の りえ もん。 りえもんさんのプロフィールページ

利右衛門 (りえもん)

の りえ もん

bia-item. Microsoft. amazon. fr font family was overriden causing button overflow on that particular page. amazon. Star ratings are currently not configurable. This will work as an immediate solution. bia-item. Microsoft. 6 inset; -moz-box-shadow: 0 1px 3px rgba 255, 255, 255, 0. 6 inset; box-shadow: 0 1px 3px rgba 255, 255, 255, 0. bia-item. 2 inset; -moz-box-shadow: 0 1px 3px rgba 0, 0, 0, 0. 2 inset; box-shadow: 0 1px 3px rgba 0, 0, 0, 0. bia-item. bia-item.

次の

www.internetwondersezine.com: 指宿酒造 黒利右衛門 りえもん 黒麹 芋焼酎 25度 1800ml: 食品・飲料・お酒

の りえ もん

略歴 [ ] 、河内国五條(現在の)の蘇我平兵衛の次男に生まれる。 銅精錬・銅細工の修業をし、、五条(松原)に「泉屋」として独立。 からヒントを教わって粗銅からを分離する「」という精錬技術を完成させ、その後、大坂の同業者仲間にも伝授した。 銅精錬のほか、銅山経営や銅貿易にも携わり、の大仏と「国家安康」の銘で知られる用の銅を納入したとされる。 1636年6月29日に亡くなった。 享年65。 墓塔は高倉五條の。 屋号について [ ] 屋号の「泉屋」については、近所のの夢告により「セン」の音が示され、父の蘇我平兵衛の出身地であるから取って泉を充てている。 家族 [ ] 住友政友の姉を妻とし、4男2女あったとされる。 長男のは政友の娘を最初の妻に、義兄の政以の妻の亀を、それぞれの伴侶が亡くなった後に後妻に迎えて住友家に養子に入った。 次男の忠兵衛は浅井に改姓して二条高倉に移転して泉屋を継いだが、その子の忠右衛門の代に事業が住友家に吸収された。 参考文献 [ ]• 「蘇我壽濟翁小傳」『泉屋叢考』第1巻、住友修史室、1951年、 p. 41-66。 向井芳彦「住友氏と蘇我氏」『泉屋叢考』第1巻、住友修史室、1951年、 p. 67-80。 128-133、。 外部リンク [ ]•

次の

利右エ門そば (りえもんそば)

の りえ もん

略歴 [ ] 、河内国五條(現在の)の蘇我平兵衛の次男に生まれる。 銅精錬・銅細工の修業をし、、五条(松原)に「泉屋」として独立。 からヒントを教わって粗銅からを分離する「」という精錬技術を完成させ、その後、大坂の同業者仲間にも伝授した。 銅精錬のほか、銅山経営や銅貿易にも携わり、の大仏と「国家安康」の銘で知られる用の銅を納入したとされる。 1636年6月29日に亡くなった。 享年65。 墓塔は高倉五條の。 屋号について [ ] 屋号の「泉屋」については、近所のの夢告により「セン」の音が示され、父の蘇我平兵衛の出身地であるから取って泉を充てている。 家族 [ ] 住友政友の姉を妻とし、4男2女あったとされる。 長男のは政友の娘を最初の妻に、義兄の政以の妻の亀を、それぞれの伴侶が亡くなった後に後妻に迎えて住友家に養子に入った。 次男の忠兵衛は浅井に改姓して二条高倉に移転して泉屋を継いだが、その子の忠右衛門の代に事業が住友家に吸収された。 参考文献 [ ]• 「蘇我壽濟翁小傳」『泉屋叢考』第1巻、住友修史室、1951年、 p. 41-66。 向井芳彦「住友氏と蘇我氏」『泉屋叢考』第1巻、住友修史室、1951年、 p. 67-80。 128-133、。 外部リンク [ ]•

次の