糖尿病 力士。 力士だった自分が糖尿病になり、左足を切断するまで。【体験談】

【相撲】力士がなりやすい病気や基礎疾患!糖尿病の比率や蜂窩織炎とは?

糖尿病 力士

あなたの他の質問に返答した者です。 ほとんどいません。 なぜなら彼らは一般的な肥満体ではないからです。 体脂肪の量は多いのですが筋肉量も多いのです。 確かに力士は見た目は肥満体に見えますが、その日常の運動量は半端ないほどあります。 つまりエネルギーの入りと出の関係で糖尿病にならないのです。 ただかなり危ういバランスの上で成り立っている体型と言えます。 入りと出のバランスが崩れればたちまち糖尿病になります。 事実糖尿病の力士は存在しますが、この様に言われます。 「稽古量が足りないから糖尿病になる」なので力士は現役を引退すると出来るだけ体重を減らすようにします。 つまり相撲には必要だった体重も日常生活では必要ないからです。 残念ながら引退後運動量が減ったにも関わらず体重を落とせなかった元力士は肥満に起因す疾病、糖尿病をははじめとする疾病で短命になる傾向があります。 プロレスラーの場合は脂肪より圧倒的に筋肉量が多いので肥満体とは違うでしょう。 筋肉は存在するだけでエネルギーを消耗しますし、その筋肉量を維持するためにこれも半端ないトレーニングをしています。 つまりエネルギー(食事)をたくさん取りますがたくさん消費(運動)してもいるのです。 単純な足し算引き算がイコールになっていますから糖尿病にならないのです。 なので引退して運動量が減ったにも関わらず食事によるエネルギーの摂取量(食事量)が減らなければ力士やプロレスラーといえども糖尿病を発症するでしょう。

次の

勝武士(28歳力士)持病や基礎疾患は?死因は糖尿病と『たらい回し』か

糖尿病 力士

幕内にいる強い力士は稽古を十分におこない運動で体内脂肪を消費しています。 ですから皮下脂肪がたっぷりついていても内臓脂肪は多くありません。 かっての大関小錦でさえ身長183cm、体重274kgと肥ってはいても内臓脂肪は常に20台と言われています。 幕内力士の体脂肪率をみると平均23. 5%といわれるから驚きです。 この数字を現代の若者の体脂肪率と比べるとずっと低いと言えます(NHK調査)。 これらのことから力士の肥満は生活習慣病を引き起こす内臓脂肪型ではないのです。 しかし力士の日常生活は7時起床し、朝食抜きで午前中に11時までびっしり稽古が続きます。 12時に朝食兼昼食のちゃんこ鍋をとり、午後1時から2時まで昼寝します。 その後は各自の自主トレーニング(筋肉トレーニング)に励み午後6時半から8時までに夕食をとります。 夕食は相撲部屋で取っても取らなくてもよくて、外食で好きものを食べてもよし、所帯持ちは家庭で食べてもよいことになりました。 そしてよる10時に就寝となります。 一日の食事摂取量は7000から8000カロリーといわれています。 これを2食でとりますから、一食で一般糖尿病患者さんの二日分をとることになります。 さらには昼1時間の睡眠をとりますからこれで太らないわけはないのです。 いずれの相撲部屋の親方も稽古すること、身体を大きくすることに叱咤激励しています。 しかし脂肪が貯まるまもなく、稽古で脂肪を盛んに燃焼していることが、お相撲さんの健康管理といえます。 筋肉質の力士ともなれば、大関魁皇とか元横綱千代の富士、元大関北天佑などは握力100Kgあり、リンゴを握りつぶしたといわれています。 力士の一日の食事回数二食と、途方もない飲食物の摂取量(かってのある横綱は一晩でビール50本、ウイスキー一本を飲みきった記録)、昼寝1時間の毎日となると、直ちに糖尿病になると思われがちですが、意外と幕内力士になると糖尿病発症するものは少ないそうです。 2%)でした。 この数字は驚くことに日本人40歳以上の糖尿病発症率15. 8%(厚生労働省 2002年調査)より小さいものです。 特に幕内力士に限ってみると糖尿病は数名ということです。 従ってお相撲さんも伝統の慣習に従って稽古に励み実力を伸ばしていく者には、糖尿病になり易いという俗説は関係ないといえます。 むしろ規制のない生活で過ごしている一般の人の方が糖尿病になる率は高いといえます 運動が健康の鍵ならば、運動選手はさぞ健康であろうと想像されやすい。 ところが、そうとも限らない。 運動選手は、一般に、がっちりした体格をしており、体力もある。 しかし、有名選手になるほど、無理を重ねている。 マラソンや駅伝選手は、競技に有利なために、厳しい減量をしている。 減量による栄養素摂取量の問題に加え、トレーニングに伴う酸素摂取量は著しく、赤血球の消耗も激しい。 女子の長距離選手は多くは貧血である。 限界を超えて練習する場合もあり、体は相当に痛んでいる。 スポーツ選手では、腰痛や手足の関節の故障も頻繁である。 相撲取りは、毎日激しい稽古をして、筋肉は隆々であるが、引退すると成人病に罹る人が多い。 明治時代の横綱の死亡年齢は、一般人よりもはるかに若いという統計がある(沢田芳男らの報告)。 囚人を使ったPollockらの研究は興味深い。 希望者を募り、運動継続時間が45分のグループと30分のグループを比較すると、前者は後者に比べ障害率が焼く2倍も高くなった。 特に足関節や前脛骨筋の障害が顕著であったという。 激しい運動が健康のための運動ではない。 健康のためにはどのような運動が好ましいか 健康のための運動としては、持久性の運動、言い換えれば有酸素運動が勧められる。 有酸素運動の最大の利点は、心肺機能を鍛え、脂肪分解を伴う点にある。 肥満は多くの生活習慣病の原因となるが、有酸素運動は体脂肪を効率よく燃焼させる。 したがって、有酸素運動は、多くの生活習慣病を予防する効果があるといえる。 有酸素運動と無酸素運動の境目は個人によって異なると先に述べた。 それぞれのヒトの有酸素運動範囲を正確に知るのは大がかりな装置や血液採取などが必要であるが、もっと簡便な方法として、心拍をモニターすることで推測できる。 米国スポーツ医学会のガイドラインによると、一般健常者に対しては、最高心拍数の55から90%の身体運動が勧められる。 最高心拍数は簡易的には220マイナス年齢が利用できる。 健康な50才のヒトならば、心拍が毎分70から150までの間が一応の目安になるが、あまりに幅が広くて判りにくい。 最大到達予想心拍数(220ー年齢)から平静時の心拍(60~70)を引いたものはDeVriesの心拍幅(HRR と呼ばれる。 この心拍幅の40%から60%の範囲を計算し、これを平静時の心拍数に足したものがより実際的な目安になる。 運動は75%を越えないように注意する。

次の

勝武士(力士)の持病は糖尿病!コロナ重症化と関係は?感染経緯も調査

糖尿病 力士

コーヒーは糖尿病患者の血糖値には良いの?悪いの? みなさん、コーヒーはお好きですか?よっしーは昔はそれほどコーヒーは飲んでいませんでしたが、糖尿病と診断されてから毎日飲むようになりました。 コーヒーが好きな糖尿人にとって気になるのが「 コーヒーは血糖値を上げるのか、それとも下げるのか」ということではないでしょうか。 あちこちで「コーヒーは糖尿病に良い」とか「いや、コーヒーは血糖値を上げる」とか、まるで真逆のことが言われていますからね…大いに気になります。 当ブログをいつも読んでくださっているみなさんならまず大丈夫だとは思いますが、一応最初に確認しておきます。 砂糖がたっぷり入った甘いコーヒーは、問題外です… …というのも以前、ある方が砂糖入りの甘いコーヒーを毎日飲みながら「ジムで運動しているのにお腹がどうしても痩せない…」と嘆いていらっしゃったから。 コーヒーが血糖値を上げるとしても上げないとしても、砂糖を入れる時点で良いわけがないということに早く気が付いてくれるといいのですが。 このことに関しては後で話すけど、砂糖を入れるとまったく意味がないことが実験で証明されているわ。 コーヒーが血糖値に与える影響って? さて、ブラックコーヒー(以後、コーヒーと言えばブラックコーヒーを指します)は血糖値にどんな影響を与えるのでしょうか? ブラックコーヒー200ccに含まれる糖質量は1. 4gしかないので、それほど血糖値を上げるとは思えません。 2009年の日本の研究によると、40~69歳の日本人約5万6,000人を対象にコーヒーを飲む回数を調べて、「週に3~4杯飲む」人は「ほとんど飲まない」人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが男性で17%、女性で38%低下するという結果が出たということです。 ただ、 コーヒーと炭水化物を一緒に摂取した場合、インスリンの感受性はある程度低下したそうです。 つまり、コーヒーと一緒にケーキやパンなどを食べると血糖値が上がりやすく太りやすくなるわけ。 また、とするデータもあるようです。 この場合は糖質と無関係に血糖値が上昇すると思われます。 以上のことを考え合わせると、まず、あなたの場合はブラックコーヒー1杯で血糖値が上がるかどうか血糖測定器で実験してみたほうがいいですね。 もしかすると、 カフェインで血糖値が上がりやすい体質の方もいらっしゃるかもしれませんから。 よっしーはブラックコーヒーではまったく血糖値が上がらないです。 カフェインで血糖値が上がるのなら、その方は玉露・抹茶・ココア・栄養ドリンクなどもなるべく控えたほうがいいでしょうね。 コーヒー好きな女性糖尿病患者には嬉しい結果! 第53回欧州糖尿病学会で、という発表がされました。 コーヒーを1日1杯以上飲む女性患者では、全く飲まない女性に比べて全死亡リスクが約5~6割低下したそうです。 結構すごい差がありますね! この研究は、1999~2010年、1型糖尿病および2型糖尿病のアメリカ人女性患者1,568人と男性患者1,484人を対象に、全般的な健康状態のほか、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクから摂取するカフェインの量について尋ね、カフェイン摂取量と死亡率との関連を調べたものです。 解析の結果、女性の糖尿病患者ではカフェインの摂取量が多いほうが死亡率が低下しましたが、男性については有意な差はなかったそうです…なぜでしょうね? カフェインに関しては敏感に影響を受ける方とそうでもない方がいらっしゃいます。 統計にあまりとらわれず「自分の場合はどうか?」を考えてみた方がいいかも。 コーヒーは適度に楽しむ分には良い ブラックコーヒーを飲んで血糖値や体調に問題なければ、ブラックコーヒーを1日数杯程度では特に何ともないでしょう。 糖質とコーヒーを一緒に摂取するのが良くないそうなので、普通に糖質を摂取している場合は特に気を付けてくださいね。 コーヒーだけブラックにしても、一緒に糖質を摂ればまったく無意味ですし。 よっしーは糖尿病が発覚する何年も前からコーヒーには砂糖を入れませんでしたが。 ご飯やパンやイモは普通に食べていて糖尿病になってしまいました。 また、コーヒーを日常的に飲む人は糖尿病になるリスクが低くなるとは言え、すでに糖尿病になった人がコーヒーで「治る」わけでもなければ、コーヒーを飲んで血糖値が「劇的に下がる」わけでもないことは、忘れないでおきましょう。 コーヒーが体に良いかどうかは賛否両論みたいで、体質によって「合う、合わない」があるのかもしれませんね。 カフェイン中毒というものがあるのも確かですし。 よっしーは1日2杯ぐらいブラックコーヒーを飲んでいますが、特に体調を崩したことも無いので、まぁこれぐらいでいいのかなと思っています。 カフェインには気を付けたほうがいい方たちもいらっしゃいます。 妊婦さんや、心臓の病気があって不整脈が起こりやすい方、カフェインに対して過敏な体質を持つ方などです。 カフェインはコーヒーの他にも、玉露・ココア・コーラ・栄養ドリンクなどにも多く含まれていますので、カフェインに対して過敏な体質の方は気を付けてくださいね。 よっしー 2型糖尿病の女性患者です。 最初は「一生インスリン注射(ランタス、アピドラ)が必要だね」と言われていましたが、糖質制限食を始めて注射をやめることが出来ました。 糖尿病発覚時から合併症がありますが経過観察です。 主治医は糖尿病専門医です。 初めての方はをまずお読みください。 iHerb割引コードMDV692はご自由にお使いください。 自分自身の妊娠糖尿病と2型糖尿病の体験を踏まえて糖尿病についていろいろ調べて書いていきます。 ただの患者なので何の責任も取れませんが、どこの団体にも所属しないのでしがらみにしばられず正直に本当のことを書いております。 ブログ記事やオリジナル画像の無断使用はであり禁止です、よろしくお願いします。 ただしPinterestやはてなブックマークは大歓迎です!!.

次の