マヨルカ 試合。 ATPツアー・250シリーズ

FCバルセロナ サッカー観戦チケット<ホームゲーム/バルセロナ>

マヨルカ 試合

ある種『妥当』な状況にあるマヨルカ 最初に、今のマヨルカの状態を簡潔明瞭に表現する四字熟語があるので紹介します。 それは 『降格危機』です。 ラ・リーガ1部はシーズン終了時に 下位3チームが2部に降格します。 18,19,20位がアウト、17位以上がセーフです。 26節終了時点でマ ヨルカは勝ち点22の18位ですから、このままだと2部降格となります。 ここ5年の平均だと勝ち点34あたりがセーフラインの目安ですので、最低でも残り13試合を3勝3分7敗くらいで乗り切らないといけません。 (現17位のセルタが勝ち点25ですので、もう少し上積みしないと安心はできない感アリ) ただ、 予算額からすると、この結果はある種順当かもしれません。 34億ユーロ(約41億円)で20クラブ中最下位です。 この金額は、 バルセロナの6. 56億ユーロ(約785億円)、 レアル・マドリードの6. 41億ユーロ(767億円)の19分の1に過ぎません。 良い選手、良いスタッフを引き留めるだけの予算が無いのですから、苦戦は必至と言えます。 ちなみに、マヨルカの人件費予算41億円というと、選手で言うとメッシ0. 5人分、監督で言えばモウリーニョ1人分くらいだと推定されます。 協会に会計帳簿をチェックされた上で、「あなたのクラブは裕福(貧乏)だから、人件費に〇〇円使っていいよ」と設定された金額を指します。 サラリーキャップ 金額 サラリーキャップ 順位 実際の順位 勝ち点 ヘタフェ 0. 64億ユーロ 約77億円 12位 4位 45 グラナダ 0. 38億ユーロ 約45億円 18位 9位 37 マヨルカ 0. 34億ユーロ 約41億円 20位 18位 22 上記表の通り、サラリーキャップ額において ヘタフェはマヨルカの1. 9倍程度ですが、成績はなんと 4位で、このまま行けばUCL出場権ゲットです。 グラナダはマヨルカと同じく昇格組で、 予算的なサイズもほぼ同じですが9位です。 この2チームは予算額の割に、滅茶苦茶頑張っていると言えるでしょう。 次に、スタイルを比較するために、パス関連スタッツを比較してみましょう。 ちなみに、以下の表においての本数は1試合あたりの平均値で、ロングパスとショートパスの境目は距離25ヤード(約23メートル)です。 チームスタッツ抜粋(パス関連) パス成功率 ロングパス 総数 ロングパス 成功率 ショートパス 総数 ショートパス 成功率 ヘタフェ 61. 1 37. 8 70. 5% グラナダ 72. 2 41. 0 79. 3 43. 1 82. マヨルカのショートパス成功率などは、82. 逆に ロングパス総数52. 3というのは、20クラブ中最少タイ(もう1チームはレアル・ソシエダ)です。 続いて、シュート関連のスタッツも確認してみましょう。 こうなっている原因ですが、私は全てが 「チンタラし過ぎ」だからではないかと考えます。 後方を中心に、ショートパスばかり回して、前線にボールを入れられていないのです。 この「チンタラし過ぎ説」を確認するために、ヘタフェとマヨルカのセンターバック同士を比較してみましょう。 ヘタフェのセンターバックの カブレラは1試合平均で15. 4本のロングパスを蹴っていますが。 マヨルカの バリエントは4. 6本、ライージョは5. 5本しか蹴っていません。 2人あわせてカブレラの3分2程度です。 無難に近距離パスを選んでいる疑惑が深まります。 センターハーフ同士も比較すると対照的です。 ヘタフェの アランバーリとマクシモビッチは共に1試合あたりのパス総数は20~25本に過ぎませんが、マヨルカの セビージャとババはそれぞれ48. 7本と36. 7本で、その内9割がショートパスです。 無難に近距離で回しているだけの、かつての日本代表が目指していた? ような 「俺たちのサッカー」の中毒患者疑惑が深まります。 こういった数値から、現在マヨルカの攻撃と守備において起きている問題を推定すると、以下の通りです。 ボールを奪取しても、 チンタラとショートパスばかり繋いで攻撃が遅くなり、 シュートを打つ頃には相手ゴール前に人だかりができている。 ショートパスを繋いで 一丁前にじっくり崩そうとした結果、逆に自分達の配置が崩れる。 それにより、 ボールロストから容易に決定機を作られてしまう。 中盤の密集陣形を維持したまま、攻撃は素早くシンプルに実行し、敵にボールを獲られると密集陣形で「刈り取り」、そしてまた素早くシンプルに攻める。 何度もこれを繰り返して勝利をもぎ取るという、まさに弱者のサッカーです。 しかし、 今のマヨルカに必要なのは、何らかの方策でギアを上げて、スピーディに攻めることだと思います。 セットプレーからゴールの生まれる気配が全くありません。 ということで、セットプレーからどれだけゴールを得たかデータを調べてみました。 セットプレーからの得点数(26節まで) 1位 バルセロナ 10 1位 セビージャ 10 3位 ヘタフェ 8 3位 エイバル 8 5位 レアル・マドリード 7 5位 ソシエダ 7 5位 ベティス 7 5位 レバンテ 7 5位 グラナダ 7 10位 バレンシア 6 10位 アトレティコ・マドリード 6 10位 オサスナ 6 10位 アラベス 6 10位 セルタ 6 15位 エスパニョール 5 15位 ビジャレアル 5 15位 バリャドリード 5 15位 レガネス 5 15位 ビルバオ 5 20位 マヨルカ 1 「26試合で1点ってオイ…」と頭が痛くなりますね。 「逆に、この1点はどの試合で取ったのだ?」と気になったので調べてみると、1月のバレンシア戦の先制点でした(下動画0:40~)。 マヨルカの今シーズンのセットプレーからの得点はこれ1つなのです。 どうしても守備的に試合を運ばないといけない弱小チームにとって、本来セットプレーは有効活用すべきツールです。 ヘタフェ、グラナダ、レバンテといった、予算サイズからすると健闘しているクラブは、どこもセットプレーを得意としています。 マヨルカも、もう少しセットプレーで点が入るようにテコ入れした方が良いのではないかと思います。 マヨルカのセットプレーのキッカーはセビ爺こと、 サルバ・セビージャが担当することが多いですが、彼のキック精度はお世辞にも高いとは言えません。 昇格プレーオフのデポルティボ戦で決めたフリーキックの印象が強くて(見たい人はの20秒~)、FKをそのまま任されているのかもしれませんが、そろそろ冷静にキッカーを育てるなり、獲得するなり、 レンタルで来ている日本人の若者に託してみるなり、といった英断をしてもよいのではないかと思いますね。

次の

スペインリーガ新19/20シーズン日程情報

マヨルカ 試合

夕日で見にくくてすみません。。 先ほどの選手入場のところから撮影しました。 選手がグラウンドに入っていくときにハイタッチするのが個人的に好き。 わたしのチカラが選手に少しでも渡ってくれ!と思います。 試合前半 試合前半は試合運びがよくて、 PKを獲得し先制しました! 先制点を取れると選手たちに自信がみなぎっているのがわかるので、わたしとしても嬉しい。 常に自信を持ってプレーしてほしいんです。 ただ前半終了間際に1点を返されてしまい、1対1で前半が終了。 わたしはロッカールームで頑張った選手たちを迎えます。 ハーフタイムに少し変わった出来事が いつもハーフタイムは監督がめいっぱい時間を使って選手に話をします。 ときに審判から急ぐように声がかかることも。 ただこの日は少し違いました。 少し余裕を持って監督が話を終わらせると、 選手たちが選手間全体で後半をどう戦うかの話し合いをはじめました。 本来自己主張の強いスペイン人は意見の出し合いを繰り広げるんですが、この日はDFの要の選手が話し始めると、ほかの選手が まずは話を聞こうぜ! といって みんなで聞くモードに。 そして後半をどう戦っていくか選手たちで気持ちを一つにしていました。 この姿をみてわたしは半泣きに。。 なんとなく、 今日はいい結果が得られそうという予感がしました。 試合後半 後半が開始すると1対1の同点の状態が長く続きました。 試合を左右する1点がどちらに入るのか、ドキドキしながら観ていました。 すると試合が後半35分近くになった頃、コーナーキックのこぼれ球を押し込んで 2点目を獲得! もうこのときは周りに相手チームのスタッフがいようが、お構いなしに飛び跳ねて喜びました。 しかしその約5分後、試合が後半40分に差しかかったところで、同点弾を決められてしまい 2対2に。 簡単には勝たせてくれないのがサッカーです。 試合は2対2で終了。 勝ち点3を持って帰る予定でしたが、勝ち点1を分け合う結果に。 スポンサードサーチ 次は勝てるよ! と言ってくれました。 人の温かさに感動。 勝利を手にしかけて最後に追いつかれて同点になった試合、普通に負けた試合よりずっと悔しい。 昨日は悔しさが抑えきれなくて、試合後は涙が滝のようだった。 他のチームの選手がその姿を見て、「次は勝てるよ」と言ってくれた。 人の温かさに心がやられた。 あの黒人の選手、活躍してほしい。 わたしの頭をポンポンと叩いてく選手。 次こそは勝ってやろうと気持ちがメラメラしました。 勝つためには 苦しみを知ることも大事です。 気持ちを切り替えて前に進むしかありません。 必要な数を数えて、バス車内で地元のパン屋さんに電話して用意してもらってた。 空港のお土産屋さんにあるエンサイマダはだめらしい。 笑 そんなに大事な代物なのか〜と横目に聞いてたら、わたしの分も用意してくれてたみたいで頂きました。 マジョルカ島の名物ensaimadaなるパンをお土産に買って帰るのが定番らしい。 昨日は試合終わって空港直行した時点で夜20時半とかやったけど、スペイン人は空港のensaimadaを買わずに、地元のパン屋に電話して質の高いensaimadaを取り寄せるこだわりっぷりに圧巻。 しかもLサイズのピザ並にどでかい。 (結局空港でコーチが2人だけ残って、先に選手やその他スタッフが保安検査を通過するというバタバタな展開) 中身はこんな感じ。 わたしが食べたのはホワイトチョコレート味なんですが、ほかにも色々な種類があるとのこと。 お土産に持たせてくれたコーチにはもう感謝しかない。 マヨルカ島に行ったらぜひエンサイマダは食べてみてください!! パルマ・デ・マヨルカ空港をちらっとご紹介 ほとんど写真は撮れませんでしたが、マヨルカ島の空港はこんな感じでした。 保安検査を通過したあと バーガーキングやドイツのソーセージのお店など食べる場所が3軒くらいありました。 ここは先ほど紹介したエンサイマダを売っているお土産屋さん。 スペイン人には見事選ばれませんでしたが… 滞在中に時間がなくてエンサイマダを買えなかった!という人でも空港で購入可能です。 お手洗いのクオリティに感動 そして地味にびっくりしたのが お手洗いの綺麗さ。 スペインではお手洗いのクオリティが高い場所はあまりないのですが(特に日本と比べると)、ここのトイレは 日本を彷彿とさせる綺麗さでした。 一瞬 ウォシュレットか?!と思わされました。 (さすがに違いました) しかも洗面台の部分はなんと ダイソン社のもの! 真ん中から水が出て、右端はハンドソープ、左端は乾燥機でした。 ダイソンの乾燥機の威力は半端じゃなかった。。。 パルマ・デ・マヨルカ空港はどこと繋がっているのか? 発着便案内の表示を見てみると、やはり スペイン国内の空港とたくさん結んでいました。 国外であればドイツのケルンやデュッセルドルフ、イギリスのロンドンやマンチェスター、スイスのチューリッヒやオランダのアムステルダムなど。 国外からもLCCを使って直接足を運べるようですね。 無事バルセロナへ帰着 そんなこんなでボカディージョを頬張りながら帰りの飛行機に乗りました。 22時前にマヨルカ島を出発し、23時前にバルセロナへ到着。 長い長い一日が終わりました。 初めてマヨルカ島に行ったものの、一度たりとも海を見ることはありませんでした。 試合だからしょうがない!笑 週末明けに学校で、マヨルカ島日帰りをして海を見ずに帰ってきたことを伝えると笑われたのは言うまでもありません。 U19の試合のため、さすがにRCDマジョルカのトップチームが使うスタジアムでの試合とはいきませんでしたが、RCDマジョルカのサブグラウンドを使っての試合でした。 RCDマジョルカのサブグラウンドってどんな感じ? こちらがサブグラウンド。 こちらがグラウンドからロッカールームへ入るところ。 なんとも素敵な言葉が書かれていました。 厳しく、粛々とトレーニングに励め。 そしてあなたの成功が歓声を呼び、音を立てて騒がしくなるまで放っておけ。 おそらくこのサブグラウンドはRCDマジョルカのトップチームがトレーニングに使うグラウンドなのですが、こんな言葉を毎回目にしながらトレーニングするとやる気が出てきそうですね。 あわせて読みたい• マヨルカ島遠征まとめ 2度にわたりマヨルカ島へ遠征に行ってきて、貴重な体験をすることができました。 ほかにも香川真司選手の所属するレアル・サラゴサへ、バスで5時間ほどかけて行ったこともあります。 日本人としてスペインのチームに所属し、このような貴重な経験をさせてもらえること、本当に幸せなことだなと。 今いる環境に感謝して、これからもスペインでがんばっていこうと思います。 2019-20シーズンは日本人選手もたくさん入ってきて、さらにスペインリーグが盛り上がっていくと思うので、日本人選手の情報についても当ブログで発信していきますね。

次の

マジョルカの試合日程表【19−20】テレビ放送は?|久保建英|

マヨルカ 試合

歴史 [ ] その歴史はのサッカークラブで最も古く、1916年にエンジニアのアドルフォ・バスケスによって設立された。 最初期に使用したスタジアムはブエノス・アイレス Buenos Aires と呼ばれ、同年3月25日にとの間で行われた落成試合は0-8で敗れた。 1931年にに初参戦し、(当時3部)でプレーした。 1945年9月22日には新スタジアムのが落成した。 1959年には(2部)に初昇格し、1年後の1959-60シーズン終了後には(1部)初昇格を決めた。 1970年代半ばまではプリメーラ・ディビシオンとセグンダ・ディビシオンを行ったり来たりしたが、1970年代後半にはテルセーラ・ディビシオンや(現3部)に低迷した。 1980年代半ば以降は再びプリメーラ・ディビシオンやセグンダ・ディビシオンに定着し、1990-91シーズンのでは過去最高の準優勝という成績を残した。 1980年代後半や2000年代前半に在籍したはクラブ史上最多の255試合に出場している。 クラブの黄金期 [ ] 1996-97シーズンのセグンダ・ディビシオンを3位で終えてプリメーラ・ディビシオンに昇格すると、1997-98シーズンはコパ・デル・レイで準優勝、リーグ戦で5位となった。 1998年夏にはで優勝し、クラブ初となる主要なタイトルを獲得した。 監督が率いた1998-99シーズンはGKがを獲得するなど堅固な守備でリーグ戦3位となり、ではオランダのやクロアチアのやイングランドのなどを破って決勝に進出したが、決勝でイタリアのに1-2で敗れて優勝はならなかった。 以後はプリメーラ・ディビシオンの中位に定着し、2000-01シーズンは61得点でリーグ戦3位となった。 監督が率いた2002-03シーズンのコパ・デル・レイでは5シーズンぶりに決勝に進出して、で行われた決勝でに3-0で勝利し、スーペルコパや下部リーグでの優勝を除けばクラブ初となるタイトルを獲得した。 2004年夏にエースFWをに売却したため、2004-05シーズンは序盤から低迷し、セグンダ・ディビシオン降格の危機に瀕していた。 監督を解任し、クーペル監督にバトンタッチしたが、終盤戦まで降格圏内をさまよい続けた。 しかし、シーズン最終盤に驚異的なペースで勝ち点を積み上げ、最終節でプリメーラ残留を決めた。 この快挙をマヨルカ地元新聞紙は「マヨルカの奇跡」として称えた。 2005-06シーズンは序盤から失点を重ね、4勝7分12敗と降格が濃厚となったところでクーペル監督が辞任した。 後任のマンサーノ監督は6勝6分3敗と持ち直し、13位で残留を決めた。 2006-07シーズンはMFなどが仕掛けるサイド攻撃がはまり、12位で余裕の残留を果たした。 2007-08シーズンはDF、MFなどの新戦力が活躍したが、特にからやってきたFWは26節からの13試合で16得点と爆発してリーグ得点王()のタイトルを獲得。 チーム全体ではリーグ4位の69得点を記録し、出場権獲得にあと一歩に迫る7位に躍進した。 しかし、11月にはデヴィッドソンが資金不足から取引を完了させることができないことが明らかにされ、彼のクラブへの興味が売名以上のものかどうか疑問が持たれた。 同2008年夏にはグイサやMFなど主力を何人も売却したため、2009年2月にはリーグ最下位に低迷。 2009年1月15日、実業家のマテオ・アレマニーがマルティ=ミンガーロ一家から3年ぶりにクラブの経営権を取得すると 、頼れるベテランGKを獲得するなど、内外でポジティブなチーム作りを進め、後半戦19試合を11勝4分4敗と立て直し、13シーズン連続での残留を決めた。 2009-10シーズンはリーグ戦5位で出場権を獲得し、コパ・デル・レイでも3シーズン連続での準々決勝進出を果たした。 2010年5月下旬、RCDマヨルカは経営破綻を宣言し、4250万ポンドから5130万ポンドと見積もられる借入金の管理は必然的に裁判所の下に置かれた。 7月9日、かつての監督やプロテニス選手でマヨルカ出身のなどを含む団体がクラブの経営権を取得した。 しかし、クラブの不安定な財政状況を確認した UEFA は2010年7月22日、RCDマヨルカがUEFA主催の大会に出場する権利を剥奪し、UEFAヨーロッパリーグはに譲渡された。 ピッチ外でのごたごたや財政難にもかかわらず、監督に率いられた2010-11シーズンは安定した戦いで14シーズン連続のプリメーラ・ディビシオン残留を決めた。 しかし、2012-13シーズンに18位に終わり、2部降格。 その後は下部リーグでの闘いが続き、2016年1月、元プレイヤーのとオーナーのロバート・サーバーによって買収された。 だがその後も低迷は続き、2016-17シーズンには2部で20位に沈み1980-81シーズン以来となる(3部)降格が決定。 2017-18シーズンに1年で2部復帰を決めると、2018-19シーズンにとの1部昇格プレーオフを制し、2年連続昇格で7年ぶりにリーガ復帰を果たした。 クラブ名 [ ] 1916年の創設時はスペイン国王のに因んで フンタ・ディレクティーバ・デル・アルフォンソ13世FCB Junta Directiva del Alfonso XIII FBC と命名されたが、1917年には レアル・ソシエダ・アルフォンソ13世 Real Sociedad Alfonso XIII とクラブ名を変え、この名称は1931年に政治的な理由で クルブ・デポルティーボ・マヨルカ Club Deportivo Mallorca に改名するまで続いた。 1949年には国王の庇護を受けてクラブ名にレアル Real の単語が冠され、現在の レアル・クルブ・デポルティーボ・マヨルカ(RCDマヨルカ)となった。 ユニフォームの変遷 [ ] 2012- タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 優勝 : 1回 2002-03• 優勝 : 1回 1998• 優勝 : 2回 1959-60, 1964-65• 優勝 : 1回 1980-81 記録 [ ] クラブ [ ]• プリメーラ・ディビシオンでの最高位: 3位(1998-99シーズン、2000-01シーズン)• プリメーラ・ディビシオンでの最大得点差勝利: 7—1(2008年3月9日、ホームでの戦)• プリメーラ・ディビシオンでの最大得点差敗北: 7—0(1988年2月7日、アウェーでの戦)• 試合開始からの最短得点: 22秒 - (1999年2月21日、戦)• 1シーズン最多得点: 61得点(2000-01シーズン) 個人 [ ]• 通算最多出場: (255試合)• プリメーラ・ディビシオンでの通算最多得点: (54得点)• プリメーラ・ディビシオンでの1シーズン最多得点: - (27得点、2007-08シーズン) ピチーチ賞• 2007-08シーズン — 27得点 サモラ賞• 1998-99シーズン — 35試合29失点、失点率0. 83 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン 順位 1931-32 4位 1932-33 地域リーグ — 1933-34 地域リーグ — 1934-35 地域リーグ — 1935-36 地域リーグ — 1939-40 7位 1940-41 地域リーグ — 1941-42 地域リーグ — 1942-43 地域リーグ — 1943-44 1位 1944-45 11位 1945-46 8位 1946-47 5位 1947-48 13位 1948-49 3位 1949-50 11位 1950-51 12位 1951-52 6位 1952-53 8位 1953-54 16位 シーズン ディビジョン 順位 1954-55 1位 1955-56 2位 1956-57 1位 1957-58 1位 1958-59 1位 1959-60 1位 1960-61 9位 1961-62 11位 1962-63 13位 1963-64 3位 1964-65 1位 1965-66 15位 1966-67 5位 1967-68 4位 1968-69 3位 1969-70 15位 1970-71 9位 1971-72 12位 1972-73 10位 1973-74 11位 シーズン ディビジョン 順位 1974-75 17位 1975-76 9位 1976-77 3位 1977-78 18位 1978-79 13位 1979-80 1位 1980-81 1位 1981-82 6位 1982-83 3位 1983-84 17位 1984-85 7位 1985-86 3位 1986-87 6位 1987-88 18位 1988-89 4位 1989-90 10位 1990-91 15位 1991-92 20位 1992-93 4位 1993-94 5位 シーズン ディビジョン 順位 1994-95 12位 準々決勝敗退 1995-96 3位 2回戦敗退 1996-97 3位 2回戦敗退 1997-98 5位 準優勝 1998-99 3位 準々決勝敗退 1999-00 10位 2回戦敗退 2000-01 3位 準々決勝敗退 2001-02 16位 ラウンド16 2002-03 9位 優勝 2003-04 11位 3回戦敗退 2004-05 17位 3回戦敗退 2005-06 13位 3回戦敗退 2006-07 12位 ラウンド16 2007-08 7位 準々決勝敗退 2008-09 9位 準決勝敗退 2009-10 5位 準々決勝敗退 2010-11 17位 ラウンド16 2011-12 8位 準々決勝敗退 2012-13 18位 ラウンド16 2013-14 17位 2回戦敗退 シーズン ディビジョン 順位 2014-15 16位 2回戦敗退 2015-16 17位 2回戦敗退 2016-17 20位 3回戦敗退 2017-18 1位 2回戦敗退 2018-19 5位 ラウンド32 2019-20 位• 28シーズン -• 36シーズン -• 3シーズン -• 12シーズン -• 7シーズン - 地域リーグ 現所属メンバー [ ] 2020年6月16日現在 No. Pos. Pos. 歴代監督 [ ] 年 名前 2000-2001 2001 2001-2002 2002 2002-2003 2003 2003 暫定 2003-2004 2004 2004 暫定 2004-2006 2006-2010 2010-2011 2011 暫定 2011-2013 2013 2013-2014 2014 2014 暫定 2014 2014-2015 2015 2015 2015-2016 2016-2017 2017- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 GK [ ]• 1975-1976• 1991-1993• 1997-2002• 1999-2004• 2004-2005• 2004-2009• 2007-2011 DF [ ]• 1986-1991、1999-2005• 1997-1998• 1998-2000• 2005• 2005-2008• 2007-2008• 2008-2010• 2008-2011• 2019- MF [ ]• 1992-1995• 1995-1996• 1996-1997• 1997-1998• 1998-2003、2006-2008• 2000-2001、2003-2004• 2003-2004• 2004-2009• 2005-2006• 2005-2006• 2005-2008• 2006-2008• 2008-2009• 2010-2011• 2011. 1-2014. 2013-14、2014-15 FW [ ]• 1996-1997• 1997-1999、2000-2002• 1998• 1999-2000、2006-2007• 1999-2002、2007-2008• 2000-2004• 2004-2005• 2004-2005• 2005-2006• 2006-2007• 2008-2010• 2011-2014• 2019-• 2019- 脚注 [ ]• BBC Sport. 2008年7月22日. Diario AS 2009年1月15日. 2011年5月13日閲覧。 RCD マヨルカ公式サイト、2010年5月25日• RCDマヨルカ公式サイト、2010年6月28日• Hunter, Graham 2010年9月9日. ESPN. 2010年12月21日閲覧。 RCDマヨルカ公式サイト、2010年7月9日• UEFA. com 2010年7月22日. 2011年11月24日閲覧。 SPORTING NEWS 2019年8月30日. 2016年1月6日閲覧。 Qoly 2019年8月30日. 2017年6月5日閲覧。 超ワールドサッカー 2019年6月24日. 2019年6月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (スペイン語) (カタルーニャ語)• (スペイン語)•

次の