ドッカン バトル 数字。 ドッカンバトル攻略

【ドッカン】最強キャラランキング【ドッカンバトル】

ドッカン バトル 数字

『極限Z覚醒』するキャラクター達の評価、それから『今後極限しそうなキャラクター達』をまとめておきます。 『極限Z覚醒』の概要および『極限Zバトル』の攻略については以下の記事を参照です。 『サブ評価』の順に並んでおり、0. 5点毎にキャラクターを区分しています。 同じ『9. 0点』でも、9. 5点寄りのキャラクターは『9. 5点~10点』へ、8. 5点寄りのキャラクターは『8. 5点~9. 0点』へ、という形で区分しています。 画像をクリックで考察ページへ飛びます。 5点~10点】 6. 5 7. 0 9. 5 9. 5 【9. 0点~9. 5点】 5. 5 5. 0 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 【8. 5点~9. 0点】 7. 0 7. 0 5. 5 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 9. 0 6. 0 6. 0 7. 0 6. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 5 3. 5 7. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 5 7. 0 5. 5 3. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 【8. 0点~8. 5点】 3. 5 5. 5 6. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 4. 5 6. 0 3. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 0 3. 5 6. 0 7. 0 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 【7. 5点~8. 0点】 6. 0 6. 0 7. 0 1. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 5 7. 0 7. 0 3. 5 8. 0 8. 0 7. 5 7. 5 【7. 0点~7. 5点】 8. 5 6. 5 4. 5 3. 5 7. 5 7. 5 7. 5 7. 5 6. 0 4. 5 4. 0 3. 5 7. 0 7. 0 7. 0 7. 0 4. 0 7. 0 【7. 0点以下】 3. 5 3. 5 3. 5 3. 5 7. 0 7. 0 6. 5 6. 5 7. 0 4. 5 3. 5 4. 5 6. 5 6. 5 6. 0 6. 0 3. 5 4. 0 4. 0 3. 5 6. 0 6. 0 5. 5 5. 0 4. 0 5. その先である『カテゴリ世代』については区切りが無いのでどうするのか微妙な感じですが、取り敢えず属性リーダー達を全員消化するのは間違いないでしょう。 それから、『コスト48・58フェス限と同じ超激戦で覚醒したキャラ』についても、『その極限が復刻した時に覚醒追加』がお決まりの流れになったので、間違いなく来るでしょう。 はカテゴリ世代フェス限であるの登場時というかなり後出しで追加されたキャラ、ややなどはイベント産、はヒーローズコラボガシャ産とこの辺は特殊なので、もしかしたらこの5体辺りは別枠扱いになる可能性もありますが…。 0 8. 0 4. 5 6. 0 8. 5 8. 0 8. 0 8. 0 4. 0 5. 5 4. 5 4. 5 8. 0 8. 0 7. 5 7. 0 6. 0 6. 0 6. 5 6. 0 7. 0 7. 0 7. 0 7. 0 5. 5 5. 5 6. 0 6. 0 6. 5 6. 5 6. 5 6. 5 4. 5 6. 0 4. 5 5. 5 6. 5 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 5. 5 6. 0 6. 0 5. 5 5. 5 5. 5 4. 0 5. 5 イベント産はどこに極限が来るかも分からない感じですが、は7月20日以降の極限が予定されています。 古めのイベント産LRキャラクター達にはドンドン極限が実装されそうな予感です。 全員やるのかどうかは定かではありませんが…。 以上です。 一口に『極限Z覚醒』と言ってもピンキリですが、最近は最高難易度イベントでも大活躍出来る程の爆発的なパワーアップを遂げるキャラクターも珍しくなく、『極限』の存在感は日に日に増すばかりです。 完全に倉庫番だったのに、一気にカテゴリデッキのベストメンバー入りする者なども少なくなく、古いキャラクター達を捨てる行為はとてもじゃないけど出来なくなって来ました。 実際、昔捨てちゃったキャラが極限で超絶強化されて後悔している人も少なくないでしょう。 『極限しそうなキャラ』については、ここに載せていないキャラも、『』みたいに急遽まとめて極限したり、『』のような大型キャンペーンのイベントで極限したり、あらゆる可能性が考えられます。 フェス限も遂にコスト58世代に突入しているし、今は本当にどのキャラクターが化けるか分からないですから、未極限のキャラも今使えないからと売り払わず、しっかりとBOXに保持しておきたいです。 『古いキャラクターが極限して復権する』というのは古参ユーザーからすれば感慨深いものもありますし、シンプルに強いキャラが増えるというだけでも単純に嬉しいですから、今後も多くの極限に期待です。 225.

次の

【ドッカンバトル】極限Zバトルの攻略一覧

ドッカン バトル 数字

初回挑戦時は、そのレベルをクリアするまでACT0で挑戦できます。 敵のレベルが上がるとステータスだけではなく、様々な耐性がついてくるので注意しましょう! また、 コンティニュー&サポートアイテム使用不可なので、パーティ編成など考えて挑戦する必要があります。 極限Z覚醒「破壊と殺戮の超戦士 伝説の超サイヤ人ブロリー」 Lv. 30までの各Lvをクリアすると[銅][銀][金][虹]のうち、対応した種類の覚醒メダルを獲得でき、その覚醒メダルでを極限Z覚醒させることができます。 特攻キャラ 極限Zバトル「破壊と殺戮の超戦士 伝説の超サイヤ人ブロリー」では、 極力属性の伝説の超サイヤ人ブロリーがボスとして登場するので、 速属性のキャラが有利になります。 追記 カテゴリ「」のキャラは与えるダメージが上昇し、受けるダメージが軽減されます。 天下一武道会の少年チケットガシャで入手可能。 敵は1体で、さらに初回クリア時まではACT0で何度でも挑戦できるため、アックマンを利用してLv30ぐらいまでは攻略可能です。 ただし時間と労力を使います! 方法はいたってシンプルで、 アックマンに必殺技を撃たせるだけです。 アックマンは、 必殺技発動時に超低確率で爆発的に威力増大し、一部の敵を除き、どんな敵でも一発で沈めるほどのATK値を叩き出すことが可能です。 なので、1ステージクリアするだけでもかなりの時間を費やします。 時間に余裕があれば試してみるのもいいかもしれません。 アックマンPT編成例 アックマンに必殺技を撃たせることが最低条件で、その前にゲームオーバーにならないことが重要です。 リーダーキャラ フレンド には、気力+3でHPが上昇するキャラを選択しましょう! おすすめリーダーキャラ キャラ 詳細.

次の

【ドッカンバトル】爆裂チェインバトルの攻略情報

ドッカン バトル 数字

【鬼気迫る超合体】超サイヤ人2ケフラの考察です。 リーダー評価:8. 0点 サブ評価:7. 45倍 必殺技 『ギガンティックブラスト』 必殺技倍率 5. をで手に入る覚醒メダルでドッカン覚醒させた姿です。 『フェス限級の通常ガシャ産キャラクター』の境地を切り開いた存在で、今尚カテゴリ世代フェス限級のリーダースキルと中々の総合力を誇る通常ガシャ産キャラクターです。 今でこそフェス限級の実力を持つ通常ガシャ産キャラクターも大して珍しくなくなった訳ですが、このケフラはその走りのような存在です。 実装は2018年のサイヤの日、アニメがクライマックスを迎え、ドッカンバトルもリアルタイム連動で最大級に盛り上がっている最高のタイミングで投入され、『通常ガシャ産キャラがこの性能とか冗談だろ…?』と多くのユーザーを震え上がらせたものです。 特に攻撃面では『確定追撃』で上乗せ出来る分が大きく、今でも中々に通用する水準となっています。 パッシブで追撃持ちなので潜在追撃も引きやすく、ここも含めればパワーに関しては今でも十分なものを持っています。 現在、同カテゴリにおけるリーダーは入手機会が限られているフェス限LR・しかいない訳で、こちらを持っていない人にとっては重要な存在となるでしょう。 実際、2019年のLR悟空&ベジータの入手機会は『4周年記念』のたった1回のみだった訳で、やはりリーダーとしての価値が相対的に大きいのは間違いありません。 しかし、登場からそろそろ2年にもなるということで、個の性能に関しては完全にインフレに飲まれつつあると言わざるを得ません。 6万、10個も取れてようやく8. 4万ですし、特にリーダースキルのDEF補正倍率が低いカテゴリで使用する場合は、守りの薄さは相当に気になってしまうでしょう。 攻撃面も、『必殺追撃』が引ければ中々の火力ではありますが、今となってはこちらを引けてもそこまでズバ抜けた火力ではありませんし、ATKリンクもかなり貧弱で臨戦態勢も無いので2番目なんかに置くとかなりリンクも切りますし、長所がインフレに飲まれてしまったことで短所も悪目立ちして来たイメージです。 かつては間違いなく『通常ガシャ産キャラクター最強格』という存在で、アニメでの鬼気迫る活躍に相応しい強さを誇っていましたが、流石に時代の流れには勝てませんでした。 とは言え、前述のようにもカテゴリのリーダーとしては未だ貴重な存在ですし、個の性能もトップ集団からは完全に脱落したものの流石に平均以上には居ますから、通常ガシャ産キャラクターとしては価値は十分残している部類でしょう。 ポタラのリーダーを持っていないとか、第6宇宙のメンツを充実させたいなんて状態なら解放価値も十分にあるでしょう。 その他のカテゴリでメンツが充実している場合、そう優先度は高くない方にもなってしまいましたが…。 スキルは『会心・連続攻撃』半々程度が無難でしょうか。 パッシブで連撃持ちなので『連続攻撃』は引きやすいですし、それらに会心の抽選も与えたいので、半々程度にしておくのが一番安牌でしょう。 【相性の良いキャラクター一例】 〇 悟空&ベジータを持っていない人がフレンドにそちらを捕まえて『』カテゴリの代替リーダーとして働かせる、というのが現環境で一番の役割でしょう。 フェス限LRが全員揃っているなんてのもそうそう無い話でしょうし、リーダーとしてお世話になっている人もまだまだ居るでしょう。 イベント産キャラで手頃ですし、専用バトロや悟空伝ミッションに挑む際も良いお供です。 気力補正はケフラにとっては過剰ですがLRには有難いですし、こことの相性の良さも一つ武器にはなるでしょうか。 【老界王神は使うべき?】 かつては文句無しの性能でしたが、今となっては自分のBOX状況と相談して、という感じでしょうか。 ポタラのリーダーが居ないなら使用価値は十分ですし、偏狭な『』カテゴリなんかではかなりやる方でもありますが、その他の応用性は厳しくなってきた部分もあるので、どこで使うかを意識して決めて行きましょう。 【引けたら当たり?外れ?】 正確には覚醒前を引き当てることになります。 個の性能に関してはかなりインフレに押されており、このケフラ以上の性能を持つ通常ガシャ産キャラクターも今となっては全く珍しくもないですが、それでも最低限の実力はあり、リーダーとしての価値は通常ガシャ産としては間違いなく破格ですから、 当たりと呼べるキャラクターではあるでしょう。 しかし、当時の圧倒的な輝きを知る者からすれば落ちぶれた感は否めないでしょうか。 インフレの怖さを感じさせてくれるキャラクターでもあります。 ただ、最近は2019年1月に登場したばかりで実力も前線級のやが1年と経たずに極限したりもあるので、どのキャラに極限が来るかも全く読めない状態です。 実装当時は強さ・実装タイミング・必殺演出の作り込みなど、全てにおいてかなり特別感のあるキャラクターでしたし、このケフラにももう一花咲かせて欲しくもあります。 その内、『戦闘中に合体』『戦闘中に変身』みたいなフェス限やLRのケフラのカードも出て来そうですし、そういうタイミングでのパワーアップなんかにも期待したいです。 古参DBファンだけどカリケルの強さに納得いかない、 なんてことはない。 サイヤ人は潜在能力で戦闘力決まるタイプと、 悟空のように数十年努力して強くなるタイプ二パターン居るのはファンなら知ってる。 悟空はあの世で修行し続けて超サイヤ人3の境地に達した。 その間勉強しかしてない、ご飯。 でも潜在能力開放で全キャラ最強。 生まれながら最強のブロリー。 潜在能力の覚醒でいきなりブルーに匹敵するパワー。 あまり戦闘しなかった第六宇宙のサイヤ人。 しかしカリケルは潜在能力はずば抜けていたため悟空との戦いで一気に覚醒。 何もおかしくない。 by 221. 191. 212. 188.

次の