武者

最新情報! 最新デッキ情報! 遊戯王デュエルリンクスの超重武者 ちょうじゅうむしゃ デッキレシピです。 超重武者デッキのおすすめキャラスキルと相性の良いカード、デッキの回し方やコンボ、対策カード 弱点 を紹介しています。 メインアタッカーが 守備表示のまま攻撃できるため《》や《》《》など、攻撃表示を参照とするカードの効果を一切受けない。 守備力の数値を使用して戦闘するモンスターが多いため相性が良い。 超重武者デッキの必須・代用カード紹介 必須カード紹介 カード名 説明 超重武者のメインアタッカー。 守備力をターン終了時まで半分にすることで直接攻撃ができる。 とを装備することで、ワンキルラインに届く。 超重武者の下級アタッカー。 召喚時に守備表示になり、 効果で攻撃表示に変更することで超重武者装留をサーチできる。 守備表示のまま攻撃ができる点も優秀。 超重武者に装備することで貫通効果を付与。 更にフィールドから墓地へ送られた場合にデッキから自身以外の超重武者をサーチ。 の効果でサーチ可能。 超重武者に装備することで、装備モンスター以外への攻撃を封じる。 装備モンスターをリリースして、超重武者をリクルート。 の効果でサーチ可能。 その他相性の良い代用カード紹介 カード名 説明 墓地に魔法・罠が存在せず、戦闘ダメージを受けた時に手札から特殊召喚。 特殊召喚したターン、戦闘および効果で破壊されないので壁として機能する。 守備力も高い。 超重武者に装備することで2回攻撃を付与。 また、装備状態からフィールドに特殊召喚できる。 単体の性能は低いので注意。 自分が受ける戦闘ダメージを0にできる手札・墓地誘発の防御札。 フルモン構築に無理なく採用できるのでおすすめ。 ホラガ-Eと《》を素材にシンクロ召喚を行うことで、カゲボウ-Cの 超重武者を対象とした効果を無効にして破壊する墓地効果を即座に発動できるため強力。 超重武者デッキの注目ポイント イワトオシとチュウサイのコンボが強力 超重武者モンスターにイワトオシとチュウサイを装備し、チュウサイのリクルート効果を発動することでイワトオシのサーチ効果を誘発できる。 ダイ-8を召喚し、イワトオシかチュウサイの手札に引いていない方をサーチしてコンボを始動させよう。 超重武者デッキの弱点と対策カード 超重武者デッキの弱点 高火力モンスターに弱い 超重武者デッキは《》を開始早々に立てて、広範囲の耐性を生かしながら速攻勝利を目指していく動きが基本となるので、シノビ-A・Cの守備力2800を突破できる高火力モンスターを立てられると形勢不利になってしまう。 その中でも「」は特に相性が悪く、火力面はもちろんやの効果は《》で無効化され、装備カード扱いの《》は《》で除外されてしまうので対策が困難である。 超重武者デッキへの対策カード一覧 カード名 説明 ・ライフを1000払って魔法罠を除外する速攻魔法 ・イワトオシやチュウサイに有効 ・ライフコストが重い ・相手モンスターを裏側表示にして永久ロック ・対象を取らないためカゲボウ-Cで無効化されない ・発動タイミングがやや限定的 超重武者デッキの評価・ユーザーレビュー.

次の