ピンク の 仔豚。 ピンク

十三ピンクの仔豚63

ピンク の 仔豚

花火大会のプログラムを見ると 打ち上げられる花火の名前、玉名が記載されています。 例えば「昇小花付芯入菊先青紅光露」などです。 一見すると漢字がずらりと並び 何のことかわからない玉名も然るべき個所に 区切りを入れてみるとどんな花火なのかを 表しているということがわかります。 昇小花付は、花火が上昇する時の変化を表し 芯入は芯の構造、菊は花火の形状の種類 先青紅は星と呼ばれる光や光彩の種類と変化形 光露は消え際の様子を表しているのです。 つまり・・・ 「昇小花付芯入菊先青紅光露」は 上昇中にいくつか小さい花が咲き 親星の内側に最低1つの芯がある菊の形状で、 星の先の方で青から赤に変化し消える直前にパッとひときわ 明るく一瞬輝く花火ということになります。 花火の形状の種類で代表的なものに 「菊」「牡丹」「柳」があります。 「菊」は、星が丸く菊の花のような形状を描き玉の中心から 外へ長く尾を引くように広がるのが特徴です。 一方「牡丹」は星が尾を引かずパッと光って消えます。 どちらも「割物」といわれる形式で作られています。 「柳」は、星の発光時間が長く星がしだれ柳のように尾を引き、下に落ちていきます。 花火の名前からどんな花火なのか予想して 花火を見てみるのも楽しいかもしれませんね。 徳川家康が見た花火はイギリス国王から贈られたもので、筒(つつ)の中につめた火薬が火柱のように上がる「手筒花火(てづつはなび)」だったんだ。 当時はまだ、いまのような打ち上げ花火はなかったんだよ。 それは、まん丸いボールのような花火玉から、どの方向にも同じように星が飛び出すからなんだ。 ただし、ハート型などの特別な形をした花火は、見る方向によって形がちがって見えるんだよ。 「たまやー」「かぎやー」のかけ声はなに? 花火大会に出かけると、花火が上がったときに「たまやー」とか「かぎやー」という「かけ声」をかける人がいることがあるよ。 このかけ声は江戸時代に始まったもので、江戸(いまの東京)で打ち上げ花火を作っていた「玉屋(たまや)」と「鍵屋(かぎや)」というお店の名前をかけ声にしているんだ。 花火大会で両方の花火が上がったとき、花火を見ていた人たちが、キレイだと思ったほうのお店の名前をさけんでいたんだって。 花火玉には、直径が約6. 9cmの小さな「2. 5号玉」から、直径が約114cmもある「40号玉」まで、いろいろな大きさがあるんだ。 花火玉の大きさによって、空に上がる高さや花火の大きさは変わるんだよ。 小さな「2. 5号玉」は約80mの高さまで上がり、花火の直径は約50mに広がるんだ。 もっとも大きな「40号玉」になると、なんと約750mの高さまで上がり、花火の直径も約750mになるんだ。

次の

ピンクの仔豚

ピンク の 仔豚

概要 [ ] 英語の pink は、元来の意であり 、の時代にはまだ色名としての用法はなかったとされる。 後に、ナデシコの花の色を指してpink、すなわち「 なでしこ色」と呼ぶようになった。 また、英語以外の多くのヨーロッパの言語では、ピンク色を指すのにを意味する語やその派生語を使い、いわば「 ばら色」という言い方をする。 日本語では英語を借りて「ピンク」「ピンク色」と呼ぶのが一般的だが、の花に見立てた「 」の名もある。 ほかに「 撫子色」(なでしこいろ)、「 」(せきちくいろ)などナデシコに由来する和色名もあるが、これらが英語pinkの同義語として扱われてきた実績がとくにあるわけではない。 実際の色は微妙に異なる。 ピンクの色料 [ ] ピンクの顕色は一般的には赤色顔料と白色顔料による。 においてはや、といったピンクの顔料が存在する(セラミック顔料で赤色顔料はカドミウムレッドをでコーティングしたファイアーレッドしか存在しない)。 特にクロムスズピンクはピンクから紫がかった赤、ワインレッドにいたる様々な色を出す。 また、強い印象を与える派手で鮮明なピンク色を ショッキング・ピンクと呼ぶ。 ピンクに関する事項 [ ] ピンクは、およびを表す。 がに収容されたを区別する印のうち、同性愛者に付けられたに由来する。 日本では、ピンクは性的な意味も持つ。 英語圏で成人映画を"blue movies"と呼ぶのに対し、日本では、これらはしばしば「ピンク映画」と呼ばれる。 ブルーが「より優美で繊細」であるのに対し、ピンクは「よりはっきりして力強い」と1918年版の『レディーズ・ホーム・ジャーナル』に書かれており、同書はそれが「一般的な見方」であるという。 脚注 [ ].

次の

ピンクの仔豚

ピンク の 仔豚

概要 [ ] 英語の pink は、元来の意であり 、の時代にはまだ色名としての用法はなかったとされる。 後に、ナデシコの花の色を指してpink、すなわち「 なでしこ色」と呼ぶようになった。 また、英語以外の多くのヨーロッパの言語では、ピンク色を指すのにを意味する語やその派生語を使い、いわば「 ばら色」という言い方をする。 日本語では英語を借りて「ピンク」「ピンク色」と呼ぶのが一般的だが、の花に見立てた「 」の名もある。 ほかに「 撫子色」(なでしこいろ)、「 」(せきちくいろ)などナデシコに由来する和色名もあるが、これらが英語pinkの同義語として扱われてきた実績がとくにあるわけではない。 実際の色は微妙に異なる。 ピンクの色料 [ ] ピンクの顕色は一般的には赤色顔料と白色顔料による。 においてはや、といったピンクの顔料が存在する(セラミック顔料で赤色顔料はカドミウムレッドをでコーティングしたファイアーレッドしか存在しない)。 特にクロムスズピンクはピンクから紫がかった赤、ワインレッドにいたる様々な色を出す。 また、強い印象を与える派手で鮮明なピンク色を ショッキング・ピンクと呼ぶ。 ピンクに関する事項 [ ] ピンクは、およびを表す。 がに収容されたを区別する印のうち、同性愛者に付けられたに由来する。 日本では、ピンクは性的な意味も持つ。 英語圏で成人映画を"blue movies"と呼ぶのに対し、日本では、これらはしばしば「ピンク映画」と呼ばれる。 ブルーが「より優美で繊細」であるのに対し、ピンクは「よりはっきりして力強い」と1918年版の『レディーズ・ホーム・ジャーナル』に書かれており、同書はそれが「一般的な見方」であるという。 脚注 [ ].

次の