安倍総理。 安倍退陣後は誰が総理がいいか…昭和の価値観は通用しない|NEWSポストセブン

コロナ危機で総理への道が見えた小池百合子、「無能確定」の安倍晋三 ついに、鉄の天井を蹴破るときが…

安倍総理

ある女性がツイッターで投稿した「安倍総理応援歌」の歌詞に北朝鮮の曲を振り付けたところ、中国のネットユーザーが独自に編集するなどして次々に動画を投稿し、反響を呼んでいる。 10万回以上も再生された動画もあり、様々なコメントが付いている。 中国のラー油ラベルに、安倍首相の肖像画が貼られ... 「あなたもわたしも安倍総理 日本も世界も安倍総理... 応援歌の歌詞は、こんな出だしで始まる。 歌詞を作ったのは、70代の元小学校教師という女性だ。 この女性のツイートによると、首相を長く応援しており、2020年3月に仕事帰りの電車の中で5分で作詞したという。 歌詞では、「みんなが待っている安倍総理」「世界に輝く安倍総理」などと安倍総理を連発している。 歌詞について、ツイッター上では、メロディに合わせるなら、北朝鮮の愛国歌「あなたがいなければ祖国もない」が一番だとする声も出た。 ミグタウニュースさんが「みんなで歌ってみた動画を作ってみよう」と呼びかけたところ、中国のサイト「ビリビリ動画」でも、翌31日に早速この動画が紹介され、様々なコメントが付いている。 この動画は、6月21日夕現在で、10万回以上も再生されている。 同様な動画なども、いくつか投稿されている。 6月15日には、中国のラー油のラベルにある人物と安倍首相が似ているとされて、ラベルに安倍首相の肖像画が貼られた映像が流れる一風変わった動画も投稿された。 歌は、日本語で歌われている。 「ニコ動のようなノリが、日本のネット文化と共鳴」 ビリビリ動画に投稿されたいくつかの動画のコメント欄には、中国語で様々な声が寄せられている。 安倍首相について、「征夷大将軍」「宇宙元帥」と持ち上げる向きのほか、「日本民主主義人民共和国」「想像もできなかった道だ」「北朝鮮問題は日本の内政問題です」と揶揄する書き込みもあった。 ミグタウニュースさんのツイートは、1万件以上もリツイートされ、日本でも、動画については、様々な意見が出ている。 批判的な声のほか、「なんか耳に残るw」「ディスってるのかもしれないが面白い」「ニコニコのMAD動画のノリ」などと書き込まれている。 歌詞を作った女性はツイッターで、中国で動画が10万回以上も再生されたことに驚くとともに、歌詞に人気が出たことに感謝していた。 批判的なコメントについても、お礼をしていた。 カラオケ用動画を作ったミグタウニュースさんは6月21日、J-CASTニュースの取材にこう話した。 「中国でバズった要因は、ビリビリ動画というサイトの特性にあると考えます。 ビリビリ動画は、動画にコメントが流れるといった仕組みや、日本のオタク文化に関連する動画が投稿される風土など共通する点が多いため、『中国版ニコニコ動画』と評されます。 そのようなサイトで育まれた一種のノリが、日本のネット文化と共鳴した結果、今回のようなことになったのではないかと」 外部サイト.

次の

安倍退陣後は誰が総理がいいか…昭和の価値観は通用しない|NEWSポストセブン

安倍総理

日本経済新聞が、官邸や公邸での閣僚らとの面会や視察があった場合などを執務日として計算したところ、安倍総理は昨日で120日間の連続勤務となっていることが判明した。 この間、一日も休みを取っていなかったのだ。 安倍総理は昨日で120日間の連続勤務で、この間、一日も休みを取っていないことがわかりました。 どんなに足蹴にされても、どんなに文句を言われても、必死にこれほど国民の為に働く総理が過去にいたでしょうか。 今こそ、この総理に、もう一度、託しましょう。 そして、経済再建を託しましょう。 — 政治知新 seijichishin 安倍総理、120日連続勤務!1月26日から1日の休みも取っていなかった!過労死ラインを超えて国事に奔走する安倍総理!!これは素直に認めるべきだ!!! 5月25日の日経新聞は、以下のように報じた。 安倍晋三首相の連続執務日数が24日、120日となった。 第2次安倍政権が発足した2012年以降で最長だ。 新型コロナウイルスの感染拡大の長期化を受け、週末や連休も関係閣僚らとの協議が続く。 日本経済新聞の「首相官邸」で、官邸や公邸での閣僚らとの面会や視察があった場合などを執務日として計算した。 引用元 安倍総理は、120日間も一日も休まず、ただひたすら国事に奔走してきたのだ。 これほどの総理がいただろうか。 バカだの、能力がない等々文句を言うのは良い。 しかし、この事実は特筆すべきだ。 よく働いていると同じ日本人として率直に評価するべきだし、感謝するべきではないか? そして、安倍総理は、以前も紹介したように、今年1月6日から2月5日まで、ずっと過労死ラインである月80時間を超える87時間労働だった。 247時間なので160時間労働としたら87時間残業。 うち120時間が本会議や予算委員会などMTG系、41時間が会食、57時間が移動。 日々お疲れ様です。 — にしこ pandeiro245 これが今や土日も勤務しているのだから、少なくとも月150時間以上の残業であることは間違いない。 しかも、安倍総理は基礎疾患を抱えており、いつ死んでもおかしくない状況なのだ。 こんなに生真面目に、どんなに普段遊んでばかりの芸能人に誹謗中傷されても、働き、世界でも最高レベルの被害者数にコロナを抑え込んだ政治家がいただろうか。 安倍総理に深く感謝したい。 もちろん、広報の問題や進まない減税など文句を言いたい点はある。 それは読者の皆さんもそれぞれ不満も要望もあるのは同じであろう。 しかし、3ヶ月以上休日返上で対応し、尾身茂氏をはじめとする適切な専門家に責任以外の全てを任せたことで、他国と比較しても人口比からすれば少ない死者数と感染者数に抑え込んだ。 そして、コロナウイルスという国難が来るまで、7年間も好景気を曲がりなりにも維持してきたことは賞賛されるべきである。 これが他の総理で可能であっただろうか? そして、現行憲法下と官僚組織の抵抗を押しのけて、法改正を可能な限り行って、補償も幅広く取り揃えてあるというのに、この支持率の低さは大きい。 そんなに2万3千人を超えたニューヨーク州、3万6千人の死者の英国に住みたいなら引っ越せばいい。 やはり、今、安倍政権以外に我国の舵取りを預けれる政権はない。 しっかり批判も我々でし、褒めるべきところは褒め、しっかりとこの国の舵取りをしてもらいたいと切に願っている次第だ。

次の

安倍総理が記者会見「国難をすべての地域の皆さんと乗り越えたい」。緊急事態宣言を全国に拡大

安倍総理

安倍総理大臣は17日、記者会見を開き、対象地域を全国に拡大した「緊急事態宣言」や、国民1人あたり10万円の給付などについて国民に説明した。 政府は16日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域をこれまでの7都府県から、全国に拡大。 期間は大型連休が開ける5月6日までとした。 全国への拡大に踏み切った理由について、安倍総理は、感染者が多い都市部から地方への人の流入を挙げ、「地方には重症化リスクの高い高齢者の方が沢山いる。 感染リスクが高まれば、地域医療に大きな負担となり、ひいては国民生活・経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある。 こうした事態を避けるため、大型連休に先立ち、各地域が緊急事態措置を講じることができるよう、対象を全国に拡大することとした」と説明した。 感染が少ない地域から否定的な意見がある点については、「大型連休を迎えるにあたって、長期間の旅行や帰省で多くの人の移動が予想されるなか、人の移動を最小化するという観点から、全国を対象とした次第。 国難とも言える状況を、すべての地域の皆さんと乗り越えていきたい」と理解を求めた。 また、安倍総理は、すべての国民を対象に、一律で1人あたり10万円の給付を行う方針を発表。 手続きは、簡素化や感染防止の観点から、市町村の窓口ではなく、郵送やオンラインとするとした。 当初の1世帯あたり30万円の給付から方針転換をした点については「混乱を招いてしまったことに関しては、心からお詫びを申し上げたい」とした上で、「1日も早く現金を皆さんのもとに届けられるように、政府を挙げて協力していく」と語った。

次の