ランバー ジャック アビリティ。 ランバージャック実装。英雄武器のおすすめを考える

【グラブル】『ランバージャック』の評価/性能検証まとめ|新ジョブ【グランブルーファンタジー】

ランバー ジャック アビリティ

グラブル6周年アップデートで実装された新ジョブであるランバージャックの評価記事です。 「木こりのうた」がとにかく強い 1アビの効果盛り盛り ランバージャックの強みはシンプルにこの1アビ「木こりのうた」に集約されていると言えます。 1アビ発動から3ターンの間、特定の条件を満たすことで敵にダメージ+4種の効果が発動するようになっており、まぁこれがとにかく強いです。 それぞれの効果が発動した際に敵にダメージを与える効果も。 また、それぞれの効果は低確率で強化され、さらに強力な効果を得ることもできます。 累積攻防ダウンについて 味方全体がアビリティを累計3回使用すると発動する動物効果で、 条件さえ満たせばターン中に何度でも発動可能です。 アビポチの数次第では 初動で3回発動も可能。 ターンをまたいで累積ダウンを稼いでいく形でももちろんOK。 ミストと組み合わせれば 主人公単独で初動で防御下限を狙うこともできます。 ストレングス効果も強い 効果ターン中に奥義させ発動できれば効果が付くストレングス効果も非常に強力。 4Tと効果時間が長いのもポイントで、うまく発動させ続けることができれば戦闘中のほとんどの時間をストレングス状態で戦うこともできるはずです。 ただ木こりのうたは戦闘開始直後に使うことが多いので、効果3ターン中に 早めに主人公に奥義を発動させる工夫は必要になるかもしれません。 特殊技の多い相手にはダメージソースにもなる 六竜討伐戦などの相手の特殊技の間隔が短い相手に対しては、それぞれの動物サポート効果発動時のダメージもバカにならないです。 それどころか普通に ダメージソースとして機能するくらい強いです。 味方との累積防御ダウンの関係について 例えば水属性でリリィと同時にランバージャックを編成した場合、累積防御ダウンがどのような仕様になってるか気になってる人も多いと思うので、その補足です。 1アビが強いのでアビ枠がフリー これが最大の推しポイント。 「固有の1アビが必須級に強いジョブ」って実は意外と少ないので、これは ランバージャックの明確な強みと言えるはずです。 落葉焚きで味方全体の攻防アップ・奥義加速 こちらはリミットアビリティの1つである「落葉焚き」の効果。 単純に主人公に永続4000バリアがつくだけでもけっこうなメリットなのですが、これが切れるまで味方にバフを与え続けることができます。 累積攻防アップも魅力的ですが、 シンプルに高揚効果も強いです。 最近は強力な奥義の追加効果持ちのキャラも多いので、奥義加速のメリットはかなり大きいはず。 攻撃アップは別枠乗算なので凄まじい火力に。 アビリティセット例 基本的なことですが、EXアビ・リミアビはそれぞれ2個までしか付けられないので注意。 無難に扱いやすいアビリティセット。 残りは「落ち葉炊き」固定でもう1枠はフリー。 「大伐断」はシンプルにダメージ自体が高く、付与される効果も強力なので、 他に優先すべきものが無い時は安定選択肢。 「大伐断」は主人公に火力を出させたいならけっこうアリ。 フルオートでもけっこう強めなので、主人公に持たせるアビリティが無さそうな時はコレを。 「安らぎの木もれ日」は六竜戦などの手動で戦う高難度クエの場合はかなり有用。 通常のEXアビリティはお好みで。 ボスに合わせてクリアオールやディスペル、高難度クエならリヴァイブあたりも候補に。 ソロでのフルオート適性が高い 1アビ発動でなんでもこなしてくれるのでフルオート適性が高いことでも話題になっています。 1アビの動物サポート効果により 継続的に累積攻防ダウンをまき散らしてくれるため、相手のデバフを切らさずに戦い続けられるのも魅力。 主人公が被弾した際の全体回復や、 暗闇効果による間接的なダメージ軽減効果なども相まって、 長い間HPを維持し続けながら戦うことができるのもアツイですね。 古戦場フルオート編成でもかなり使われている様です。 水有利古戦場でのランバージャック構成について どんな構成にもハマるジョブなので、ランバージャックなら特別コレという編成はないと思います。 メイン武器としてゼノコキュ琴を持たせるのが主流。 ゼノコキュ琴の場合、 落ち葉炊き+大伐断+フリーというアビリティセットがテンプレ。 防御デバフ持ちのキャラ(ドランク・アルタイル・水着エウロペなど)がメンバーにいる場合はミゼラブルミストは不要です。 落ち葉炊き・大伐断・ディスペルあたりがテンプレになりそうな感じ。 有用な奥義バフである「どこアサ」の効果が、ダメージ付きの動物サポートで消費してしまうため、 まともにどこアサが発動する場面がなく、奥義バフの期待値があまりにも低いためです。 六竜戦でも活躍! 高難度ソロクエストの六竜戦でも大活躍。 アビリティ枠がフリーになるのと、それぞれのアビリティの強さ・有用さが光ります。 強力な補助奥義効果持ちの武器が多い楽器をメイン装備できるのも強みと言えます。 多くのフリー枠を活かしてリヴァイブやディスペルなどを持たせてる人も多いみたいです。 相手の特殊攻撃間隔が短いこともあって動物サポートの発動頻度もめちゃくちゃ高いので、ダメージソースとしても機能しますね。 六竜戦では味方の生存力を優先するために連撃を捨てることも結構多いのですが、落ち葉炊きの高揚効果も地味に刺さります。 現状追加されてる六竜戦はほぼすべての属性でランバージャックにしていますが、かなり安定感がありオススメです。 ランバージャックでオススメの属性は? 現状使ってみた感じ ・ サティフィケイト持ちの光属性 ・ ゼノイフ斧持ちの火属性 ・ ゼノコキュ琴持ちの水属性 あたりが無難に強そうでした。 連撃要素を主人公以外のキャラ・武器などに頼れるのであれば、強力な奥義効果などを持つ楽器を持たせるのが良さそうです。 土属性でゼノウォフ琴を持ったり、風マグナでグリム琴を持ったりという選択肢もあります。 火のドラゴニックウェポンは5凸時奥義発動で幻影+3ターン1500再生とかなり強力なので、今後のフルオート事情にかなり関わってきそうですね。 サティ持ち編成について サティ持ちの光属性でちょっとおもしろい編成を組んでみたものを記事にしてみたのでそちらも宜しければ。

次の

【可能性の獣】ランバージャックの強さをちょっと説明させて!

ランバー ジャック アビリティ

Class 得意武器 タイプ Class. イラストでは新しい試みでグランの武器が斧、ジータの武器が楽器となっているが、性別に関係なくどちらも適用される。 Class3ジョブは存在しない 「ランバージャック」は、下位ジョブとなるClass3の段階が存在しない仕様。 取得条件が既存のクラス4よりハードル高めに設定されている。 0倍ダメ 上限約 30万 ・敵に暗闇効果 180秒 低確率で発動 ・敵全体に自属性 4. 主人公はターン経過でサポアビ効果の防御力が上がるのもバリアが割れにくくなるポイント。 ただ、火力の高い全体攻撃の相手だと強みを活かしにくいため、敵を選ぶ性能ではあります。 とりあえず 1アビを使えば何かしらの追加効果で攻守両面をカバーできるという手軽さと使い勝手の良さで、ソロ含む高難易度バトルや貢献度狙いのマルチ救援まで幅広く活躍するポテンシャルを持つ。 フルオートにも適性有り フルオート運用時に耐久力も求められる場面では回復も重要な要素。 1アビの 被ダメ時自動HP回復が貴重な回復手段となるうえ、3回アビ使用毎の敵累積攻防弱体も使用可能アビを全部使うフルオートの仕様と噛み合い、適性が高い。

次の

【グラブル】『ランバージャック』の評価/性能検証まとめ|新ジョブ【グランブルーファンタジー】

ランバー ジャック アビリティ

火有利古戦場の【エッリル】100HELLを火属性アグニス(両面)編成でフルオートで周回していたので、敵の行動を見ていきます。 2020年6月の星の古戦場も本選3日目となりました。 三日目ということで、エッリルの100HELLそしてUNITE BATTLEが解放されました。 (UNITE BATTLEは所属騎空団内で100HELLを計100体倒すことで解放) とういことで100HELLを、ジークフリート率いる火剣パでフルオート周回していました。 ただしジータちゃんはランバージャック。 (多分戦闘のMVPはパーシヴァル) 今回は100HELLをフルオートで倒しながら、エッリルの行動を見ていきます。 〇エッリル100HELLの特徴。 ・95HELLの時は1ターンの回避率UPを付与してきましたが、100HELLからは効果時間が3ターンに変更されました。 ・HP50%時には弱体効果のリセット。 フルオートだとこのタイミングでHPの減りが激しくなることも。 ・特殊技にアビリティ封印もあり、後半の弱体リセットのタイミングと被る。 ・高火力の味方全体連続攻撃。 そこまで減っていなかったHPを一気に持っていかれる。 更にエッリルの火力も上昇して通常攻撃からのダメージがかなり痛い。 かなりの頻度でダメージを0にされるので討伐時間がかなり前後することになる。 編成については両面アグニス編成。 キャラはジークフリート・パーシヴァル・スツルムで挑みました。 ・ジークフリートのザルヴァートルで弱体対応からダメージ軽減したりと便利。 ・サブにはアラナンとセワスチワンという爺様コンビでHPを回復。 それではエッリル100HELLをフルオートでの行動確認をしてきます。 更にダメージ軽減も出来る。 ・ル・ミラージは2ターン風属性ダメージ70%カットできるので、後半の高火力帯で便利。 戦闘中は先ず外すことはない。 それにスロウが付いているので確実に恐怖効果を得られる。 ・ツェアライセンによるHP回復量も多く終盤まで粘り強く戦える。 奥義でレックスレイドが2回発動になるのでダブルスロウなんてことも。 ・回避成功時にもレックスレイドが発動するのでダメージを稼ぎつつスロウを撒くので強い。 奥義の再生でHPを回復していく。 幻影は敵が全体攻撃なので何とも……特殊技には有効。 他には剣得意が多いのでオメガスウォードを装備。 サブはアーカルム召喚石のザ・サンとザ・デビル。 あとはフルオートなので生暖かく見守る姿勢。 ちなみにエッリルさんは火力が高いのに暗闇はレジストされる、ただ魅了は効く。 裂傷はターン終了時にダメージを受けるのでアラナンで弱体回復出来ますが、先に防御DOWNから回復されるので2ターン裂傷ダメージを受けることになってしまいます。 味方全体を対象にダメージを与えてきます。 さらに50%を切るとエッリルの弱体効果がリセットされます。 しかも結構発動してくるので厄介です。 遅延を行いイクスゼーレの恐怖付与まで繋げます。 これもランダムな対象に多段攻撃してきます。 味方全体に大ダメージと回避率UP+攻撃力UPを付与してきます。 その高い火力に攻撃UP、TA・DA確率が付与されて味方のHPが削られていく。 特に50%辺りで付与されるアビリティ封印を受けると一気に味方のHPを減らされる危険。 基本的な行動は同じなので問題無いけどエッリルの火力がかなり上昇している。 画像引用元:グランブルーファンタジー 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスをフルオートで攻略してきたのでまとめていきます。 以前はヴァルナ編成やや水マグ... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は火属性【六竜討伐戦「朱」】のウィルナスを水属性ヴァルナ編成で攻略...

次の