メタ パラダイム と は。 パラダイムの意味とは

ゲーム用語の『メタ』とは?『トップメタ』や『メタる』の意味を解説!|ワードバンク

メタ パラダイム と は

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 によるの参照が不十分です。 ください。 ( 2019年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2019年5月) 看護理論(かんごりろん、Nursing theory)とは、ナイチンゲール以来の近代看護において、、及び看護的な介入とその状況を語るための主要な要素、人間、(人的、物的)、健康、看護診断、看護計画、看護行為、といった、並びにその看護の本質とそれらをもとに、看護師と患者をつなぐ看護行為、ケア関係のモデルを構築し、今新たに脚光を浴びつつある、、などの新たなケア実践をより適切で効果的なものにしていくための理論的な努力を言う。 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年5月) メタパラダイムとは、ある学問の関心対象たる現象探求のための「概念」や「命題」であるが、看護学においては「看護・人間・健康・環境」の4つの概念がこれに該当する。 このメタパラダイム自体も一つの「理論」として批判的検討、そして更新の対象となり得る ものの、特定の看護理論を把握する際のフレームワークとなっており、「看護・人間・健康・環境」のメタパラダイム成立以降の理論家が自ら言及することは無論のこと、パラダイム提示以前の理論についてもこれらを析出の上把握され、当該理論自体の理解および他理論との比較の一助となっていると言える。 看護理論の階層性 [ ] この節にはやの一覧が含まれていますが、 によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。 脚注を導入して、記事のにご協力ください。 ( 2018年12月)• 勝又正直『はじめての看護理論』医学書院、2005• J・フォーセット著、太田喜久子・筒井真優美監訳『フォーセット看護理論の分析と評価 新訂版』医学書院、2008• A・M・トメイ、M・R・アグリッド著、都留伸子監訳『看護理論家とその業績』医学書院、1991• 筒井真優美編『看護理論 看護理論20の理解と実践への応用』南江堂、2008 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ミルウォーキー大学のBeth Rogersさんの看護理論のサイト。 The Caveは、ナイチンゲールがプラトン研究者としても一流だったことから。 プラトンの「国家」から由来。 サンジェゴ大学のサイト。 元はアルバカーキ大学のNorrisの作成したもの。 著名な看護理論家とその関連サイトのリンク。

次の

パラダイム・シフトを起こす「メタ視点」を手に入れる

メタ パラダイム と は

つまり、私たちが 「当たり前」だと思っていることです。 そして、パラダイムシフトとはその当たり前の常識や前提が 大きく変わることを意味します。 いつの時代でも、またどんな分野においても、支配的な考え方や価値観といったもの(=パラダイム)が存在します。 ただし、それは永遠に不変のものではなく、なんらかの新発見などにより覆されることがあります。 その時にパラダイムシフトが起こります。 例えば、 スマホの登場は私たちに大きなパラダイムシフトを引き起こしました。 スマホによるコミュニケーションや情報収集の手軽さとリアルタイム性は、それまでの常識では全く考えられないものでした。 スマホの登場は私たちの常識や前提を大きく変えたのです。 現在は、様々な分野でパラダイムシフトが起こっていると言われています。 きっと10年後には、今では全く想像もつかないようなパラダイムが私たちの常識になっていることでしょう。 例えば、AIやロボットの技術革新は、「働かざる者食うべからず」といった労働に関する古いパラダイムを大きく変えることになるのかもしれません。 パラダイムシフト = OSのアップグレード こう理解しておきましょう。 企業におけるパラダイムシフト 企業においてパラダイムシフトが語られる時は、 いかにそれに対応していくかが検討される時です。 世の中でパラダイムシフトが起これば、当然消費者の行動も大きく変わります。 したがって企業としてはそれに対応する必要に迫られるわけです。 対応が遅れ後手に回れば、企業の存続すら危ぶまれる事態に陥ります。 個人におけるパラダイムシフト 個人においてパラダイムシフトが語られる時は、その人自身のものの見方、価値観などが変化する時です。 私たちは、家族、学校、会社、友達、社会通念などから、無意識のうちに影響を受けて育ちます。 そしてそこから 自分のパラダイム(ものの見方・価値観)を作り出し、それにしたがって物事を見て、感じています。 例えば、「世の中お金が全てだ」というパラダイムを持っている人と、「生きていく上でお金はそれほど大事じゃない」というパラダイムを持っている人では、見えている世界が全く異なるはずですし、日々の行動も全く違うものになるでしょう。 私たちは自分の持つパラダイムにしたがって生きているのです。 大きな変化を望むならパラダイムシフトしかない 科学分野における大きな進展は全て、過去の伝統、旧来の考え、従来のパラダイムからの離脱に始まると言われます。 同じように、個人が人生で大きな変化を望むなら、自分が持っている従来のパラダイム(ものの見方、価値観)の変化、つまりパラダイムシフトを起こすしかありません。 人生に変化を望む多くの人たちが、それを望みながらも簡単に実現できないのは、わかりやすい表面的な問題に対処するばかりで、根底にあるパラダイムシフトを起こそうとしないからです。 まとめ パラダイムシフトとは、当たり前だと思っている常識や前提が大きく変わることを意味します。 それはOSのアップグレードによく似ています。 そして、企業はパラダイムシフトに対応しようと必死になり、個人は自分の持つパラダイムをシフトさせることで人生を変えることが出来るのです。 企業も個人も、時代に合わせてパラダイムシフトを効果的に行ったものが、より大きな果実を得ることになるでしょう。

次の

パラダイムの意味とは

メタ パラダイム と は

メタ認知とは メタ認知は1970年代に広まった概念で、メタ認知という用語はFlavell 1976 において初めて用いられた。 「メタ認知とは認知過程及びその関連事物(情報やデータなど)に関する自分自身の知識をさす。 例えば、私がAよりもBの方が学習が困難であると気づいたとしたり、あるいはCが事実であると認める前にそれについて再確認しようと思いついたとしたら、それはメタ認知を行っているということだ。 」—J. Flavell 1976, p. 232 自己の認知活動のモニタリングはメタ認知の根幹を成す。 それは基本的な感覚応答から、行動目標を達成する上で複雑に組み合わされる脳内処理過程(高次認知機能)にまで及ぶ。 モニタリングされた情報を意識的または的に吟味することで、様々な認知活動の制御が可能となる。 例えば、自分の能力と作業の難易度を照合し今後の行動に関して適切な判断を下すこと、行動目標に対して適切な課題を設定すること、状況に応じて適切な方略または道具を選ぶこと、モニタリングそのものを効率的に行うことなどである。 これらの適応的な認知活動は、複雑な問題の解決にあたり、いつどのような知識に基づき行動するべきかを把握し実行する能力によって支えられている。 文化研究により、メタ認知の事例は異文化間で共通してみられることがわかっている。 これは、メタ認知が人間社会における生活あるいは生存にとって普遍的に有用な能力であることを示唆している。 こうしたメタ認知能力に関する最初の記述は、の哲学者 Aristotle の著作とまで遡る。 分類 メタ認知の概念の呼び方や定義について、研究者間で必ずしも一致しているわけではないが 、「認知についての知識」といった知識的側面と、「認知のプロセスや状態のモニタリングおよびコントロール」といった活動的側面とにおおきくわかれるという点では、研究者間の見解はほぼ一致しているため、以下のように分類できる。 メタ認知的知識はさらに、人変数に関する知識、課題変数に関する知識、方略変数に関する知識に分類される。 人変数に関する知識 人変数に関する知識とは、自分自身、他人、人という概念など、「人」についての知識をさす。 「私は考えることは得意だがそれを表現することが苦手だ」というような個人内での比較にもとづく認知的な傾向や特性についての知識(個人内変数に関する知識)、「AさんはBさんよりも想像力に富んでいる」といった個人間の比較にもとづく認知的な傾向や特性についての知識(個人間変数に関する知識)、そして「注意を向けていなかったことは、あまり記憶に残らない。 」などの人間の認知についての一般的な知識(一般的な人変数に関する知識)に分類できる。 課題変数に関する知識 「科学論文を読んで理解するほうが、小説を読んで理解するよりも時間がかかる。 」といった課題の性質が私たちの認知活動に及ぼす影響についての知識をさす。 方略変数に関する知識 目的に応じた効果的な方略の使用についての知識をさす。 メタ認知的活動 Metacognitive regulation ・感覚・予想・点検・評価といったメタ認知的モニタリングや、目標設定・計画・修正といったメタ認知的コントロールからなる。 メタ認知的経験 Metacognitive experiences メタ認知的経験は、現在進行形のメタ認知的な経験(活動)のことである。 機能 メタ認知は、思考のさまざまなプロセスにおいて重要な役割を果たす。 場面においては、学習課題にアプローチする方法の計画やモニタリングした認知活動に関する理解、課題遂行状況の評価、課題遂行に関する動機づけなどが、メタ認知的な特徴を持つスキルである。 メタ認知は学習の成功を左右するため、教育の場では学生と教師の両者がメタ認知的スキルを身につけることが重要である。 広範なメタ認知的スキルを発揮することで、試験や仕事における成績や効率が格段にあがる。 そうした自律的な学習者は、適切な「道具」を用いて学習の方略とスキルを修正し、学習の効率を高めることができる。 さらにメタ認知に優れれば、学習の障壁を事前に察知し対処したり、学習の方略とスキルを変更したりすることで目標を達成することができる。 意思決定に関するメタ認知的知識と意思決定の間には、強い関連があることが示唆されている。 また、思考活動に注意を向け意識化することは、認知能力に大きく影響する。 したがって、メタ認知は、さまざまな状況において優れた意思決定を下すために必要な能力であると言える。 問題解決においては自分の理解の状況をモニターすることが必要である。 Metcalfeは、問題解決の場面で「」を「 Feeling of Warmth:FOW 」とよび、FOWで推定されるメタ認知の機構が記憶の過程とは独立である可能性を示した。 メタ認知能力の発達 メタ認知能力と言語能力との結びつきは強く、が未発達である、にはメタ認知能力は備わっていないと考えられてきた。 メタ認知能力の発達は行動主体としての自己に気付くことから始まり、5、6歳頃から周囲の状況と自己の能力を考慮して起こりうる事態を予測するなど、いくつかのメタ認知的機能について成人と同様の能力が有されていることがわかっている。 動物におけるメタ認知能力 メタ認知はに特有の能力で、それゆえヒトの定義のひとつであると考えられてきた。 しかし近年、や 、 などが、自己の記憶知識に対する「確信度」「確かさ」の認識を持ち合わせていること、また不確実要素についてモニタリングを行っていることを示す知見が得られている。 一方、にはこれまでメタ認知能力は認められていない。 2007年の研究でのメタ認知能力が報告されているが、さらなる分析ではラットは単にの法則に従ったとも考えられている。 神経基盤 脳損傷患者の症例研究では、 prefrontal cortex がメタ記憶あるいはメタレベルの認知過程と深く関わっていることが示唆されている。 課題遂行時とそれに関する二次的(メタ認知的)行動時の神経活動、あるいは人間以外の動物では個々の細胞の電気的活動を独立に記録する手法もられている。 しかし、それらの手法ではメタ認知的過程に関する神経表現と行動そのものに関する神経表現の切り分けが課題となっている。 神経精神病の症例研究において、自身の病状のある面に関する洞察と他の面に関する洞察が全く結び付かないケースがある。 また患者のでは、統合失調症の患者では健常者と異なり、自省時に(anterior medial prefrontal cortex)の活動がみられないことが報告されており、内側前頭前野とメタ認知の関連が指摘されている。 各分野におけるメタ認知研究 発達心理学、教育心理学の分野では、主に子供の課題遂行能力や学習能力の向上という視点から研究が行われてきた。 ピアジェ Piaget を中心とする self-regulation 研究では、人間は「能動的に」調整あるいは学習すると考えられてきた。 また レフ・ヴィゴツキー Vygotsky は、発達を言葉の発達という観点からメタ認知をみた。 ヴィゴツキーの理論では、子供はまず他者に対して言葉を使う(外言)が、成長に従って自らの思考や行動を内言によって調整できることを示し、この外言から内言への移行こそが自らの思考への気づきの表れであるとした。 メタ認知は自らの思考への気づきであることから、にも利用されている。 は、情緒障害を思考の障害として認識し、それを修正することにより改善をはかるものである。 実験心理学では(自身の記憶に関する判断)と(判断を行動に結びつける)の間のメタ認知の質的な違いに注目した研究が多い。 認知神経科学においてメタ認知的なモニタリングと制御は、他の皮質領野からの入力やフィードバックを受けた前頭前野における機能と考えられている。 やモデリングの分野においても、メタ認知研究が行われている。 関連項目• ease-of-learning judgments; EOL• judgments of learning; JOL• feeling-of-knowing; FOK• feeling of warmth; FOW• 参考文献• Cambridge, MA: MIT Press. 1994• Cambridge, Psychology Press: New York. 2008• J H Fravell Metacognitive aspects of problem solving. Nature of intelligence. 1976, 12;231-236• T O Nelson, L Narens Metamemory: A theoretical framework and new findings. Academic Press. 1990• J Dunlosky, M J Serra, J M C Baker Handbook of applied cognition, Chapter6. Academic Press. 2007• Journal of cognition and culture. 2007, 7 1 ;1-25• 楠見孝・高橋秀明 メタ記憶. 安西祐一郎ほか 編 認知科学ハンドブック 共立出版 第5編第4章 1992• 三宮真智子 認知心理学4「思考」,市川伸一 編 第7刷第7章 東京大学出版会 2009• Ormond, C. , Luszcz, M. , Mann, L. 1991. A metacognitive analysis of decision making in adolescence. Journal of adolescence, 14 3 , 275-91. [] []• J Metcalfe Premonitions of insight predict impending error. Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory and Cognition. 1986, 12;623-634• J H Fravell Metacognition and cognitive monitoring: A new area of cognitive-developmental inquiry. The American psychologist. 1979, 34 10 ;906-911• K Lockl, W Schneider Precursors of metamemory in young children: the role of theory of mind and metacognitive vocabulary. Metacognition and learning. 2006, 1 1 ;15-31• Lockl, K. 2007. Knowledge about the mind: links between theory of mind and later metamemory. Child development, 78 1 , 148-67. [] [] []• Fujita, K. 2009. Metamemory in tufted capuchin monkeys Cebus apella. Animal cognition, 12 4 , 575-85. [] [] []• Couchman, J. , Coutinho, M. , Beran, M. 2010. Beyond stimulus cues and reinforcement signals: a new approach to animal metacognition. Journal of comparative psychology Washington, D. : 1983 , 124 4 , 356-68. [] [] [] []• 2009. The study of animal metacognition. Trends in cognitive sciences, 13 9 , 389-96. [] [] []• Foote, A. 2007. Metacognition in the rat. Current biology : CB, 17 6 , 551-5. [] [] [] []• Fleming, S. 2012. The neural basis of metacognitive ability. Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences, 367 1594 , 1338-49. [] [] [] []• Fleming, S. , Dolan, R. 2012. Metacognition: computation, biology and function. Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences, 367 1594 , 1280-6. [] [] [] []• H Otani, Robert L Wilner JR. Metacognition: New Issues and Approaches Guest Editor's Introduction. The Journal of General Psychology. 2005, 132 4 ;329-334• M T Cox Metacognition in computation: A selected research review. Artificial Intelligence. 2005, 169 2 ;104-141.

次の