ああいえば。 ああ言えばこう言う人の対処法とは?特徴や心理を知っていれば楽勝です!

ああ言えばこう言う! 「いちいち屁理屈で返してくる女牲の特徴」4選|「マイナビウーマン」

ああいえば

「ああ言えばこう言う」の意味とは? 「ああ言えばこう言う」というのは、 相手の言うことを素直に受け入れず、いちいち理屈をこねて反論するさまのことを言います。 相手の発言に対して何かにつけて文句を言ったり、言葉で言い争いをしたりすることです。 ああ言えばこう言う人の中には賢い人もいて、負け犬の遠吠えのように相手のことを「ああ言えばこう言う人だなぁ(怒)」と思っている人のほうが幼稚な人のこともあります。 しかし、ああ言えばこう言う人と話していると不快な気分にさせられたり、場の空気を読めない人だったりするので、人間関係を築く上ではハードルとなってしまうことが多く、友達が少なかったり集団行動が苦手な人が多いのも事実です。 「ああ言えばこう言う人」の特徴 ああ言えばこう言う人は、話し方だけでなくその性格にも特徴があります。 その性格の特徴は、他人から好かれるようなものではなくて、どちらかと言えば嫌われてしまうような特徴が多いです。 対抗心が強い• プライドが高い• 自己中心的で場の空気を読まない• よく「でも」「だから」と言う• 人の話を聞かない 以上5つのああ言えばこう言う人の特徴について、詳しくみていきましょう。 しかし「正しい」というのはあくまでも本人の主観でしかなく、世間一般的に見たら必ずしも正しいとは言えないことが多いです。 でもああ言えばこう言う人にとってはそんなことは関係なく、相手が言うことに対して正反対のことを言って負けさせたい、優位に立ちたいと思っているのです。 そして他人を見下しているので、相手の意見を素直に聞き入れることができません。 特に忠告されたり意見をされることが嫌いで、それが自分のこととなると絶対に認めようとはしません。 プライドが高いので向上心は高いのですが、他人のアドバイスを受け入れようとはしないので、独りよがりで方向性を間違ってしまうこともあるのですが、そのことに本人は気付いていない厄介なところもあります。 また、話し合いなどで他の人が意見を述べている時にも、その話に割って入ろうとします。 たとえば、グループでどこに行くかを相談している時に、大多数の人の意見が一致して決まりかけているにも関わらず「でもそこって遠くない?」と否定してしまう場の空気を読めないところがあります。 「でも」は逆接の接続詞で、文章ではなく会話ではよく使われますが、この言葉を言う人が何かに反対する気持ちが直接的に表れている表現です。 この言葉を多用すると、弁解や言い訳を言っているように聞こえてしまい、「ああ言えばこう言う」と思われてしまうのです。 つまり、そもそも相手が何を考えているか、どう感じているかを気にしていないのです。 だから相手が話していてもその内容の粗探しをしてきて、その突っ込みポイントが見つかると話している途中でも割って入って、その否定したい点を指摘してきます。 人の話をちゃんと最後まで聞かずに、どうやって反論するかばかりを考えながら会話しているのです。 「ああ言えばこう言う人」の心理 ああ言えばこう言う人は、人間関係でもあまりいい印象をもたれないのは多くの人が納得できるでしょう。 しかし、なぜ「ああ言えばこう言う」と感じられてしまうようなことを言ってしまうのか、その心理には以下のようなものがあります。 負けたくない• 認められたい• 自分に自信がない、劣等感がある• ネガティブな心理状態で余計に攻撃的になる 以上4つのああ言えばこう言う人の心理について、詳しくみていきましょう。 そこには 話す相手に対して「負けたくない」と思っている心理があるからです。 自分が慕っている人、または自分が絶対に勝てないと思っている人と話す時は、「ああ言えばこう言う」と思われるような発言はしません。 負けず嫌いで相手も反論すると余計にヒートアップして言い合いになってしまいますが、それは会話の中だけで、スポーツやゲームなどの実際の勝負ごとでも負けず嫌いなのかといえば必ずしもそうではありません。 しかし正論を言って「確かにそうだ」と認めてもらうのではなく、なんでもいいから自分の意見のほうを肯定してもらいたい、そして自分の存在を認めてもらいたいと思っています。 相手の意見を聞き入れることは、他人の言いなりになってしまって自分の意見や存在を否定されたと思ってしまうのです。 何かに対して自分のほうが負けているという被害妄想的な考え方をしてしまう傾向があり、相手の意見を否定して言い負かすことで自分のほうが優位に立っていると思いたいという心理があるのです。 このタイプの人に対しては、優劣を比べているわけではないのに相手が勝手にそう思ってしまうので、相手をおだてたり褒めたりすることが有効な対処方法です。 なので、相手が特に意識して発したわけではない発言にもかかわらず、そのネガティブな心理状態から、「でも」という逆接から始まる、食ってかかるような言い方をしてしまい、結果として「ああ言えばこう言う」状態になってしまうのです。 「ああ言えばこう言う人」がよく言うセリフ それでは、ああ言えばこう言う人がよく言うセリフにはどんなものがあるのかみていきましょう。 もし自分の口癖になっていたり、よく使っているかもしれないと感じるなら、自分自身がああ言えばこう言う人になっている可能性があるので要注意です。 とにかく相手が言ったことを真っ向から否定したくなるので、「でも」「違う」という言葉を多用します。 会話の中では「でも」ですが、これを文章にすると「でも」より硬い感じの「しかし」という言葉に置き換えられます。 真面目な文章中では必要な言葉ですが、会話の中で多用すると感じ悪くなってしまいます。 なので大人になってからも、つい口にしてしまうセリフなのです。 しかも 相手が言ったことをすべて否定し、なかったことにしようという意図が感じられるので、言われた方としてはいい気がしないし、より不快に思ってしまいます。 結構簡単に口から出てしまうセリフなので、一度相手のことを肯定するクッションを置くような言葉をはさんでから言うような会話を心がければ、このセリフは出てこなくなるでしょう。 これまでのセリフよりもまだ相手を理解しようという姿勢は感じられますが、言われた方としてはちょっとムッとしてしまいますよね。 ちょっとネチネチしたタイプの人のように感じられるかもしれません。 言い合いが続いてちょっと不利になった時や手の内がなくなった時に、形勢逆転するためにはさんでくるセリフです。 視線を違うところに持って行くことで、新たな反論のネタを出してきています。 「それはちょっと論点とずれてるでしょ」と思ってもそんなことはお構いなしなのです。 「ああ言えばこう言う人」への対処法 職場でも学校でもご近所でも仲よくしている友達グループの中にも、どこかにはああ言えばこう言う人がいると思います。 しかしその人とまったく関わらないというわけにはいかない場合もあるでしょう。 それでは、そのような人にはどう対処すればいいのでしょうか。 褒めてあげる• あまり関わらない• 聞き流して会話を続けない• 感情的にならない• 納得する正論で言い返して相手に何も言えなくさせる 以上5つのああ言えばこう言う人への対処法について、詳しくみていきましょう。 「そうなんだ、すごいね!」「なるほど、そういう考え方もあるんだね」と、本心ではそう思っていないとしても肯定してあげましょう。 特に男性に対しては効果的です。 もし彼氏が「ああ言えばこう言う」タイプの性格なら、上手く褒め殺して逆に手のひらで転がしてしまえばいいのです。 毎日会ってしょっちゅう会話するような仲だと、いちいち相手の発言が気になってしまうので、会っても挨拶する程度、話すのは必要なときだけにすれば、それだけその人と会話するストレスが減ります。 ああ言えばこう言う人は友人が多いとか人気者ではないので、そこまで親しくする必要はないと割り切ってしまいましょう。 相手は自分が望んでいる答え以外は受け入れないので、真面目に話すだけ無駄です。 「へぇ~そうなんだぁ」くらいに適当に相槌をうっておけば相手も否定する気を失くしますし、そもそも否定するポイントがありません。 会話もあまり続かなくなるので、そうしたらそそくさと切り上げてしまえば、不快な気持ちにならずにすみます。 自分が言ったことに対して「でもそれはさぁ・・・」と否定してきたら、カチンときてつい怒りたくなってしまいますが、そこで強い口調で反論してしまうと、相手は決して譲ろうとはしないのでますますヒートアップしてしまいます。 聞き流すことができればいいのですが、もしどうしても「違う」と否定したくなったら、まずは「確かにそうだよね、でも私はこう思うの」と一度肯定してから冷静に意見を言いましょう。 このほうが、相手が納得するか、落ち着いて話し合うことができます。 かなりレベルの高いテクニックになりますが、これができれば今後いっさいあなたに対しては何も言ってこなくなります。 しかし「ごくまともな正論」を言うのは頭の回転の速さや知識量などが必要です。 中途半端に言い返すと余計にああ言えばこう言うようになって逆効果になってしまいます。 「ああ言えばこう言う性格」を改善する方法 もしかしたらあなた自身が「ああ言えばこう言う人」ということはありませんか? 誰かと会話しているとその人のことを一度否定してしまいたくなる、「でも」「だけど」という言葉をよく使っているなど身に覚えがある人は、人間関係に悪影響を与えてしまっているかもしれません。 それでは、どのようなことに気を付けて、どうしたら改善することができるのでしょうか。 相手の話すことを最後まで聞く• 一度相手の意見を受け入れる• 冷静になる、一呼吸置く• 素直になる• 意識して同調する「確かに」「そうだよね」 以上5つのああ言えばこう言う性格を改善する方法について、詳しくみていきましょう。 その割り込み方も「でも」などの逆接から入ってしまうので、相手を否定するような発言としてとらえられてしまいます。 そこで、まずは 相手が話すことを最後まで聞くようにしましょう。 何か反論したいことがあっても、違うと思っても、グッと我慢します。 相手の話の展開が思ったことと違うこともあるかもしれませんし、そうすることで、自分の中で相手の話を受け入れることができやすくなります。 たとえば「時間通りに起きなかったから遅刻したんじゃない?」と言われたとき、「でも目覚ましは止めて一回起きたんだよ」ではなく、「確かに目覚ましが鳴った時間に起きられなかった」と受け入れるようにします。 そうすることで、反射的に言い訳がましいことや屁理屈を言うのを避けることができます。 そこで、もし会話中にカッときても、 一呼吸置いて冷静さを取り戻すように心がけましょう。 感情が沸騰型なので、自分の感情を上手にコントロールして意識してトーンダウンするようにするのです。 これは長い人生でさまざまな人と関わり、人間社会で心地よく生きていくために必要な能力なので、気づいた時点で意識して身に付けるようにしましょう。 つまり、素直ではないのです。 それならば 「素直な人」になることができれば、ああ言えばこう言うことはなくなります。 あなたの周りにいる、付き合っても感じが良く、誰からも好かれている人は素直な人ではないでしょうか? この性格を直したいなら、素直な人間になれるよう心がけましょう。 そうすると、何か言いたくなってもとりあえず相手の意見を一度飲みこめるようになり、割って入ることもなくなります。

次の

ああ言えばこう言う人の特徴と心理!セリフの具体例&5つの対処法

ああいえば

「ああ言えばこう言う」の意味とは? 「ああ言えばこう言う」というのは、 相手の言うことを素直に受け入れず、いちいち理屈をこねて反論するさまのことを言います。 相手の発言に対して何かにつけて文句を言ったり、言葉で言い争いをしたりすることです。 ああ言えばこう言う人の中には賢い人もいて、負け犬の遠吠えのように相手のことを「ああ言えばこう言う人だなぁ(怒)」と思っている人のほうが幼稚な人のこともあります。 しかし、ああ言えばこう言う人と話していると不快な気分にさせられたり、場の空気を読めない人だったりするので、人間関係を築く上ではハードルとなってしまうことが多く、友達が少なかったり集団行動が苦手な人が多いのも事実です。 「ああ言えばこう言う人」の特徴 ああ言えばこう言う人は、話し方だけでなくその性格にも特徴があります。 その性格の特徴は、他人から好かれるようなものではなくて、どちらかと言えば嫌われてしまうような特徴が多いです。 対抗心が強い• プライドが高い• 自己中心的で場の空気を読まない• よく「でも」「だから」と言う• 人の話を聞かない 以上5つのああ言えばこう言う人の特徴について、詳しくみていきましょう。 しかし「正しい」というのはあくまでも本人の主観でしかなく、世間一般的に見たら必ずしも正しいとは言えないことが多いです。 でもああ言えばこう言う人にとってはそんなことは関係なく、相手が言うことに対して正反対のことを言って負けさせたい、優位に立ちたいと思っているのです。 そして他人を見下しているので、相手の意見を素直に聞き入れることができません。 特に忠告されたり意見をされることが嫌いで、それが自分のこととなると絶対に認めようとはしません。 プライドが高いので向上心は高いのですが、他人のアドバイスを受け入れようとはしないので、独りよがりで方向性を間違ってしまうこともあるのですが、そのことに本人は気付いていない厄介なところもあります。 また、話し合いなどで他の人が意見を述べている時にも、その話に割って入ろうとします。 たとえば、グループでどこに行くかを相談している時に、大多数の人の意見が一致して決まりかけているにも関わらず「でもそこって遠くない?」と否定してしまう場の空気を読めないところがあります。 「でも」は逆接の接続詞で、文章ではなく会話ではよく使われますが、この言葉を言う人が何かに反対する気持ちが直接的に表れている表現です。 この言葉を多用すると、弁解や言い訳を言っているように聞こえてしまい、「ああ言えばこう言う」と思われてしまうのです。 つまり、そもそも相手が何を考えているか、どう感じているかを気にしていないのです。 だから相手が話していてもその内容の粗探しをしてきて、その突っ込みポイントが見つかると話している途中でも割って入って、その否定したい点を指摘してきます。 人の話をちゃんと最後まで聞かずに、どうやって反論するかばかりを考えながら会話しているのです。 「ああ言えばこう言う人」の心理 ああ言えばこう言う人は、人間関係でもあまりいい印象をもたれないのは多くの人が納得できるでしょう。 しかし、なぜ「ああ言えばこう言う」と感じられてしまうようなことを言ってしまうのか、その心理には以下のようなものがあります。 負けたくない• 認められたい• 自分に自信がない、劣等感がある• ネガティブな心理状態で余計に攻撃的になる 以上4つのああ言えばこう言う人の心理について、詳しくみていきましょう。 そこには 話す相手に対して「負けたくない」と思っている心理があるからです。 自分が慕っている人、または自分が絶対に勝てないと思っている人と話す時は、「ああ言えばこう言う」と思われるような発言はしません。 負けず嫌いで相手も反論すると余計にヒートアップして言い合いになってしまいますが、それは会話の中だけで、スポーツやゲームなどの実際の勝負ごとでも負けず嫌いなのかといえば必ずしもそうではありません。 しかし正論を言って「確かにそうだ」と認めてもらうのではなく、なんでもいいから自分の意見のほうを肯定してもらいたい、そして自分の存在を認めてもらいたいと思っています。 相手の意見を聞き入れることは、他人の言いなりになってしまって自分の意見や存在を否定されたと思ってしまうのです。 何かに対して自分のほうが負けているという被害妄想的な考え方をしてしまう傾向があり、相手の意見を否定して言い負かすことで自分のほうが優位に立っていると思いたいという心理があるのです。 このタイプの人に対しては、優劣を比べているわけではないのに相手が勝手にそう思ってしまうので、相手をおだてたり褒めたりすることが有効な対処方法です。 なので、相手が特に意識して発したわけではない発言にもかかわらず、そのネガティブな心理状態から、「でも」という逆接から始まる、食ってかかるような言い方をしてしまい、結果として「ああ言えばこう言う」状態になってしまうのです。 「ああ言えばこう言う人」がよく言うセリフ それでは、ああ言えばこう言う人がよく言うセリフにはどんなものがあるのかみていきましょう。 もし自分の口癖になっていたり、よく使っているかもしれないと感じるなら、自分自身がああ言えばこう言う人になっている可能性があるので要注意です。 とにかく相手が言ったことを真っ向から否定したくなるので、「でも」「違う」という言葉を多用します。 会話の中では「でも」ですが、これを文章にすると「でも」より硬い感じの「しかし」という言葉に置き換えられます。 真面目な文章中では必要な言葉ですが、会話の中で多用すると感じ悪くなってしまいます。 なので大人になってからも、つい口にしてしまうセリフなのです。 しかも 相手が言ったことをすべて否定し、なかったことにしようという意図が感じられるので、言われた方としてはいい気がしないし、より不快に思ってしまいます。 結構簡単に口から出てしまうセリフなので、一度相手のことを肯定するクッションを置くような言葉をはさんでから言うような会話を心がければ、このセリフは出てこなくなるでしょう。 これまでのセリフよりもまだ相手を理解しようという姿勢は感じられますが、言われた方としてはちょっとムッとしてしまいますよね。 ちょっとネチネチしたタイプの人のように感じられるかもしれません。 言い合いが続いてちょっと不利になった時や手の内がなくなった時に、形勢逆転するためにはさんでくるセリフです。 視線を違うところに持って行くことで、新たな反論のネタを出してきています。 「それはちょっと論点とずれてるでしょ」と思ってもそんなことはお構いなしなのです。 「ああ言えばこう言う人」への対処法 職場でも学校でもご近所でも仲よくしている友達グループの中にも、どこかにはああ言えばこう言う人がいると思います。 しかしその人とまったく関わらないというわけにはいかない場合もあるでしょう。 それでは、そのような人にはどう対処すればいいのでしょうか。 褒めてあげる• あまり関わらない• 聞き流して会話を続けない• 感情的にならない• 納得する正論で言い返して相手に何も言えなくさせる 以上5つのああ言えばこう言う人への対処法について、詳しくみていきましょう。 「そうなんだ、すごいね!」「なるほど、そういう考え方もあるんだね」と、本心ではそう思っていないとしても肯定してあげましょう。 特に男性に対しては効果的です。 もし彼氏が「ああ言えばこう言う」タイプの性格なら、上手く褒め殺して逆に手のひらで転がしてしまえばいいのです。 毎日会ってしょっちゅう会話するような仲だと、いちいち相手の発言が気になってしまうので、会っても挨拶する程度、話すのは必要なときだけにすれば、それだけその人と会話するストレスが減ります。 ああ言えばこう言う人は友人が多いとか人気者ではないので、そこまで親しくする必要はないと割り切ってしまいましょう。 相手は自分が望んでいる答え以外は受け入れないので、真面目に話すだけ無駄です。 「へぇ~そうなんだぁ」くらいに適当に相槌をうっておけば相手も否定する気を失くしますし、そもそも否定するポイントがありません。 会話もあまり続かなくなるので、そうしたらそそくさと切り上げてしまえば、不快な気持ちにならずにすみます。 自分が言ったことに対して「でもそれはさぁ・・・」と否定してきたら、カチンときてつい怒りたくなってしまいますが、そこで強い口調で反論してしまうと、相手は決して譲ろうとはしないのでますますヒートアップしてしまいます。 聞き流すことができればいいのですが、もしどうしても「違う」と否定したくなったら、まずは「確かにそうだよね、でも私はこう思うの」と一度肯定してから冷静に意見を言いましょう。 このほうが、相手が納得するか、落ち着いて話し合うことができます。 かなりレベルの高いテクニックになりますが、これができれば今後いっさいあなたに対しては何も言ってこなくなります。 しかし「ごくまともな正論」を言うのは頭の回転の速さや知識量などが必要です。 中途半端に言い返すと余計にああ言えばこう言うようになって逆効果になってしまいます。 「ああ言えばこう言う性格」を改善する方法 もしかしたらあなた自身が「ああ言えばこう言う人」ということはありませんか? 誰かと会話しているとその人のことを一度否定してしまいたくなる、「でも」「だけど」という言葉をよく使っているなど身に覚えがある人は、人間関係に悪影響を与えてしまっているかもしれません。 それでは、どのようなことに気を付けて、どうしたら改善することができるのでしょうか。 相手の話すことを最後まで聞く• 一度相手の意見を受け入れる• 冷静になる、一呼吸置く• 素直になる• 意識して同調する「確かに」「そうだよね」 以上5つのああ言えばこう言う性格を改善する方法について、詳しくみていきましょう。 その割り込み方も「でも」などの逆接から入ってしまうので、相手を否定するような発言としてとらえられてしまいます。 そこで、まずは 相手が話すことを最後まで聞くようにしましょう。 何か反論したいことがあっても、違うと思っても、グッと我慢します。 相手の話の展開が思ったことと違うこともあるかもしれませんし、そうすることで、自分の中で相手の話を受け入れることができやすくなります。 たとえば「時間通りに起きなかったから遅刻したんじゃない?」と言われたとき、「でも目覚ましは止めて一回起きたんだよ」ではなく、「確かに目覚ましが鳴った時間に起きられなかった」と受け入れるようにします。 そうすることで、反射的に言い訳がましいことや屁理屈を言うのを避けることができます。 そこで、もし会話中にカッときても、 一呼吸置いて冷静さを取り戻すように心がけましょう。 感情が沸騰型なので、自分の感情を上手にコントロールして意識してトーンダウンするようにするのです。 これは長い人生でさまざまな人と関わり、人間社会で心地よく生きていくために必要な能力なので、気づいた時点で意識して身に付けるようにしましょう。 つまり、素直ではないのです。 それならば 「素直な人」になることができれば、ああ言えばこう言うことはなくなります。 あなたの周りにいる、付き合っても感じが良く、誰からも好かれている人は素直な人ではないでしょうか? この性格を直したいなら、素直な人間になれるよう心がけましょう。 そうすると、何か言いたくなってもとりあえず相手の意見を一度飲みこめるようになり、割って入ることもなくなります。

次の

最強ジャンプ放送局|ワロタあんてな

ああいえば

11456• 39573• 07月18日 16:20• 07月18日 12:02• 07月18日 08:02• 07月18日 00:19• 07月17日 22:46• 07月17日 21:12• 07月17日 18:02• 07月17日 16:02• 07月17日 12:02• 07月17日 08:02• 07月17日 00:09• 07月16日 22:32• 07月16日 20:38• 07月16日 18:02• 07月16日 16:02• 07月16日 12:02• 07月16日 08:02• 07月16日 00:02• 07月15日 22:36• 07月15日 21:06• 07月15日 16:16• 07月15日 12:02• 07月15日 08:02• 07月15日 00:09• 07月14日 22:39• 07月14日 21:02• 07月14日 18:02• 07月14日 16:03• 07月14日 12:02• 07月14日 08:02• 07月14日 00:05• 07月13日 22:42• 07月13日 21:07• 07月13日 18:02• 07月13日 16:02• 07月13日 12:02• 07月13日 08:02• 07月13日 00:02• 07月12日 22:32• 07月12日 21:02• 07月12日 16:07• 07月12日 12:02• 07月12日 08:02• 07月12日 00:19• 07月11日 22:39• 07月11日 21:08• 07月11日 16:18• 07月11日 12:02• 07月11日 08:02• 07月11日 00:13•

次の