大阪 市 納税 証明 書。 大阪市:市税に関する証明書を請求される方へ (…>税>市税の証明・閲覧)

大阪府/納税証明書

大阪 市 納税 証明 書

郵送請求の手順 下記の注意事項や必要書類等を確認のうえ、申請してください。 注意事項• 証明書の請求は、 申請者が納税者本人(相続人、納税管理人)でない場合、委任状が必要です。 納税義務者が法人の場合は、法務局で登記している法人の 代表者印が必要です。 申請書の余白部に 平日の日中に連絡ができる電話番号を記入してください。 手数料は、定額小為替以外(切手や収入印紙等)ではお取り扱いできません。 申請書が印刷できない場合は、申請書と同じ内容を記入した書面でも受け付けます。 証明書が発行できない場合もありますので 、申請前に納税課 電話番号:072-754-6225 までお問い合わせください。 また、 申請の直前 20日以内 に納税した場合は、領収証書のコピーを同封してください。 証明書は、申請書が届いた日のうちに返送しますが、 お急ぎの場合は返信用封筒に「速達」と朱書きで明記し、速達料金を加算した切手を貼付してください。 送付先 〒563-8666 池田市城南1丁目1番1号 池田市役所 納税課 納税証明書.

次の

吹田市|証明申請書-課税所得証明書・納税証明書

大阪 市 納税 証明 書

不動産の売買、相続などを原因とする所有権の移転登記や保存登記などの申請時には、固定資産の価格に基づいて登録免許税を計算し納付する必要がありますが、本市では法務局への固定資産価格の電子通知を行っていることから、原則として、固定資産(土地・家屋)評価証明書を添付する必要がありません。 固定資産の価格につきましては、年度当初(毎年4月)や税額変更時に、納税義務者様あてに送付している固定資産税(土地・家屋)納税通知書などに添付または同封している「課税明細書」で、無料でご確認いただけます。 ぜひご活用いただけますようお願いします。 ただし、固定資産税が非課税 公共用道路など の資産につきましては、固定資産の価格が課税明細書に記載がされないため、法務局が指定する近傍類似の土地又は家屋の評価証明書を取得いただく必要があります。 課税明細書に関しての詳細はをご覧ください。 (注)大阪市税証明郵送センターでは、課税明細書(名寄帳)を取り扱っておりません。 詳しくは、物件を管轄するにご確認ください。 住所、氏名をお書きのうえ、郵便料金分の切手を貼ったものをご用意ください。 (注1)郵便事情の都合により、お手元に届くまでの日数は異なります。 お急ぎの場合は、速達郵便を利用するなどしてください。 (注2)郵便物の手渡しによるお受け取りをご希望の方は、簡易書留等の配送状況を確認できる特殊郵便を利用してください。 速達サービスをご利用で、郵便料金が不足している場合につきましては、速達等 の記載を消して普通郵便として送付させていただきます。 証明書の枚数などにより郵便料金に差が生じますので、普通・速達郵便の郵便物すべてに【不足分受取人払】のゴム印を押印しております。 あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願いします。 証明書の返信先は、納税義務者の皆さまの個人情報を保護するため、 原則として、納税義務者ご本人の住所となります。 (注3) 納税義務者ご本人が、登録された住所以外へ証明書の郵送を希望される場合は、「4 その他必要となる書類」をご確認ください。 (注4) 納税義務者ご本人以外の方が郵送請求される場合については、委任状(原本)と返信先住所が記載された代理人の本人確認書類が必要であるとともに、証明書の送付先は請求される方(委任を受けた方)の住所への送付とさせていただきます。 なお、委任状については、のページをご覧ください。 市税事務所お問い合わせ先 市税事務所名 担当区域 電話番号 所在地 北区・西淀川区・淀川区・東淀川区 〒530-8216 北区梅田1-2-2-700 大阪駅前第2ビル7階 都島区・旭区・城東区・鶴見区 〒534-8502 都島区片町2-2-48 JEI京橋ビル4階 福島区・此花区・西区・港区・大正区 〒552-8505 港区弁天1-2-2-100 大阪ベイタワーイースト1階 中央区・天王寺区・浪速区・東成区・生野区 〒556-8670 浪速区湊町1-4-1 大阪シティエアターミナルビル(OCAT)5階 阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・西成区 〒545-8533 阿倍野区旭町1-2-7-702 あべのメディックス7階.

次の

[手続名]納税証明書の交付請求手続|国税庁

大阪 市 納税 証明 書

納税証明書の交付請求について 納税証明書の交付請求について e-Taxでは、インターネットを利用して納税証明書の交付請求を行い、書面の納税証明書を税務署窓口又は郵送で受け取ることや電子納税証明書(電子ファイル)で取得することができます。 なお、納税証明書を税務署窓口で受け取る場合は、電子証明書やICカードリーダライタがなくても、必要事項を入力するだけでe-Taxソフト WEB版 及びe-Taxソフト(SP版)から交付請求ができます。 1 書面の納税証明書を受け取る場合について 詳しくは、「」をご覧ください。 2 電子納税証明書(電子ファイル)について 詳しくは、「」をご覧ください。 なお、電子納税証明書を請求される場合は、あらかじめ納税証明書の提出先に対して、電子納税証明書(電子データ)での提出が可能かどうかを確認してください。 3 納税証明書の種類 e-Taxで交付請求することができる納税証明書は、次のとおりです。 納税証明書(その1)・・・納税額等の証明• 納税証明書(その2)・・・所得金額の証明• 納税証明書(その3)・・・未納の税額のない証明• 納税証明書(その3の2)・・・申告所得税及復興特別所得税と消費税及地方消費税に未納の税額がないことの証明• 納税証明書(その3の3)・・・法人税と消費税及地方消費税に未納の税額がないことの証明• 納税証明書(その4)・・・滞納処分を受けたことのない証明 4 納税証明書の交付手数料 e-Taxで交付請求する場合の納税証明書の交付手数料は、次のとおりです。 なお、災害により財産に相当な損失を受けた方がその復旧に必要な資金の借入れを行う場合や、生活の維持について困難な状況にある方が法律に定める扶助等の措置を受ける場合など、発行する納税証明書の内容等に応じて交付手数料が免除となる場合があります(詳しくは、請求先の税務署へお尋ねください。 1 書面の納税証明書.

次の