た からだ あきら。 福岡市早良区の整体 全国の治療家が絶賛する常若整骨院

さそうあきら

た からだ あきら

診療内容 みずからを統合医療に従事する医者として、おそらく日本で一番冷えのつらさに悩む患者を多く診てきた医療従事者だと語る川嶋医師。 それなのに、冷えそのものはそれほど問題ではないという。 「冷えは周囲にはわかりづらいものなので、自身にとっては本当につらいものですが、実は日常生活を改善することで克服することができます。 冷え症の人なら気持ちいいと思うはずです。 温かい飲み物を飲んであったかい、と思うのも、お風呂につかって気持ちいいと思うのも、すべて冷えた体が喜んでいる証拠です。 つまり体が喜ぶようなことをしてあげればいいのです」 川嶋医師 逆に、夏に肌を露出してエアコンの冷たい風にあたったり、冷たい飲み物ばかりを飲んでいたら、体が冷えるのは当たり前であり、体は悲鳴をあげる。 「そうならないよう、夏でも太ももや二の腕などはなるべくカバーして冷やさないように心がけることが大切で、体を冷やさない服装や温かい飲み物を飲むような習慣を身につけておけば、おのずと冷えの症状も改善されていきます。 早寝早起き、寝る直前にぬるいお風呂にゆっくりつかるなど、以上に挙げたことはすべて生活習慣を改めるだけのことです。 ですから、冷え自体はそれほど問題ではないと言ったのです。 もちろん最終的には適度な運動 自分にとって少々きついと感じられる運動 を日々実践することで、冷えない身体を作っていただきたいと思っています」 川嶋医師 冷えには重大な病気が潜んでいることもあり、それが体の発するサインだというケースも多い。 「冷え自体には問題がなくても、冷えが重大な病気 がん、うつ、不妊など を誘発することもあります。 冷えが病気を呼び、病気が冷えを呼ぶ。 そんな負のスパイラルにおいちる場合があります。 ですから、冷えを克服するということは、病から自分を遠ざけ健康な生活を送ることにもつながるのです」 川嶋医師 そもそも冷えとは何なのか? 川嶋医師によれば、低体温そのものも冷えだが、その人が寒いと感じることも冷え、だという。 「手足や背中、腰などが寒いと感じたら、それは冷えであり、気温や体温などは関係ありません。 つまり、冷えというのは個人的な感覚でもあるのです。 自分が寒いと感じたのなら、それは冷えているということです。 寒いと感じているということは、体が望んでいない状態にあるわけですから、さきほど言ったような冷え対策を実践することが大切です」 川嶋医師 しかし、西洋医学では冷えという概念がないため、西洋医学のみの保険医療では冷えに対する直接的な治療はできないのが現状だという。 これに対して、漢方医学では冷えという概念もそれに対する処方もあり、古くから研究がなされてきた。 「私にはどちらがいいとか、悪いとか、そういう考えはありません。 西洋医学も東洋医学も、代替医療もすべて活用します。 それがいいものであれば、こだわりなく取り入れ、治療に利用しています。 それが私のスタンスです」 川嶋医師 同院では自然治癒力を高めることを目的に、自然医療を実践。 体質的に虚弱である人や冷え・こり・めまい・頭痛などいわゆる自律神経失調症 病気 とは言えない状態 に悩む人、さらには西洋医学的には難治性である疾患 末期がん、慢性疲労症候群、心身症、老化現象その他 を抱える患者も積極的に受け入れている。

次の

永井明

た からだ あきら

定期通院中の患者様の安全面を配慮するという観点より、 感染症状のある方の診療は診療時間外に行わせて頂きます。 ご理解、ご協力のほどをお願い申し上げます。 マスクがない場合はご来院の際に受付でお申し付けください。 ご面倒をおかけしますが、よろしくお願い致します。 何卒よろしくお願いいたします。 臨時休診のお知らせ 6月30日(火)は臨時休診とさせていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。 何卒よろしくお願いいたします。 クリニックで楽しく一緒に働いてくださる方からのご連絡をお待ちしております。 詳細は03-3708-6777までお問い合わせください。

次の

福岡市早良区の整体 全国の治療家が絶賛する常若整骨院

た からだ あきら

診療内容 みずからを統合医療に従事する医者として、おそらく日本で一番冷えのつらさに悩む患者を多く診てきた医療従事者だと語る川嶋医師。 それなのに、冷えそのものはそれほど問題ではないという。 「冷えは周囲にはわかりづらいものなので、自身にとっては本当につらいものですが、実は日常生活を改善することで克服することができます。 冷え症の人なら気持ちいいと思うはずです。 温かい飲み物を飲んであったかい、と思うのも、お風呂につかって気持ちいいと思うのも、すべて冷えた体が喜んでいる証拠です。 つまり体が喜ぶようなことをしてあげればいいのです」 川嶋医師 逆に、夏に肌を露出してエアコンの冷たい風にあたったり、冷たい飲み物ばかりを飲んでいたら、体が冷えるのは当たり前であり、体は悲鳴をあげる。 「そうならないよう、夏でも太ももや二の腕などはなるべくカバーして冷やさないように心がけることが大切で、体を冷やさない服装や温かい飲み物を飲むような習慣を身につけておけば、おのずと冷えの症状も改善されていきます。 早寝早起き、寝る直前にぬるいお風呂にゆっくりつかるなど、以上に挙げたことはすべて生活習慣を改めるだけのことです。 ですから、冷え自体はそれほど問題ではないと言ったのです。 もちろん最終的には適度な運動 自分にとって少々きついと感じられる運動 を日々実践することで、冷えない身体を作っていただきたいと思っています」 川嶋医師 冷えには重大な病気が潜んでいることもあり、それが体の発するサインだというケースも多い。 「冷え自体には問題がなくても、冷えが重大な病気 がん、うつ、不妊など を誘発することもあります。 冷えが病気を呼び、病気が冷えを呼ぶ。 そんな負のスパイラルにおいちる場合があります。 ですから、冷えを克服するということは、病から自分を遠ざけ健康な生活を送ることにもつながるのです」 川嶋医師 そもそも冷えとは何なのか? 川嶋医師によれば、低体温そのものも冷えだが、その人が寒いと感じることも冷え、だという。 「手足や背中、腰などが寒いと感じたら、それは冷えであり、気温や体温などは関係ありません。 つまり、冷えというのは個人的な感覚でもあるのです。 自分が寒いと感じたのなら、それは冷えているということです。 寒いと感じているということは、体が望んでいない状態にあるわけですから、さきほど言ったような冷え対策を実践することが大切です」 川嶋医師 しかし、西洋医学では冷えという概念がないため、西洋医学のみの保険医療では冷えに対する直接的な治療はできないのが現状だという。 これに対して、漢方医学では冷えという概念もそれに対する処方もあり、古くから研究がなされてきた。 「私にはどちらがいいとか、悪いとか、そういう考えはありません。 西洋医学も東洋医学も、代替医療もすべて活用します。 それがいいものであれば、こだわりなく取り入れ、治療に利用しています。 それが私のスタンスです」 川嶋医師 同院では自然治癒力を高めることを目的に、自然医療を実践。 体質的に虚弱である人や冷え・こり・めまい・頭痛などいわゆる自律神経失調症 病気 とは言えない状態 に悩む人、さらには西洋医学的には難治性である疾患 末期がん、慢性疲労症候群、心身症、老化現象その他 を抱える患者も積極的に受け入れている。

次の