月経 小屋。 生理・出産前後の女性を隔離する風習は日本にもあった!

昔の人はできていた……のか?「月経血コントロール」を検証する

月経 小屋

INDEX• 腰巻が下着代わり。 生理の時はどうしてた? 着物を着る時に、下に付ける「腰巻」をご存知ですか?巻きスカートの様に腰に巻いて装着するのですが、江戸時代の日本人女性は 「腰巻」を下着代わりに身に着けていました。 「湯文字」とも呼ばれています。 「湯文字」の由来は、銭湯などお風呂に入る時に使用していたから。 大衆浴場などを利用する時には、専用の腰巻を付けて入浴しており、湯船に入って布が浮き上がらない様、鉛のおもりが縫い込まれていたそうですよ。 腰に巻くだけなので、ショーツの様にクロッチはありません。 生理の時はふんどしを利用し、和紙の再生紙やぼろ布を挟んで吸収体として使用したり、丸めて膣の入り口にフタをするようにしていたんだとか。 布は洗って再利用もしていたようです。 また植物をすりつぶしたものを吸収体として使用することもあったそう。 明治、大正、昭和初期になると、 「月経帯」と呼ばれる生理用の下着が出てきます。 丁字帯と言うふんどしの様なものの股間を覆う部分に、吸収体である脱脂綿を挟んで使うものでした。 その後ズロース型の「月経帯」も普及します。 半ズボン型のゆったりした形のもので、お腹までの長さのものは保温効果もあり人気だったそうです。 昭和38年(1961年)になると、 アメリカから使い捨てナプキンが日本へ入ってきます。 これで少し長い時間対応できる生理用品が出来ましたが、庶民にはまだまだ高価ものでした。 まだ「月経帯」を使用する人も多かった様ですが、「月経帯」もショーツ型やパンティ型のものなど、より使用しやすいデザインが増えてきました。 こう考えると、日本での使い捨てナプキンの歴史は浅く約60年ほど。 それ以前の日本人女性の生理期間中からは、苦労と工夫が感じられますね。 今と昔 女性の身体の変化 よく、昔の日本女性は、経血やおりものなどの量が現代女性よりも少なかったという話を耳にします。 なぜそういった話が広まっているのか、以下にまとめてみました。 【経血の量】昔の女性は月経血コントロールができていた 月経血コントロールとは? 月経血コントロールとは、簡単に言うと 「経血をトイレで出す」。 骨盤底筋を鍛え、経血の排出を膣を締めることで止めて、トイレに行った時に経血を出せるようにすること。 昔の女性は上記でお話ししたように、生理になった時は「膣の入り口に丸めた紙をフタの様に詰めたり、月経帯を使用」したりしていました。 特に膣の入り口に紙を詰めるというのは、長時間持たなかったり、着ているものを汚してしまうこともたくさんあったでしょう。 そこで 経血が自然と出てこない様に膣口を締めるように意識し、トイレに行った際に、膣圧で紙と経血を出していた女性もいたんだとか。 なんだかすごい話ですね! 現代の女性と比べて、畑仕事などの重労働で腹部の筋力があったとされる女性たちには、意識して膣口を締めるということが出来たと言われていますが、「 膣に紙などでフタをして、トイレで一気に出していたという事」が、量が少なかった・あるいは生理期間が短かったという話につながるのでしょう。 特に、江戸時代などは「血は不浄なもの」とされており、生理期間中の女性は「月経小屋」という別棟に隔離されていました。 コントロールしよう!という意識があったかはわかりませんが、その様な時代だったからこそ、着物を汚さない様に気を付けようという気持ちはあったのかも知れませんね。 【おりものの量】季節の食材と質素な食事で、健康的な身体が自然と保たれていた 皆さんはおりものがあるのは当たり前と思っていないかい?昔の女性はおりものなんて出なかったのよ。 引用:「子宮を温める健康法」若杉友子 著 このように語るのは、若杉友子さんという1937年生まれの女性。 彼女は、現代の日本人の食生活を見直すことで、女性特有の不調が改善されると著書に記しています。 今の女性は、朝昼晩用と何種類ものナプキンを一日中使っているけれど、これは貧血、冷え性、低体温になるものばかりを食べているから、おりものと縁が切れないの。 今はおりもの、昔は「こしけ」と言ったの。 こしけとは自然界の「時化」(しけ)のことを表していて、嵐で海が荒れているのと同じように、子宮の中が荒れて乱れていることを示しているんです。 おりものには膣内の雑菌を洗い流す役目があり、おりものが多いということは子宮内に悪い菌が増えている証拠。 本来女性の膣内は弱酸性で守られ、どんな病原菌も寄せ付けないといわれていますが、今は自浄力が弱まり、トリコモナス菌やガンジダ菌などのトラブル続きで通院している人も多いと聞きます。 動物性たんぱく質を食べ、砂糖を食べ、ナス科の野菜や果物を食べ、減塩しているから、血液が汚れおりものが降りて来るの。 引用:「子宮を温める健康法」若杉友子 著 昔の食事は、米、野菜などが中心で、肉よりも魚を食べることが多く、さらにその風土に合った季節の食物を頂くという事は身体に良いと言われますから、冷えにくく自浄作用の強い身体になっていたのかもしれません。 現代の食事は、過度な動物性たんぱく質を摂っていたり、野菜や果物も季節関係なく食べられます。 食べ物の他、服装、仕事など生活習慣も違いますから、このような生活習慣の変化が、女性のデリケートゾーンのお悩みにもつながり、今と昔ではおりものの量に違いがあると感じる理由なのでしょう。 月経血コントロールにしても、食生活にしても、現代女性にとっていきなり取り入れるのはなかなか難しいことです。 また、昔の女性全てがそうだったとは言い切れませんし、経血やおりものの量が少ないから良い!ということではないですよね。 経血もおりものも、自分の身体を知るきっかけになるものです。 量や色などの変化を観察し、病気など早期発見できるようにしたいですよね。 その上で、季節の食物を頂くことや、生理期間も快適に過ごせるように、生活習慣を改めるのが大切だと思います。 身体の不調を治すために、東洋・西洋医学、漢方など 色々な手段がありますが、どれが自分に合うのかは試してみないとわからないことです。 何を選択するのかは自分で決める事ですから、今感じている不調を治すために、 まずは何をしたらいいか・手軽に始められるものは何なのかを調べてやってみるというのが良いと思います。 布ナプキンもそのひとつ。 布ナプキンを使用する人の中には、「生理痛が軽くなった」「冷えが改善された」などと感じる方が多いですが、衛生面や洗濯などにデメリットを感じる方もいらっしゃいます。 自分の生活スタイルに合わせて、無理をせず使うことが大切だと思います。

次の

月経不浄視が少女の命を奪う。ネパールの「チャウパディ」

月経 小屋

「 世界一の生理用品先進国」ともいわれる日本。 しかし今日のような使い捨てナプキンが登場する以前には、生理がタブー視されてきた長い歴史があります。 歴史社会学者の田中ひかるさんに、知られざる生理の歴史についてお話をうかがいました。 生理がタブー視されたのはなぜ? 田中ひかるさん : そもそも「 タブー」という言葉の語源は、 ポリネシア語で月経を意味する「タブ(tabu または tapu)」なんですよ。 歴史社会学者の田中ひかるさんは、仏教、ユダヤ教、イスラム教などの主要な宗教に月経を禁忌(タブー)とする認識がみられると話します。 田中ひかるさん : 医学が発達していなかった時代、 出血は死を連想させました。 人々は経験的に 血液が病気を媒介することも知っていたので、経血への恐れがあったのでしょう。 母が子を抱かない「お宮参り」。 民俗学者の大森元吉氏は、1972年に世界各地の月経禁忌について報告を行っていますが、 コスタリカでは月経中の女性は極めて危険な存在とされ、「月経中の女性と同じ食器を使った人は確実に死ぬ」と信じられていたそう。 田中ひかるさん : アメリカのフェミニストが1970年代に行った報告によると、 イタリア、スペイン、ドイツ、オランダの農家では、月経中の女性が花や果物に触れると萎びると言い伝えられていたそうです。 月経中の女性がそばにいるとマヨネーズが上手に作れない、ベーコンがうまく仕上がらない、砂糖が白くならない、といった伝承も各地にありました。 食品加工といえば、 日本でも長らく女性は酒造りの現場から遠ざけられていましたよね。 あまり意識されていませんが、 お宮参りで父方の祖母が孫を抱く、という慣習も経血に対する禁忌のひとつ。 1,056円 妻の月経中、夫が「生理休暇」をとっていた平安時代 月経についての最も古い記述は、日本では『古事記』(712年)に登場します。 しかしこのときは、倭建命(ヤマトタケルノミコト)が月経中の姫と「婚合(性交)」していて、後世のようにタブー視されていなかったことがわかるとのこと。 中国に倣ってつくられた『貞観式』(871年)や『延喜式』(927年)で、 妻の月経中(血穢)・出産後(産穢)は夫も穢れているため、宮中に参内してはいけないと規定されました。 この定めが正式に廃止されたのは明治5年(1872年)。 大蔵省を訪ねたお雇い外国人が、妻の「産穢」を理由に欠勤している担当役人にあきれ、クレームを出したことがきっかけといわれているそうです。 1970年代まで日本各地にあった「月経小屋」での隔離 じつに1000年の長きにわたり、月経が公的にタブー視され続けた日本。 田中ひかるさん : 一般社会への影響力が強かったのは、室町時代に入ってきた『血盆経』という偽経です。 女性は経血で地神や水神を穢すため、死後は血の池地獄に堕ちる。 『血盆経』を信仰すれば女性でも救われると、仏教各宗派で積極的に教えが広められました。 「血盆経」が普及した地域に多く確認されているのが、「 月経小屋」の慣習です。 生理中の女性が小屋にこもることで他の人に穢れを移さないというもので、今もネパールなどに同様の慣習が残っています。 月経小屋があることで体を休められたという意見もありますが、「みじめな思いをした」という体験談も多く、女性の自己卑下につながってきた面は見過ごせません。 日本で生理用品の開発が遅れたワケ 月経をタブー視する地域では、生理用品に対するタブー視も強いと田中さん。 日本で生理用品の開発が遅かったのも、月経へのタブー視が強かったからと語ります。 田中ひかるさん : 女性にとって、生理用品は手作りするもの。 粗末なハギレや紙を膣に詰めたり、当てたりして、 その上から手作りのフンドシのような布(丁字帯)で押さえるという方法が、平安時代から近代までとられていました。 明治時代になると、布や紙に替わるものとして 脱脂綿が登場。 丁字帯をゴムや布で作った既製品も出回り、月経帯と呼ばれるようになります。 田中ひかるさん : 明治末期には アメリカ製の月経帯「ビクトリヤ」が輸入販売され、婦人雑誌に広告が載るようになりました。 1930年代には国産の「ズロース型」が広まり、これが戦後のいわゆる「 黒いゴム引きパンツ(股の部分にゴムをコーティングしたショーツ)」の原型になっていきます。 しかしこれは、とても使用感が悪くて、女性達の悩みの種だったようです。 歴史社会学者の田中ひかるさんに聞く生理の社会史。 後編では日本女性の生活を大きく変えた、ある生理用品の誕生秘話を追っていきます。 婦人科のお悩みいろいろ 田中ひかるさん 1970年東京生まれ。 歴史社会学者。 著書に『月経と犯罪 女性犯罪論の真偽を問う』(批評社)、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『「毒婦」 和歌山カレー事件20年目の真実』(ビジネス社)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)などがある。 取材・文/田邉愛理、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock 説明文 「生き方キレイ」をコーディネート「マイロハス(MYLOHAS)」。 美容、食、旅行、ファッションなどの最新情報をロハスな切り口で紹介しているのはもちろん、スタンダードな暮らしを上質にするアイテムや生き方のヒントまで掲載。 それは、外見の美しさはもちろん、心まで健やかでいることが何より大切だと考えるから。 自分と、そして、世界をほんの少し心地よくする情報で、毎日のワクワクが増えますように……。 クローゼットの扉をあけるようにマイロハスを覗いて、気分に合わせて情報をセレクト。 そして、自分らしい「生き方キレイ」をコーディネートしてほしい。 そんな願いを込めています。 ・石井ゆかりのスペシャル占い・編集部セレクトのプレゼント・カヒミ・カリィ、根本きこ、森貴美子らによりオリジナルブログLOHASとはLifestylesofHealthAndSustainabilityの頭文字をとった造語で、「健康と地球の持続可能性を意識したライフスタイル」を意味しています。

次の

江戸時代の女性は生理のときどのように処理していたのか?

月経 小屋

ネパールで、月経小屋に隔離されていた少女が、毒蛇にかまれて死亡した。 同地では以前にも、月経小屋で暖をとっていた少女が煙にまかれて窒息死したり、脱水症状に陥った少女が手当てを受けられずに亡くなったりしている。 【7月10日 AFP】ネパール西部ダイレク(Dailekh)郡で先週末、生理中の女性を隔離するヒンズー教の慣習に従い、屋外の小屋で過ごしていた18歳少女が毒蛇にかまれて死亡した。 当局が8日に明かした。 ネパールの一部地域では、月経中の女性を不浄な存在だとみなすヒンズー教の古い慣習が残っている。 地方によっては、生理が終わるまで小屋での寝泊りを強いることもある。 (中略) このヒンズー教の慣習は「チャウパディ(Chhaupadi)」と呼ばれ、ネパールでは10年前に禁じられた。 しかし、特に同国の西部地域では、いまだに根強く残っている。 引用:AFPBB News「」 月経中の女性が穢れているという考え方は、ヒンドゥー教に限らず世界中の宗教に見られ、月経小屋の慣習も世界各地に存在する。 『旧約聖書』のレビ記第15章には、「女性の生理が始まったならば、7日間は月経期間であり、この期間に彼女に触れた人はすべて夕方まで汚れている。 生理期間中の女性が使った寝床や腰掛けはすべて汚れる。 (中略)もし、男が女と寝て月経の汚れを受けたならば、7日間汚れる。 またその男が使った寝床はすべて汚れる」とある。 また、『クルアーン(コーラン)』雌牛章にも、「それ(月経)は不浄である。 だから月経時には、妻から遠ざかり、清まるまでは近づいてはならない」とある。 日本では、平安時代に「血の穢れ」が制度化され、貴族社会から徐々に一般社会へと広まった。 一般社会への影響力が最も強かったのは、室町時代に中国から入ってきた「血盆経」という偽経である。 女性は月経や出産の際に、経血で地神や水神を穢すため、死後、血の池地獄に堕ちるが、血盆経を信仰すれば救われるという内容で、仏教各宗派が女性信者を獲得するため積極的に唱導を行った。 月経小屋の慣習も日本各地に見られたが、江戸時代に積極的に血盆経の唱導を行った宗派の勢力が強かった地域に、より多く確認されている。 記事中に、ネパールでは10年前に月経小屋の慣習が禁じられたとあるが(正確には2005年)、日本では近代化を急いでいた1872(明治5)年に、「血の穢れ」に基づく慣習が正式に廃止された。 たまたま大蔵省を訪ねた西洋人が、幹部が妻の「産の穢れ」を理由に欠勤していることに驚き、抗議したことがきっかけだと言われている。 月経小屋の慣習が廃止されたことについて、当時の女性たちの「タヤ(月経小屋)におらいでもよくなったのは、神様が往生して罰をあてなくなったのだろう」「はじめのうちは、おとましいようで心がとがめた」といった聞き書きが残されている。 しかしネパール同様、日本でも長い間続いてきた慣習が一気に解消されることはなく、地域社会に残存した。 福井県敦賀市白木では、1960年代半ばまで月経小屋が機能しており、食事と経血の手当ては小屋でしなければならなかった。 女性史研究者の田中光子は、1977年に敦賀市白木を訪れ、50代から70代の女性たちに月経小屋や産小屋についての聞き取り調査を行っている。 彼女たちが実際に経験した月経についての慣習は、神棚への供物の禁止、神社への接近の禁止、乗舟の禁止、月経期間中の1週間は食事を家の外でとらねばならないというものだった。 軒下や玄関先で食事をしていると、男児たちに指を差されたり蔑みの言葉を投げられたりして、「かなしかった」と回想している。 当時すでに月経小屋に隔離されることはなくなっていたが、月経期間が終わると湯を持って小屋へ行き、身を清めなければならなかった。 月経中だからといって労働が軽減されることはなく、家事育児、肥料を担いでの山越え、鍬を振り上げての株抜き、畦作り、水汲みなどを普段どおりに行った。 また、「月経中は穢れているので、海神の怒りを買う」という理由で、戦前は全国的に見られた乗舟禁止の慣習が、白木では戦後も続いていたため、普段であれば舟でいける場所へ、月経中は荷物を背負って山を越えなければならなかった。 月経小屋の慣習について、「日々の重労働から解放され、体を休めることができた」「人目に触れなくなることで、経血の流出に煩わされずに済んだ」「女性だけが集まる場所で、性についての知識を継承することができた」という肯定的な見方もあり、実際に、「タビグラシ(他火暮らし・月経小屋で過ごすこと)が楽しかった」という記録もあるが、少なくとも白木には当てはまらない。 他文化を尊重すべきという立場から、こうした慣習について云々すべきではないという意見もあるが、そこに不浄視や差別が存在する以上、「文化」とは呼べない。

次の