トイレの詰まりが直らない。 トイレつまりの直し方「自分でできる8つの修理法」

神戸市のトイレつまり修理【安い割引あり】水道局指定業者の水協|1800円〜口コミ有

トイレの詰まりが直らない

Contents• トイレがつまった時に試す『6つの対処法』 普段はきちんと流れるトイレが急に逆流すると慌ててしまうものですよね。 焦らずに今起きている症状に合わせて対応してみてください。 共通して使う道具は下記です。 バケツ• ビニールシートや新聞紙• ゴム手袋• マイナスドライバー• 灯油ポンプ• ぞうきん (参照:) ラバーカップ(すっぽん)を使う ホームセンターなどで購入できる「ラバーカップ」は、トイレのつまりを手軽に改善できる道具です。 よく「すっぽん」と呼ばれたりします。 まず便器の中の水を少し汲み取り、排水路の入り口にカップを押し付けるようにして、次に引き上げます。 この動きを何度か繰り返しましょう。 実は、この 「ラバーカップ(すっぽん)」は押して使うのは危険なんです。 意外とやりがちな行為ですが、「ラバーカップ(すっぽん)」の正しい使い方を紹介している記事もあるので確認してみてください。 ぬるま湯を流す トイレットペーパーやティッシュペーパーが詰まってしまった場合には、トイレに40~60度のぬるま湯を流すことで、つまりを改善できることがあります。 しかし!! 温度が高すぎると便器が割れてしまうおそれがありますから、注意して行いましょう。 しばらく時間を置けばお湯を遣わなくても自然と溶ける場合もありますが、お湯を使うと溶けが早くなるのでオススメですよ。 尿石除去剤を使う 古いタイプのトイレや、家族が多く頻繁にトイレを使用する家庭などは尿石が排水口に蓄積し、そこにトイレットペーパーが引っかかることで詰まる場合もあります。 使用方法は便器の中に入れて規定の時間放置し、水で流すだけですが、何度か繰り返すことで効果が期待できる場合があります。 ただし、尿石除去剤などの薬剤は便器に投入してから時間を置くものが多く、即効性が期待できないことが注意点です。 ワイヤーブラシを使う 「ワイヤーブラシ」とは、専門業者も扱うことのある道具です。 細長いワイヤーを便器に差し込むようにして、先端で排水路に詰まった異物を崩します。 難易度の高い方法であるため、慣れていない方はまずラバーカップを使うのが無難です。 バケツやペットボトルで水を流す バケツやペットボトルで水を汲み、勢いのある水流を作るようなイメージで、便器に水を流しましょう。 トイレの水位が高くなってしまっている場合は、事前に便器の水を汲み取って減らしておくとともに、周囲に汚れ防止のビニールや新聞紙を敷いておいてください。 パイプクリーナーを使う ラバーカップと似た、トイレのつまりを改善する道具に、「パイプクリーナー」があります。 付属のポンプで吸引力を高めるため、落とし物などの硬いものが詰まってしまった場合も、取り除くことができます。 トイレが詰まってしまう原因は? トイレが詰まってしまったのには、一体どのような原因があったのでしょうか。 よくあるトイレつまりの原因をご紹介します。 トイレットペーパーや排泄物の詰まり 最も多いのはトイレットペーパーや排泄物を大量に流して詰まるケース。 必要以上に流すものの量が多いことで起きる場合もありますが、流す水量に問題があることも。 近年のトイレは少ない水量で流せる節水タイプのものが多い上に、貯水タンクにペットボトルを沈めて少量で済むよう調整しているケースもあります。 トイレットペーパーは水溶性ですが、十分な水量がないと溶けるのに時間がかかるために詰まってしまいます。 また、 安めのトイレットペーパーは水に溶けずに詰まりやすくなる傾向があります。 詰まりやすい構造になっている箇所がある トイレの種類によっては、排水管につまりが起こりやすい構造となっている箇所がある場合があります。 よくトイレつまりが起こるのは、便器から流れた水が通る排水路の途中、急なカーブによる「せき」がある箇所です。 また、排水口の出口でもよくつまりが起こります。 水に溶けない異物が紛れた 基本的に、トイレに流すことができるのは、水に溶けるトイレットペーパーのみとなっています。 それでは、異物の例としてはどんなものが考えられるのでしょうか? 以下のアンケート調査では、ご家庭でよくある異物の事例をご紹介します。 みんなに聞いた!トイレに流してしまったことがあるものは? トイレットペーパーを大量に流した• お腹の調子が良くなくて複数回続けてトイレに入っていたら、結果的にトイレットペーパーを大量に流してしまったことになり、トイレが詰まってしまった。 (女性・43歳・埼玉県)• 厚手のトイレットペーパーを購入し、その時はお腹を壊していたこともあり、いつもより多く使用し流したところトイレが詰まってしまいました。 (男性・31歳・東京都) ティッシュペーパーを流した• トイレットペーパーが切れてしまったので応急処置でティッシュペーパーを使ったら、つまりました。 (男性・30歳・神奈川県)• 水に溶けるポケットティッシュを愛用していました。 出先のトイレを使った際、ポケットに入ったティッシュを使って流したらつまりました。 うっかり普通のティッシュの方を流してしまっていたようです。 (男性・25歳・沖縄県) トイレ用のお掃除シートを流した• 流せるタイプのお掃除シートだったので気にせずに流していたら詰まってしまいました。 家のトイレの水流が弱めだったのが原因でした。 (男性・37歳・神奈川県)• 掃除をしながらこまめにお掃除シートを流さずに、まとめて流してしまったため詰まってしまいました。 (女性・39歳・福島県) 落とし物をそのまま流した• 誤って携帯を落としてしまい、トイレが詰まって水があふれました。 (女性・39歳・愛知県)• 会社のトイレに手鏡を誤って流してしまい詰まらせました。 (女性・45歳・兵庫県) 生理用ナプキン・おむつ・ペット用シートを流した• 介護の仕事をしていて、利用者が誤って落としていたおむつを知らずに流して、ポリマーが膨れて詰まってしまった。 (女性・42歳・山梨県)• 生理が始まったばかりの頃、ナプキンの使い勝手がよく分からず流してしまったことがあります。 しかも夜用…。 (女性・22歳・宮城県) 吐瀉物や食べ残しを流した• 嘔吐物を大量に吐き出してしまい、詰まらせました。 (男性・38歳・長野県)• 腐りそうになったプロテインを流した結果詰まってしまいました。 (男性・47歳・京都府) 猫砂を流した• 動物を飼っており猫砂がつまりの原因になると分からず流してしまい大変なことになりました。 (男性・37歳・大阪府)• 流せる猫砂でしたが一気に流しすぎてつまりました。 (男性・37歳・大阪府) 解説 通常であればトイレに流しても問題がないはずの「トイレットペーパー」ですが、流す量によっては異物となり、つまりの原因となってしまう場合があります。 どうしても量が多くなってしまう場合には、何度かに分けて流すなどの工夫をして、トイレを詰まらせないために注意しておきましょう。 また、意外と水に溶けないものに「ティッシュペーパー」「トイレ用のお掃除シート」「おしりふき」「汗拭きシート」などがあります。 いずれもトイレットペーパーと同じ紙製品ではありますが、水に流すことができません。 同様に、生理用品やおむつも流さないようにお気をつけください。 ペットの排泄物や吐瀉物など、一見するとトイレに流しても問題なさそうに見えるものが、つまりを引き起こすケースもあります。 水を吸収しやすい猫砂は排水路にこびりつきやすく、油分の多い吐瀉物は水流を悪化させます。 つまりの原因として思い当たることのある方は、次の対処法をお試しください。 スポンサードサーチ 該当してたら要注意!トイレつまりが起こる前兆 トイレが流れなくなってしまったり、便器から水があふれそうになってしまったり…… 突然トイレが詰まってしまったらどのように対処していいか分からなくなってしまいますよね。 トイレのつまりが起こる前には、水の流れが悪くなったり、異常な音が聞こえたりといった前兆がみられます。 これらの異常に気づいたら、悪化させる前にすみやかに対処しましょう。 こちらでは、トイレの調子が悪いときに考えられる原因や、その対処法についてお伝えします。 トイレのつまりが起こる前兆には、以下の4つの症状があります。 もしもご家庭のトイレに該当する症状がみられた場合には、注意しておきましょう。 水位が高くなる トイレで水を流したときに、便器の中の水位が上昇することがないでしょうか? 正常な状態であれば、水を流しても便器の水位は変わることがありません。 このような症状が見られるときは、トイレの排水路がつまりを起こしたことによる不具合が考えられます。 放置してさらに水位が高くなると、便器から水があふれ出てしまうおそれもありますから、早めに対処することをおすすめします。 水の流れが悪い トイレで水が流れるまでに時間がかかったり、水の流れが弱いと感じられたりするときには、注意が必要です。 このようにトイレの水の流れが悪いときには、排水路になにかが詰まり、水の流れをせき止めてしまっていると考えられます。 この状態でも水は流れるため、トイレを使い続けることができてしまいますが、放っておくとさらに症状が悪化します。 異変に気づいたら対策を採りましょう。 トイレつまりは放っておけば自然と直る? トイレつまりは放置しても自然と直るものではありません。 トイレをつまらせる原因となるものが、他の異物を巻き込んで状況を悪化させてしまうこともあります。 つまった後に一定時間経過することで解消されたのは、完全につまっているわけではいないから。 一時的に解消されても、根本的なつまりは解決しないので注意しましょう。 自分でトイレつまりを直すことは可能?業者を呼んだ方がいい? 状況によってトイレつまりを自分で直すことも可能です。 たとえば、大量のトイレットペーパーを流してしまった場合はここで紹介したやり方で対処できるかもしれません。 しかし、落とし物をして奥底で引っかかってしまった場合などは自分で対処するのが難しいでしょう。 少しでも自分で直すのが難しいと感じたら、迷わず業者を呼びましょう。 業者を読んだ場合の費用はどれくらい? つまりの状態にもよって異なるので明確にはお答えできません。 金額の幅が大きいのは、つまりの位置やトイレを取り外す必要があるかどうかなどによって異なるためです。 まとめ 実際にトイレに異物が詰まってしまった事例としては、大量のトイレットペーパーを流してしまったり、あるいはトイレに流せない異物を流してしまったりするケースがあります。 もしもご紹介した原因に思い当たるものがあるならば、トイレのつまりが悪化してしまう前に、すみやかに対処しましょう。 トイレのつまりを見つけたときは、専門業者を呼ぶ前に自分でできることがあります。 お困りの際は、今回ご紹介した方法をぜひお試しください。

次の

トイレ詰まりの直し方まとめ!焦らずにやるべき対処法と予防対策

トイレの詰まりが直らない

トイレ詰まりは放置で直るって本当? トイレットペーパーや便などによる軽微な詰まりは、放置すれば自然に解消したり、身近にあるもので除去できたりします。 しかし、トイレの奥や排水管で詰まりが発生しているとき、さらに固形物が詰まっているときは放置していても詰まりが直ることはありません。 ここでは放置してよい詰まりや自分でできる詰まり除去方法を説明していきます。 詰まりを放置して直るケース トイレの詰まりには放置しておけば自然に直るケースがありますが、それはどのようなケースなのでしょうか。 順番に確認していきます。 ・トイレットペーパーの詰まり トイレットペーパーを一度に大量に流すと詰まることがあります。 日本製のトイレットペーパーは水に溶けやすい性質の紙ですから、2~3時間放置しておけば自然に溶けて詰まりが直ることがあります。 最近では外国製の安いトイレットペーパーも日本国内で手に入るようになりました。 しかし外国製のトイレットペーパーの多くは水に溶けにくい繊維でできています。 そのため日本製のトイレットペーパーに比べて詰まりやすいので、一度に大量に流さないように注意が必要です。 ・水に溶けるものによる詰まり トイレの掃除シートやペットのトイレ砂などトイレに流してもよいものでも詰まることがあります。 これらのものはトイレットペーパーと比べると溶けにくい素材でできているため時間はかかりますが、半日程度かけて徐々に詰まりが解消していきます。 ・便の詰まり 便の流しすぎによって詰まることもあります。 この場合は2~3時間すれば自然に詰まりが解消します。 このようにトイレに流してよいものでも、大量に流しすぎると詰まることがあるのですね。 これらの場合は放置して様子をみましょう。 解消されない場合は次の章で紹介する方法で対処してみてください。 詰まりを放置しても直らないケース 次に、放置しても直らないケースをみていきましょう。 ・固形物による詰まり メガネやスマートホンなどの固形物は水に溶けないため、放置しても直りません。 落としてしまっても、流す前ならゴム手袋をはめて自分の手で取ることができます。 しかし、固形物を流してしまうと、便器の奥や排水口で詰まってしまうため、流さないように注意しましょう。 流してしまった場合は便器の脱着などの大掛かりな作業が必要になります。 ・排水管の奥での詰まり 便器やキッチン、風呂場から出た汚水は、建物や庭に埋められた排水管を通って下水管に流れていきます。 固形物や汚れの蓄積によってこの排水管で詰まりが発生することがあります。 排水管を掘り出すこともできないため、この場合は業者に依頼して高圧洗浄機で詰まりを除去してもらうことになります。 固形物や排水管の詰まりは、残念ながら放置しておいても直りません。 悪化する前に業者に依頼して除去してもらうほうが賢明でしょう。 詰まりを放置しすぎるとどうなる? 詰まりを放置して直らない場合はできるだけ早く対処しましょう。 また、完全には詰まっていなくても、詰まりそうな状態を放置するとさまざまなトラブルにつながります。 ・水が溢れる 流れにくい状態を放置すると、いずれ完全に詰まってしまうでしょう。 排水口や排水管が詰まりによって完全に塞がれてしまうと、流す際にトイレから水が溢れることになります。 ・詰まりが悪化 オムツや生理用品など吸水性のあるものが詰まると、詰まりがどんどん悪化してしまいます。 汚水に含まれる便やゴミが詰まっているもの付着し、詰まりをさらに大きくさせてしまうのです。 ・階下や隣に被害 排水口や排水管で詰まりが発生すると、汚水は下水管まで流れることができません。 行き場を失った汚水は、排水口や排水管の接続部分から徐々に漏れ始めます。 この漏れた汚水がやがてマンションや家屋の階下や近隣にまで漏れ出ていってしまうおそれがあるのです。 ・悪臭による被害 トイレの詰まりを放置すると悪臭被害にもつながります。 便器内部の詰まりは封水切れという現象を引き起こします。 封水とは下水管の臭いがトイレから漏れ出ないよう遮断するため排水口に溜めてある水です。 トイレの内部に詰まったトイレットペーパーや便を放置すると、それらが封水を吸水することで少しずつ流れていってしまいます。 すると排水管に空気の通り穴ができることになり、その穴から下水管の悪臭が室内に流れ込んでくるのです。 トイレの詰まりを放置しておくと、汚水が流れにくいだけでなく、さまざまな悪影響が出てくるのですね。 トイレの詰まりを感じたら早めの対処が肝心といえるでしょう。 こんなときは業者に依頼しよう! 自分でできる対処法と業者に依頼する際の判断基準でお悩みの方もいることでしょう。 そこで、ここでは自分での対処が難しいケースを紹介していきます。 以下のケースに当てはまるときは早めに業者へ連絡してください。 ・便器を外す必要がある詰まり 便器の奥や便器を排水管に流す排水口で詰まりが発生すると、便器を一度取り外して詰まりを除去する必要があります。 自分でも取り外せないことはありませんが、脱着を失敗すると排水口から汚水が漏れ出すおそれもあるためリスクが高い作業です。 ・排水管などの掃除が必要な詰まり トイレやキッチン、風呂場から出た汚水を下水管まで流す排水管で詰まりが発生することがあります。 建物や庭から排水管を掘り出すわけにもいきませんから、高圧洗浄機を使って除去する必要があります。 専用の高圧洗浄機を使用するため、自分でおこなうのは困難でしょう。 ・詰まりの原因がわからない 便器や排水管は直接目で確認できないため、詰まっている原因がよくわからない場合も多いのではないでしょうか。 便器にワイヤーなどを入れて詰まりを探ろうとすると、逆に詰まりを奥へ押し込んでしまったり、汚水が溢れたりしてしまうかもしれません。 原因がわからないときは、無理をせずに業者に依頼することが賢い方法です。 弊社では、トイレの構造を熟知し豊富な経験をもった多くの加盟店と提携しております。 24時間365日いつでも全国から電話受付中です。 トイレの詰まりでお困りの方は、今すぐお電話ください。 トイレの詰まりをすぐに解消する方法 水に溶けるものは、2時間~半日程度放置すれば自然に解消することがあります。 しかし、トイレの詰まりはなるべく早く解消したいですよね。 この章では、トイレの詰まりをすぐに解消する方法を紹介していきます。 詰まりを引いて直す方法 まずは、詰まっているものを引き出す3つの方法をみていきましょう。 ・ラバーカップ ラバーカップとは、棒の先端に半球状のゴムがついた器具です。 「スッポン」や「カッポン」といえばおわかりのかたも多いのではないでしょうか。 使い方は以下のとおりです。 真空状態を作るため、便器の水をラバーカップのゴムが浸るくらいの水量にする。 ラバーカップがへこむまで便器に押し込んで、力強く引き抜く。 ・ペットボトル ラバーカップがない場合は、ペットボトルで代用することができます。 手順は以下のとおりです。 ペットボトルの下側を切る。 ペットボトルの下側を便器の排水口に隙間なく入れる。 ペットボトルの飲み口を塞いで強く引く。 ・真空式パイプクリーナー 真空式パイプクリーナーとは、真空ポンプの力で詰まりを解消する器具です。 真空ポンプの先端に半球状のゴムがついています。 使い方は以下のとおりです。 便器の水をカップが浸るくらいの水量にする。 隙間がないように、カップを排水口に押し込む。 ハンドルを力強く引く。 これらの方法はいずれも真空状態を上手く作ることがポイントです。 そのため排水口を隙間なく塞ぐことが大切です。 また、吸引力で詰まりを除去するしくみですから、力強く引き抜くことも共通のポイントです。 器具を引き抜くときに、汚水が飛び散るおそれがありますから、便器周りや壁を新聞紙などで保護しましょう。 詰まりを溶かして直す方法 お湯や重曹、酢や液体洗浄など身近なものを使って詰まっているものを溶かすことでもトイレの詰まりを解消できることがあります。 3つの方法をみていきましょう。 ・お湯 トイレットペーパーや便による軽微な詰まりはお湯だけで解消できることがあります。 便器内の汚水を汲みだす。 高い位置から40度程度のぬるま湯を便器にゆっくり注ぐ。 熱いお湯をすすぐと冬季の便器が割れることがあります。 40度以上の熱いお湯は避けてください。 便器の半分くらいの量まで2~3回にわけて注ぐ。 1時間程度放置する。 ・液体洗剤 洗い物に使う液体洗剤でトイレの詰まりを解消させることもできます。 40度程度のぬるま湯を便器にそそぐ。 20分程度放置する。 再度お湯をそそいで、水が流れるか確認する。 ・重曹と酢 お湯や液体洗剤を使っても詰まりが解消できないときは重曹と酢を使ってみましょう。 便器内の汚水を汲みだす。 重曹と酢は適量をそそいでください。 多くそそぐと炭酸ガスでできた泡が大量に発生し、汚水と一緒に便器からあふれ出てくるおそれがあります。 40度程度のぬるま湯を便器にそそぐ。 1時間程度放置する。 普段の調理や家事で使うものでもトイレの詰まりを解消できます。 トイレットペーパーや便でトイレが詰まってしまったときは、試してみる価値はあるといえるでしょう。 業者に依頼したらいくらかかる? 自分で対処できない場合は業者に依頼する必要があります。 トイレの詰まりは、原因や発生箇所によって作業の内容がことなるため、一概にいくらということはできません。 そのため、詰まり除去にかかる正確な料金を知るには、業者への相談や現地見積りをする必要があります。 弊社では、現地見積りを無料で承っております。 お電話での相談も24時間365日受付しております。 見積りから相談まで、お気軽にお電話ください。 トイレ詰まりを防ぐためにできること トイレの詰まりを解消する方法をご紹介してきましたが、そもそも詰まらせないようにしたいものです。 この章ではトイレの詰まりの予防方法と、詰まりが悪化する前に対処できるよう、詰まりの前兆となる症状をご紹介していきます。 トイレの詰まりを予防する方法 ・こまめな掃除 トイレには便やゴミなどが少しずつ蓄積していきます。 毎日トイレットペーパーや便を適量で流していても、詰まりの原因となる汚れの蓄積は避けられません。 こまめな掃除や便器洗浄液を使った洗浄をおこない、詰まりを予防しましょう。 ・少しずつ流す 少量にわけて流すことも詰まりの予防になります。 便器の内部には、細い箇所がたくさんあるため、大量に流すと詰まります。 ペットのトイレ砂や掃除シートなども小分けに流して詰まりを防止しましょう。 ・近くに小物を置かない トイレの近くにある小物も、なにかのはずみで便器に落ちてしまうことがあります。 落としたことに気づかず流してしまうと、便器内に詰まってしまいます。 トイレの近くに小物を置くことは避けましょう。 ・トイレタンクにものを入れない 節水のためにトイレタンクの中にペットボトルを入れている方もいるかもしれませんが、タンク内の部品を傷つけたり破損させてしまうおそれがあるほか、詰まりの原因になります。 ペットボトルを入れるなどしてタンク内の水量を減らすと、一回のレバー操作で流れる水量も減ってしまいます。 すると水流も弱くなってしまうため、トイレットペーパーや便を流しきれず詰まってしまうことがあるのです。 ・節水を控える 節水のためにトイレのレバーを最後まで動かさなかったり、小のほうばかり使っている場合も、流す際の水量が減ってしまうため流しきれないおそれがあります。 トイレは汚水を流しきるために十分な水量になるように設計されています。 トイレのレバーは大と小を適切に使い分け、レバーを最後まで振り切りましょう。 こんな症状が出たら詰まりのサインかも! トイレの詰まりは突然おこるように思われますが、予兆が現れていることもあります。 これからご紹介するサインが出たら、症状が小さいうちに対処しましょう。 ・水位が高い 水位が高い場合、排水管の奥のほうが詰まりかけているおそれがあります。 排水管が奥のほうで詰まっていると、水が流れる際に抵抗が生まれ、逆流して便器内の水位が高くなることがあります。 徐々に水位が下がっていくことが多いですが、普段よりも便器内の水位が高い場合は排水管内部の詰まりを疑いましょう。 ・流れが悪い 便器内で詰まりが発生している場合、排水管の奥が詰まっている場合よりも流れが悪くなります。 前述の水位が高い状態を放置した場合もだんだん流れが悪くなっていくため、流れが悪い状態は詰まりが相当悪化しているおそれがあります。 ・異音がする 排水管で詰まりが発生すると異音がすることがあります。 水流が排水管の中で詰まったものにぶつかって発生する音が異音の正体です。 水位や流れ、異音などは気づきやすいサインといえるでしょう。 これらのサインが出たら先述のとおり、自分でできる対処法を試してみることも手です。 しかし、詰まりの原因がはっきりしていないなかで対処をしても解消できる保証はなく、徒労に終わってしまえば意味がありません。 小さな詰まりの除去であれば、少ない料金ですぐに直る可能性が高くなります。 弊社では大掛かりな除去作業はもちろん、ちょっとした相談や軽微な詰まりでも迅速に駆け付けて解決できる業者を加盟店のなかから紹介いたします。 現地無料見積りで状況を確認してもらいたいというご要望でも結構です。 トイレの詰まりでお困りの方は、今すぐお電話ください。 あわせて読みたい 水漏れ修理お助け隊では、水回りでお困りの方からのご相談をお待ちしております。 日本全国、いつでも、どんなお困りごとでも、水漏れ修理お助け隊へご連絡ください。 ご家庭の水回りのトラブルで困ってしまった…そんな経験はございませんか?水回りの部品のほとんどは消耗品です。 普段からきちんとお手入れをしておく必要がありますが、なかなか細かいお手入れも難しいものですよね。 また、きちんと手入れをしていたとしても、いつかは部品交換をしなければいけません。 定期的に、水回りの部品が劣化していないかを点検する必要があります。 キッチン・トイレのつまりや水漏れといった、目に見えてわかる水トラブル以外にも、目に見えないところでトラブルや異常が発生しているかもしれません。 目に見えないところで水漏れが起きていて、急に高騰した水道料金の請求を見てトラブルに気づいた、というケースも後を絶ちません。 また、マンションにお住まいの場合は、知らないところで起きていた水漏れによって近隣住人に迷惑をかけてしまうこともあります。 そうなる前に、できるだけ早めに異常に気づいて、修繕をおこなう必要があります。 いつ起こるかわからない水回りのトラブルに対応するため、水漏れ修理お助けは24時間365日、常に受付対応できる体制を整えております。 日本全国どこからでも、ご連絡いただければ一番お近くにいる修理スタッフがすぐに折り返しの電話を差し上げ、お客様のもとへ駆け付けます。 水トラブルでお困りの際は、全国各地にプロの技術を持ったスタッフを派遣し、確かな実績を持つ水漏れ修理お助けにぜひお任せください。 Copyright 水漏れ修理お助け隊 All rights reserved.

次の

トイレつまりはラバーカップで楽に直る!

トイレの詰まりが直らない

トイレ詰まりティッシュの場合の直し方! 一般的に、トイレがティッシュで詰まった時は、 自分でできる方法がいくつかあるので、業者に頼む前にぜひ試して下さい。 以下に、自分でできる方法を4点ご紹介します。 1.お湯を使う方法 お湯を流し入れることで、ティッシュを柔らかくし、 流れるようにしようというものです。 ただし注意があります。 お湯は熱湯では駄目です。 本当は温度が高い方が、 ティッシュは柔らかくなるのかもしれませんが、 熱湯に近い温度のお湯を便器に入れてしまうと、 便器が割れてしまう恐れがあります。 多くの便器は陶器でできています。 熱に対して強くないという特徴があります。 望ましいお湯の温度は、40~50度だとされています。 お湯を使う場合は、即効性がある訳ではありません。 少しずつ柔らかくしていくイメージです。 お湯を使う方法は、ティッシュ詰まり以外にも、 大量のトイレットペーパーが詰まった場合、 便などの汚物が詰まった場合などにも応用できます。 固形物、例えば携帯電話やハンカチなどが詰まった場合には、 お湯は利用できません。 2.薬剤を使う方法 ドラッグストアやホームセンターなどには、 様々な種類のものが売られています。 パイプ詰まり対策のものを、使ってみるというものです。 パイプユニッシュや重曹、クエン酸がおすすめです。 ドロッとした液体のものや発泡性のものなどがあります。 そういったものを便器の水の中に入れ、様子を見ます。 そういった薬剤には、汚れなどを溶かす成分が含まれています。 その成分がうまくティッシュを溶かして、詰まりを解消できます。 また、少し値は張るのですが、 業務用に「ピーピースルー」というものがあります。 業務用だけあり、強力な力で解消してくれます。 3.ラバーカップを使う方法 トイレが詰まった時、一般の方がまず頭に思い浮かべるのが、 このラバーカップではないでしょうか。 ラバーカップは、よく学校や駅などのトイレに置いてある柄の先に ゴムのカップの付いたものです。 ゴムを利用して、閉鎖空間を作り、 勢いを利用して流れるようにしようというものです。 ただし、一般家庭では、 ラバーカップを常備していないことが多いと思います。 ラバーカップはホームセンターなどで売っています。 価格は千円程度です。 強力な「真空式」というタイプでも二千円程度から売っています。 それ程、高いものではありません。 チャレンジしてみる価値はあると思います。 4.ワイヤーを使う方法 これは、マンションなどの集合住宅の排水管の詰まり防止などで 一般的に行われているやり方の応用です。 スポンサーリンク ワイヤーのようなもので、突っつくことで、 物理的に詰まりを解消しようというものです。 この場合、ワイヤーの硬さがポイントになります。 柔らかすぎると詰まっている部分に効果的に働きませんし、 硬すぎるとパイプのS字の部分に入っていくことができません。 ちょうど良い硬さのワイヤーが入手できるようであれば、 是非とも試したい方法です。 専門の業者を呼べば、出張料も含めてその料金は、 一万円を超えるような額になってしまうと思われます。 上に書いた方法は、いずれも、それ程お金のかかるものではありません。 すぐにやれるものからいくつか試し、 それでもダメな場合は、専門の業者を呼ぶようにしましょう。 トイレがティッシュで詰まる原因は? 基本的に、その原因はティッシュペーパーが、 繊維の結びつきが強く、ほぐれにくい特性にあります。 以下に、トイレットペーパーとティッシュペーパーの違いについて、 解説します。 トイレットペーパーは、トイレに流すことを前提に作られており、 水を流す時、紙の材質として、 繊維の結びつきがほぐれやすい状態でできています。 POINT! 一方、ティッシュペーパーは水に流す前提で作らていないので、 繊維の結びつきが強く、水は吸収しますが、 ほどけにくい繊維が使用されている為、その特性上、 トイレに流すと排水パイプ内で詰まることが時々見受けられます。 もちろん、水に流せるポケットティッシュは、トイレで流しても大丈夫です。 但し、トイレットペーパーでも、水に流せるポケットティッシュでも、 一度に大量に流すと、やはり詰まりの原因になってしまいますので、 何度もペーパーを使用される場合は、こまめに流すように心がけましょう。 直らない場合の対処法! 基本的に、自分で直そうとしたが、直らない場合、 速やかに、専門の業者に依頼しましょう。 トイレに関して、あれこれと試しても直らないような場合は、 専門の業者を呼ぶことがまずは先決です。 ネットで、「トイレ詰まり 業者」を入力して検索すると、 多くの専門業者を見つけられますので、 自宅がサービスを受けられる地域に入っているか、 料金などを確認した上で、依頼しましょう。 業者が到着するまでは、水をあふれさせないことが大切です。 流すレバーを回してしまうと、大量の水が出てきてしまいますので、 注意しましょう。 また、自宅のトイレが使えないが、トイレがしたい場合、 どうしたらいいかについて、対応策をご紹介します。 手っ取り早いのが、ご近所さんのトイレを借りる方法です。 日頃からご近所づきあいができていれば、すんなりトイレを お借りできると思います。 ご近所さんとの付き合いは全くないという方は、 公園や公共施設などにあるトイレを借用しましょう。 おすすめは、簡易トイレを事前準備しておくことです。 災害発生時の緊急事態に備えて、簡易トイレを準備しておくことは、 万が一の場合を含めて、とても大切なことです。 大地震の際などには、集合住宅などでは水の供給が止まり、 水洗トイレが使えなくなる可能性があり、 事前準備しておくと、何かと安心です。 ドライブでの渋滞対策としても一般的に売られています。 サイズはコンパクトで、避難用袋の中にも入れられる程度のものなので、 置き場所にも困りません。 ご家庭に一つでよいので、簡易トイレの準備をしておかれることを おすすめします。 まとめ 本記事では、トイレのティッシュ詰まりの対策、原因、直らない場合の 対処についてまとめました。 まずは、そういった状況にならないのが一番だと思いますが、 もし詰まってしまったら、自分でもできることがいくつもあります。 この記事で紹介しました、トイレにティッシュが詰った時の直し方が、 あなたの快適なトイレライフ向上に少しでもお役に立てば幸いです。 最近の投稿• 最近のコメント• に forourhappylife gmail. com より• に 田村 より• に forourhappylife gmail. com より• に 匿名 より• に forourhappylife gmail. com より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の