大原学園。 中小企業診断士

学校法人大原学園 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

大原学園

回答者 3. 4 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 500万円 26万円 -- 150万円 36万円 給与制度: 基本給の上がり幅は年々小さくなります。 基本給の少なさは手当によるカバーになりますが、手当の額も決して大きくはありません。 等級制があるのですが、3等級というところまでは年次が進めばいけます。 しかし、4等級以上になるには上司の推薦や面接等があり、頻繁に昇進があるようには見受けられませんでした。 3等級で20年以上など、あまり昇進は望めないという印象です。 賞与は夏・冬の年2回です。 賞与は半期の個人成績により変動します。 評価制度: 年2回、上司との面談があります。 上司により、ちゃんと見ている、見ていないの落差が激しいです。 上司という器でない人が上司になると、精神的にかなりきついです。 ちゃんと見ている方の場合、納得のいく評価であり、賞与が下げられたとしてもその課題の克服法を一緒に考えてくださるなど、モチベーションも上がります。 回答者 2. 8 入社を決めた理由:自分が公務員試験を受験した経験があり、かつ大学生のときに塾講師の経験があったので、その経験を生かした仕事がしたいと考え、大原学園の公務員試験受験指導の講師になりました。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」:公務員試験において出題科目は多岐にわたるが、基本的に自分の得意な科目を担当することができる。 しかし、所属校にもよるが、職員数が少ない学校もあるので、その場合は、自分が苦手な科目も担当しなければいけない可能性もある。 ある程度の考慮はしてくれるが、その覚悟はしておいたほうがよい。 その場合、予習にかなりの時間が割かれると思う。 また、授業以外にも学生管理や行事運営またクラブ活動の仕事もある。 規定の欠席日数を超過すると学生は原則進級・卒業ができなくなるので、徹底した管理が必要である。 また、退学希望者も出てくるが、基本的には退学をさせてはいけないという風潮があるので、退学を引き止める力量も必要になってくる。 行事運営については、行事により重要度や業務量が大きく変わってくる。 誰でも簡単にできるものもあれば、それなりの力量を求められるものもあるので、それは運次第といったところか。 クラブに関してはそこまで力をいれていないものの、11月に競技大会があるので、それに向けた練習が必要である。 回答者 3. 0 働きがい: 担任制のため、やりがいはかなりあります。 こちらが力を注ぐ分、学生からの信頼を得ることができます。 しかし、学生ファーストと言いながら、学生対応に時間を掛けたり、学生と仲良く話をすることを嫌う体制です。 年々学生数が減っている印象ですが、このような体制意識を変えないと減り続けるのではないでしょうか? オープンキャンパスの回数を増やすより、学生との関わりを増やし、学生から信頼される学校を目指すべきであると私は考えます。 過去に教員と学生が関係を待つなどの問題があったためか、極度に学生との距離感を気にしていますが、教員教育をしっかりと行えばよいのでは?上は現場の教員を信頼していないのだなと感じます。 回答者 2. 9 僻地に校舎をどんどん新設する影響で現場の職員の生活が脅かされるので退職を決めました。 離職率が高く職員が足りていないのに新校舎を作るので、一人で複数の校舎を受け持つことになります。 その苦しい状況に1年間耐えた人が一人でもいれば、それがデフォルトになってしまい他の人にも強制します。 移動時間が増えてももちろん出勤時間は変わらず手当などは出ません。 すでに遠距離通勤しているのに「1. 5時間通勤ができたなら2時間も大して変わらないだろ」と言われて渋々従う人もいました。 この状況に嫌気がさした同僚たちは皆辞め時を伺っていました。 少子化の今、僻地に新校舎を建ててもいずれ無くなるでしょう。 このような状況ではマイホームの計画も立てられません。

次の

学校法人大原学園

大原学園

この求人の特色 ()• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 面接1回 【企画〜効果測定まで一貫して携わるクリエイティブ】 未来を創るWebディレクターとして活躍しませんか? 60年以上の歴史を持ち、専門学校81校、 グループ総数109校の規模を誇る大原学園。 そんな大原学園のさらなる発展に 必要不可欠な役割を持つのが、 今回募集するWeb課のWebディレクターです。 Webディレクターは、外部パートナーと協力しつつ、 大原学園の魅力をより多くの方に伝えていくことをミッションに、 様々な広告媒体を使ってPRや情報の発信を行います。 Webでの誘致が当たり前となった現代では、 自社HPでの広報やYouTubeなどの プラットフォームを用いた宣伝は必須。 そのため、Webを用いた広告戦略の企画〜測定までを 一手に担う当ポジションは、いわば大原学園の 未来を任されると言っても過言ではありません。 さらに、時にはHPを見てご来校された学生及び保護者から 「HPを見て大原学園に来ました」と、お話しいただき、 進路選択という学生の未来を創るお手伝いをしたという 実感を得られることもこの仕事の魅力です。 つまり、この仕事は大原学園と大原学園に関わる全ての人の 未来をクリエイトしていく仕事になります。 大原学園ならではの全国規模のスケールで 仕事がしたい方をお待ちしています。 募集要項 学校法人大原学園が募集している求人の詳細です。 あなたには、大原学園のWeb制作全般をお任せします。 しかし、業務幅に制限はなく、あなたの持つWeb制作に関するスキルは存分に発揮して頂きたいと考えています。 注目【現在2名のWeb制作部で裁量を持って活躍する】 配属となるWeb制作部は現在2名。 当学園ではWebによる販促の強化を進めており、企画〜効果測定まで担当する方を採用することになりました。 在籍するのは当学園のWeb制作を一手に担う凄腕Webディレクター。 外部と連携し、上流から担当しています。 そんな環境だからこそ裁量・規模は共に大きく、クリエイティブを楽しむことが可能です。 注目【残業月10〜15h程度とオンオフのメリハリをつけて働けます】 自社のホームページやサイトの作成を担当するので、余裕を持った納期でクリエイティブを手掛けることができます。 そのため残業は月10〜15時間程度とかなり少なめ。 平日は定時で帰宅することも珍しくありません。 また、早めに言えば有給休暇も希望通りに取得可能。 クリエイティブ職には珍しくオフを充実できる環境です。 「本気になったら大原」というキャッチコピーで、今や日本中知らない人はいないであろう大原学園。 今回は、大原学園のクリエイティブを担う【制作ディレクター】と【Webディレクター】の募集だ。 取材に応じて頂いた山口さん曰く、両ポジションの魅力は「知名度のある教育サービスをクリエイティブでより魅力的に伝えられること」だと言う。 大原学園の教育という無形サービスを、多くの若者に選んでもらうためのクリエイティブは一筋縄ではいかないだろう。 しかし、その分クリエイティブによる広報・宣伝効果への期待は大きく、成果を出すことができたときの充実度は他社の比ではない。 大原学園だからこそ感じられる仕事のやりがいがあるだろう。 クリエイティブの経験・実績を積んできた方にこそ特におすすめしたい求人だ。

次の

大原簿記学校

大原学園

この求人の特色 ()• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 面接1回 【企画〜効果測定まで一貫して携わるクリエイティブ】 未来を創るWebディレクターとして活躍しませんか? 60年以上の歴史を持ち、専門学校81校、 グループ総数109校の規模を誇る大原学園。 そんな大原学園のさらなる発展に 必要不可欠な役割を持つのが、 今回募集するWeb課のWebディレクターです。 Webディレクターは、外部パートナーと協力しつつ、 大原学園の魅力をより多くの方に伝えていくことをミッションに、 様々な広告媒体を使ってPRや情報の発信を行います。 Webでの誘致が当たり前となった現代では、 自社HPでの広報やYouTubeなどの プラットフォームを用いた宣伝は必須。 そのため、Webを用いた広告戦略の企画〜測定までを 一手に担う当ポジションは、いわば大原学園の 未来を任されると言っても過言ではありません。 さらに、時にはHPを見てご来校された学生及び保護者から 「HPを見て大原学園に来ました」と、お話しいただき、 進路選択という学生の未来を創るお手伝いをしたという 実感を得られることもこの仕事の魅力です。 つまり、この仕事は大原学園と大原学園に関わる全ての人の 未来をクリエイトしていく仕事になります。 大原学園ならではの全国規模のスケールで 仕事がしたい方をお待ちしています。 募集要項 学校法人大原学園が募集している求人の詳細です。 あなたには、大原学園のWeb制作全般をお任せします。 しかし、業務幅に制限はなく、あなたの持つWeb制作に関するスキルは存分に発揮して頂きたいと考えています。 注目【現在2名のWeb制作部で裁量を持って活躍する】 配属となるWeb制作部は現在2名。 当学園ではWebによる販促の強化を進めており、企画〜効果測定まで担当する方を採用することになりました。 在籍するのは当学園のWeb制作を一手に担う凄腕Webディレクター。 外部と連携し、上流から担当しています。 そんな環境だからこそ裁量・規模は共に大きく、クリエイティブを楽しむことが可能です。 注目【残業月10〜15h程度とオンオフのメリハリをつけて働けます】 自社のホームページやサイトの作成を担当するので、余裕を持った納期でクリエイティブを手掛けることができます。 そのため残業は月10〜15時間程度とかなり少なめ。 平日は定時で帰宅することも珍しくありません。 また、早めに言えば有給休暇も希望通りに取得可能。 クリエイティブ職には珍しくオフを充実できる環境です。 「本気になったら大原」というキャッチコピーで、今や日本中知らない人はいないであろう大原学園。 今回は、大原学園のクリエイティブを担う【制作ディレクター】と【Webディレクター】の募集だ。 取材に応じて頂いた山口さん曰く、両ポジションの魅力は「知名度のある教育サービスをクリエイティブでより魅力的に伝えられること」だと言う。 大原学園の教育という無形サービスを、多くの若者に選んでもらうためのクリエイティブは一筋縄ではいかないだろう。 しかし、その分クリエイティブによる広報・宣伝効果への期待は大きく、成果を出すことができたときの充実度は他社の比ではない。 大原学園だからこそ感じられる仕事のやりがいがあるだろう。 クリエイティブの経験・実績を積んできた方にこそ特におすすめしたい求人だ。

次の