生理中 喉が渇く。 女性必読!生理前に目がしょぼしょぼするのは女性ホルモンと関係があった!

妊娠初期症状で喉が乾く原因は?こまめに水分補給をしよう

生理中 喉が渇く

喉が渇く原因の多くは、体内の水分が少なくなってきたからですが、それ以外の原因で喉の渇きを感じることもあります。 ここでは、喉の渇きのメカニズムや、1日に必要な水分量、正しい水分補給の方法などについてご紹介します。 体重が60kgの場合、36~42L程度の水分が体の中に入っている計算です。 そして身体の2%相当の水分が失われると、口渇中枢が刺激され、喉の乾きを感じるようになります。 喉の渇きがさらに進み、身体の3%相当の水分が失われると、脱水症状が起こりはじめます。 この頃にはかなりの喉の渇きを感じるはずですが、高齢になると喉の渇きを感じないことが多く、重篤状態になる場合もあります。 その他、身体の塩分濃度を調整するために喉の渇きを感じることもあります。 特に塩辛い料理を食べた後にとても喉が渇くのは、体内の塩分濃度を薄めるための働きと言えます。 人が1日に必要とする水分量 大人が1日に排出する水分は2~2. 5Lです。 「そんなにたくさんは出ていない」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、尿として排出されるのはおよそ半分の量で、それ以外は汗や息、皮膚からの蒸発により排出されます。 特に冬場は汗をかいていなくても、空気の乾燥によりかなりの量の水分が体から蒸発します。 このことから、大人が1日に必要な水分量としては、排出量分である2~2. 5Lとなります。 これは2Lのペットボトル1本強の量に相当しますが、水分は食事などからも摂取できますので、実際には1. 5L程度の水分を直接補給すれば、1日に必要な水分量を確保できると言えます。 子供は、大人以上に水分を必要としています。 幼児で体重1kg当たりに100ml程度と、大人の倍くらいになっています。 例えば体重20kgの子供で、1. 2~1. 6L必要とします。 水分量が足りないと隠れ脱水になる可能性もありますし、逆に極端に多すぎると低ナトリウム血症を引き起こす恐れもあります。 毎日必要量を何回かに分けて飲むように心掛けましょう。 そのほかの喉が渇く原因 喉が渇く原因は水分不足だけでなく、他にも様々な原因で喉が渇くことがあります。 十分に水分補給をしているにも関わらず喉が渇く場合は、以下のような原因が考えられるでしょう。 ストレスや緊張 ストレスや極度の緊張状態になると、唾液の分泌が抑制され、口の中がカラカラになります。 このような場合はお水をたくさん飲まず、口の中を潤すように含むとよいでしょう。 加齢によるもの 年齢を重ねるごとに自律神経の働きが弱くなり、唾液分泌が抑制されて喉が渇きやすくなります。 また、更年期障害が原因の場合は、短時間に汗を大量にかくホットフラッシュにより、一気に水分が不足することも考えられます。 このように、加齢に伴い水分摂取がますます大切になりますが、胃腸に負担をかけないよう、こまめに少量ずつ、常温のお水を飲むようにします。 糖尿病 糖尿病の代表的症状の1つに、喉の渇きがあげられます。 これは高血糖により体内の浸透圧が上がり、水分を十分に飲んでいても体内に吸収されず、尿として出てしまうのが原因です。 お水を飲んでも喉の渇きが止まらず、トイレに行く回数が多い場合は一度医療機関で診察を受けてみてください。 女性の生理 生理になるとホルモンが活発になり、子宮の強化や乳腺を発達させるために水分を貯めようとします。 この働きにより、普段よりも喉の渇きが感じられるようになります。 ついコーヒーなどで乾きを抑えようと考えてしまうかもしれませんが、カフェインは中毒性があり、胃の荒れ等の原因にもなるので、水分補給が目的の場合には、お水やカフェインが含まれていない麦茶などを飲みましょう。 水分補給の注意点 水分補給の鉄則は「少しずつ複数回に分ける」です。 1日に必要な飲料水の量は約1. 5L程度で、コップ8~9杯程度ですから、おおむね1~2時間にコップ1杯ずつのお水を飲むようにするとよいでしょう。 特に普段からお水を多く飲む人は、分けて飲むことを心掛けてください。 スポーツドリンクなどの清涼飲料水は塩分の他に糖分も多く含まれています。 特に激しい運動をしたり、汗をかいたりしたときは飲んでも構いませんが、普段の水分補給にはお水や麦茶などが望ましいと言えます。 コーヒーや緑茶はカフェインを多く含んでおり、利尿作用が働くので注意が必要です。 このように喉が渇く原因は水分不足の他、体のさまざまな病気のサインであることもあります。 上記を参考に喉の渇きの原因を見つけ、適切な量の水分を補給するようにしましょう。

次の

”生理痛”緩和のカギは水分摂取にあり!?

生理中 喉が渇く

便秘の男女差に関する調査 日常的な不快感を引き起こすベンピについてはよくよく調べられており、様々な事が判明しています。 特に、年齢と性別に関してはほぼ確定的な結果が出ているよう。 乳幼児、小児には便秘の訴えが極めて少なく、あっても男女差はほぼなし。 思春期を迎える頃からは圧倒的に女性が便秘になりやすく、 20-30代女性の半数に便秘の経験があるとも。 顧客ターゲット層を明確にした某製薬会社の便秘薬TVCMでも、出演者は軒並み20-30代の女性ですね。 60代を過ぎると男女ともに便秘の訴えが多いが、男女比はトントン。 こうした結果から、便秘については女性ホルモンの関与が指摘されています。 プロゲステロンの生理作用 思春期・成人女性の卵巣の黄体から分泌される プロゲステロンは、女性らしさを生み出すもととなる女性ホルモンの一種です。 生理時には着床の準備・維持のため、また妊娠時には妊娠の維持のため分泌されるプロゲステロンには、体内に水分を吸収・保持する働きがあります。 受精卵・胎児の生育に不可欠な水を蓄えるためです。 この時、外から摂りいれた水の大部分はうんち形成器官である大腸から吸収されるため、うんちを柔らかく保っておくために必要な水分さえも妊娠の準備・維持のために取り込まれてしまいます。 Oh, shit! (くそったれ!) 女性の体内では、ホルモンの作用により水利用の優先順位がくるくると変化するようです。 なお、便秘体質の方が妊娠を契機に快便になったという話もありますので個人差も。 喉の渇きとの関連も 「喉の渇き」という軽い不快感は、体内の需給バランスが需要側に振れたサインです。 ある部分で水の需要が増大し体内に保持していた水だけでは供給が間に合わなくなると、外から補充するために「喉の渇き」という感覚が起こされます。 感覚自体は異常でも何でもなく、全く持って正常で、しっかりと体内の水分需給バランスを感知できていると考えてよいでしょう。 生理の時や妊娠中には下記の作用に大量の水が投入されるため、普段より多くの水を外から求める必要がある結果、いつもより喉が渇きやすくなることがあるようです。 子宮内で組織が急速に形成• おっぱいが張る• 肌が瑞々しく艶っぽくなる• 熱っぽくなって血管容量が増える• なぜか鼻水がダラダラと溢れる 喉の渇きを感じたら、要求に従って潤してあげましょう。 イオンバランスを考慮した経口補水液という選択肢もありますが、砂糖が多く含まれる清涼飲料水以外であればなんでもよくって、水が一番かもしれません。 体内に生命を宿すことは、必然、母なる海を胎内に形成・維持することと言えるでしょう。 それはそれで大変なお仕事ですが、わたしたちのカラダにはそれをこなす神秘的ともいえる働きが備わっていると考えて間違いありません。 喉が乾いたら、水を飲む。 それが一番大事なことのように思われます。 寝ている間にノドが渇いてしまうのなら、予め寝る前に適量を蓄えておくのも良いかもしれません。 タンパク質を意識的に摂りいれて 生理や妊娠時には平常時よりも多くの栄養素が必要になります。 体内に新たな組織・生命を急速に作り上げるのだから、足りない分は外から補ってやらなければなりません。 特にタンパク質は身体をつくる必須の栄養素ですが、妊娠適齢期の女性の身体にとって何にも増して重要な子宮内の準備のために優先的に使われてしまいます。 それって、喉の渇きと関係ある? もちろん。 実は血液中に含まれる「アルブミン」というタンパク質は水分の保持という大きな役割を担っています。 摂りいれた水分を体内および胎内に保持できなければ、尿として外に捨てるしかありません。 体内に保持できる水分量を増やして予備的な水分をキープしたければ、いつもより多くのタンパク質を食事から摂りいれることを検討してみましょう。 便秘対策法 子宮方に水を奪われた大腸さんにとって、いつもより多めに摂取された水分は恵の雨となります。 また平常時に便秘薬で頑固な便秘を押し出している方も、妊娠となれば赤ちゃんへの薬の影響が心配されますので、できるだけ便秘薬に頼らず出す方法が求められています。 適正量の原材料を補充 食物繊維を摂り入れると、出るものの嵩が変わってきます。 食べたものが形を変えながら出ていくわけで、食べる量が少なすぎると出るものも出ないということになってしまいます。 食物繊維がいいのは、化学構造上、水と仲良しになりやすく、水分を奪い取られにくいということもあるかもしれません。 またごはん・パン・スパゲティなど炭水化物を減らすと便秘になったという事例は以下のような仮説的解釈ができるかもしれません。 うんちの3分の1を占めると言われる腸内細菌は炭水化物・糖分を分解して取り込み、自らのカラダを創りあげ、仲間を増やします。 このとき、細菌がその細胞内および細胞壁に保持する水分は人体へは取り込めないため、結果的にうんちに水分を与えることになっている。 とはいえ妊娠中にはかなりの食欲を発揮するそうなので、原材料不足はあまり問題にはならないかもしれません。 適切なウンチング・スタイル 排便時の姿勢であるウンチング・スタイルは、排便の成否や便秘改善と大きくかかわってきます。 腹筋に力を入れてうんちを力づくで押し出したり、捻り出したりするのではなく、スルッと流れるように出て行っちゃうのが理想形。 ウンコロジー・イノベーションは、和式トイレから。 このスタイルと 「天井を見上げながらするとスッキリ出る」という俗説の合わせ技で、快適なトイレ・ライフをご満喫ください。 やっぱり水分補給も 喉が渇いた時には、プロゲステロンの作用により既に大腸からも幾分かの水分を搾り取られ、それでもまだ足りないから外からも摂り入れようとしている状況だと考えられます。 そうなる前、うんちが固まってしまう前の段階で少量でもこまめに水分を補給できれば、便秘解消には繋がるやもしれません。 あるいは、イギリスにある古くからの言い伝えを現代日本に蘇らせてみましょう。 An apple a day keeps the doctor away.  (リンゴ一個で医者いらず。 ) 水分も食物繊維も摂取できるリンゴを一日一個摂り入れてみてはいかがでしょうか? 水配分の優先順位 生理時にも、妊娠中も、女性の身体は子宮を中心に水を分配するシステムを持っていると思われます。 万が一にも胎児が水不足とならないよう母体に水分を保持し続け、うんちがどうなろうと深くは考えない。 おそらく、海を出た生命が乾燥に強いと言われる卵生を捨て、胎生の動物、すなわち哺乳類を生み出す進化の過程で母体内に海を創り出す画期的なシステムを完成させたのでしょう。 「出すって、大切。 」ですけれども、うんちが必要以上に固くなっちゃうケアレス・ミスくらい見逃して、この生命の神秘に満点花丸、たいへんよくできました、をあげたいと思います。

次の

【めまい・ふらつき対策】生理中のめまい・ふらつきは軽減できる!

生理中 喉が渇く

口から摂取した水分は汗や排尿、呼吸によって失われ、体内の水分量が減ってくると脳の中枢が刺激され、喉の渇きを感じるようになります。 また、塩分やアルコールの摂取量が多くなると同じような現象が起こります。 これはごく自然な生理現象といえます。 その他、精神的に緊張する場面では口の中がカラカラに渇いてしまうこともよくあることです。 しかし、糖尿病など何らかの病気が原因で多尿や多汗がある場合、いくら飲んでも体からどんどん水分が失われていくため、やたら喉が渇くという状態になります。 また、精神科や心療内科などで扱われる病気、とくに自律神経失調症や心身症、うつ病などの患者さんの場合も似たような症状を訴えることがあります。 精神科等で扱われる薬には、副作用として口や喉が渇くものも多数あるようです。 いずれにしても、日常生活においてストレス過多や精神的な問題を抱えていない場合、多尿であることこそが喉が渇く原因と考えるべきかもしれません。 そして多尿といえば怖いのが糖尿病です。 大きく4つのタイプに分けられ、1型、2型、肝臓病など他の病気が原因で起こるタイプ、妊娠糖尿病があります。 圧倒的に2型が多く、お酒の飲みすぎや過食(とくに糖分、脂肪分の摂り過ぎ)、運動不足など生活習慣の乱れが原因となります。 インスリンの働きが悪くなる糖尿病では、血液中にブドウ糖(グルコース)の量が増えすぎて高血糖状態が続き、様々な臓器に障害をもたらします。 ブドウ糖は本来、私たちのエネルギー源となり、肝臓や筋肉、脂肪細胞などで利用されるものですが、糖尿病になると全身で上手に利用することも難しくなります。 従ってブドウ糖は尿に混じって排泄されることになります。 また、エネルギーとして利用できなくなるため、次第に痩せて行きます。 糖尿病で多尿になるのはなぜ? 腎臓内の糸球体で作られる原尿(尿の元となるもの)は1日に150リットルにも及びますが、糸球体の先にある尿細管で電解質や水分のほとんどが再吸収され、最終的に尿の量は1日1. 5リットル程度になります。 しかし、原尿の中にブドウ糖が多過ぎると、浸透圧を上昇させ尿細管での水分の再吸収が難しくなります。 結果として体外に出ていく尿の量が増え、多尿になります。 やたら喉が渇くというのは、糖尿病の初期症状とも言えますが、渇きが強ければ強いほど血糖値が上昇しているということなので、重症の場合も考えられます。 早期に治療を開始しないと、三大合併症といわれる腎症、神経症、網膜症などを発症する危険性が高くなります。 その他、動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞なども考慮しておく必要があります。 最悪、腎不全で人口透析をすることになったり、網膜症で失明したり、足が壊死して切断を強いられるなど非常に怖い病気ですが、食事療法、運動療法、薬物療法などで上手に血糖値をコントロール出来れば、普通の人と変わらない一生を送ることも可能なので、継続して治療を続けることが最も重要です。 症状一覧(上の検索窓もご利用下さい)•

次の