耳 が 痛い 慣用 句。 体の部分が入っている慣用句・ことわざ・故事成語

耳が痛い(慣用句)って英語でなんて言うの?

耳 が 痛い 慣用 句

体の一部を使う慣用句一覧 によるからの画像 頭、顔、目、鼻、耳、首、腕、手、足など、体の一部を使った慣用句の一覧です。 頭を使った慣用句 慣用句 意味 頭が上がらない 自分より相手の方がすぐれていて、対等ではない様子。 例)〇〇さんはいつもだれよりも早く来て掃除をしている。 頭が上がらないよ。 頭を冷やす 冷静になること。 顔を使った慣用句 慣用句 意味 大きな顔をする えらそうな態度をすること。 顔から火が出る 恥ずかしい思いをして顔が真っ赤になること。 顔をつぶす 世話になった人の名誉を傷つけ、恥をかかせること。 顔が広い 知り合いが多いこと。 顔が利 き く 信用や力があるので、便宜を図ってもらえること。 顔に泥を塗る 相手の名誉を傷つけ、恥をかかせること。 例 「よくも顔に泥を塗るようなことをしてくれたな。 」 面 つら の皮が厚い 図々しい、厚かましいこと。 白い目で見る 冷たい目で見ること。 長い目で見る 温かく気長に見守ること。 目が利く ものの価値がわかること。 目が肥 こ える 良いものを見る機会が多く、ものを見る力が高いこと。 目が高い 良いものを見分ける力があること。 例 「お奉行様、さすがお目が高い。 例 隆一君は甘いものに目がない。 例 彼は人を見る目がない。 目頭が熱くなる 感動して涙が出そうな様子。 目からうろこが落ちる 何かきっかけがあって、物事が分かるようになること。 目もくれない 全く関心がないこと。 例 彼女はぼくに目もくれず、通り過ぎて行った。 目を盗む 人に見つからないようにすること。 例 母の目を盗んではこっそりおやつを食べていた。 目から鼻へぬける ものごとの判断や理解が早いこと。 目と鼻の先 とても近い場所にあること。 目に余る あまりにひどくて、見過ごすことができないこと。 目の色を変える 何かに夢中になったり、怒ったり、驚いたりして、目つきが変わること。 血眼 ちまなこ になる 必死になること。 鼻に関する慣用句 慣用句 意味 鼻が高い 誇りに思っている様子。 例 真矢君が大活躍していて、先生も鼻が高いよ。 鼻であしらう 相手に冷たい対応をすること。 鼻で笑う 相手を見下してあざけること。 鼻にかける 自慢すること。 鼻につく うっとうしくていやになること。 鼻を明かす 相手を出し抜いて驚かせること。 鼻を折る 得意がっている人の心をくじいて、恥をかかせること。 口に関する慣用句 慣用句 意味 口が重い 口数が少ないこと。 口が軽い すぐ秘密を話してしまうこと。 口が減らない 口が達者で、あれこれへりくつを言うこと。 口をはさむ 話に割り込むこと。 口を割る 白状すること。 首に関する慣用句 慣用句 意味 首が回らない 借金やお金がなくて、やりくりできないこと。 首をつっこむ 関心や興味をもって、関わること。 首を長くする 待ちきれない様子。 のどから手が出る 欲しくてたまらない様子。 腕に関する慣用句 慣用句 意味 腕が上がる 上手になること。 腕が鳴る 力を発揮したくてじっとしていられない様子。 腕を磨く 技術や能力を上げるため訓練すること。 腕をふるう 技術や能力を存分に人に見せること。 耳に関する慣用句 慣用句 意味 耳が痛い 自分の欠点や過ちを指摘されてつらいこと。 耳が早い うわさをすばやく聞きつけること。 耳にする 話やうわさを聞くこと。 耳にたこができる 何度も同じ話を聞かされ、聞きあきること。 耳を貸す 人の言うことを聞くこと。 人の相談にのってあげること。 例 宿題は早く終わらせるよう言ったのに、ちっとも耳を貸そうとしない。 耳をすます 注意して聞くこと。 寝耳 ねみみ に水 思いがけない知らせに驚くこと。 手に関する慣用句 慣用句 意味 手があく ひまができること。 手がかかる 世話が焼けること。 手があくひまができること。 手がつけられない どうすることもできないこと。 手が出ない 自分の力ではとりかかることができないこと。 例 あんな高価な時計、手が出ないよ。 手に汗握る 興奮や緊張で熱中している様子。 手に余る 自分の力では扱いきれないこと。 手に負えない 自分の力では扱いきれないこと。 例 真矢君はやんちゃで手に負えない。 手につかない 他のことに心が奪われ、集中できないこと。 手を借りる 手伝ってもらうこと。 手を切る 関係を切ること。 手を組む 仲間になること。 手をこまねく 何もしないで見ていること。 手を引く 関わっていたことから、撤退すること。 手を広げる 事業の規模を広げること。 手を焼く どう扱ったらいいかわからず、手こずること。 手をゆるめる それまで厳しくやっていたことを、手加減すること。 手も足も出ない 自分の力ではどうしようもできないこと。 爪に火をともす 極端に倹約した、または貧乏な生活を送ること。 けちなこと。 胸に関する慣用句 慣用句 意味 胸がすく 心のつかえがなくなり、晴れやかになること。 胸を貸す 実力のある人が下の者の練習相手になること。 胸をなでおろす 心配事が解決し、安心すること。 腹に関する慣用句 慣用句 意味 腹が黒い 悪事をはたらくような性質であること。 腹が立つ 怒っていること。 腹を探る それとなく相手の心を探ること。 腹を割る 本心をさらけ出すこと。 例 腹を割って話す。 へそを曲げる 機嫌を損ねること。 ほぞをかむ 悔しがること。 腰に関する慣用句 慣用句 意味 腰が重い なかなか物事にとりかかろうとしないこと。 腰が低い 他人に対してへりくだる、愛想がよい様子。 腰を折る 話やケンカを途中で妨げること。 例 話の腰を折る 尻馬に乗る よく考えずに軽はずみなことをすること、人に続いてまねをすること。 尻に火がつく 物事が身近にさし迫り、追い詰められた状態になること。 足に関する慣用句 慣用句 意味 足が出る 予算を超えて、赤字になること。 足が棒になる 歩き回って足が疲れ切ってしまうこと。 足がつく 悪事がばれるきっかけとなること。 足元を見る 人の弱みにつけこむこと。 足を洗う 悪事や悪い仕事を辞めて、まっとうな生活を送ること。 二の足をふむ ためらいがあり、なかなか物事を進めることができない様子。 スポンサーリンク.

次の

よく耳にする慣用句の「足が○○」「目が○○」の○○には何が入る? ヒントは動作をあらわす言葉です

耳 が 痛い 慣用 句

marikaさんへ 今回お尋ねの「耳が痛い」は、Weblioでの解説を貼り付けてくださったように、 「批判を聞くのがつらい」状況ですね。 そこで、「批判を受け入れがたい」と考え、上記のような英文を紹介致しました。 ご参考までに、イギリスのニュースサイトで以下のような見出しの記事がありました。 「Why we can't accept blame. 」 (我々はなぜ批判を受け入れる事ができないのか) accept という単語と、また文章中でtake という単語も同じ意味で使われています。 英語の母語話者からすると、また私よりもっと英語経験が豊富な方からすると、 もっと日本語の「耳が痛い」に近い英語表現がある可能性は充分あります。 今回紹介の表現は、ご参考までにと考えております。 ・・・少しでも参考として頂けますと幸いです。 marikaさんの英語学習の成功を願っております。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の

よく耳にする慣用句の「足が○○」「目が○○」の○○には何が入る? ヒントは動作をあらわす言葉です

耳 が 痛い 慣用 句

「 1 頭 」 からつづく。 耳(耳朶) 7. 耳がいたい 刺耳 ci4er3 8. 耳がはやい 消息灵通 xiao1xi ling2tong1 9. 耳にたこができる 耳朵起茧子 er3duo qi3jian3zi 听腻 tin2ni4 「耳がいたい」は、中国語の「刺耳」に訳される。 しかしそれは耳に刺すの文字通り「耳ざわりである、聞き苦しい」という意味だ。 隣の家のラジオが実に耳ざわりだ(邻居的收音机真刺耳) 彼のあの話を聞くと、どうしても耳にさわる(听他说那种话,总觉得有些刺耳) というふうに使う。 日本人が「耳がいたい」のは、うるさい音ではないし、どうでもいい誰かの話でもない。 むしろ、ほんとうに自分にとって大切な事なのに耳を塞いできた話である。 言われれば「痛い所を突かれた」と思う内容に違いない。 「耳がいたい」話は聞くにしろ聞かないにしろ <情緒性をともなった態度>が求められる。 ちなみに、英語のearを使った慣用句を調べたら、 bend one's ear to the radio(ラジオに耳を傾ける) She shuts her ears to the facts. (彼女は事実に耳を貸さない=塞ぐ。 ) というのがあった。 前者のearは、日本語の「耳を傾ける」と同じ言葉遣いで、この場合ラジオの音声を聞く聴覚能力のある耳をどうするという動作であり、物理的な「リアルな耳」である。 正確に言うと、ラジオの音声を聞くには必ずしも耳を傾けなくても聞こえたりイヤホンで聞くこともできる訳で、「耳を傾ける」は聴き方の一部で全体を喩えるシネクドキ(提喩)であり、前者のearはそれを含むメトニミー使い(比喩関係が隣接性)と言える。 後者のearは、日本語の「耳を塞ぐ」と同じ言葉遣いで、この場合はfact=事実を認識する能力を耳に見立てたメタファー使い(比喩関係が類似性)であり、抽象的な「ヴァーチャルな耳」と言えよう。 日本人が「耳がいたい」と痛がる耳は、認識能力が不協和を起す訳で後者のearである。 中国語の訳「刺耳」は、前者の聴覚能力(隣の家のラジオの音)と、後者の認識能力(彼のあの話)に関して使われる。 後者が重なるようだが、 「耳がいたい」が表現する認識にともなう情緒性が、単なる不快を越えて大切さを感じ取っているがゆえの葛藤を内包しているのに対して、 「刺耳」が表現する認識にともなう情緒性は、単なる不快の域を越えない。 むしろ大切さは感じ取らないから耳障りなのである。 「耳がはやい」は、中国語の「消息灵通」に訳される。 「消息=ニュースに通じている」「消息通である」という意味だ。 「耳がはやい」の耳は、認識する能力を見立てた「ヴァーチャルな耳」だ。 「地獄耳」の耳でもある。 「耳がはやい」は認識能力の速さをいい、「地獄耳」は何でそんなことまで知ってるのと言いたくなるような認識能力の鋭さをいう。 「消息灵通」は両者を含めているが、両者とは大きな違いがある。 それは、「消息筋の伝えるところによると」「政府に近い消息筋」というニュースの慣用句があるように、その認識能力の高さの理由は合理的で明示知的である。 しかし、「耳がはやい」や「地獄耳」の認識能力の高さの理由は暗示的で、実際のところは周囲から分からないが主体の情報網という人間関係やそれと交流する習慣的特性と想像される。 つまりは、「耳がはやい」や「地獄耳」は主体の <情緒性をともなった態度>の想定が含意されている。 どのような情緒性が想定されるかと言うと、主体によってケースバイケースだが、無類の噂話好き、とか、妙に嗅覚がするどい好奇心、といったことである。 これに対して、中国語の「消息灵通」そして日本語の「消息通」はこうした情緒性の介在がなくニュートラルである。 ちなみに「耳(耳朶er3duo)」を使った中国語の慣用句を調べると、 単なる聴覚能力ではない認識能力を見立てたものがある。 「耳朶尖 jian1 」=耳が鋭い、耳が早い、耳ざとい 「耳朶長 chang2 」=耳が早い 「耳朶軟 ruan3 」=人の言葉をたやすく信用する などである。 ただ日本語の身体語慣用句と微妙な違いがある。 それは、尖った耳、長い耳、軟らかい耳はリアルにあり「ヴァーチャルな耳」とは言えないことだ。 つまり耳がメタファーなのではなく、尖った耳、長い耳、軟らかい耳が、認識能力のメタファーなのである。 日本語の場合、耳が認識能力のメタファーであり、それが鋭い、早い、さといと形容されている。 この違いによって何が現象しているかというと、 中国人が「耳朶尖」「耳朶長」「耳朶軟」と誰かを評価した際、話者の対象に対する <情緒性をともなった態度>を含意しないのに対して、 日本人が「耳が鋭い」「耳が早い」「耳ざとい」と誰かを評価した際、話者の対象に対する <情緒性をともなった態度>を含意する(それが感服なのか軽蔑なのかは話者の話す語感や表情や仕草、話の前後関係、話者と聞き手の人間関係における対象の位置づけといった総合的な文脈に依存する) という違いである。 このことは微妙だが、厳然とした原理が働いている。 実際に人の個性としてリアルに存在する身体部位の特徴は、その主体の人間性とは相関関係がない。 だから、たとえばある人が誰かを評価して「鼻が高い」という言葉を使っても、話者の対象に対する <情緒性をともなった態度>を含意はない。 「息子さんが東大に合格したなんて、親御さんとしては鼻が高いでしょう」と直接相手に言ったとしてもイヤミにはならない。 「うちの息子ときたら遊びほうけていて、ほんとうにうらやましい」と <情緒性をともなった態度>を付け加えもしよう。 ところが「鼻高々」となると話は違ってくる。 高い人はリアルに存在しても、高々となるとヴァーチャル度が加わってくる。 直接相手に言えば、多少イヤミ混じりに聞こえるだろうし、相手のいないところでいえばヤッカミに聞こえるだろう。 さらに「天狗になってる」となれば論外で、まず直接相手には言わない。 天狗も天狗が意味する天狗のような鼻も現実には存在せずヴァーチャル度マックスである。 このように、 ヴァーチャルなメタファーほど、身体性ではなく精神性が含意される余地が大きくなるために、 話者の対象に対する <情緒性をともなった態度> を含意させることができるようになる という原理がある。 だから、言葉遣いのレトリックだけに議論を限れば、 中国語のリアルに存在する身体部位の特徴を認知能力のメタファーとする「耳朶尖」「耳朶長」「耳朶軟」は 話者の対象に対する <情緒性をともなった態度>をそれだけでは含意せず、 日本語の耳自体を認知能力のメタファーとし、つまりは「ヴァーチャルな耳」とする「耳が鋭い」「耳が早い」「耳ざとい」は 話者の対象に対する <情緒性をともなった態度>をそれだけでも含意する、 と言えるのである。 私が少し気になったものとしては、 「耳風(feng 」=うわさ、風評、風説、風聞 がある。 使い方としては、 私も噂を耳にした、というのを「我也有個耳風」と耳風を持つ、という言い方をする。 「耳に当たる風」が噂が見立てられるメタファーになっている。 耳自体は「リアルな耳」である。 一方、日本語は「耳にする」「目にする」で見たり聞いたりすること、「口にする」で食べることや喋ること、「手にする」で持つこと使うことになる。 この場合、耳自体、目自体、口自体、手自体が認知能力や飲食や所有使用のメトニミーであり、つまりは「ヴァーチャルな耳」「ヴァーチャルな目」「ヴァーチャルな口」「ヴァーチャルな手」と言える。 たとえば「ヴァーチャルな手」だから、直接、手で具体的に持つことのできない、抽象的な権力や権威なども「手にする」ことができる訳である。 身体語が複合名詞を形成することは日中ともにあるが、大和言葉と複合させて「〜にする」のように動詞を形成するのは、当然にして日本語ならではのことである。 これは日本語のもっとも単純な身体語慣用句と言える。 たとえば、「手にする」は、手自体に所有・使用の意味があり、所有する・使用するという意味になると解説した。 漢語ではどうか。 所有も使用も漢語だがより原初的でシンプルなのは有(you3)・用(yong4)である。 これにならえば、手(て)自体に「もつこと」・「つかうこと」の意味があると言い直さなければなるまい。 では、「手にする」は「もつことにする」・「つかうことにする」という言葉から始まったのかというとそうとは考えにくい。 「手にする」はやはり、「手に持つ」・「手で使う」という言葉から始まったと考えるのが妥当であり、「に持つ」「で使う」の意味内容が「〜にする」で代表して置き換わったと考えられる。 同様に、「口で食べる」「口で飲む」そして「口で話す」の「で食べる」「で飲む」そしての「で話す」の意味内容が「〜にする」で代表して置き換わった、「耳で聞く」の「で聞く」の意味内容が「〜にする」で代表して置き換わった、「目で見る」の「で見る」の意味内容が「〜にする」で代表して置き換わったと考えられる。 以上のことは、手ですることは決まっている、口ですることは決まっている、目ですることは決まっている、耳ですることは決まっている、というシンプルなことが前提になっている。 私は、ここに和語のもつ「部族人的な心性」とそれをベースとして温存して形成された日本人の「社会人的な心性」を認める。 しかし、どう手で持つのか使うのか、どう耳で聞くのか聞こえるのか、どう目で見るのか見えるのか、どう口で食べ飲むのか話すのか、ということが手、耳、目、口を使った慣用句として造語されていったと考えられる。 これは中国語の漢字の造語法に重なってくる。 たとえば口ですることは、口論のような複合語の複雑な概念が生まれる前に、吃/吸/吐/叫/叱/呼/呪などの口偏の漢字のシンプルな概念が生まれた筈で、この造語過程と「〜にする」の造語過程が重なるのである。 ただ和語と漢語の違いは、この後の当初の複雑化の過程を、和語は身体語慣用句で展開したのに対して、漢字は身体語を偏などに含んだ漢字づくりで展開したことである。 嚼/囁/囃などだ。 日本語の身体語慣用句が多様多彩となりしかも多用されるようになったことは、中国語の漢字が多様多彩に複雑化していったことに相当する。 日本語にとっての身体語慣用句とはそのくらいの決定的な重大事であった。 「耳にたこができる」は、「耳朵起茧子」と訳され、茧子(趼子)は「たこ」のことである。 このように日中でまったく同じ慣用句があるのは、たまたまなのか、直訳して活用したか、どちらかだろう。 「リアルな器官」をどうするという動作やどうしたという状態を何かに見立てる慣用句は、「ヴァーチャルな器官」に比べて文化差がないため自然とそういうことが多くなる筈だ。 「 3 目」 へつづく。 私は自分が実際に日本の企業社会でした経験から普遍的な文脈や客観的な法則を導くために雑学する雑学者です。 「コンセプト思考術」も、フリーランスの構想企画者として複数業界で複数大手の仕事をした30代までの体験に基づき40代にノウハウ化、企業や自治体に研修したものです。 40代、様々なプロジェクトのプロデューサーとして集団や組織と関わった経験から、日本人ならではの発想思考や集団独創を肌身で感じとり、50代、それについての仮説を検証すべく科学や歴史を雑学してきました。 還暦になる今年を期に、これも本ブログで整理していきたいと思います。 20世紀後半、戦後日本の企業社会そしてマーケティングの実際はどんなものであったか、一般的に確かに息づいていた日本型経営や日本人ならではの集団独創とは実際の現場としてはどんなものであったか、ご興味ご関心のある方におつきあいいただければ幸いです。

次の