ヨギボー サイズ。 【ヨギボーの欠点】ブログで知った衝撃の真相とはいったい!?

人をダメにする「ヨギボーソファ全10種」を一挙に比較!

ヨギボー サイズ

MEMO 一人用チェアとは、背もたれが高くあり、高い位置で座れること。 また、お値段もヨギボーの中では2番目に高く(を除く)、 29,800円(税抜)となっていますが、その値段以上の活躍(機能)をしてくれます。 ヨギボーの生地はコットンで出来ており、 夏場や暑い時期には暑くて使わなくなる日が多いです。 ですが、 ヨギボーマックス専用のという冷感シートがございます。 他のヨギボーでも使えないことはないですが、サイズが ヨギボーマックス用に作られていますので、ヨギボーマックスで使うことをお勧めします。 デメリット(欠点):値段が高い。 個人的にはやはり お値段の高さでしょう。 税込で32,184円はちょっと高いなと感じています。 機能が豊富で使い勝手のいい商品であることは間違いないのですが、すんなりと出せる金額ではないかなという印象です。 また、サイズが大きいが故にお部屋に対し 圧迫感があります。 「思ったよりサイズがデカい」とおっしゃる方も少なくないので、実物サイズを 直接に見に行くことをお勧めします。 ヨギボーミディは一人で使うならこれで十分! 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 25,800円 125cm 70cm 45cm 5. 9kg 17色 はヨギボーマックスより一回り小さくなったものです。 幅は変わりませんが、長さと重さが異なります。 メリット(魅力):使いやすいサイズ感。 ヨギボーミディでは唯一、 ラブソファとして使うことが出来ます。 ラブソファとソファの違いは 距離感です。 長さが125cmとヨギボーマックスより短いので、2人で使用すると かなり接近して座ることになります。 普通に ソファとして使いたいのなら、ヨギボーマックスの方が長いのでそちらの方が良いです。 リクライニングや、 1人用チェアももちろん出来ます。 ヨギボーマックスよりも長さが短いため、そこまで邪魔にはなりません。 また、 ヨギボーマックスよりも約4000円ほど安いので、予算を3万円以内に抑えたい方はヨギボーミディがお勧めです。 デメリット(欠点):ラブソファはあまり使わない。 先ほど説明したラブソファですが、普通のソファより距離が近いので動作がしづらく、 最初だけしか使いませんでした。 よって、ソファとして使うことが少ないです。 それから ベッドとして使用することは出来なくもないですが、 足が飛び出てしまい短いためあまりお勧めしません。 ヨギボーミディは、と思います。 ヨギボーミニはコスパで持ち運びがしやすい! 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 15,800円 85cm 70cm 45cm 4. 2kg 17色 は、ヨギボーミディを一回り小さくした形となっています。 メリット(魅力):1人で使うには十分なサイズ。 ヨギボーマックスの重さ8kgに対し、ヨギボーミニは 4. 2kgと 約半分の重さとなっており持ち運びがしやすくなっています。 ヨギボーミニで出来ることは、 一人用ソファのみとなっています。 ですが、ヨギボーミニはを組み合わせることにより、非常に快適にすることが出来ます。 はヨギボーミニ 以外にも組み合わせて使うことが出来ますが、 1人で使う物なのでヨギボーミニと組み合わせるのがお勧めです。 見栄えもとても良く、ヨギボーサポートとヨギボーミニの相性は非常に良いです。 機能としては少しさびしいですが、ヨギボーミディ同様 一人で使うなら十分です。 ヨギボーの中では3番目にお値段が安く、「座る」ことだけに使いたい人には非常にお勧めです! デメリット(欠点):特になし。 特に大きな欠点はございません。 一人用としては十分な機能性です。 機能面に関しては物足りない感じもしますが、サイズ感もありますし個人的には満足していただける商品かと思います。 背もたれがないので、そこがネックだと思います。 ヨギボーダブルはヨギボーの中で一番大きなサイズ! 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 59,800円 180cm 120cm 45cm 16kg 17色 は、ヨギボーのビーズソファの中で 一番のサイズを誇り、 一番お値段が高いです。 メリット(魅力):2人以上で使える。 ヨギボーマックス二つ分であるこのヨギボーダブルですが、出来ることは、 ソファ・リクライニング・ベッドです。 ヨギボーマックスより出来ること少ないじゃん?と思った方も多いはず。 ですが、ヨギボーダブルは全てにおいて、 快適感が上回っています。 ソファとしては十分なサイズ感、背もたれも十分にあり、3人でも座れます。 またリクライニングやベッドとして使用する際、広々としているので解放感があります。 これ一つあればベッド、ソファはいりません。 デメリット(欠点):動かしづらい。 何よりネックなのが、 値段と サイズの大きさです。 お値段ですが、 59,000円(税抜)と非常に高いです。 正直こんなにするなら普通にベッド買う人も多いはず(ソファも然り) それから サイズです。 1人で使用するにはもったいないサイズであり、こちらもベッド・ソファと 複数人で使用するために作られています。 重さも16kgと重いため、むやみに移動できないのが難点です。 掃除のしやすさが売りのヨギボーですが、さすがにこのサイズを移動させるのは至難の業と言ったところではないでしょうか。 2人以上で使用したい人にはお勧めの商品です。 ヨギボーポッドの座り心地はナンバーワン! 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 25,800円 122cm 91cm 91cm 7. 6kg 17色 はヨギボーミディと同じ価格ですが、ビーズの量が異なります。 座り心地はヨギボーの中でも トップクラスです。 メリット(魅力):持ち手あるので持ちやすい。 ヨギボーポッドは形が丸いことから、 ことができ、持ち運びがしやすいように 「持ち手」が付いております。 またソファ・ベッドとして使うのは難しいが、 フィット感・座り心地・快適感は抜群です。 この心地よりフィット感により、する際にも最適です。 デメリット(欠点):座ること以外出来ない。 立てかけて置くことが出来ないので少し邪魔になるかもしれません。 「持ち手」のおかげで移動させるのは楽ですが、 使わないときには少し邪魔です。 「座ること」だけに特化していると言っても過言ではありません。 ヨギボーミディと同じ値段で、 機能面で見ると色々使えるヨギボーミディの方が上です。 同じ値段を払うのであれば・・・、という考えも出てきてしまうかもしれません。 ヨギボーピラミッドはヨギボーの中で一番コンパクト! 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 12,800円 66cm 76cm 76cm 3. 1kg 17色 は、 ヨギボーの中で一番小さなサイズであり、公式サイトでは「小さな子供のため」と謳っていますが、 メリット(魅力):値段の安さが魅力。 「少し背もたれのできる座椅子」や「クッションのような使い方」しかできません。 お値段も比較的安いので ヨギボーを初めて使う方にはお勧めです(ヨギボーのビーズソファの中で一番安い) 「ちょっとした座椅子に・・・。 」「お昼寝の時の枕に・・・。 」など、使い方が意外と豊富です。 ソファの足場置きにもなりますので、自分だけの使い方を見つけましょう。 デメリット(欠点):背もたれが物足りない。 長さがヨギボーミディの 約半分となっており、 大人じゃ物足りないかもしれません。 ので、このあたりはやはり 小さなお子さん向けなのかもしれません。 また、ヨギボーピラミッドで出来ることは少なく、 リクライニング・ソファ・ベッド・一人用チェアとしては 使用することは出来ません。 お値段は安くて非常に魅力的でしたが、その反面出来ることが限られてしまいますね。 ヨギボーバブルはツートーンカラーを採用。 メリット(魅力):ツートーンカラーを採用。 ヨギボーポッドのように フィット感・座り心地はとてもいいです!形が丸いので、非常に快適に座ることが出来ます。 またヨギボーの中で唯一、 ツートーンカラーを採用しており、 4色しかございませんが 全てツートーンカラーを採用しています。 単色よりもユニークであり、可愛いのがヨギボーバブルの魅力です。 ヨギボーポッドよりワンランク下のサイズが欲しい方は、ヨギボーバブルがお勧めです。 デメリット(欠点):持ち手がついていない。 ヨギボーポッドのように 「持ち手」が付いていません。 円柱形で持ちづらいので、持ち手は付けて欲しかったのが正直なところです。 ヨギボーバブルで出来ることは、 「座る」ことしかできませ。 ヨギボーポッドよりも長さが短いため、 背もたれは出来ずらいです。 使っていくうちに物足りない個所が出てくる印象があります。 ヨギボードロップはヨギボーポッドを一回り小さくしたサイズ。 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 24,800円 85cm 85cm 70cm 5. 7kg 17色 メリット:どの角度からも座れる安定感。 円柱型ヨギボーであるヨギボードロップは、どこからでも座れるビーズソファです。 座る角度が決まっていないので、何も考えずに利用することができます。 また、ビーズ量が多いので 座り心地は抜群です。 またヨギボーポッドのように 持ち手が付いているので、とても持ち運びがしやすいところが特徴です。 ヨギボーポッドを一回り小さくしたのが、ヨギボードロップということです。 デメリット:ヨギボーポッドとの差額が1000円しかない。 種類 長さ 幅 高さ 重さ ドロップ 85cm 85cm 70cm 5. 7kg ポッド 91cm 91cm 122cm 7. 6kg 見た目はヨギボードロップ及びヨギボーポッドはほとんど同じです。 しかし、サイズは ヨギボーポッドのほうが一回りほど大きなサイズとなっています。 さらにお値段も 1000円しか差がないので、どうせ買うなら サイズが大きいヨギボーポッドを買った方がお得のように思えます。 どちらもを展開しており、ほとんど変わりません。 ヨギボーショートはヨギボーミディとほとんど同じです。 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 25,800円 130cm 65cm 45cm 5. 3kg 17色 メリット:使い方はヨギボーマックスと同じ。 ヨギボーショートはヨギボーマックスと同じように、 ソファベッドや一人用チェアなどの使い方が可能です。 また、形もヨギボーマックスを一回り小さくしたサイズ感ですので、人によってはヨギボーショートのほうが良かったりもします。 価格もヨギボーショートはヨギボーマックスよりも 約4000円ほど安いので、機能面も変わらないのならヨギボーショートのほうがお買い得かもしれません。 しかし、長さなどはヨギボーマックスのほうが長いので、物足りない感じもあります。 デメリット:ヨギボーミディと大して変わらない。 3kg 17色 ヨギボーミディとヨギボーショートはスペック的にはほとんど変わりません。 異なる点としては、 長さと幅や重さになっています。 どちらがいいかと聞かれると答えるのが難しいのが正直なところです。 ですが、長さが約5cmと差があるので ソファベッドで使用したいのならヨギボーショートが良いです。 ほとんど一人で使う方は、ヨギボーミディで良いと思います。 しかし、ほとんど差がないので正直な話、 ヨギボーショートにはあまり魅力を感じないところがあります。 ヨギボーラウンジャーは曲線を描くビーズソファです。 値段 長さ 幅 厚み 重さ 色 19,800円 87cm 72cm 75cm 4. 7kg 17色 メリット:背もたれがあり珍しい形。 ヨギボーラウンジャーは、ヨギボーのビーズソファの中でも特殊な形をしています。 曲線を描くこのビーズソファは、背もたれが安定して確保することができます。 「ヨギボーは思うような形で座ることができない」というもありました。 そういった悩みを解決してくれるのが、ヨギボーラウンジャーです。 誰でも簡単に扱うことができ、座る角度も決まっているので 座椅子のようなビーズソファです。 デメリット:座ることしかできません。 ヨギボーの利点は、様々な使い方があるところです。 しかしヨギボーラウンジャーは 座ることしかできず、一人用となっています。 ソファやベッドといった使い方には対応していないので、使い勝手が悪いかもしれません。 ヨギボー特有の匂いがキツい(徐々に薄れます)• 複数人で使用すると劣化が早く見られる。 サイズが大きいため邪魔になる。 値段の高さ。 ヨギボーの最大の欠点は お値段の高さです。 今まで見てきたの中で、 一番高いのがヨギボーでした。 ビーズソファを始めて使う方にとっては、なかなか手が出せないビーズソファです。 また、初期特有の臭いも気になります。 をまとめましたが、なかなか臭いが取れません、 どんな商品にも悪いところはございます。 過去に詳しく、についてまとめさせていただきましたので、参考にし対策していただければと思います。 まとめ。 以上、計10種類のヨギボーのビーズソファについての解説でした。 どの商品にも欠点はございます。 特にビーズソファでは へたりがとても気になります。 ヨギボーではへたりの解消として、ヨギボー公式が提供している、で改善できます。 もちろん、ビーズの交換(補充)だけなら個人でもできますが、このリペアサービスすごいんです・・・。 その他についても書いていますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。 ヨギボーは「人をダメにするだめにするソファ」です。 一度でもいいので、みなさん体験してみてはいかがでしょうか。

次の

売れ筋はこれ!ヨギボーの人気サイズ&人気色ランキングTOP10|タシテク

ヨギボー サイズ

— 2019年10月月29日午後4時11分PDT ヨギボーマックスは商品のなかで最もサイズが大きく、ソファーとしてはもちろん、ベッドや椅子など様々な使い方が出来ます。 長さが約170cm、幅が約65cmあるので、大人2人が座っても十分な余裕がありカップルにもおすすめです。 子供だったらゆうに4人は座れます。 うちのヨギボーマックスも娘の友達が来たときに4、5人は座ってますね。 ひとりはもちろん、カップルや家族などいろんな環境で、またベットやソファーなどいろいろと使い勝手のよいことが選ばれている理由でしょう。 他のヨギボーと組み合わせも可能ですし、カラーも17種類から選べるのでお部屋にあったものを選んでみてください。 価格 29,800円 税抜 形状 長方形 長さ 約170cm 幅 約65cm 重さ 約7. 7kg ビーズの体積 約415L — 2019年 2月月7日午前7時23分PST U字型のクッションなので、ヨギボーマックスやミニと組み合わせて使うのがおすすめ。 我が家ではヨギボーマックスを横にして壁際に置いているのですが、長時間座っていると背中が壁にあって痛くなるので背もたれがあると楽です。 この ヨギボーサポートがあるとないでは、快適さがまったく違いますね。 また背もたれの部分を体の前に持ってくると授乳クッションにもなるので、赤ちゃんがいるママにも人気の商品です。 赤ちゃんの体の周りをしっかりサポーしてくれるので、バンボベビーソファ代わりとして使っている人もいます。 名の如くサポートする商品なので、他のヨギボーや自宅のクッションやソファーと組み合わせてお使いください。 このヨギボーサポートが人気ランキング3位ということは、ヨギボーマックスやミニとセットで購入する人が多いという証拠でしょう。 価格 13,900円 税抜 形状 U字型 長さ 約90cm 幅 約70cm 重さ 約2. 5kg ビーズの体積 約96L — 2018年12月月6日午前5時56分PST ヨギボーマックスより長さが50センチ短いソファで椅子としても使えます。 商品の位置づけとしては、 ヨギボーマックスほど大きくなくていい、ヨギボーミニだと小さすぎるという人向けなので、2人用のソファが欲しい、カップルのラブソファとして、1人でゆったり座りたい人にもおすすめです。 ミニだと椅子ではなくクッションにしかならないので、高さのある椅子が欲しい人もミディがいいでしょう。 価格的にはマックスより4000円安いだけなので、置き場所に余裕があるなら、50センチ大きいヨギボーマックスを私なら買いますかね。 あと兄弟のいる子供部屋にもちょうどいいサイズだと思います。 価格 25,800円 税抜 形状 長方形 長さ 約120cm 幅 約65cm 重さ 約5. 5kg ビーズの体積 約294L — 2018年12月月17日午前6時18分PST これは竹でできたトレイで、座ったままノートパソコンやタブレット(差し込める穴付き)、本や食事を置くことができます。 私もよくヨギボーに座ってパソコンや読者をすることってあるんですけど、何もないと安定しないのでキーボードが打ちにくかったりするんですよね。 でもこの トレイボーを使えば裏はクッションになってるので安定するし、パソコンの熱で太ももが熱くなることもありません。 太ももの上にパソコン置いて作業してると、熱くなるのって地味に嫌なんですよね。 ヨギボーでゆっくりパソコン作業や読書、書き物や食事ができるトレイボーは組み合わせで持っておくと便利です。 価格 5,980円 税抜 素材 表が竹、裏がクッション 長さ 約34cm 幅 約47. 5cm 厚み 約9. 5cm 重さ 約1610g — 2019年 9月月22日午後8時22分PDT ヨギボーマックスの機能性をそのままスリムサイズにした、二人掛けソファにもなるクッションです。 この商品にぴったりな人はヨギボーマックスほど大きなクッションはいらない人です。 しかし、人気ランキング第4位のヨギボーミディとサイズ的には大きな違いがないんですよね。 ショート ミディ 長さ 約125センチ 約120センチ 幅 約60センチ 約65センチ 重さ 5. 3kg 5. 5kg ショートのほうが長さが5センチ大きく、幅が5センチ小さいだけです。 重さもほとんど同じ、カラーバリエーションと価格はまったく同じです。 じゃあ何が違うの?って話ですが、 横幅が欲しい人はミディ、長さが欲しい人はショートということになります。 背が高くて痩せている人はショートで、体の幅が大きい人はミディといったところでしょうか。 あとは立てて椅子として使うのならショート、横に寝かせてソファとして使うならミディという風に分けてもいいでしょう。 価格 25,800円 税抜 形状 長方形 長さ 約125cm 幅 約60cm 重さ 約5. 3kg ビーズの体積 約284L.

次の

Yogibo(ヨギボー)Maxの口コミを暴露!実際どうなの情報!

ヨギボー サイズ

— 2019年10月月29日午後4時11分PDT ヨギボーマックスは商品のなかで最もサイズが大きく、ソファーとしてはもちろん、ベッドや椅子など様々な使い方が出来ます。 長さが約170cm、幅が約65cmあるので、大人2人が座っても十分な余裕がありカップルにもおすすめです。 子供だったらゆうに4人は座れます。 うちのヨギボーマックスも娘の友達が来たときに4、5人は座ってますね。 ひとりはもちろん、カップルや家族などいろんな環境で、またベットやソファーなどいろいろと使い勝手のよいことが選ばれている理由でしょう。 他のヨギボーと組み合わせも可能ですし、カラーも17種類から選べるのでお部屋にあったものを選んでみてください。 価格 29,800円 税抜 形状 長方形 長さ 約170cm 幅 約65cm 重さ 約7. 7kg ビーズの体積 約415L — 2019年 2月月7日午前7時23分PST U字型のクッションなので、ヨギボーマックスやミニと組み合わせて使うのがおすすめ。 我が家ではヨギボーマックスを横にして壁際に置いているのですが、長時間座っていると背中が壁にあって痛くなるので背もたれがあると楽です。 この ヨギボーサポートがあるとないでは、快適さがまったく違いますね。 また背もたれの部分を体の前に持ってくると授乳クッションにもなるので、赤ちゃんがいるママにも人気の商品です。 赤ちゃんの体の周りをしっかりサポーしてくれるので、バンボベビーソファ代わりとして使っている人もいます。 名の如くサポートする商品なので、他のヨギボーや自宅のクッションやソファーと組み合わせてお使いください。 このヨギボーサポートが人気ランキング3位ということは、ヨギボーマックスやミニとセットで購入する人が多いという証拠でしょう。 価格 13,900円 税抜 形状 U字型 長さ 約90cm 幅 約70cm 重さ 約2. 5kg ビーズの体積 約96L — 2018年12月月6日午前5時56分PST ヨギボーマックスより長さが50センチ短いソファで椅子としても使えます。 商品の位置づけとしては、 ヨギボーマックスほど大きくなくていい、ヨギボーミニだと小さすぎるという人向けなので、2人用のソファが欲しい、カップルのラブソファとして、1人でゆったり座りたい人にもおすすめです。 ミニだと椅子ではなくクッションにしかならないので、高さのある椅子が欲しい人もミディがいいでしょう。 価格的にはマックスより4000円安いだけなので、置き場所に余裕があるなら、50センチ大きいヨギボーマックスを私なら買いますかね。 あと兄弟のいる子供部屋にもちょうどいいサイズだと思います。 価格 25,800円 税抜 形状 長方形 長さ 約120cm 幅 約65cm 重さ 約5. 5kg ビーズの体積 約294L — 2018年12月月17日午前6時18分PST これは竹でできたトレイで、座ったままノートパソコンやタブレット(差し込める穴付き)、本や食事を置くことができます。 私もよくヨギボーに座ってパソコンや読者をすることってあるんですけど、何もないと安定しないのでキーボードが打ちにくかったりするんですよね。 でもこの トレイボーを使えば裏はクッションになってるので安定するし、パソコンの熱で太ももが熱くなることもありません。 太ももの上にパソコン置いて作業してると、熱くなるのって地味に嫌なんですよね。 ヨギボーでゆっくりパソコン作業や読書、書き物や食事ができるトレイボーは組み合わせで持っておくと便利です。 価格 5,980円 税抜 素材 表が竹、裏がクッション 長さ 約34cm 幅 約47. 5cm 厚み 約9. 5cm 重さ 約1610g — 2019年 9月月22日午後8時22分PDT ヨギボーマックスの機能性をそのままスリムサイズにした、二人掛けソファにもなるクッションです。 この商品にぴったりな人はヨギボーマックスほど大きなクッションはいらない人です。 しかし、人気ランキング第4位のヨギボーミディとサイズ的には大きな違いがないんですよね。 ショート ミディ 長さ 約125センチ 約120センチ 幅 約60センチ 約65センチ 重さ 5. 3kg 5. 5kg ショートのほうが長さが5センチ大きく、幅が5センチ小さいだけです。 重さもほとんど同じ、カラーバリエーションと価格はまったく同じです。 じゃあ何が違うの?って話ですが、 横幅が欲しい人はミディ、長さが欲しい人はショートということになります。 背が高くて痩せている人はショートで、体の幅が大きい人はミディといったところでしょうか。 あとは立てて椅子として使うのならショート、横に寝かせてソファとして使うならミディという風に分けてもいいでしょう。 価格 25,800円 税抜 形状 長方形 長さ 約125cm 幅 約60cm 重さ 約5. 3kg ビーズの体積 約284L.

次の