揺れる 警視庁 1200 万 人 の 人質。 【涙の名作/ネタバレと名シーンを振り返る】揺れる警視庁 1200万人の人質

名探偵コナン(第8シーズン)

揺れる 警視庁 1200 万 人 の 人質

2003年1月6日(月)放送 第304話 「揺れる警視庁 1200万人の人質」 コナンと少年探偵団の子供たちを連れて郵便局強盗事件の実況検分をしながら、佐藤刑事は3年前の連続爆破事件を思い出していた。 携帯電話には、その時から消すことができないでいるメールが残っている。 犯人の罠にかかり、最後の爆弾の在りかを突き止めるのと引き換えに殉職していった松田刑事。 彼の最後のメールには、爆弾の場所と共に「あんたの事、わりと好きだったぜ」という文が付け加えられていた。 佐藤刑事はこの事件と松田刑事のことが忘れられない。 またしても爆弾予告電話があり、捜査にきた白鳥警部はこのことを高木刑事に話す。 「佐藤さんがまだ彼のことを引きずっているなら、我々には勝ち目はないよ」と言う。 今日は11月 7日、7年前と3年前に爆弾事件が起きた日だ。 捜査を終え、一人で車に乗りこんだ白鳥警部の車が佐藤刑事やコナンたちの目の前で爆発。 コナンは犯人が刑事を予告電話でおびき出し、その隙に車に爆弾を仕掛けたと考える。 白鳥警部は車内に貼られていたメッセージが3年前の連続爆破事件の犯人からだと気づき、ドアを開けると爆弾が爆発すると予知する。 それなのに、危険を冒してすぐにドアを開け外に出ようとした。 白鳥警部は佐藤刑事に犯人のメッセージを早く見せたかったと言う。 それは、佐藤刑事を悩ませている消せない記憶を吹っ切るチャンスだと考えたからだ。 重傷を負った白鳥警部が佐藤刑事に手渡した犯人のメッセージは、「俺は剛球豪打のメジャーリーガー さあ延長戦の始まりだ…」とあり、3年前の連続爆破事件で送られてきた犯人の予告状と酷似した文面だった。 同じメッセージが警視庁管轄内の警察署にも一斉に送られていた。 警視庁では、FAXの文面から爆弾は 2つ、爆発時刻は明日正午と午後 3時と推測し、緊急配備を敷く。 コナンと少年探偵団の子供たちは、佐藤刑事と高木刑事の車に乗りこみ、両刑事と一緒に爆弾の在りかを推理しようとする。 1,200 万人の東京都民を人質に警察への恨みを晴らそうとする犯人にコナンも刑事たちも怒りを燃やすが、発見される爆弾は偽物ばかりで、捜査員は犯人に翻弄されているようだった。 朝になり、佐藤刑事は高木刑事の身を案じ、コナンたちを家に帰すことを口実に高木刑事を捜査の現場から遠ざけようとする。 もう二度と身近な人間を死に神に連れて行かせない、佐藤刑事はこう決意していた。 だが、車中で1個目の爆弾が東都タワーのエレベーターに仕掛けられていると気づいたコナンは、高木刑事と共に現場に急行する。 東都タワーでは、小さな爆発が起きエレベーターが止まっていた。 電話でこれを聞いた佐藤刑事は3年前と同じように警察を誘い込むための犯人の罠だと気づく。 佐藤刑事は高木刑事にそのまま待機するよう命じるが、少女がエレベーター内に閉じ込められていると知った高木刑事は佐藤刑事の制止を振り切りエレベーターに駆けつける。 高木刑事も佐藤刑事を守ろうと必死なのだ。 小さな体を利用してコナンが少女を救出するが、コナンと高木刑事はエレベーター内に閉じ込められてしまう。 佐藤刑事の推測どおり、これは犯人の罠だった。 エレベーターのケージの上に登ったコナンが爆弾を発見する。 起爆装置が作動するのを防ぐには、コナンが一人で爆弾を処理するしかなさそうだ。 爆弾処理班から解体のための道具が届き、指示を仰ぎながら解体を始める。 作業は順調に進むが、あと少しのところで犯人のメッセージが現れる。 もう一つの爆弾の在りかをこの爆弾の爆発3秒前に表示するというのだ。 コナンはすでに予告文の暗号を解読し、2つ目の爆弾の設置場所を推理していた。 だが、都内に該当する400 カ所の内、どこに仕掛けられているかがわからない。 その場所にいる全員を確実に助けるには、松田刑事がやったようにメッセージが現れる爆発3秒前まで待たねばならない。 松田刑事と同じように、コナンは高木刑事の携帯電話に自分の推理をメールに打ち込んでもらい、メッセージが表示されるのを待つ。 設置場所が判明すると同時に送信してもらうつもりだ。 コナンもまた、この世で一番死なせたくない大切な人を守ろうとしていた。

次の

揺れる警視庁 1200万人の人質

揺れる 警視庁 1200 万 人 の 人質

佐藤さんが屋上から犯人を追いかけるシーンがかっこいい! 佐藤さんは亡き父(元警察官)と目暮を重ねてことが発覚。 205-206話 本庁の刑事恋物語3 原作:27巻 佐藤刑事の父( 佐藤正義警視正)と連続放火犯に関する話。 佐藤さんが大事にしている錆び付いてる手錠が父の形見と発覚。 高木と佐藤さんの距離感がじわじわ縮まってきてます。 253-254話 本庁の刑事恋物語4 原作:32-33巻 佐藤さんが偶然引き寄せた白鳥刑事とお見合いする話。 佐藤さんが自分の中で高木の存在が大きくなってることに気づきます。 この辺から宮本由美が高木と佐藤のキューピットに。 新一(コナン)が高木と佐藤のもどかしさを自分と蘭の関係と重ねて高木を手助けする場面も。 358-359話 本庁の刑事恋物語5 原作:40巻 佐藤さんと高木がトロピカルマリンランドでデートをして白鳥たち他警察組が本気で二人を見張るギャグ回。 高木は指輪を渡そうとするが… 花火の光で観覧車を見て松田刑事を思い出して犯人を追う足が止まる佐藤さんのシーンがまたツラい… 390-391話 本庁の刑事恋物語6 原作:44巻 千葉の友人が容疑者の話。 千葉がちょっとかわいそう。 高木が鳥取に移動になる噂が立つ(発信元:由美さん) 431-432話 本庁の刑事恋物語7 原作:50巻 高木&佐藤が合コンで偶然ばったり遭遇。 誘拐の話。 449話 本庁の刑事恋物語 偽りのウェディング (1時間SP) 原作:52巻 刑事だらけの艤装結婚式が開催。 新郎新婦に似ているということで由美さんと高木が身代わりで結婚式に参加するが… 487話 本庁の刑事恋物語8 左手の薬指(1時間SP) 原作:56巻 佐藤さんが薬指にはめていた指輪をめぐって繰り広げられる話。 安室も少し登場し伊達さんとの関係を匂わせてるシーンも。 関連 810-812話 県警の黒い闇 原作:86-87巻 黒田、大和、上原、 諸伏の長野県警組が登場する話。 警察の人間が次々狙われる。 最近のコナンの中でもなかなか刺激が強い描写もあるので 警察関係の話の中でもおもしろい話です。 現在ラム候補の一人とされている黒田兵衛の初登場回でもあるので 何気に組織に関わる伏線回でもあります。 関連 関連 警察関係の映画 13作品目 漆黒の追跡者(2009年) 警察関係者に組織の人間が潜入している話。 警視庁の面々を始め長野(大和勘助)、静岡(横溝参悟)、神奈川(横溝重悟)、群馬(山村ミサオ)、など各県の警察たちも登場。

次の

揺れる警視庁 1200万人の人質

揺れる 警視庁 1200 万 人 の 人質

阿笠博士と少年探偵団たちを伴っての実況見分もどこか上の空でした。 そんな彼女の頭の中をよぎっていたのは、三年前に起きたある事件のことだったのです。 名前を松田陣平といって、元は警視庁警備部機動隊の中にある爆弾物処理班に所属していた人物ということでした。 ところがある事情から上層部の判断で捜査一課に配属されることになったらしく…本人も捜査一課を「来たくもない係」呼ばわりして、目暮警部をはじめとする捜査一課の刑事たちを呆れさせます。 更には聞き込みの際の荒っぽい態度や周りの言うことに我関せずの態度は、まさしく一匹狼と呼ぶにふさわしいものでした。 そんな松田刑事でしたが、親友を思う気持ちは誰よりも強いものがありました。 その当時から四年前、つまり今から七年前の11月7日に発生した爆弾の爆発事件で、彼は同僚だった親友の萩原研二隊員を亡くすという悲劇に見舞われていたのです。 そしてその時の犯人は今だに逮捕に至っておらず、彼は親友の無念を晴らすため、爆弾事件を担当する捜査一課の特殊犯係への転属を何度も希望したらしいのですが、目的が敵討ちであることからいったん頭を冷やしてもらおうと、上層部の判断で目暮や佐藤の所属する強行犯係へ配属されたということだったのです。 しかしそんな中でも彼はその爆弾犯を逮捕することに執念を燃やしていたようで、萩原隊員の事件以来毎年11月7日に警視庁に送られてきていたという大きな数字の書かれたイタズラのFAXのこともちゃんと知っていたのです。 翌年が「3」で次が「2」、そして前年が「1」とくれば…その年の11月7日には何かが起きる…彼はそう確信してその日が来るのを待っていたのでした。 ところが…その爆弾には、実はあるトラップが仕掛けられていたのでした。 それは別の場所に仕掛けられているというもう一つの爆弾の在り処が、タイマーが残り3秒になった時点で表示される仕掛けになっていたのです…!! そこで松田刑事は、もう一つの爆弾が爆発して大惨事が起こるのを食い止めるため、自らを犠牲にしてその仕掛け場所を特定し、佐藤刑事の携帯にメールします。 そして観覧車に仕掛けられた爆弾は、無情にも爆発してしまい…松田刑事も萩原隊員の無念を晴らすことのできぬまま、同じような形で殉職してしまったのでした…。 しかもその日は、あの忌まわしい事件からちょうど三年後の11月7日だったのです。 そんな中でも佐藤刑事は気丈に振舞い、阿笠博士と探偵団たちを伴い実況見分を無事に片づけます。 ところが佐藤刑事たちが見分をしていた現場近くでは、何と白鳥警部と高木刑事も同じようにして捜査にやって来ていたのです。 そしてそれは何と爆弾を仕掛けたという予告電話だったらしく… 妙な胸騒ぎを感じたコナンでしたが、それが不幸にも現実のものとなってしまいます。 捜査を終えて現場から立ち去ろうと白鳥警部が乗り込んだ車が突然爆発・炎上したのです…!!! そして車には「俺は剛球豪打のメジャーリーガー さあ延長戦のはじまりだ…」という再度の犯行を予告する不気味な貼り紙が貼り付けてあり…… 爆弾犯はなぜ執拗に警察官を狙うのか…!? 爆弾犯の仕掛けた二つの爆弾は一体どこに…!? そして東京に住む1200万の人々を人質に取るこの事件の最後に、コナンを待ち受ける厳しい試練とは…!? 原作との相違点 沖野ヨーコの看板 ビルの広告看板に登場しています。 これもオリジナルで、当サイトの沖野ヨーコアイコン2はこれが元になっています。 ちなみにもう一箇所、朱美ちゃんのぬいぐるみのジャムが登場する直前の女性キャスターの事件レポートの途中でも、犯人の背後に映っているシーンがあります。 NEXTコナンズヒント ドアのガラス コント 蘭「ハラハラドキドキの2時間スペシャル、いかがでしたか?」 コナン「今年もコナンを毎週見てね!」 OP 「」(愛内里菜) ED 「」(稲葉浩志) 監督 山本泰一郎 構成 越智浩仁、伊藤真朱、佐藤真人 絵コンテ 越智浩仁、伊藤真朱、佐藤真人 演出 佐藤真人 作画監督 青野厚司、佐々木恵子 ビデオ PART11-8 DVD 評価 JavaScriptが有効でないので表示出来ません.

次の