バイアグラジェネリック。 バイアグラジェネリック通販|シルデナフィル|個人輸入代行メデマート

バイアグラジェネリック通販|シルデナフィル|個人輸入代行メデマート

バイアグラジェネリック

バイアグラなどのED治療薬は保険が効かない自由診療で処方されます。 そのため、各クリニックで価格が異なります。 とはいえ、ある程度の相場は存在します。 ここで、大手ED専門クリニックのバイアグラ・レビトラ・シアリスの価格からそれぞれの相場を求めました。 バイアグラ50mgの価格 1錠 Hクリニック:1,500円 診察料なし Sクリニック:1,500円 診察料なし Iクリニック:1,500円 診察料なし Uクリニック:1,290円 診察料なし SWクリニック:1,500円 診察料なし バイアグラの相場:1,500円程度 <コメント> バイアグラに関しては診察料なし、1錠1,500円で処方しているクリニックが大半のようです。 なお、バイアグラ25mgの相場は1,300円程度です。 それならバイアグラ50mgをピルカッターで分割使用したほうがお得ですね。 <参考>個人輸入 アイエスティ :1,536円 <参考>偽バイアグラ:300円から500円程度 レビトラ20mgの価格 1錠 Hクリニック:1,800円 診察料なし Sクリニック:2,100円 診察料なし Iクリニック:2,000円 診察料なし Uクリニック:1,690円 診察料なし SWクリニック:1,800円 診察料なし レビトラの相場:2,000円程度 <コメント> レビトラの相場はバイアグラより500円ほど高い2,000円程度です。 バイアグラより効果が高いと感じる人も多いので、500円程度の差ならレビトラを選ぶ人も多いと思います。 <参考>個人輸入 アイエスティ :1,390円 <参考>偽レビトラ:300円から700円程度 シアリス20mgの価格 1錠 Hクリニック:1,800円 診察料なし Sクリニック:2,100円 診察料なし Iクリニック:2,000円 診察料なし Uクリニック:1,690円 診察料なし SWクリニック:1,800円 診察料なし シアリスの相場:2,000円程度 <コメント> シアリスの相場はレビトラ同様2,000円程度です。 高い気もしますが、シアリスの場合はバイアグラやレビトラと比べると作用時間が格段に長いのでその分コスパが良いとも言えそうです。 <参考>個人輸入 アイエスティ :1,712円 <参考>偽シアリス:300円から500円程度 バイアグラジェネリック50mgの価格 1錠 Hクリニック:1,000円 診察料なし Sクリニック:1,000円 診察料なし Iクリニック:980円 診察料なし Uクリニック:790円 診察料なし SWクリニック:900円 診察料なし バイアグラジェネリックの相場:1,000円程度 <コメント> クリニックで処方されるバイアグラジェネリックはすべて日本製で信頼度は高いです。 価格もバイアグラより4割ほど安いので、最近ではバイアグラではなくバイアグラジェネリックの処方を希望する患者さんの割合が急増しているそうです。 <参考>個人輸入 アイエスティ :100円程度 インド製 <補足> 参考で示していますが、個人輸入でバイアグラ、レビトラ、シアリスを購入してもあまり安くはなりません。 アイエスティでも他の業者でもこれは同じです。 個人輸入がお得なのはカマグラのようなインド製バイアグラジェネリックです。 1錠あたり実質100円程度と非常にコスパが優れています。 なお、レビトラにはバリフ、シアリスにはメガリスなどのインド製ジェネリック製品があって、いずれも格安です。 気をつけなくてはいけないのが偽バイアグラです。 ファイザー製薬の純正品が数百円で販売されているとか常識外です。 普通に考えると偽物と判断せざるを得ません。 レビトラ、シアリスも然りです。 安すぎる商品は偽物の可能性大です。 なお、以上のようなあり得ない価格のED治療薬を販売しているのはほとんどが中国系のサイトです。

次の

バイアグラジェネリックはスギ薬局で買える?

バイアグラジェネリック

バイアグラとバイアグラジェネリックの違い バイアグラは、世界最大手の製薬会社、ファイザー社から世界初のED治療薬として開発されました。 アメリカで1996年に特許申請が認められ、1998年3月27日に日本の厚生労働省にあたるアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されました。 バイアグラの名前の由来はバイタル 活力 、ナイアガラ 激しく噴き出す滝 、をくっつけてバイアグラと命名されたと言われています。 バイアグラの主成分シルデナフィルは、血管を広げる効果からペニス周囲の血流を改善し、勃起を助けます。 成人男性の3人に1人がEDで悩んでると言われており、幅広い年齢層のED治療に用いられています。 その為、バイアグラは発売当初年間で20億ドル以上も売上がある人気商品となったのです。 バイアグラジェネリックとは、ファイザー社が持っている特許の有効期限が切れた後に、別の製薬会社がシルデナフィルを用いて開発したジェネリックです。 製薬会社によって製法や添加物等に多少の違いは有るものの、同じ主成分シルデナフィルを配合しているので効果はほぼ同等です。 ジェネリック薬を開発する際は、既に開発された成分を用いる為、開発費を大幅に抑える事が出来ます。 その為、販売価格を安い値段に設定することが出来るのです。 バイアグラジェネリックは、新薬であるバイアグラよりも安い価格で購入する事が出来る為、人気な理由のひとつです。 また、ジェネリックの開発には、新薬であるバイアグラの問題点を改善したり、より使い勝手や効果を高める為に、改良される事もあります。 例えば、錠剤よりも吸収効率を良くする為や、水が無くとも簡単に服用出来るようにと、ゼリータイプへ改良されたバイアグラジェネリックも開発されています。 これは、錠剤が苦手な方にも服用しやすくする為の工夫の1つです。 また、EDと併発して起こりやすい早漏に対しても同時に治療がおこなえるようにと、バイアグラと早漏防止薬を1錠にまとめたタイプや、肥満や体型が大きく、通常のバイアグラでは効果が弱い方の為に、バイアグラ+レビトラやバイアグラ+シアリスなど、混合型の強力なバイアグラジェネリックも開発されております。 バイアグラジェネリックは、バイアグラよりも2割~6割程度値段も安く、品質も同等以上で使い勝手が良いという点が、人気の高い理由です。 【】 バイアグラを病院で購入する方法と値段 バイアグラを購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。 それでは、病院でバイアグラを購入する方法をご説明していきます。 バイアグラは、専門医のいる泌尿器科での処方が基本となりますが、病院によっては内科などでも処方をおこなっている病院もありますので、事前にバイアグラの処方が可能かどうか、病院に確認する必要があります。 病院でバイアグラを処方して頂いた場合、健康保険は適応外となる為、全額自己負担となります。 バイアグラを病院で処方してもらう際の値段ですが、初診料や診察料、場合によっては検査料等が必要となる為、約2,500円~10,000円の費用が必要となります。 また、その他にバイアグラを必要な錠数分薬代が必要となります。 海外の病院のみバイアグラ100mgの処方をおこなっており、国内では50mgと25mgの処方です。 50mgで約1,800円、25mgで約1,500円程度で販売されていますが、病院によっても価格は異なります。 日本国内でもバイアグラジェネリックの処方が開始されており、50mgで約1,000円程度で販売されています。 バイアグラを通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段 バイアグラを購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。 それでは、メデマートのようなインターネット通販で個人輸入代行業者からバイアグラを購入する方法をご説明していきます。 バイアグラはインターネットを利用して通販(個人輸入代行)で購入する事も可能です。 個人で利用する場合に限り、量など細かな制限はありますが、処方せん不要で海外から処方薬を個人輸入する事が認められています。 個人輸入代行業者に依頼する事で、通販で購入するのと変わらず簡単にバイアグラを購入する事が出来ます。 バイアグラ1錠あたりの値段は、100mgで1,305円~1,450円、50mgで1,215円~1,350円で購入が可能です。 またバイアグラジェネリックの種類も豊富で、1錠あたり151円~567円と安い値段で購入する事が可能です。 ニュースなどでも話題となりましたが、多くの粗悪品や偽物が通販や個人輸入で流通しているうち約4割を占めているのも事実です。 勿論、粗悪品や偽物を使用した場合、正規品とは配合されている成分量が異なり、多すぎれば効き目が強すぎて副作用の危険が高まりますし、少なければ本来得られるはずの効果がなくなってしまい、バイアグラが効かなかったなんて事もあります。 また、偽物や粗悪品は不衛生な環境で作られることが多い為、本来正規品には入っていない不純物が混ざっている可能性があります。 そういった場合は、体へ何らかの影響を及ぼす可能性も高い為、通販(個人輸入代行)で購入する場合は信頼出来る業者から購入する事が必須となります。 お客様に安心してバイアグラやバイアグラジェネリックを購入して頂くために、私共、メデマートでは、100%メーカー正規品保証をおこなっております。 取扱している全ての商品はメーカー正規品の物となっておりますので、安心・安全にご利用頂けます。 【】 バイアグラの正しい飲み方 バイアグラには主成分シルデナフィルの成分量に【25mg】【50mg】【100mg】と種類があります。 日本国内の病院で処方されるバイアグラは50mgまでとなっており、体の大きい海外では100mgまで取扱が御座います。 バイアグラジェネリックには、【20mg】のアスランスや、【150mg】のピーフォースフォートなどもあります。 ピルカッターなどをご使用頂いて錠剤をカットする事で、容量の調整も可能です。 用量としては、シルデナフィル20mg~150mgで適量調整を行って下さい。 バイアグラは1日1回の服用が基本となります。 追加で立て続けに何錠も服用できませんのでご注意下さい。 バイアグラを1回飲んだ後は、次の服用まで24時間以上、間を空ける必要があります。 バイアグラは服用して約1時間後に効果がピークを迎えます。 そして服用する成分量によって約4時間~8時間程度、効果が持続します。 購入者の希望を伺い、医師の判断によって使う成分量が決められます。 但し65歳以上の高齢者の方や、肝障害のある方については、成分量が少ない1回20mgから始めるのが良いでしょう。 バイアグラは性行為の約1時間前に服用するのがベストです。 これは、バイアグラの効果のピークは、服用後約1時間で訪れ時間の経過と共に低下していく為です。 バイアグラは胃の中にある食べ物や飲み物によって吸収率が変わる為、食事によって効果が左右される薬です。 その為、1番薬剤の吸収率が良い空腹時に飲む事で、バイアグラの効果を活かす事が可能です。 食後にバイアグラを服用した場合、胃の内容物に含まれる油分が胃や腸の粘膜へ油膜をはってしまうことで、バイアグラの吸収率が低下します。 その為、空腹時と比較して胃に内容物が有る場合は、吸収が非常に悪くなります。 その結果、バイアグラの効果が出るのが遅くなったり、その効果自体が消えてしまう場合があるのです。 バイアグラの錠剤は水で服用する事を前提として開発されています。 特に牛乳やグレープフルーツジュースで飲むと効果を弱めたり強めてしまったりしてしまいます。 牛乳には多くの脂肪分が含まれている為、吸収率が低下し効果を弱らせたり失ってしまったりします。 グレープフルーツは、肝臓でのシルデナフィルの代謝が遅れてしまう為、効果や副作用を強めてしまう可能性があります。 副作用の危険性を高めたり効かなくなってしまう場合がありますので、必ずお水で服用する様にしましょう。 しかし、状況によっては食事をしなければならない場面も多いと思います。 そういった場合、大事なポイントは食事後バイアグラを服用するまでの時間です。 食事した場合、最低でも2時間以上の時間を空けることで、食後であっても吸収率の影響を抑える事が可能です。 しかし、胃の内容物がない状態が理想なのは変わりません。 食事をする際には、脂っこい食べ物を避け、腹7、8分くらいに抑えておいた方がよいでしょう。 脂っこい食べ物は消化も悪く、有効成分の吸収が妨げられます。 また、多少のアルコールは問題ありませんが、多量のアルコールを摂取した場合、脳が性的興奮を感じにくくなってしまいます。 どんなにバイアグラによって勃起しやすい状態を整えても、性的興奮が起こらなければ勃起はしません。 くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意しましょう。 バイアグラの効果を引き出す正しい飲み方まとめ ・性行為の約1時間前に飲む ・お水で飲む ・バイアグラは空腹時に飲むのが1番効果的 ・食事後に服用する場合は、2時間以上経過してから飲む ・食事をする場合は脂質の多い物は避け、軽めにする ・アルコールも控えめにする ・バイアグラの服用は1日1回まで ・服用間隔は24時間以上あける バイアグラは正しい飲み方をしないと、効果が弱ったり、なくなってしまいます。 バイアグラを飲んだけど効かなかったと言う方は、一度正しい飲み方をしているかチェックしてみましょう。 バイアグラの効果 バイアグラがどの様な効果を発揮して勃起を促進しているのか詳しく解説していきます。 バイアグラという名称は商品名となり、実際に効果を持つ主成分はシルデナフィルという物質です。 このシルデナフィルは狭心症の治療薬として血管を広げる効果が期待され開発されていましたが、思うような効果が得られずにいた所、治験者の証言の副作用から勃起促進効果が発見された事がきっかけとなり、バイアグラが誕生しました。 シルデナフィルという物質はどの様に、勃起促進効果をもたらすのでしょうか。 まず先に、勃起のメカニズムから理解して頂いた方がわかりやすいので、こちらを解説していきます。 男性なら必ず経験する「勃起」とは性器の海綿体に血液が集まり、膨張させ硬くなる現象です。 男性が性的刺激を感じると、脳から神経を通じて一酸化窒素が放出され、男性器内に「環状グアノシン一リン酸 cGMP 」という物質が増えます。 この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、普段は閉められている血管が緩み、陰茎海綿体に血液が流れ、陰茎内の圧力が上昇し勃起をします。 環状グアノシン一リン酸は勃起に欠かせない物質になり、男性器周辺に存在する「5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)」という勃起に対しての阻害酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります この酵素がないと、男性器はいつまでも勃起したままとなってしまいます。 勃起した状態では日常生活にも支障をきたしてしまう為、普段はこの酵素が勃起を抑制している状態です。 勃起を抑える仕組みとして、ホスホジエステラーゼ5型が、環状グアノシンーリン酸を分解してしまう事で、勃起を抑えます。 性的興奮を感じていない状態では、この勃起阻害酵素の量が環状グアノシンーリン酸の量を上回っている為、勃起が起こりません。 メンタルや体調不良が原因となり、勃起を抑えるホスホジエステラーゼ5型が過剰に分泌されてしまた場合、これがEDと呼ばれる病気の状態となってしまいます。 バイアグラの主成分シルデナフィルには、勃起を抑えるホスホジエステラーゼ5型の働きを抑える効果があります。 バイアグラを飲む事で、必要以上に多いホスホジエステラーゼ5型の働きを抑え、cGMP濃度が上がる事によって、性的興奮や物理的な刺激の際に海綿体内に多くの血流量を流す事が出来るので勃起促進と維持をする効果があります。 これが、バイアグラがED(勃起不全)に効果的といわれる理由です。 バイアグラの効果まとめ ・バイアグラの主成分はシルデナフィル ・シルデナフィルは副作用から勃起促進効果が発見された ・環状グアノシンーリン酸が血管を広げ勃起を促進する効果を持つ ・ホスホジエステラーゼ5型が環状グアノシンーリン酸を分解し勃起を抑制する ・環状グアノシンーリン酸よりもホスホジエステラーゼ5型が多いと勃起が起こらない ・シルデナフィルがホスホジエステラーゼ5型の働きを抑える バイアグラの主成分シルデナフィルが物質のバランスを取る事で、勃起が起こりやすくなるよう、男性器周囲の血流を改善します。 157人中、65人(41. 40%)の方に副作用か検査値異常が認められました。 下記は、主な副作用です。 ・ほてり 17人(10. 83%) ・頭痛 17人(10. 83%) ・CK(CPK)増加 9人 (5. 73%) 続いては、海外で行われた時の臨床試験データです。 823人中、261人(31. 71%)の方に副作用か検査値異常が認められました。 下記は、主な副作用です。 ・ほてり 125人(15. 19%) ・頭痛 109人(13. 24%) ・消化不良 28人 (3. 40%) 続いては、バイアグラが販売された後の調査データです。 3152人中、166人(5. 27%)の方に副作用か検査値異常が認められました。 08%) ・頭痛 34人 (1. 08%) ・動悸 13人 (0. 41%) バイアグラも医薬品となる為、副作用が起こる場合があります。 バイアグラを服用した場合、どのような副作用が起こるか知っておく必要があります。 軽いものも含めると、バイアグラ服用者の約9割が何らかの副作用を感じています。 また軽い副作用は、「バイアグラの副作用が現れた=バイアグラの効果が現れた」という事にもなりますので、バイアグラが効き始めた合図ともなるからです。 バイアグラは男性器の血流を良くすることで勃起不全を改善しますが、もちろん男性器だけでなく、体中の血流も良くなります。 それにより、顔面のほてり、頭痛、めまい、鼻みず、鼻づまり、腹痛、消化不良、腰背痛、筋肉痛、まれに視覚異常などの症状が出る可能性もあります。 殆どの場合は、薬の効果が切れる頃には症状も収まる軽い副作用でしょう。 どうしても頭痛が気になる場合は、市販のロキソニンやバファリンやイブといった頭痛薬も併用が可能です。 副作用の出方は、個人差や服用量によっても違ってきます。 バイアグラは医師や薬剤師に指示された用法、用量を守っていれば安全に使用出来るお薬です。 例えば50mgを服用してみて、副作用が気になるようでしたら、医師に相談し25mgに変えたりと、飲む量を調整する事でも改善が可能です。 勃起が収まらない場合は早急な病院の受診が必要です。 こちらもバイアグラの過剰摂取が引金となる場合が御座いますので、ご注意下さい。 気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど 重篤な副作用の発生率は低いですが、用法や用量を間違えると命に危険を及ぼすような重篤な副作用が発生する恐れもあります。 異変を感じた場合は、直ぐに医師の診察を受け指示に従いましょう。 副作用が発生した=バイアグラの効果が現れた合図にもなります。 正しく使えば、バイアグラは安全な医薬品ですが、使い方を間違えると重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。 バイアグラの併用禁忌 バイアグラの副作用は一般的なお薬と比べても重くはありませんが、注意が必要なのは間違えて併用禁忌などを使用してしまった際の副作用です。 飲み合わせの悪いお薬などを併用していまったり、バイアグラを服用出来ない方が飲んでしまった時の副作用が、時には命に関わる場合もあるので注意が必要です。 狭心症や不整脈のお薬とバイアグラを絶対に併用しないで下さい。 バイアグラは血管を拡張する事で血圧が低下します。 そこへ、血圧を低下させる作用のお薬を更に飲んでしまうと、血圧が下がり過ぎて大変危険です。 血圧が低下しすぎると全身へ血液が流なくなってしまう恐れがあり、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。 (医師から止められている方) 高齢や心疾患などを既に患っていて、医師に性行為自体を止められている方などは、バイアグラを服用できません。 また、医師にバイアグラの服用を禁止されている方は服用出来ません。 バイアグラを使用する前に、医師又は薬剤師に使用しても問題ないか必ず確認をして下さい。 バイアグラの混合種 バイアグラジェネリックには、混合種と呼ばれる種類があります。 混合種とは、バイアグラ+シアリスやバイアグラ+レビトラといった、他のED治療薬と混合させる事で、相乗効果でより強力な勃起効果を発揮する事が出来ます。 バイアグラ・レビトラ・シアリスを使用して効果が弱かった方にオススメです。 ジェネリック医薬品とは、日本でも国が推奨しているお薬で、新薬と同じ成分を配合している為、同等の効果・副作用・安全性のお薬が低価格で購入できるメリットがあります。 シルダリストの特徴は、バイアグラの主成分シルデナフィル100mgと、シアリスの主成分タダラフィル20mgを1錠にした、世界で最も強いED治療薬と言われています。 勃起力や即効性はバイアグラが補い、持続力や食事への影響はシアリスが補うなど、互いに効果と弱点が反するので、バイアグラの強みである強い勃起力と、シアリスの持続力を掛け合わせることで、双方の弱点を相乗効果によって改良しました。 肥満症や肥満気味の方、バイアグラやシアリスで効果が弱く感じた方にオススメです。 シルダリストは、最強のED治療効果を持つ、バイアグラ・シアリスジェネリックです。 バイアグラ100mgとシアリス20mgを購入する場合、1回分で約2756円~3062円の費用がかかりますが、シルダリストであれば 1錠あたり525円~583円で購入可能です。 勃起力はバイアグラが補い、即効性や食事への影響はレビトラが補うなど、互いに効果と弱点が反するので、バイアグラの強みである強い勃起力と、レビトラの即効性を掛け合わせることで、双方の弱点を相乗効果によって改良しました。 肥満症や肥満気味の方、バイアグラやレビトラで効果が弱かった方にオススメです。 シルビトラは、強力なED治療効果を持つ、バイアグラ・レビトラジェネリックです。 バイアグラ100mgとレビトラ20mgを購入する場合、1回分で約2582円~2870円の費用がかかりますが、シルダリストであれば 1錠あたり315円~350円で購入可能です。

次の

バイアグラジェネリックが効かない|リブラクリニック

バイアグラジェネリック

本記事では、 クリニックでバイアグラを手に入れるときにかかるコストについてまとめていきます。 ED(勃起不全)は自由診療となります。 そのため、バイアグラの購入に際しては、一切の保険の適用を受けることが出来ず、全額が患者側の自己負担となります。 これは、厚生労働省がEDを生活に支障をきたす病気として認めていないための措置となります。 自由診療であるため、バイアグラの薬代やクリニックでの診察料金は、全てクリニック側が自由に決定することが出来ます。 そのため、 どのクリニックを利用するかによってバイアグラを入手するまでの費用に大きな差が生まれます。 クリニックに行く前にバイアグラの価格と診察料金をチェックしましょう。 少しでも安くという方には、海外通販を利用しての海外製バイアグラジェネリックの個人輸入がおすすめです。 バイアグラは保険適用外の医薬品 日本国内で正規品のバイアグラを入手するためには、医師の処方せんが必要となります。 専門医のいるクリニックに出向き、診察を受け、処方せんを書いてもらわなければいけないということですね。 ここで大事なことは 処方薬としてのバイアグラには保険適用外であり、全額が自己負担となるということです。 これはバイアグラに限ったことではありません。 レビトラやシアリスなどの他のED治療薬でも同じです。 病院で処方される他の医薬品の場合は、国民健康保険が適用が可能となっているので、たいていの場合は医薬品代金の3割負担となります。 体調を崩して病院へ行き風邪薬や抗生物質を処方してもらうとき、そこまで高い支払いをすることはないと思います。 これは医療保険によって診察代や薬代の一部がまかなわれているからですね。 バイアグラをはじめとするED治療薬の場合はこの保険の適用がなく入手の費用が高くなるということです。 バイアグラが保険適用外の理由 「なぜバイアグラの購入に際してはその代金を全額負担しなければいけないの?」 「なぜ風邪薬やその他の医薬品のように医療保険によって代金の一部がカバーされないの?」 バイアグラにお世話になっている私たちからしたらこのような疑問は当然あります。 バイアグラが保険適用になればもっと安価に入手することが出来るのに。 なぜバイアグラは保険適用外の医薬品なのでしょうか。 厚生労働省は バイアグラをはじめとするED治療を保険適用としない理由として99年3月に次のように回答しています。 バイアグラは性交を可能にするために使用されるものであって、一時的に勃起力を補助するが、勃起不全を治癒するものではなく、日常生活の質を改善するための薬剤であると考えられるため、公的医療保険の給付対象とはしない。 つまり、ED(勃起不全)はたとえ治療しなくても生活に支障をきたす病気ではないとみなされているということです。 ED治療薬は、あくまで「セックス」という個人の楽しみを実現するため薬であり、そこに医療保険の財源を割くことは出来ないということですね。 ED治療は美容整形や審美歯科と同じ扱いとなっているわけです。 保険証の提出の必要はない バイアグラは保険適用外で全額負担しなくてはいけない。 これは クリニックに保険証を提出する必要がないということです。 支払う価格こそ高くはなってしまいますが、この保険証の提示義務がないということはプラスに働くこともあります。 それは、医療費の通知などで家族や会社にバイアグラを処方してもらったことがバレなくなるということです。 保険証を提示し保険が適用されてしまうと後、に会社や各家庭に送られてくる医療費の通知で何をしたかがバレてしまうことがあります。 自由診療・全額負担であるバイアグラにはこの医療費の通知によるバレの心配はないということですね。 バイアグラの価格はクリニックごとに違う バイアグラを処方するようなED(勃起不全)の治療は自由診療である。 このことは、 ED治療の診察代やバイアグラの価格はクリニック側で自由に設定できるということを意味します。 ファイザー社が定めている希望小売価格のようなものはあります。 しかし、それはあくまで参考程度のものです。 価格をいくらにするかという決定権は病院側にあるということですね。 保険医療と違い、診察内容や費用に関しては病院や医師側が自由に設定出来てしまいます。 このため、 クリニックごとでバイアグラの処方までに総額でいくらかかるかが変わってきてしまいます。 バイアグラの価格相場 病院側がバイアグラの価格を設定できると言っても、法外な料金を請求されることはありません。 仮にそのようなクリニックがあったとしても、患者は他のクリニックへと移っていき、市場原理によって駆逐されてしまうでしょう。 したがって、 自由診療ではあるものの、バイアグラの価格には相場があります。 なお、美容整形をメインとするクリニックではバイアグラの価格が高めに設定されているようです。 そのようなクリニックよりは、 泌尿器科やED治療を専門に行っているクリニックのほうが安くバイアグラを購入できるようです。 初診料・再診料などの有無 また、 診察にかかる料金に関しても各クリニックで差があります。 ED治療に関する診察は自由診療となるので、診察料金もクリニック側で自由に設定することが出来るためです。 仮にバイアグラの価格それ自体が安く設定されていたとしても診察料金が高額だった場合は、トータルでのコストは高くなってしまいます。 なので、バイアグラの購入費用と合わせて、クリニックの診察費用もチェックするようにしましょう。 診察料金には初診料と再診料があります。 この価格設定はクリニックによって本当にバラバラです。 それぞれ無料から10,000円と大きな差があります。 バイアグラの価格を安くしておいて診察料金を高めに設定するクリニック• 初診料・再診料をともに無料にしておいてバイアグラの価格を高く設定するクリニック バイアグラ購入までかかる費用を正しく把握するためにも診察料金は事前にチェックしておくようにしましょう。 地域による価格差 その クリニックの立地によってもバイアグラの購入価格には差が出ているようです。 バイアグラなどのED治療薬の需要が多い地域では競争原理が働くこともあり、より安くバイアグラを入手することが出来るようです。 より具体的には都市部や繁華街ですね。 日本で一番バイアグラが処方されているのは新宿エリアらしいのですが、そのエリアでは安価に手軽にバイアグラを入手できます。 一方、 地方ではライバルとなるクリニックが少ないということもあり、バイアグラの入手までにかかる費用は高めとなってしまうようです。 EDに悩んでいる男性の総数それ自体も少ないので、都市部にあるようなED治療を専門とするクリニックも少なくなってしまいます。 そのため、どうしても患者一人あたりが負担するコストは高くなってしまいます。 バイアグラジェネリックでコストを抑える クリニックでのバイアグラの購入コストを少しでも下げたいと思うならば、バイアグラのジェネリック医薬品の利用がおすすめとなります。 バイアグラは誕生から20年程度が過ぎていることもあり、すでにジェネリック医薬品の製造が認められています。 処方の時にバイアグラのジェネリック医薬品の利用を希望すれば、バイアグラの入手コストを大幅に下げることができます。 だいたいですがバイアグラジェネリックの価格相場は以下のようになります。 ファイザー社のバイアグラにこだわりがない場合には積極的に利用しましょう。 よりコスパを意識するなら海外通販を クリニックでバイアグラおよびバイアグラジェネリックを処方してもらうよりも、さらにバイアグラの入手コストを下げる方法があります。 それは 海外通販サイトを利用し、海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入する方法です。 この方法を上手く利用できれば、バイアグラをはじめとするED治療の入手コストを劇的に下げることができます。 海外製の医薬品の個人輸入は自己責任で行うものです。 服用において重い副作用が発症したとしても、医薬品副作用被害救済制度のような保護を受けることは出来ません。 そのためにも以下のような記事にまとめられている内容を事前に理解しておく必要があります。 このような リスクこそありますが、それを無に帰するようなメリットが海外通販にあるのは事実です。 興味がある方は、上記の記事を参考にトライしてみて下さいね。 海外製バイアグラジェネリックの価格 海外製のバイアグラジェネリックの特徴は何と言っても圧倒的なコスパの高さにあります。 たとえば、人気のあるバイアグラジェネリックであるカマグラゴールドは100mg錠で1錠あたり400円程度です。 日本では扱っていない100mg錠でこの価格です。 上記の国内製バイアグラとは大きな差がありますよね。 また、通販になりますので、ちょっとした送料以外は診察費用などは一切かかりません。 送料も1000円程度が相場となっています。 海外製というと怖いのが医薬品の品質ですが、でまとめているように、インド製のジェネリック医薬品などは高品質で知られています。 少しでもコストを下げたいという思いがある方には海外通販はおすすめです。 まとめ:ED治療は自由診療でバイアグラは保険適用外 日本国内においてED(勃起不全)の治療は自由診療となります。 そのため、 バイアグラをはじめとするED治療薬の処方も患者側の全額負担となります。 医療保険の一切の適用が認められていないということですね。 これはEDは生活に支障をきたす病気ではなく、バイアグラなどのED治療薬は個人の一時的な快楽のための薬であると厚生労働省がみなしているためです。 自由診療であるため、バイアグラの入手までにかかるコストはどのクリニックを利用するかで大きな差が生まれてきます。 バイアグラの薬の購入代金の違いももちろんですが、初診料や再診料などの診察料金の違いにも注意する必要があります。 多少のリスクを負ってでもとにかく安さをという方は、クリニックを利用するのではなく、海外通販で海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入することをおすすめします。

次の