スクール オブ ロック 映画。 スクール・オブ・ロック : 作品情報

映画レビュー【スクール・オブ・ロック】

スクール オブ ロック 映画

スクールオブロックのネタバレあらすじ「優秀な学生」 学校に先生としてまんまと潜入したデューイはあるとき担当の学生たちの音楽の授業を目撃する。 そこにはクラシック音楽を優雅に奏でる、素晴らしいテクニックを持った生徒たちがいた。 そこに目をつけたデューイは自らのロックバンドを再結成するべく生徒たちにロックを教えるのであった。 クラシックギターをエレキギターにチェロをベースにタンバリンをドラムに変えロックの歴史から有名なアルバムを聞かせ生徒たちを自らの優秀なロックバンドのメンバーに育てようとしたのだった。 スクールオブロックのネタバレあらすじ「バレる」 子どもたちを何とか騙し、すべての授業をバンドの練習に費やしていたデューイだったがやはり校長先生や生徒たちの両親に偽物の先生だとバレてしまう。 デューイの目標はバンドバトルに出場し優勝賞金を獲得して家賃を払うことであったが親友のネッドにも黙って教師をしていたことがバレてしまい家を出て行ってくれと言われてしまうのであった。 夢を追われたデューイはふてくされ家で自堕落な生活を送っていたのだったが、彼にロックというものを叩きこまれた生徒たちは先生や両親たちに黙ってデューイを迎えに行きバンドバトルに向かうのであった。 スクールオブロックの結末「ロックショー」 生徒に連れられてバンドバトルにやってきたデューイは生徒たちが用意した衣装、照明そしてオリジナルソングで出場する。 結果は惜しくも2位だったが観客をロックアウトしたのはデューイと生徒たちのバンドだった。 心配でやって来た校長先生や両親たちも実際のプレイをみて熱狂し結局はバンド活動を許すのであった。 以上、映画スクールオブロックのあらすじと結末でした。 スクールオブロックのレビュー・感想 スクールオブロックは映画という娯楽エンターテイメントをまさに示してくれた一押しの作品。 私は別に、金八先生が好きというわけじゃないし、ロックだってエアロスミスぐらいしか聴かないにわかファンなのだけど、はめられた。 音楽を主体に使えば、まあそれなりに楽しくなるのは当然。 だけど映画は音楽だけでは成立たない。 先生と生徒の絆がだんだんみえてくるのは感動だ。 だけど先生が不良生徒の頬を叩くだけではもう泣けない。 最近では映像にこだわるか、脚本にこだわるか、演出にこだわるかなどという、偏った映画が目立ったが、このスクールオブロックを観ると全ての要素がどうでもよくなる。 いい意味で。 映画は感動も欲しい。 楽しさも欲しい。 スクールオブロックは、見事に両方を表現した。 別に泣かせるシーンがあったわけでもないのに、ラストのステージでは思わず泣けてきた。 冷静になって考えてみると、駄目な先生が優秀な生徒たちと徐々に打ち解けていく…というありがちな筋なんだけど、観ているときはただただ「スクール・オブ・ロック」の世界に引き込まれる。 そうそう、気付かされるんです。 映画って、楽しむためのものなんです。 芸術的なものも結構だけど、人に喜ばれてこその芸術だと、スクールオブロックを観てから思った。

次の

映画レビュー【スクール・オブ・ロック】

スクール オブ ロック 映画

この項目では、アメリカの映画について説明しています。 製作のラジオ番組については「」をご覧ください。 監督の映画。 ネッド役のはの友人であり、彼のためにこの脚本を書いた。 バンドメンバーの子供たちは本当のミュージシャンなので実際に演奏している。 2016年にはアメリカで映画を基にテレビドラマ化され、2018年には日本でもにて日本語吹替版が放送開始。 あらすじ [ ] ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。 家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。 そんな時、ネッドあてに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。 もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。 そして、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。 最初は困惑していた子供たちだったが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。 ロック [ ] ジム・オルーク [ ] 、、ソロ活動等で知られるミュージシャン、が子役達の音楽コンサルタントを務めた。 ジムの指導で、子役バンドは目覚ましく腕を上げ、主演のジャック・ブラックは「子役達はあっという間に上達して、僕よりうまくなってしまった」と語っている。 劇中バンドの演奏 [ ] デューイと生徒達のバンドSCHOOL OF ROCKは、劇中で映画用のオリジナル曲「School Of Rock」と、のカヴァーを演奏。 他にも、子役達が、、のフレーズをコピーしたり、を歌う場面もある。 また、デューイをクビにしたバンドNO VACANCYも、劇中オリジナル曲を演奏した。 こちらは色が濃い音楽性。 教材 [ ] デューイは、生徒達の「宿題」と称し、様々なCDを聴かせる。 女性バックコーラスの子にはの『妖女ブロンディ』との『』(特に「虚空のスキャット」)、キーボードにはの『』(特に「ラウンドアバウト」)、ドラムにはの『』、ギターにはの『』、等。 また、 やの演奏シーンもビデオで登場する。 また、キャストのやり取りの中に、や等の名前も登場。 デューイがロックの衰退の要因の一つとしてを激しく非難するシーンがあるが、制作会社のパラマウントとMTVは共にの傘下であり、非難はまずいのでカットされるかもしれないと思っていたがそのまま通ってしまったとジャックがDVDのオーディオコメンタリーで語っている。 劇中での「」が流れるシーンがあるが、レッド・ツェッペリンは権利関係にかなり厳しく許諾は困難と思われていた。 そこでジャックは「ロックの神よ、重要なシーンなので是非使わせて欲しい」と劇中終盤のホールのエキストラ全員とビデオレターで懇願したところ使用許諾が降りたという逸話がある。 「どんな事でも真剣になってお願いすれば叶う」と語ったこのビデオレターはDVDに特典映像として収録されている。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 売れないロックンローラー デューイ・フィン ホレス・グリーン学院の校長 ロザリー・マリンズ デューイの親友 ネッド・シュニーブリー ネッドの恋人 パティ・ディ・マルコ ベース ケイティ レベッカ・ブラウン マネージャー サマー・ハサウェイ ギター ザック・ムーニーハム ドラム フレディ・ジョーンズ キーボード ローレンス ロバート・ツァイ バックコーラス トミカ マリアム・ハッサン No Vacancyのボーカル テオ バックコーラス アリシア アリーシャ・アレン 舞台 [ ] 詳細は「」を参照 2013年4月5日、は映画『スクール・オブ・ロック』のミュージカル舞台化権を獲得したことを発表した。 2014年12月18日、舞台化が正式に発表され、2015年秋にのウインター・ガーデン劇場にてワールド・プレミアされることとなった。 脚本は『』制作者の 、演出は 、振付はジョアン・M・ハンター 、装置および衣裳デザインはアナ・ルイゾス 、照明デザインはナターシャ・カッツが務めた。 音楽は映画の楽曲に加え、が作曲、が作詞したオリジナルの楽曲を使用し、音響デザインはミック・ポッターが担当した。 2015年12月6日より上演され、1971年の『』以来、ロイド・ウェバーにとってウエスト・エンドなどではなくブロードウェイが初演になるのは44年ぶりとなった。 テレビドラマ [ ] と・テレビジョンにより制作。 現在はシーズン3まで全45話が放送済み(シーズン1は13話、シーズン2は12話、シーズン3は20話)。 前述のとおり、日本では2018年6月8日より、NHK Eテレにて毎週金曜19:25 - 19:50に、シーズン1・2を合わせて全25話を放送した。 映画版と違い、トミカはバックコーラスではなく、ベースとボーカルを兼任している。 日本放送版は日本語字幕も実装されている。 トミカは黄色、サマーは水色、デューイは緑色で、その他の登場人物は白字幕で表記される。 2019年4月6日からは、日本のNHK Eテレにて毎週土曜18:25 - 18:50に、シーズン1・2を合わせて全25話を再放送することとなった。 キャスト(テレビドラマ) [ ] 役名 俳優 日本語吹替 トミカ ブレアナ・イーディー サマー ジェイド・ペティジョン フレディ リカルド・ウルタド ( ) ザック・クウォン ランス・リム ローレンス エイダン・マイナー デューイ・アレハンドロ・フィン トニー・カバレロ ロザリー・マリンズ校長 ジャマ・ウィリアムソン 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2012年4月7日閲覧。 BBC. 2013年4月10日. 2013年9月7日閲覧。 TheGuardian. com. The Guardian 2013年4月8日. 2013年9月7日閲覧。 Broadwayworld. com. 2014年3月8日閲覧。 Cox, Gordon 2014年12月18日. variety. com. 2015年1月1日閲覧。 theguardian. com. 2014年12月19日. 2014年12月29日閲覧。 シアターガイド. 2014年12月19日. 2014年12月22日閲覧。 playbill. com. 2014年12月18日. 2014年12月29日閲覧。 nydailynews. com. 2014年12月18日. 2014年12月29日閲覧。 thestage. 2014年12月19日. 2014年12月29日閲覧。 reallyuseful. com. 2014年12月18日. 2014年12月29日閲覧。 time. com. 2014年12月18日. 2014年12月29日閲覧。 londonboxoffice. London Box Office 2015年1月14日. 2015年1月16日閲覧。 NHK海外ドラマスタッフブログ. 2018年6月17日閲覧。 ミドルネームは第14話「ロッカーメイト」にて本人が発言していた。 外部リンク [ ]• - (2019年1月1日アーカイブ分)• - (英語)• - (英語)• テレビドラマ版の番組情報ページ 前番組 番組名 次番組.

次の

ミュージカル「スクールオブロック」|チケットぴあ

スクール オブ ロック 映画

チケット販売• 2003年、ジャック・ブラックが主演し、後にロック映画の金字塔と銘打たれることとなる映画「スクールオブロック」が全米で公開された。 公開されるや否や、老若男女誰でも笑って泣いて楽しめるロック音楽コメディ映画として全米TOP1大ヒットとなり、翌年には日本でも公開され、ヒットを記録。 劇中で披露される、数千人の中から選ばれた子ども達の生演奏も話題となった。 そして2015年、ブロードウェイにてミュージカル化。 作詞には、ディズニーミュージカル『リトル・マーメイド』やディズニー・アニメーション映画「塔の上のラプンツェル」のグレン・スレイター、脚本は英ドラマ「ダウントン・アビー」やミュージカル『メリー・ポピンズ』のジュリアン・フェロウズという最高のクリエイターが集結し、ミュージカル『スクールオブロック』が誕生。 ブロードウェイでの開幕から間も無く、2016年にはイギリス・ウエストエンドでも開幕し、世界の演劇界を牽引する2大都市で大ヒットを記録している。 本作は、ミュージカルのみならず、2016年にはアメリカにてドラマ化された。 2016年・2017年と2年連続でエミー賞にノミネート、2018年にはNHK Eテレにて放送が開始され、日本でも今なお大人気作品だ。 アマチュアロックバンドのギタリストのデューイは心からロックを愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。 友人ネッドのアパートに居候しているデューイだが、貧乏で家賃すら払えず、ネッドの恋人パティと喧嘩し住む場所も無くなりそうな最悪な状況に。 そんな時、ネッドに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。 厳格なロザリー校長のもとエリート進学校として名高いホレス・グリーン学院だが、デューイは厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。 そして、学校や親に気づかれぬよう、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。 クラシックしか耳にしたことがないような生徒たちは、最初は困惑していたが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。 ある日、デューイが偽物教師だということがバレてしまうが、デューイとのロックを通し変わり始める子ども達の変化は、周囲の大人たちをも変えていくことになる。 それは、学校が本当の意味で教育がおこなわれる場所であってほしいと思っていたからです。 学校への複雑な思いは、僕が作品を創り続ける核のひとつになっています。 本当の教育とはなにか?そんな真面目で誠実な問いを、あまりにも見事なエンターテイメントに昇華した作品に出会い、興奮しました。 クリエイターとして、教育の問題を、こんなに楽しく、ごきげんなミュージカルにする実力に震えます。 この作品の素晴らしさをちゃんと日本でも伝えたいと思います。 短い滞在期間でレコーディングと撮影を行うので全く予備日がなかったのですが、唯一観られた作品が『SCHOOL OF ROCK』でした。 そんな作品の主演を後に務めさせて頂く事になるとは、夢にも思いませんでした。 一方でエレキギターは初めての経験なのでレッスンを始めています。 左指先の豆が徐々に育ち、街のフェンスや自宅の駐車場のシャッターがギターのフレットに見えてくるほどプレッシャーを感じ始めています。 映画版を拝見し、そこに描かれている物語やキャラクターの魅力はもちろん、音楽の持つ強いエネルギーにとても感動しました。 型にハマらないロックの魅力を、舞台を通して、皆様にお届けするお手伝いができたらと思っています。 ミュージカル経験のない私ですが、偉大なる先輩方の胸をお借りしつつ、全身全霊で取り組ませていただきたいと思っています。 どうぞ、よろしくお願い致します。 僕自身、あまりロックに触れて来なかったので新たな挑戦が出来ることに高揚しています。 臨場感溢れるステージがこの作品の魅力のひとつだと思いますが、どんなステージになるのか僕も今から楽しみです。 音楽を通して皆様とたくさんのものを共有できればと思います。 老若男女、誰でも楽しめるこの作品、是非劇場に体感しに来てください。 お待ちしております。 でも、この映画でロックに対する気持ちが変わりました。 音楽は色々なことを教えてくれます。 この舞台で思う存分、『ROCK』を感じていきたいです。 1ステージが世界を変える! ワクワクするような物語を、素晴らしいキャストの皆様、そして観客の皆様と共に作り上げていけたら!.

次の