ケーキ クッキング シート。 底が取れるケーキ型と、取れないケーキ型について。

きれいに仕上がる♪クッキングシートの敷き方 | How to Lay a Cooking Sheet

ケーキ クッキング シート

一応昔、洋菓子店で働いていました クッキングシートを生地からツルンと剥がしたいのでしょうが、 よく冷ましても、多分無理だと思います 我々は、焼いて焼き色(焦げ目?)の付いた面が表に出るように巻きます 焼いてすぐの生地は、焼き色の部分が剥がれ安いので しっかり冷ましてからひっくり返します ひっくり返す時に、焼き色の面にクッキングシートをかぶせておきます クッキングシート2枚で生地をサンドイッチしているような感じになりますね んで、焼いたシートを外します シートを外して、ちょっとベコベコになった部分にクリームを塗って巻くのです さて、生地をひっくり返す時ですが、 焼いたシートに生地がしっかりくっついてくれているので シートの両端を摘み、ゆっくり持ち上げて、 本のページをめくるような感じで、ひっくり返すと 上手く出来るのではないかと思うのですが 慣れてないと難しいかもしれませんね 生地が乗るくらいの大きさの2枚の板が用意出来れば それに挟んでひっくり返す方法もあります Q クッキーをオーブンで焼いたのですが、焼きあがったクッキーを 天板の中に敷いたクッキングシートからはがそうとしたら はがれにくくなってしまいました。 無理にはがすと、クッキングシートが、クッキーの裏側に ぴったりはりつき、はがすことができません。 ゆっくりはがしてみたのですが、途中で敗れたりして クッキーの裏生地に、所々、クッキングシートの取り残しが 出来てしまってます。 以前、オーブントースターでクッキーを焼いたときは、 焼きあがると、ポロっという感じでクッキーが剥がれ落ちた のですが、オーブンだとこうはいかないのでしょうか? オーブンは、10年以上前の代物ですが、ケーキや ハンバーグなどのお料理には、問題なく使えています。 また、クッキーは、きちんと分量を量り、作っています。 ただ、焼き時間を自分で調整しているので(焼き色を見ながら 調整してます)、長く焼きすぎてるのかな、と思ったりも していますが、さっぱりわかりません。 クッキングシートにクッキーをくっつかずに焼く方法を ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうか教えてください。 よろしくお願いします。 クッキーをオーブンで焼いたのですが、焼きあがったクッキーを 天板の中に敷いたクッキングシートからはがそうとしたら はがれにくくなってしまいました。 無理にはがすと、クッキングシートが、クッキーの裏側に ぴったりはりつき、はがすことができません。 ゆっくりはがしてみたのですが、途中で敗れたりして クッキーの裏生地に、所々、クッキングシートの取り残しが 出来てしまってます。 以前、オーブントースターでクッキーを焼いたときは、 焼きあがると、ポロっという感じでクッキーが剥がれ... Q 最近はロールケーキにはまっています。 よくレシピの作り方の工程で、焼きあがったロールケーキスポンジは、すぐに鉄板などを被せて冷ます。 とか、上から乾燥しないように、クッキングシートを被せる、たまにラップをするなどの冷まし方が書いてあります。 どうしても、その仕方をすると、蒸気でムレてベチョベチョシートになってしまいます。 しかし、このやり方でも、皆さんの作ったロールケーキはふわふわに見えるのです。 最近では、少し温かいかな?もう冷めただろうって位までにして、それから乾燥しないようにクッキングペーパーなどをのせています。 そうした方が、フワフワ感がそのままで、フンワリロールケーキができるのですが・・・ そこで質問! ロールケーキスポンジの正しい冷まし方を教えてください。 A ベストアンサー おはようございます。 パティシエです。 ロールケーキに奮闘しているご様子ですね。 ボクの個人的な見解ですが ロールケーキに限らず お菓子作りに「これが正解」というのがないのだと感じています。 そうした方が、フワフワ感がそのままで、フンワリロールケーキができるのですが・・・ ご質問者様が この方法で美味しく感じるなら それが正しいと思うのです。 お菓子作りには、さまざまな方法が紹介されていて ロールケーキのさまし方 一つでもしかりです。 ですからご質問者様が美味しいと感じるのが一番 大切ではないかと思います。 ボクの好みの話で恐縮ですが ボクは、ロールケーキのスポンジでも 少しぱさついて軽いざらつき感があり噛み答えも少しゴワゴワした ものが好きです。 普通にしっとりとしてふわふわしたものが大嫌いなのです。 ですから冷ますときもなるべく水分が飛ぶように冷まします。 もちろんオーブンの中でも可能な限り長時間 入れて よく焼きます。 ボクにとっては、これが正解なのです。 普通の方やパティシエにとっては、受け入れられないやり方と思いますけど。 ボクが言いたいのは、その人にとって美味しいやり方が一番よいやり方で 万人が正しいと感じるお菓子作りは、ないということです。 もしご参考になったなら幸せです。 ジルより おはようございます。 パティシエです。 ロールケーキに奮闘しているご様子ですね。 ボクの個人的な見解ですが ロールケーキに限らず お菓子作りに「これが正解」というのがないのだと感じています。 そうした方が、フワフワ感がそのままで、フンワリロールケーキができるのですが・・・ ご質問者様が こ... 牛乳も同じです。 あと、混ぜ合わせたときに生地が少し重たくならないと、上手く焼けないことがあります。 これが「比重」と関係があるようです。 一、二度ロール用のスポンジを作ったことがありますが、 先輩に「あまり生地温度を上げすぎてもダメだし、冷たすぎてもダメ」との指導を受けたことがあります。 また、混合するバターの温度も関係するかもしれません。 混ぜ合わせて、人肌までが限界と感じます。 それ以上ですと、油脂と卵、生クリームが上手く混ざり合わずになりうまく焼きあがらない可能性もあるので、注意してください。 Q 最近、お菓子作りにハマっており、今度15cmのケーキ型を使ってかぼちゃのケーキを作ろうと考えています。 お菓子作りが趣味な方のご意見を頂けると嬉しいです。 15センチのケーキ型は100均の洋菓子素材コーナーにもありますよ。 丸い枠の中にハマる丸い板が入ってますので、焼き上がったケーキが冷めたら、下からその板を持ち上げるように押せば、ケーキは簡単に押し出せます。 底が抜けないタイプのケーキ型は、フリーサイズで自由に切れるクッキングシート(コレも100均のお菓子作りコーナーにあります)をはめ込み、そのシートを持ち上げて取り出したりします。 湯煎焼きのチーズシフォンケーキなどを作る場合は、この型でないと、ケーキに水が入り込んでしまうので、両方の型を使い分けると良いですよ。 15センチのケーキ型は100均の洋菓子素材コーナーにもありますよ。 丸い枠の中にハマる丸い板が入ってますので、焼き上がったケーキが冷めたら、下からその板を持ち上げるように押せば、ケーキは簡単に押し出せます。 底が抜けないタイプのケーキ型は、フリーサイズで自...

次の

パウンドケーキをクッキングシートなしで作るには代わりに何を使う?

ケーキ クッキング シート

最近、お菓子作りにハマっており、今度15cmのケーキ型を使ってかぼちゃのケーキを作ろうと考えています。 お菓子作りが趣味な方のご意見を頂けると嬉しいです。 15センチのケーキ型は100均の洋菓子素材コーナーにもありますよ。 丸い枠の中にハマる丸い板が入ってますので、焼き上がったケーキが冷めたら、下からその板を持ち上げるように押せば、ケーキは簡単に押し出せます。 底が抜けないタイプのケーキ型は、フリーサイズで自由に切れるクッキングシート(コレも100均のお菓子作りコーナーにあります)をはめ込み、そのシートを持ち上げて取り出したりします。 湯煎焼きのチーズシフォンケーキなどを作る場合は、この型でないと、ケーキに水が入り込んでしまうので、両方の型を使い分けると良いですよ。 底の抜けない型のほうがいいって、プロっぽいですね。 プロはだいたい一体型を使っているんですよね。 でも、質問者さんがプロとかプロ級の腕前でないのなら、最初に買う型は底が抜けるタイプのほうが楽だと思うのですが…。 まず、型の側面を抜くところから。 片手の指をやや広げながら底だけを乗せ、慎重に側面を押し下げるとケーキの側面部分が出ます。 そのまま水平にケーキを置き、底を外します。 型紙を敷いていれば手で外せますが、ナイフを入れてもよいです。 型紙を敷いていない場合、まず側面にナイフを入れて型とケーキをはがしてから側面部分を外し、 底とケーキを外すには同じように間にナイフを入れます。 スポンジケーキの場合、冷ますときに型紙があったほうが良いので、型紙を敷かないのは一部のケーキになりますが…。 とにかくこれはやってみたらわかると思います。 迷うようなところないと思いますが…。 底が抜ける型のほうが便利だし簡単だから、楽ですよ。 「生地が漏れる」ということはまずありません。 生地が完全な水だったら別でしょうけれど、ゼリー系生地をよく作るおつもりでないのなら、気にしなくても大丈夫です。 底が抜ける型でゼリーを作りたい場合でも、冷やしてとろみがしっかりつきはじめてから型に入れるならかなり大丈夫です。 (経験アリです) 湯せんするときに底を抜ける型で作ったことがありますが、このときちょっと水分が多すぎたな、というふうになったぐらいです。 さすがにアルミホイル巻いておけばよかったなと思いました。 逆に、底の抜けない型だと、型紙なしではケーキ焼けませんよ。 型とケーキが焼き付くので、小麦粉とバターで型の下塗りをしてもきれいに取り出すのが難しくなります。 それに、型紙を敷いてもさかさまにして取り出すしかないので、それに耐えられるケーキ以外作れません。 Q チーズケーキが好きでよく焼きます(と言ってもお菓子作りに関しては全くの素人です)。 しかし、何度やっても、土台部分(砕いたビスケットに溶かしバターを加えて作るタイプのもの)がうまくいきません。 ケーキ部分は問題無いのですが、土台がしっかり固まっておらず、焼きあがった瞬間から食べ終わる時まで終始ぽろぽろ崩れてきてしまうのです。 ビスケットの種類を変えたり、砕き加減を変えたり、また直前まで型ごと冷蔵庫で冷やしてみたり等色々してみましたが、いまいち料理本に載っているようなしっかりと固まった土台にはならないのです。 何かコツがあるのでしょうか? もし何かご存知でしたら、教えて下さい。 また、何か特別な方法をしているわけではなくても、「いつもこの材料を使ってこのやり方をして上手くいっている」といった情報でも大歓迎です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 レアタイプでもベイクドタイプでもビスケット台には リッツクラッカーを良く使います。 レシピのバターの分量は、ビスケットの種類にも寄りますので 一概には行かないと・・・経験から悟りました。 しっかり砕いて、溶かしバターの他に温めたミルクを少し、又は+ レーズンを漬け込んだ時のラム酒を少々加えます。 (ラム酒に市販のレーズンを入れておくだけ) 特に、バターの少ないビスケットを使う時には、バターの分量を増やすか これらをちゃんと加え無いとぼろぼろします。 パイ皿に敷くときも、しっかり上から押さえつけ、固めるように敷きます。 (ラップを使って、手でしっかり押さえて固めます) 上記のラム酒は風味も増してお勧めです。 台の上にレーズンも散らしてから生地を流し込むと これ又おしゃれで美味しいですよ~。 美味しいチーズケーキ、頑張ってください! A ベストアンサー こんにちは。 フランス菓子製造していた者です。 お店ではセロハン カットケーキに巻いてある透明なシートの大きい物 と言うシワのよらないフィルムを使います。 冷蔵庫に入れられる平らなお皿 もちろん18cm以上 にセロハン クッキングシートやオーブンシートでOK を敷いてセルクルを置き、クリームを流します。 セルクルとお皿が歪んでいなければ漏れません。 アルミホイルやラップですと細かいシワが出来るので、漏れやすいですし、底を覆ったとしても 底にあたる 表面が平らに仕上がりません。 そのまま冷蔵庫に入れると、匂いが付いたり、水滴が表面に垂れたり、乾燥したり、衛生的でも無いので、ラップをするかお皿を載せます。 それだとセルクルの縁すれすれに流した場合くっ付いちゃうので、セルクルごとすっぽり被れるフタを被せるか大きいタッパーを逆さにして フタを底に 使います。 又お店ではセロハンを表面に貼りますが、ご家庭ではクッキングシート又はオーブンシートを貼って大丈夫です。 冷え固まっていればぺロ~ンと剥がれますし、その上からお皿を乗せて お皿で挟む ひっくり返せます。 セルクルの内側 側面 にも巻けば冷え固まった時ストンと取れます。 セルクルのみの場合はガスバーナーかライターでセルクル表面を軽くあぶると滑って取れます。 長くなりましてすみません、つたない文章ですがお分かり頂けましたでしょうか?成功するといいですね。 こんにちは。 フランス菓子製造していた者です。 お店ではセロハン カットケーキに巻いてある透明なシートの大きい物 と言うシワのよらないフィルムを使います。 冷蔵庫に入れられる平らなお皿 もちろん18cm以上 にセロハン クッキングシートやオーブンシートでOK を敷いてセルクルを置き、クリームを流します。 セルクルとお皿が歪んでいなければ漏れません。 アルミホイルやラップですと細かいシワが出来るので、漏れやすいですし、底を覆ったとしても 底にあたる 表面が平らに仕上がりません。 そのまま... 1の方の説明で納得のようですので他気になった点を。 庫内の余熱(予熱とは別です)で更に生地は焼けてしまいます。 クッキーで試すとよくわかりますが固いクッキーになってしまいます。 レシピに「焼いた後、庫内に1~2時間放置して」と指示が無い限りはオーブンから取り出して型を外し(型を外すタイミングはレシピに沿って)クーラーであら熱を取ってください。 取り出したばかりはかなり熱いですが、作業にはミトンよりも二重にした軍手が勝手が良いです。 Q チーズケーキが好きで、ベイクド、レアそれぞれよく作ります。 味や焼き上がりは全く問題ないのですが、型から外す際、 ボトムのクッキー生地(大体マクビティビスケットに溶かしバターを 混ぜたものを使っています)がどうしてもきれいに外せず、 友人の手土産等にしようにも見栄えが悪く、結局自宅で食べるだけになってしまいます。 いつも参考にしてるレシピが、ケーキ型にそのままの(クッキングペーパーは敷かない) 状態での作業なのですが、クッキングペーパーを敷けばキレイに外れますか? 以前、クッキングペーパーを敷いて作ったこともあるんですけど、 そのときも、型とペーパーの間に包丁(ケーキナイフやペティナイフは使ってません。 チーズケーキを焼こうと思い、レシピを見ていたら、「天板に水を張り170度で予熱したオーブンで・・・」との記載があります。 が、我が家のオーブンは電子レンジと一体型で天板は丸い薄型のターンテーブルの天板しか無く、水を張ることができません。 また、庫内は狭く、アルミ製バットも入りません。 「水を張る」という手順を省くと駄目なのでしょうか? 何か良いアイデアをお教えいただけませんでしょうか? また、質問が増えますが、ケーキ型は底が抜けるタイプで、生地を入れて水につけると型の底の部分から水が入り込んでくるということはないのでしょうか? 初めてのチーズケーキ作りで分からないことが多く、どなたかお教えていただきたく質問をさせていただきました。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー No4です。 説明不足でした。 ターンテーブルとお皿の間の雑巾(厚めのタオル地の布巾でもOK)は化学繊維の入ったものはNGです。 お皿がしっかり安定するように、あらかじめ「ちょっとビチャビチャかな」位にしておきます。 でオーブンに型を入れて再度布巾めがけて湯を注ぎます。 ターンテーブルにお湯がナミナミではなくて所々ビチャビチャ水たまりのようになる感じです。 上から見ると、お皿の下の布巾は見えないくらいです。 こうしておけば燃えませんから大丈夫です。 で、お湯が不足(常にビチャビチャしている感じです)しないようにして焼けばスフレチーズも怖くないですよ。 Q 家でケーキを焼いた後の粗熱のとり方についてです。 焼けたらすぐに型から生地を外すか、型ごとクーラーに乗せて粗熱をとるか、レシピによって違いますよね? これによりどう違いがでるのかを教えて下さい。 余熱で生地に火を通すか通さないか、とかそういう感じですかね? もうひとつ、型ごと粗熱をとるとレシピに書いてあったらいつもその通りにしているのですが、焼成後すぐにショックを与えていても多少生地が縮小してしまいます。 これはそういうケーキということなのでしょうか? それとも、私のショックの与え方や生地の混ぜ方の問題でしょうか? 趣味でやってるだけの素人なので、簡単に教えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします^^.

次の

ケーキ型の代用品の作り方は?牛乳パック/型紙/クッキングシート

ケーキ クッキング シート

保存方法 保存する際は、折り畳まずにクルクルと巻いて、お届けの際に 巻き付けていた筒やラップの芯の内側に入れると便利です。 使用上の注意 ・直接火に当たる使い方は避けてください ・表面を鋭利なナイフなどで傷つけないでください。 傷ついた場合は新しい物に取り替えてください。 ・調味材料に油分が多い場合、発火の恐れがある為、長時間の使用はご遠慮下さい。 ・ご使用されるオーブントースター、電子レンジの取り扱い説明書に従って、ご使用下さい。 ・洗浄時、もみ洗いはしないで下さい。 ・廃棄する場合は不燃物として処理して下さい。 お好きなサイズにカットして使っていただける、cottaオリジナルのオーブンシートです。 洗って繰り返し使えるので経済的で環境にも優しいです。 型の大きさに合わせてカットすれば、パウンドケーキ型などの敷紙としても繰り返し使っていただけます。 また、お餅を焼く際の敷紙や落としぶたとしてなど用途は多彩です。 パンやお菓子を焼く際に、天板に敷いていただくのはもちろん、 型の大きさに合わせてカットすれば、パウンドケーキの敷紙としてもお使いいただけます。 ご了承ください。

次の