バイカルアザラシ 赤ちゃん。 バイカルアザラシに赤ちゃん誕生!

【鳥羽水族館】バイカルアザラシ赤ちゃんのかわいい画像・癒される動画まとめ!

バイカルアザラシ 赤ちゃん

話題のもふもふの正体は、2月22日に生まれた、鳥羽水族館では初めてとなるバイカルアザラシの赤ちゃんです。 バイカルアザラシとは、ロシアのバイカル湖だけに生息する小型のアザラシ。 アザラシやアシカなどが含まれる鰭脚類の中でも唯一、淡水に暮らしています。 日本では10施設29頭で飼育されていますが、赤ちゃんの誕生に成功したのは鳥羽水族館で3例目。 一般公開の時期は未定ですが、SNSで赤ちゃんの姿を身近に見られるのは、貴重な機会といえます。 タオルドライで大事にケアしてあげています」。 生まれたばかりのバイカルアザラシは真っ白のもふもふの毛で覆われていますが、生後1カ月ほど経つとすっきりとした黒い毛に生え替わるそう。 黒い毛が下から押し上げる形で、白い毛が抜けていく仕組みで、「はげる訳ではないのでご安心ください」。 「動画の赤ちゃんも生後1カ月を過ぎ、25日頃から抜け毛が目立つようになりました。 1カ月半くらいで真っ黒になる予定です」 大人のバイカルアザラシ。 体は黒い毛で覆われている 出典: 写真提供:鳥羽水族館 隅っこが大好きだった赤ちゃんも、最近はやんちゃな性格を見せるようになってきたといいます。 担当者は「いろんなものに興味を示し始めて、触ったり嚙んだりという行動が増えてきました」と話します。 「癒やしになればうれしい」 鳥羽水族館のアカウントでは、バイカルアザラシの赤ちゃんの写真や動画が日々投稿されています。 毎回数万単位での「いいね」が集まり、担当者は「多くの方に見ていただいていてうれしいです」。 入館前に職員の方がお客さんの体温測定(非接触式)や手の消毒を実施するなど対応し、21日に営業を再開しています。 しかし例年であれば、大学生の卒業旅行などで賑わう館内ですが、担当者は「お客さんはかなり少なくなっています」。 「こういった状況ですが、どうやってお客さんに喜んでもらえるか、元気な動物たちを身近に感じてもらえるかと思い、SNSで発信してきました。 成長を楽しみにしてくださっているお客さんや、『動画や写真が癒やし』というコメントをいただけることに、当館としてはとてもうれしいです」 期間限定のもふもふの赤ちゃん。 ぜひ鳥羽水族館のツイッターアカウントで見てみてください。 そして、成長して黒くなった姿を、より多くの方に生で見てもらえるようになりますように。

次の

【鳥羽水族館】バイカルアザラシ赤ちゃんのかわいい画像・癒される動画まとめ!

バイカルアザラシ 赤ちゃん

昨日予告したバイカルアザラシ赤ちゃんの初めてのお風呂(水だけど)に入る動画です! 楽しそうにしてます???? 飼育員に見守られつつ、つぶらな瞳が特徴的なバイカルアザラシの赤ちゃんが水の張られたケースの中を動き回る姿が収められていた。 写真提供:鳥羽水族館 フワフワの白い毛に包まれ、愛くるしい表情をみせるアザラシの赤ちゃんの姿に対し、ネットユーザーが反応。 「お目め大きくてホントにホントにぬいぐるみみたい!! 」「お人形さんみたいやぁ」「まって、まって可愛すぎるって。 可愛すぎて悶絶するってヤバいって」などの声が寄せられ、 約5万5000のリツイートと約17万6000の「いいね!」が集まっている。 (3月24日現在) このアザラシは2月22日に生まれたオスで、バイカルアザラシの赤ちゃんが誕生するのは同館では初めてのことだったそう。 現在は母親とは別プールにおり、人工哺育を行っている。 なお、鳥羽水族館は新型コロナウイルスへの対応として、3月2日から20日まで臨時休館を実施。 休館中は、このツイートだけでなく、元気にじゃれるアザラシをはじめ、セイウチやラッコなどといった動物たちと飼育員が遊ぶ姿を多数投稿してユーザーを楽しませていた。 【ぺんぺん】バイカルアザラシの赤ちゃん???? カメラに興味を示すようになりました???? 当日は、再開を待ちわびた人々で賑わい、入場制限の措置も取られ、数十分の待ち時間も生じたという。 このように、臨時休館中から私たちを癒してくれたバイカルアザラシの赤ちゃん。 まだ生後1カ月ほどだが、水族館に行けば会うことができるのだろうか? 鳥羽水族館の担当者に話を聞いた。 写真提供:鳥羽水族館 アザラシの赤ちゃんは一般公開としては現在未定 ーーバイカルアザラシの赤ちゃんを、人工哺育しているのはなぜ? 母親のアザラシが育児をしなかったためです。 ーーその人工哺育で難しい点を教えて。 バイカルアザラシは目で見た情報に頼っているところがあるので、水槽の雰囲気がいつもと違ったり飼育係が着ている服の色が突然変わるだけでもびっくりしてしまうくらい敏感に反応するところでしょうか。 ーーネット上では、「ぬいぐるみみたい」と話題だが、いつ頃までこの見た目? あと数日だと思います。 すでに毛は抜け始めています。 ーーこのアザラシの赤ちゃんは水族館で今見られるの? 一般公開としては、現在未定の状態です ーー赤ちゃんの名前はいつ頃決まるの? 現時点で未定です。 愛称募集に関しても未定となっております。 写真提供:鳥羽水族館 再開後、来園者から「安心感をもって見学ができる」の声 ーー21日に水族館の営業再開を決めた理由は? 休館期間を延長した時点で、3月21日の営業再開を基本方針としていました。 また、3月19日の専門家会議で示された見解も慎重に見極めたうえで、20日朝に方針を決定しました。 ーー一時、入場規制もあったとか。 新型コロナウイルス対策はどうしている? 入場規制はオープン初日の21日のみ行いました。 この制限は混雑前に行ったもので、 主に人々の密集を避けるためのものです。 これにより館内は安心してご見学いただける環境となりました。 新型コロナ対策ですが、 アシカショーを除くショー及びバックヤードツアー、セイウチのふれあいタイム、ペンギンのお散歩を中止するほか、館内設備の定期的な消毒作業、換気機能の強化、館内のドアや窓の開放を実施します。 写真提供:鳥羽水族館 ーー再開後の入場者数はどうなっている? 前年と比べますと明らかに減少しています。 しかし、まだ再開して間もないため、具体的にどれくらい減少しているとは申し上げにくいです。 ーー営業再開後、来園者からどのような声を掛けられた? 館内ではさまざまな感染拡大防止に取り組んでいますが、これらを実際に見たり体験した方から、 「安心感をもって見学ができる」という声をお聞きしています。 写真提供:鳥羽水族館 アザラシの赤ちゃんに「担当者もメロメロです」 ーー休館中、アザラシの赤ちゃんに関するツイートが注目を集めたことをどう感じている? 話題になることはとても嬉しいです。 スタッフからもかわいいという声が続出で担当者もメロメロです。 まだ一般公開をしていませんが、SNSでそのかわいい姿を見ていただけるようにこれからも変わらず発信していきたいと思います。 ーー最後に、来館を検討している人に一言。 入館される際には体温測定をし、37. 5度以上あるお客さまの入館はご遠慮いただいています。 その他、マスクの着用とアルコール消毒の協力をお願いしております。 当館の生きものたちは変わらず元気に過ごしております。 元気な生きものたちを見て少しでも癒されてもらえたら嬉しいです。 また、ショーなどを一部中止している場合がございますので、最新の情報は鳥羽水族館公式HPをご覧ください。 写真提供:鳥羽水族館 営業再開となったとはいえ、今後も新型コロナ対策を十分に講じなくてはならないことから、まだまだ来館者の協力が必要な点はあるようだ。 だが、担当者は「SNSでそのかわいい姿を見ていただけるように、これからも変わらず発信していきたい」とも答えてくれている。 今後の発信を楽しみにしつつ、新型コロナが収束し、早くアザラシと不自由なく会える日が来ることを望みたい。 (写真提供:鳥羽水族館) 【関連記事】.

次の

画像・写真

バイカルアザラシ 赤ちゃん

好きなところにジャンプできます• バイカルアザラシの特徴!目が怖い!? バイカルアザラシは体長100~140cm、体重は50~90kgです。 これはアザラシの仲間では最小です。 バイカルアザラシ一番の特徴は大きな目です。 宇宙人にも見えるほど大きな眼球を持っていて、見ようによっては不気味とも言われます。 この目は狩りで活躍します。 バイカルアザラシが生息しているバイカル湖は、世界でも屈指の透明度を誇ります。 そのため、バイカルアザラシは視覚に頼って獲物を探して捕まえるんです。 目を大きくすることで狩りの成功率を上げているんですね。 ちなみにアザラシは色の違いまでは判別できていないようです。 バイカルアザラシは明るいか暗いか、魚の輪郭などをとらえて追いかけるってことですね。 バイカルアザラシが淡水で暮らす理由 バイカルアザラシはどうしてバイカル湖に生息しているのでしょうか? 彼らも元々は海で生活していました。 今から約60万年前に、バイカル湖に入ったと考えられています。 バイカル湖は大昔に海から独立し、その後徐々に淡水化していきました。 そのため、バイカルアザラシも徐々に淡水に慣れていったんです。 彼らがバイカル湖に入り込んだ理由は定かではありませんが 「好奇心旺盛な性格が関係しているのではないか?」と考えられています。 アザラシは食肉目です。 大昔にクマやイタチの仲間が海に侵出したのが始まりだと言われています。 特にイタチの仲間は好奇心旺盛な種類が多いんです。 例えばラーテルやクズリは自分よりも大きな動物にも果敢にケンカを挑んでしまいます。 気になると近付かずにはいられないようなんです。 バイカルアザラシの生態!潜水しながら休む? バイカルアザラシは潜水の達人です。 数十分潜り続けることもでき、泳ぎながら獲物の魚を捕まえます。 彼らは カジカという底性の魚を好物としています。 バイカルアザラシのおもしろいところは、泳ぎながら休憩することです。 彼らもわたしたちと同じ肺呼吸なため永遠に潜ることはできず、陸に上がって休む必要がありそうですよね。 バイカル湖は冬になるとカッチカチに凍りつくのですが、夏場にはもちろん氷はありません。 湖の回りの陸地では人間やクマに見つかる恐れがあります。 湖の中にも小さな島があります。 しかしこのような岩場は数少ないため、全てのアザラシが休むことはできないんです。 そこで、バイカルアザラシは ・プカプカ浮かびながら休む ・潜水しながら休む という休憩方法を編み出したんです。 浮かぶのは簡単ですよね。 思いっきり息を吸えば、何もしなくても浮いていられます。 潜水も実は休憩に向いているんです。 普段は頭から潜水するアザラシですが、休憩のときはおしりから沈んでいきます。 そして海底まで降りてくるともう一度水面まで上がって息継ぎをし、再び潜っていくんです。 水圧の影響で、ある程度まで潜ればあとは自然と沈んでいけます。 これは人間の潜水でも同じです。 食物連鎖の上位に行けば行くほど長生きできるんだね! でも全ての動物の天敵は人間みたいだよ、、、 バイカルアザラシの赤ちゃんはかわいい! さて、大人になると不気味とか怖いって言われているバイカルアザラシですが、子どもの頃は目がクリックリでとてつもなくかわいいんです。 赤ちゃんの頃は雪の上で暮らすことが多く、それに溶け込むように白い体毛で被われます。 これが黒目を強調してとってもかわいく見せてくれます。 本来は臆病で人間に近づくことはありませんが、好奇心旺盛なアザラシの血は健在なようです。 物珍しそうに近づいてくる写真もあります。 まとめ バイカルアザラシは世界でも唯一の淡水性アザラシです。 生息地のバイカル湖はガラパゴス諸島と並び 「生物進化の博物館」と呼ばれます。 それほど、独自の進化を遂げた珍しい生き物たちがたくさんいるんですね。 もちろんバイカルアザラシの珍しさも世界屈指です。 大きな目は透明な湖で獲物を探すのに最適だったんです。 怖いって言われてますけど、 かわいさしか感じませんよね。 特に赤ちゃんの破壊力はすさまじいです。 日本の水族館の多くが飼育しています。 お近くの施設にこの淡水性アザラシがいれば、ぜひ見に行ってください。

次の