コロナウイルス 収束時期。 新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

こんな時どうするQ&A:感染、いつまで続くの? 収束時期見えず 高齢者ら要注意 新型コロナ

コロナウイルス 収束時期

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の

新型コロナウイルスは収束する!?東京オリンピック中止はデマなのか検証|AchieveRog

コロナウイルス 収束時期

日々感染が拡大していく新型コロナウィルス。 初めこそ対岸の火事、という感覚でしたが、今や日本も感染者数で上位に入り、他国では日本人の渡航制限が掛けられるほどです。 一部で4月までには終息、といった声も聞かれますが、個人的にはあまりにも楽観的な見方であると感じます。 確かに中国の一部地域では感染者数の増加が鈍化してきているようですが、問題なのは何故ここまで感染力が強いのか分かっていない、ということなのです。 分からない以上、これまでの常識に基づいた対策しか打てず、有効な対処が出来ていない状況です。 また、中国の後は日本や韓国、そして現在は欧州でも感染拡大が進んでいます。 果たして新型コロナウィルスの猛威はいつ収まるのか? 誰しもが考えるこの問題について、現時点で得られた情報をまとめてみました。 ウィルスだから湿度に弱い? まず、現時点で新型コロナウィルスと湿度についての関係は実証されていません。 ただ、新型コロナウィルスのウィルス学の分類として『プラス鎖一本鎖のRNAをウイルスゲノムとして有するエンベロープウイルス』とされています。 (詳しくはのホームページをご覧ください。 ) つまり大きな分類として、インフルエンザなどのRNAウィルスと似通った性質を持つ、と考えられています。 ここでは、その根拠に基づきインフルエンザウィルスと湿度の関係をまとまていきます。 一般的にインフルエンザウィルスは湿度に弱いと考えられています。 冬に流行するためこのように考えられていますが、残念ながらこの概念は誤解を多く含んでいます。 確かに、気温が下がり感想する冬の時期に流行はしますが、実はインフルエンザの感染者は一年を通して出ているのです。 また、冬でも比較的湿度が高く温かい沖縄地方でもインフルエンザは流行します。 つまり、インフルエンザウィルス自体は湿度に弱いということはないのです。 厚生労働省の『』では以下のように書かれています。 3) 適度な湿度の保持 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。 特に乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。 人間には喉の粘膜などの免疫機能が備わっていて、それらがウィルスなどの有害因子の身体への侵入を防いでいます。 冬になると、ウィルスではなく人間の方が弱くなるため相対的にウィルスが強くなってしまうんですね。 また、湿度自体によってウィルスが不活性化することはありませんが、その要因にはなりえます。 このとき、空気中の湿度が高いと、ウィルスが空気中の水分に吸着し重くなることで動きが鈍くなり、移動できる範囲が狭まります。 こういう意味で感染拡大を防ぐために、高い湿度を一定に保つことは有効だと考えられます。 また、インフルエンザウィルスなどのRNAウィルスは『日光や消毒薬そしてRNaseに非常に弱い』ということが分かっています。 まず、『消毒薬(エタノール)』については、別記事『』で詳しく触れています。 また、『RNase』はあらゆる生物に存在する酵素で、免疫システムの一つです。 最後に『日光』ですが、RNAウィルスは日光(紫外線)にとても弱く、このお陰で空気中で長い時間とどまっていることが出来ません。 これまでの研究でRNAウィルスが不活性化する条件として以下のことが分かっています。 空気中ではおよそ15分間感染力を維持することが分かっていますが、この時間は紫外線の量が多ければ短くなり、少なければ長くなります。 つまり、冬になると、空気中の水分が少なくなりインフルエンザウィルスが移動できる範囲が拡がる上に、紫外線が弱いため感染力を維持する時間が相対的に長くなるのです。 新型コロナウィルスは梅雨の時期を越えられるか? 一部で4月までには収束、といった声も聞かれる根拠として、気温・湿度が上がってくることが一つの要因として挙げられています。 確かに、先述したRNAウィルスの特性を踏まえると、湿度が上がることでウィルスの活動が弱まる可能性も考えられます。 ただ、新型コロナウィルスの特性として、同じRNAウィルスであるインフルエンザウィルスなどに比べ、感染力が圧倒的に強い点が挙げられます。 そしてこれは現在冬を迎えている北半球だけではなく、赤道上の国や南半球の国も含まれています。 つまり、新型コロナウィルスが様々な環境下で感染力を維持しているのです。 そしてその理由は現時点では分かっていません。 これまで感染が確認されている国の中には、日本の梅雨に近い環境である国もあります。 そのため、新型コロナウィルスが気温・湿度の上昇で収束していくとは考えにくいところがあります。 長くなりましたが、結論として、現在の状況を客観的に見る限り、梅雨時期までに収束する可能性は低いのではないかと思われます。 そのうち収まるだろうという楽観的に考えるより、一人一人が確実に今できる対策を積極的に考えていく必要があるのではないでしょうか。 よろしかったらこちらもお読みください。 『』 (他にも新型コロナウィルス関連の記事を書いています。 お時間があればご一読ください。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・•

次の

コロナウイルスの収束時期と正しい情報の見分け方とは?|港区夫婦の休日|note

コロナウイルス 収束時期

新型コロナが発生してから数か月が過ぎようとしています。 各地では自粛モードが緩和され町に賑わいが戻ってきましたね。 でもその一方でクラスターが発生し、アラートが発令された地域もありますしテレビなどでは第二波に備えて今できる対策なども特集されています。 収束のはっきりした時期は、何とも言えない状況です。 第二波が来たら、また自粛が始まるのでしょうか?もううんざり、と思う方も当然いらっしゃることと思います。 過去の感染症の歴史を見てみると、 だいたい第二波、第三波がありしかも第一波よりも被害が拡大していることがほとんどです。 一刻も早くコロナが収束してほしいですよね。 そしてわかることならコロナ収束時期も知りたいところです。 そこで今日は コロナ収束時期はいつ?スピリチュアル予言の最新情報から コロナ収束時期は一体いつなのでしょうか?世界や日本で注目されているスピリチュアルな予言者が何人もいますが、 過去に予言が当たっている信憑性の高いスピリチュアル予言の最新情報をまとめていきたいと思います。 松原照子さん 過去に 東日本大震災を予言し近年では2020年の東京オリンピックを中止を予言した 松原照子さん。 雑誌やマスコミにも取り上げられるスピリチュアル界では有名な方です。 彼女の公式ブログでは たびたび予言めいた言葉が並びます。 今回のコロナに関することでは先月も検証しましたが最新情報を入手しました。 コロナの収束時期の内容と思われる記事がこちらです。 新型コロナウイルスは、私達の心までも陰気にしてしまいました。 私が改まって書くまでもなく経済にも大きな打撃を与えています。 プロ野球も、サッカーも、相撲も、コンサートさえも中止になってしまっています。 子ども達も我慢我慢の日々です。 「ごめんなさい」「許してください」こんな思いがいたします。 いったい何に許しを乞えばいいのかわかりませんが、必ずや終息する日がやってきます。 もしかするとすぐそこにやって来ているかもしれません。 本来なら、今頃は来月始まる東京オリンピックを楽しもうと心を躍らせていたことでしょう。 来年の東京オリンピックにワクワクする思いは、今は薄れていますが、きっと来年の今頃は、新型コロナウイルスに勝利して、日本中がオリンピックを楽しみに待ち焦がれていると信じたい思いでいっぱいです。 引用:松原照子公式サイト「幸福への近道」 こちらの記事は6月上旬に公表されています。 なのでもうすぐ コロナの収束時期に入るという事でしょうか?それならかなり嬉しいですよね!中止になっていたイベントもまた企画され直すでしょうか。 今からとてもワクワクします! 「ごめんなさい」は自然界に対しての言葉かもしれません。 松原さんは公式ブログの中では自然界に対して畏敬の念や感謝を持ちましょうと繰り返しお話されています。 スピリチュアル界のでは今回の新型コロナも今まで自然を粗末にしてきた自然界からの警鐘だとお話される方もいらっしゃいます。 それにしても、もうすぐコロナ収束時期に入るとするならばほっとしますよね。 必ずや終息とありますが、確かに終わりは必ず来るので焦らず待ちたいところですよね。 ちなみに松原照子さんは東京オリンピックについても言及されていますが、東京オリンピックの開催を信じたい思いでいっぱいですという記載ですから開催を予言はしていませんね・・・・。 近い日にコロナ収束時期が来るだろうという松原さんのスピリチュアル予言、当たってほしいですね。 ゲッターズ飯田 ゲッターズ飯田さんもスピリチュアル界では 大人気の占い師さんで有名です。 芸能人からもよく当たると評判が高いですし本も売れていて日本中から愛されている占い師ですが、ゲッターズ飯田さんのコロナ収束時期の予言が無いか気になります。 検証した結果、コロナウイルスについても言及していました。 4月末から5月頃に節目を迎えます自宅にいる時間を利用して新しい時代への生き方や考え方を変えていくのは良いのかもしれません。 夏はちょっと危ない。 ほんとに。 大きい事故起きるよ。 大変です。 なので、本当に気を付けて欲しいので。 5月ということはもう過ぎていますので 収束したということでしょうか?だとしたらめちゃめちゃ嬉しいですよね!夏の大きい事故はコロナには関係あることなのでしょうか?ゲッターズ飯田さんによると 日本の運気が2020年の夏には下がってしまうそうなのでコロナに機を付けながら安全に過ごしたいですね。 インドの14歳の少年占術師「アビギャ・アナンド」くん インドに住む14歳の少年で占術師の 「アビギャ・アナンド」くんのコロナの予言が当たっているとネットで話題になっています。 アナンド少年は占星術でこのたびの世界的に不運に見舞われることが出てきたようで公表したのは2019年の8月のユーチューブです。 この時の内容が 「ウイルスパンデミックが2019年11月から発生し、3月29日から4月2日にかけてピークに達するが5月29日から収束に向かうが6月末まで良い知らせがない・・・。 」とのことです。 本格的にコロナ収束時期を迎えるのは7月からということです。 今の世の中の流れをみているとこれはほとんど当たっているといえそうですよね。 スピリチュアルな予言に鳥肌が立ってしまいます!さらにアナンド少年の予言が続きます。 「 次のパンデミックは2020年12月に始まり2021年3月にかけて起こり新型コロナウイルスよりも事態は深刻になる」となんとも恐ろしい予言をされています。 このウイルスがコロナが毒性を強めたのか、新種の別のウイルスなのかははっきりと名言されていません。 そして助かる方法がただ一つあるといい「根本的な免疫力を向上させるのみ」ということです。 有機野菜や ウコンをすすめています。 ウコンというのはさすがインドという感じがしますよね。 アナンド少年によれば今回の新型コロナは人間のカルマによって起こっていて人類が覚醒してようやくこの疫病を乗り越えることができる とのこと。 まさにアセンションにより地球全体がふるいにかけられ生き残るものとそうでないものに分かれてくということになりますね。 ちなみにアナンド少年は次のパンデミックは今回のコロナウイルスとは比較にならないほどの危険なものであり。 、スーパーパグ(耐性菌)というあらゆる治療薬が効かない細菌だそうです。 この予言が当たればちょっと恐く感じてしまいますね。 ということはやはり、 コロナ収束時期は自分達次第ということなのではないでしょうか? 自然を壊しあぐらをかいて生きてきた人間の生き方を根本的に変えることが早急に必要だと思われます。 今すぐ、自分達が自然界に出来ることを考え実行していきましょう! まとめ コロナ収束時期はいつ?スピリチュアル予言の最新情報!という検証でしたがいかがでしたでしょうか? 予言者によって時期はまちまちですが、一つの目安として考えていただければ幸いです!このまま本当に収束してくれたら嬉しいですよね! 私達の覚醒を促してくれているような今回のコロナウイルス。 スピリチュアルの検証がまだまだ必要かと思われますので今後も情報が入り次第追記していきたいと思います。 今日はこの辺で失礼しますね!最後までご覧いただきありがとうございました! また、お会いしましょう!.

次の