会計士 税務 転職。 相場はいくら?公認会計士・税理士の顧問料

2019年版 監査法人を辞めてわかった公認会計士転職の実態

会計士 税務 転職

「税理士戦国時代」が訪れる!? 最近は緩和傾向にあるといわれていますが、公認会計士試験を突破した合格者、つまり新人会計士が監査法人に就職できないことが過去には大きな話題になっていました。 現在は公認会計士試験の受験者数も合格者数も年々減り続けているため、以前と比べると公認会計士は就職しやすくなったといわれています。 この公認会計士の話が税理士に関係あるのか?というと、じつは「大あり」なんです。 なぜなら、監査法人に就職できなかった公認会計士の中には、次の就職先として大手税理士法人を狙う人が多数いるから。 つまり、公認会計士が税理士の職域へと食い込んでくるわけです。 これによって、本来ならば大手税理士法人へ就職できた新人税理士が他へ追いやられる可能性も否定できません。 中堅から大手の税理士法人はFAS分野を扱っているところが多いため、公認会計士の需要も高いといいます。 キャリアアップ、年収アップを狙って、税理士法人へ転職する公認会計士がいる一方で、年収がダウンしてしまう公認会計士もいます。 年収ダウンの理由は、公認会計士としての実績がいくらあっても、税理士としての経験も税務の知識もないからです。 どのような事情があるかは定かではありませんが、年収がダウンしても税理士法人へ何とか入社しようとする公認会計士は一定数存在します。 公認会計士が無条件で税理士になれるのはおかしい? 公認会計士が税理士法人への就職または転職ができる制度の背景には、公認会計士試験を突破すれば、税理士試験を受けなくても税理士の登録ができることにあります。 一方で、税理士試験に合格しても、税理士は公認会計士の登録はできないので、何ともモヤモヤ感が残りますが……。 さらに、国税庁のOBも試験を受けずに税理士を名乗れるので、苦労した末にようやく税理士試験を突破した税理士は、自分達の職場が侵されているような感覚を抱いてもおかしくありません。 実際に、昔から「税理士の職場を守ろう」という活動は存在します。 その主張を詳しく見てみると、「公認会計士試験の『租税法』は税理士試験の内容と比較して範囲が狭いため、公認会計士は税理士の登録をする前に税理士試験の一部を受けるべきだ」という内容です。 税理士のみなさんはどう思われますか? これに対しては「一理ある」という意見とともに、「税法の全てを知らなくても税理士になれる。 実務経験を積んで学んでいく税理士も多い」との反論もあり、制度は現在も変わっていません。

次の

独立したい会計士の君へ|成功するためには税理士事務所で修行をしよう

会計士 税務 転職

なぜ監査法人を辞めるのか? あんなに頑張って勉強してようやく合格した公認会計士試験。 憧れていた監査法人に入ったにも関わらず、若いスタッフが続々と辞めていくのが現状です。 なぜでしょうか? 理由は3つあります。 仕事がつまらない 最初は、単純作業が多いです。 監査手続きの実施と言えばカッコいいですが、 新人のうちは、データの集計、加工、収受した資料の管理等、描いていた公認会計士の理想像とは程遠い作業ばかりです。 クライアントで接するのも、経理部の派遣の方ばかり・・・ 会計士は難関試験と言われておりますので、合格者の多くは学生時代はクラスでも指折りの優等生がほとんどです。 そんな彼らが、下っ端作業ばかりさせられるのはプライドが傷つくのでしょう。 公認会計士の仕事については、下記記事もご覧ください。 監査法人内の出世競争に負けてしまう 最近では、マネージャーに昇格するには、TOEICスコア700以上が必要等、昇格に一定の条件が必要になってます。 以前のように年功序列で3年ごとに昇格とはいかないのが現実です。 また、監査はチームで行う仕事ですので、協調性がない人は昇格できずに、居た堪れなくなって辞めていきます。 監査法人以外で割の良い仕事がある 人手不足が叫ばれている日本ですが、経理業界も例外ではありません。 大会社の経理部長等のポジションに転職する人もチラホラいます。 監査で行ったら、クライアントの経理担当者が元先輩だったなんて話は時々耳にします。 監査法人は、福利厚生が一般企業に比べると手薄です。 激務の監査法人を退職して、一般企業でワークライフバランスを充実させる方も多いです。 会計士は辞めてどこに行くのか? では、監査法人を辞めた会計士はどこに行くのでしょう? 事業会社の経理部門 最も多いパターンです。 最近では東芝のように監査法人を欺いて、粉飾決算をしようという会社は少ないので、 むしろ監査対応をスムースにするために、内部に公認会計士が一人いると楽になるというのがあります。 コンサルティングファーム 憧れていく人が多いですが、挫折する人が多いです笑 会計士になる動機の一つに「コンサルをやってみたい」という人は多いです。 確かに会計士は数字に強いですが、その事が会社を強くすることとは必ずしも結びつきません。 コンサルティングファームでは、数字以外のスキルの方が強く求められるため、持っている能力を発揮できずに いわゆる「バリュー」を出せずに2年ほどで辞めてしまう人が多いです。 税理士法人・会計事務所 私のようなパターンです。 会計士は、申請すれば税理士も取得できます。 お父様が会計事務所を営んでいて、息子は会計士を取って、ある程度監査法人で仕事をしてから、 父親の会計事務所を引き継ぐというパターン。 会計士試験にも租税法がありますが、学問と実務はまた別物で、監査法人時代に培った経験は、 税務の現場ではほとんど役に立ちません笑。 会計士はどうやって転職するのか? リクナビ・マイナビに登録すると公認会計士というキーワードを入れておくだけでわんさか求人情報は届きます。 その中から自分好みの会社に面接を申し込むのもアリです。 また、最近では、会計士・税理士に特化した専門の転職サイトもあります。 おかけで今は上手くやってます。 登録は無料ですので、一度登録してみるのもアリです。 こちらのMS-Japanも駅の広告で最近よく見かけますね。 実際転職する会計士に求められるものは? 正直言って、 監査法人での経験が活かせる仕事は有りません。 会計の知識は活かせますが、監査法人の実務がそのまま転用できる仕事はパッと思いつきません。 会計士としての転職市場での売りは、下記の3点です。 難関資格を突破したというポテンシャルの高さ• 大企業の内部を知っている• 会計のプロである これらに加えて、新しいことには何でもチャレンジするという気概があれば、転職先は幾らでもあります。 私の税務顧問をしている会社で、総務部長600万円、人事部長500万円、経理部長800万円それぞれ支払っている中小企業があります。 正直私一人で3人分の業務をやって、それでも定時で帰れるくらいの業務量です。 こんな中小企業が日本にはまだまだあります。 こういう会社に、「私一人でバックオフィス業務全部やります」って売り込んだら、喜んで年俸1,000万円は払います。 会計士の転職は、どうしても大企業ばかりに目が行きがちですが、 中小同族会社で、若息子が二代目で引き継いで、社内改革をしたいと叫んでいる会社に、公認会計士が売り込みに行けば、 大企業に行かずとも、それなりの年収は貰えます。 まとめ.

次の

公認会計士の税理士法人への転職

会計士 税務 転職

休暇の特徴• 年間休日120日以上• 完全週休2日制• 土日祝休み• 5日以上の連続休暇制度あり• 2週間以上の連続休暇制度あり 勤務時間の特徴• 17時までに退社可• 月平均残業時間20時間以内• 業務時間7時間以内• フレックス勤務OK• 定時退社• 時短勤務OK 賃金の特徴• ストックオプションあり• 固定給25万円以上• 固定給35万円以上• 退職金あり• 通勤交通費全額支給• インセンティブあり• 歩合給あり 勤務地の特徴• 転勤なし• 在宅勤務OK 福利厚生の特徴• 社宅・家賃補助制度あり• 育児支援・託児所あり• 資格取得支援・手当てあり• 社員食堂・食事補助あり• 研修制度充実 働き方の特徴• 育児・介護休業取得実績あり• 服装自由• 副業OK• 自動車通勤OK• ノルマなし• 直行直帰あり 企業の特徴• 設立30年以上• 上場企業・株式公開企業• 上場企業のグループ会社• 2年連続売上10%以上UP!• 外資系企業 募集の特徴• 管理職・マネジメント経験歓迎• 第二新卒歓迎• 社会人経験10年以上歓迎• フリーターから正社員を目指す• ブランクOK• 学歴不問• 職種未経験歓迎• 業界未経験歓迎• 社会人未経験歓迎• 管理職・マネジャー採用 選考の特徴• 面接1回• 急募!内定まで2週間• 採用予定数10名以上• 応募者全員と面接• 社内見学あり 従業員の特徴• 離職率5%以下• 平均年齢20代• 中途入社50%以上• 女性が活躍中• 女性管理職登用あり• 女性従業員4割以上• 子育てママ活躍中 語学の特徴• 英語・中国語など語学を活かす.

次の