ホラン 千秋 お 弁当。 ホラン千秋の「手作り弁当」が生活感ありすぎ! 茶色いおかず、タッパー、ラップ...: J

ホラン千秋、「こんな雑なお弁当作れない」シンプルな”お弁当シリーズ”が賛否(1ページ目)

ホラン 千秋 お 弁当

当人は「残り物の処理が目的」 ホランさんは「お弁当そのに」と題した19日のブログで、4枚の手作り弁当写真を公開。 「お昼の分と夕飯の分」と2食分を収めた1枚は、弁当箱代わりのタッパーの一方に「絹さや炒め」、もう一方には「スナップエンドウ炒め」が入っている。 加えてそれぞれ、ゆで卵半分、米飯、さらに「キノコ入り豚の生姜焼き」がセットで1食分。 別々の弁当なのに同じメニューが含まれているのは、「『1人分』クッキングできない」のが理由だと書いていた。 それでも、青々とした絹さや、スナップエンドウが弁当に盛り込まれたことを、大きな変化として受け止める向きもある。 なぜなら、前回4日のブログで公開していた手作り弁当は、焼き鮭、ゴボウ・にんじん・きのこの炒め物、玉子焼きといった、緑の野菜がないメニューで占められていたからだ。 唯一、「鶏肉の山椒炒め」でネギを使用していたが、「どうしても茶色く染まってしまう」としていたように、炒め過ぎたせいか青みがなくなっていた。 今回のブログではさらに、別の1枚で「パプリカ入り」の鳥つくねや、「カブの葉とシラスのふりかけ」といった献立の弁当も披露。 緑黄色野菜が複数種類使用されていた。 そのためか、読者は 「今回はカラフルですね!」 「残り物処理・・・と言いつつ 前よりも彩りが良くなっている気がするのは気のせいですかな?」 といったコメントを寄せている。 ただ、ホランさん本人は、 「基本的に残り物の処理が目的なので 見栄えとか、彩とかはあんまり改良する気はありません。 笑」 と色合いについては気にしない様子。 むしろ、 「自分のためで、かつ、省略できるor省略してもいい努力はバンバンカットする派です」 と、「効率重視」の弁当を追求しているようだ。

次の

ホラン千秋の友達や元カレ!100円ライターつけれない?ロングヘアーやキッズモデルの過去!

ホラン 千秋 お 弁当

「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつ」 ホランさんは2018年11月4日、「お弁当。 」と題してブログを更新。 4日分の手作り弁当を真上から撮影した写真を公開した。 1枚目は長方形の透明タッパーで、右側にはブログの表現を借りれば「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつ」と卵焼きが食品ラップに包まれている。 「きんぴらでもなく煮物でもなく、やっぱりよくわかんないやつ。 でも美味しいのだ!」という。 左側には、軽くほぐした焼き鮭を乗せた米飯がある。 おかずの方は「常備菜にしたので次の日も同じラインナップ」。 2枚目の写真を見ると確かに全く同じ献立だ。 違いといえば焼き鮭があまりほぐされておらず、大きめの2つのかたまりが米飯の上にのっているという程度。 しかし「ちょっと違いを出したくて... タッパーの種類を変えた。 笑」というように、容器が正方形に変わっている。 ホランさんは、 「同じものを繰り返し食べるって独り者の宿命ですよね。 でも、それが日常です」 と哀愁を漂わせた。 3枚目は、おかずが若干異なる。 「シャケときのこが余ってたのでお醤油のCMでやってた炒め物。 女優・木村文乃さん(31)が出演するヤマサのテレビCMを念頭に置いているようだ。 「簡単で美味しかった」という。 使った食材は鮭とキノコなので前の2枚と同じ。 だが、最後の4枚目はまた新たなメニューを披露した。 「鶏肉の山椒炒め。 ネギってどうしても茶色く染まってしまう。 どうにかならないもんかね」とボヤいたその写真は、炒め過ぎてネギの青さは見られない。 鮭のオレンジもないため、米飯の白以外は茶色一色で占められた。 「もうちょっと変化付けるだろ」「生活感があって良い」 4枚の写真を見る限り献立のバリエーションは限られていて、緑黄色野菜もないため彩りも寂しい。 インターネット掲示板では、 「茶色スギィ」 「いや、別に中身はいいんだけどさ もうちょっと綺麗に詰めるだけでも違うだろ 自虐ネタだなぁ」 「自分で食うのでも、もうちょっと変化付けるだろ」 「おっさんが作る弁当じゃん」 といったツッコミが殺到。 タッパーやラップを多用した質素な雰囲気も、芸能人がネットにアップする弁当としては珍しいためか、 「なんでこんな茶色いの公開したの?」 「何をどうしたらコレらを世界中の人に見せびらかそうという発想になるんだろうか」 「自分で食べるんだから飾る必要はないけど人に見せられるシロモノじゃない」 など、公開した意図を気にする声が相次いだ。 だが、ネガティブな反応ばかりではない。 その素朴さが、ありのままの姿を感じさせたのか、 「リアルな弁当だ 変にデコったりしてなくて逆にいいと思うけど」 「生活感があって良い」 「普通に美味そうなんだが あと昨日の夜の余りだろ 家庭的で節約してる点が好感持てる」 といった声も少なくない。 弁当や料理は「インスタ映え」するよう美しく並べてアップするネットユーザーも多いため、 「弁当は見た目じゃないと言いたかったんだろ インスタ映えしか気にしない弁当は要らない」 「ええやんけ インスタ蝿より好感度高いわ」 と、昨今の風潮を引き合いに出しながら評価する向きもある。 さらには「一人身だと料理の見た目がどうでもよくなるんだよな」「キノコは低カロリー、年中安い、そこそこかさ増しできるから主婦の味方なんです」と、弁当作りの姿勢に共感する声もあがっていた。

次の

ホラン千秋の「手作り弁当」が生活感ありすぎ! 茶色いおかず、タッパー、ラップ...: J

ホラン 千秋 お 弁当

「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつ」 ホランさんは2018年11月4日、「お弁当。 」と題してブログを更新。 4日分の手作り弁当を真上から撮影した写真を公開した。 1枚目は長方形の透明タッパーで、右側にはブログの表現を借りれば「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつ」と卵焼きが食品ラップに包まれている。 「きんぴらでもなく煮物でもなく、やっぱりよくわかんないやつ。 でも美味しいのだ!」という。 左側には、軽くほぐした焼き鮭を乗せた米飯がある。 おかずの方は「常備菜にしたので次の日も同じラインナップ」。 2枚目の写真を見ると確かに全く同じ献立だ。 違いといえば焼き鮭があまりほぐされておらず、大きめの2つのかたまりが米飯の上にのっているという程度。 しかし「ちょっと違いを出したくて... タッパーの種類を変えた。 笑」というように、容器が正方形に変わっている。 ホランさんは、 「同じものを繰り返し食べるって独り者の宿命ですよね。 でも、それが日常です」 と哀愁を漂わせた。 3枚目は、おかずが若干異なる。 「シャケときのこが余ってたのでお醤油のCMでやってた炒め物。 女優・木村文乃さん(31)が出演するヤマサのテレビCMを念頭に置いているようだ。 「簡単で美味しかった」という。 使った食材は鮭とキノコなので前の2枚と同じ。 だが、最後の4枚目はまた新たなメニューを披露した。 「鶏肉の山椒炒め。 ネギってどうしても茶色く染まってしまう。 どうにかならないもんかね」とボヤいたその写真は、炒め過ぎてネギの青さは見られない。 鮭のオレンジもないため、米飯の白以外は茶色一色で占められた。 「もうちょっと変化付けるだろ」「生活感があって良い」 4枚の写真を見る限り献立のバリエーションは限られていて、緑黄色野菜もないため彩りも寂しい。 インターネット掲示板では、 「茶色スギィ」 「いや、別に中身はいいんだけどさ もうちょっと綺麗に詰めるだけでも違うだろ 自虐ネタだなぁ」 「自分で食うのでも、もうちょっと変化付けるだろ」 「おっさんが作る弁当じゃん」 といったツッコミが殺到。 タッパーやラップを多用した質素な雰囲気も、芸能人がネットにアップする弁当としては珍しいためか、 「なんでこんな茶色いの公開したの?」 「何をどうしたらコレらを世界中の人に見せびらかそうという発想になるんだろうか」 「自分で食べるんだから飾る必要はないけど人に見せられるシロモノじゃない」 など、公開した意図を気にする声が相次いだ。 だが、ネガティブな反応ばかりではない。 その素朴さが、ありのままの姿を感じさせたのか、 「リアルな弁当だ 変にデコったりしてなくて逆にいいと思うけど」 「生活感があって良い」 「普通に美味そうなんだが あと昨日の夜の余りだろ 家庭的で節約してる点が好感持てる」 といった声も少なくない。 弁当や料理は「インスタ映え」するよう美しく並べてアップするネットユーザーも多いため、 「弁当は見た目じゃないと言いたかったんだろ インスタ映えしか気にしない弁当は要らない」 「ええやんけ インスタ蝿より好感度高いわ」 と、昨今の風潮を引き合いに出しながら評価する向きもある。 さらには「一人身だと料理の見た目がどうでもよくなるんだよな」「キノコは低カロリー、年中安い、そこそこかさ増しできるから主婦の味方なんです」と、弁当作りの姿勢に共感する声もあがっていた。

次の