水着 メルト。 【FGO】水着メルトリリス(ランサー)の評価|再臨素材とスキル上げ優先度

【FGO】メルトリリスも水着メルトも引けてないマスターを励ますレジライ

水着 メルト

4 Lv. 4 Lv. 1 全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、スキル2はLv上げで効果が伸びやすい。 またスキル1も効果量は少ないが自身のスターの稼ぎやすさから少しのLv上げでも役立つ場面は存在する。 優先度は低いが可能であれば上げておきたい。 【Step2】 Lv. 6 Lv. 6 Lv. 4 このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。 スキル1と2はLv6のCT短縮の恩恵が大きい。 9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。 スキル3は若干のスキルLv上げでは宝具対策として不十分だが、宝具ダメージ上昇の恩恵は得られる。 余裕があれば上げたい。 【Step3】 Lv. 9 Lv. 6 Lv. 10 敵宝具対策の役割をメルトリリスに持たせる場合はスキル3のLv10を目指す。 効果量だけでなくCT短縮も重要なので伝承結晶を使用する。 敵宝具対策を気にしない、もしくは自身のみの生存を優先する場合はスキル1を優先してクリティカルを安定させる。 【Step4】 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 このサーヴァントの理想形。 スキル1と2は最短CT5の3ターン有効なスキルなので伝承結晶を使用する恩恵が大きい。 四騎士とフォーリナーの5クラスに攻撃有利なので3つの伝承結晶となるが効率的と考えることもできる。 多くのクラスへ攻撃有利がとれる アルターエゴクラス共通の特徴として、 攻撃時に騎術殺へは1. 5倍ダメージ。 狂へは2倍のダメージと複数クラスに有利がとれる。 またほとんどのクラスからのダメージを半減するルーラーに対して等倍ダメージを与えられる。 防御面では弱点が少ないクラス アルターエゴの防御面の相性は、 狂からの1. 5倍以外はすべて等倍ダメージとなっている。 ダメージ半減できる有利なクラスは存在しないが、混成クエストなどで大ダメージを受けることを気にせず採用しやすいのが大きなメリットとなっている。 スターの偏りを作れる アルターエゴ共通の特徴として、キャスターよりもスターを集めやすく、ライダーよりもスターを集めづらい。 編成時に騎術でクラス統一するのではなく、アルターエゴを1人混ぜることで 少ないスターでもクリティカルを狙いやすくできる。 メルトリリスの強い点 長所 1. 多機能で優秀なアタッカー QuickでスターとNPを稼ぎやすく、クリティカルで宝具連発が狙える。 また回避2回や宝具威力ダウンなど敵宝具対策も所持した優秀なアタッカー。 四騎士相手など高難易度での混成クエストで活躍できる。 5倍、他は等倍で計算 EXTRA系は等倍 分のみ1. 強化クエストを終えることで次ターンの1ターン効果から、即時2ターン効果へと変わる。 高難易度で活きる弱体耐性を所持 クラススキルで「対魔力B」と「女神の神核B」を所持している。 弱体無効や高倍率な弱体耐性アップスキルほどの効果はないが、「追加効果」など 低確率の弱体付与であれば防ぎやすい。 クリティカル向きのクラススキルも所持 クラススキルで「騎乗B」と「単独行動A」も所持しており、 自身のQuick性能とクリティカル威力を常時アップの効果を得ている。 また「神性」特性によりステンノなど特定のスキル効果などの対象にもなる。 トップクラスに優秀なQuickを活かそう メルトリリスのQuickは4ヒットするので2~3枚目に置くことでスターを稼ぎやすい。 また1枚目 Arts補正が入れば、Quickで自身のArtsとほぼ同等のNPを得られる。 ダメージはクリティカルで補いつつスターとNPの両方を同時に稼ぎたい。 TIPS:『攻撃時のNP獲得のエネミー補正』 特定のクラスやエネミーを攻撃した際、NP獲得は約0. 8~1. 2倍ほど増減する場合がある。 術は 約1. 2倍:騎は 約1. 1倍と貯まりやすくなる。 殺は 約0. 9倍:狂は 約0. 8倍は貯まりづらくなる。 またスケルトン、ゴーストなど一部死霊系のエネミーもNPが貯まりやすい傾向にあるが、当てはまらない場合もある。 クリティカルやオーバキルと重ねることで大きな違いとなる。 NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算。 TIPS:『Busterボーナス』 1枚目にBを置くと宝具以外のカードのダメージが上昇する。 カードの種類や位置によって異なるが、ダメージは約1. 2~1. 6倍上昇する。 もともとダメージの低いBuster以外のカードほど大きく伸びる。 メルトリリスの弱点 短所 1. 防御有利がほぼ存在しない 弱点となる2倍ダメージを受けることはないが、ダメージ半減の防御有利にはなりづらい。 長期戦や高難易度では編成で補う必要がある。 スキルLv上げでのCT短縮や、防御力アップ付与で補いたい。 相性有利が出現しづらい アルターエゴ共通の問題として、攻撃と防御有利2倍となるクラス「フォーリナー」は存在するが、2019年2月時点では出現しづらい。 狂は2倍とはいえ、騎術殺は攻撃有利1. 5倍なので 有利クラスの多さと、クリティカルの狙いやすさで補おう。 EXTRAクラスはスキルLv上げが困難 一部のEXTRAクラスの共通の問題として、 スキルLv上げに複数のクラスのスキル強化素材を使用する。 メルトリリスのスキルはどれも優秀だがスキルLv上げが運用に直結するため、難易度が高いのは困りどころ。 メルトリリスの運用 1. 攻撃有利1. 5倍は補える キャスターとアサシンクラスはダメージに0. 9倍のマイナス補正が入るので、実際には1. 8倍の攻撃有利となる。 そのため自身の1. 5倍と大差にはなりづらく、Busterボーナスや元々のATKの高さで補える。 またキャスター相手は宝具連発で補いやすい。 ライダーやアーチャーと組むとそちらに寄っていく。 敵宝具はNP獲得のチャンス FGOは被攻撃時にも1ヒットごとにNPを得られるので、ヒット数が多い傾向にある敵宝具はNP獲得のチャンスとなる。 「メルトウイルスEX」や回避で 敵宝具を耐える運用であれば、NP獲得チャンスはクリティカルやオーバーキル以外でも作れる。 高難易度での敵宝具対策 敵宝具対策は1人だけでは行いづらい。 たとえばマーリンやダビデは全体無敵・回避付与を所持しているが、 多くの場合、スキル再使用は2回目の敵宝具には間に合わない。 しかしもう1つの対策があれば、2つの手段を交互に使用することで長期戦が可能。 中の人A スキル再使用を気にしなくてよい ジャンヌの全体無敵宝具が優秀な理由です。 ジャンヌはArtsが2枚以上ありArtsチェインができればパーティに組み込みやすく、防御面をお手軽に補えます。 ですがメルトリリスはArtsが1枚なので若干組みづらいです。 それならばメルトウイルスEXを活かした方が効率的です。 そのままメルトリリス1人の状態に持ち込めれば3ターン連続の宝具QQが行える。 オーダーチェンジを活用しよう サポーターの大量の強化付与後にメルトリリスをオーダーチェンジで最後尾、もしくは4人目に移動させると良い。 メルト以外を敵全体宝具で全滅できれば、メルトのカードが毎ターン全て揃う。 攻撃有利のボス出現時にはおすすめ。 BBから作られたアルターエゴのひとり。 何物をも溶かす毒の蜜、触れるものを切り裂く鉄の脚、そして容赦のない加虐性に満ちた性格を持つ超攻撃型アルターエゴ。 BBが作り出したアルターエゴの中でもトップクラスの総合性能を持ち、ドレイン機能においてはBBさえ上回る。 それ故にBBへの敬意は薄く、また、他のエゴたちを軽視。 自らが完成された個体であると自覚しているため、大変プライドが高い。 「私、自分でもどうかと思うほど加虐体質なの。 嫌がる相手を徹底的に蹴り倒せるなんて、正直、たまらないわ」 まさに水の女王といった体だが、肉体はどのエゴより華奢で可憐な少女像となっている。 パラメーター 好戦的で無慈悲。 かつ加虐趣味。 構造的な美しさを好み、醜いものを許さない潔癖性。 自分が完璧な存在であり、自分だけですべてを成し得られると自負しているのでプライドが高い。 人間を見下し、物事を悲観し、何事もつまらない、という不機嫌ぶりを見せるが、それは「美しいものを見たい」という願いの裏返し。 メルトリリスは『少女の願い』から生まれたアルターエゴなので、その根底にはパッションリップ同様、白馬の王子様願望がある。 冷酷だが、それは思慮深く理性的という事であり、 無慈悲だが、それは物事を見定める公平さであり、 加虐趣味だが、それは好きになった相手にひたすら干渉する、という面倒見の良さである。 自分が怪物である事を理解している為、人間と分かり合えるとは思っていない。 思っていないので怪物として振る舞っているが、誰かと恋に落ちれば自分が怪物であろうと関係なしに奉仕をする、恋に生きるプリマドンナ。 絆Lv. 3で開放 『弁財天五弦琵琶』 ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:20~500 サラスヴァティー・メルトアウト。 舞台が完全なSE. PHではないため、本来の能力を絞り、物理攻撃特化に調整された。 本来は対人ではなく対衆、対界宝具。 戦闘や戦士に用いるものではなく、一定の文明を築いた文明圏に用いるもの。 メルトリリスの蜜は肉体だけでなく精神まで甘く溶かす。 この宝具はそのコミュニティーの良識、道徳をとろけさせ、群体のように一体化させてしまう。 そうして身も心も社会もスライム化したものを踏みにじり、吸収するのが本来の力である。 非戦闘員に対して絶大な効果を発揮するあたり、メルトリリスのたちの悪さがにじみ出ている。 絆Lv. 4で開放 ハイ・サーヴァント:A 複数の神話エッセンスを合成して作られた人工サーヴァント。 アルテミス、リヴァイアサン、サラスヴァティの要素を持つ。 加虐体質:A 戦闘において、自己の攻撃性にプラス補正がかかるスキル。 プラススキルのように思われがちだが、これを持つ者は戦闘が長引けば長引くほど加虐性を増し、普段の冷静さを失ってしまう。 クライム・バレエ:A 単なるバトルスタイル。 クラシックバレエに傾倒するメイトリリスが自らを再調整した結果、成立した攻撃スキルの数々。 バレエに傾倒したのはそのイメージによるものと思われるが、相手の能力を奪い続けるスキルの影響か、現在の好戦的な性格になっている。 絆Lv. 5で開放 メルトウイルス:EX イデスと呼ばれる、 アルターエゴたちが生まれながらに持つ特殊能力。 スキル『吸収』から進化したチートスキル。 エナジードレインの最上級。 ドレイン、コピー、スケールダウンなどを可能とする。 神経障害: メルトリリスは五感のうち、触覚が低下している。 絆Lv. 5で開放 他人を取り込もうとするクセに、 他人からの理解・共感を欲しがらないのは、 メルトリリスには他人の気持ちが分からないからだ。 彼女に他人は必要ない。 愛も夢も共有できない。 自己完結しているメルトリリスにとって、 対象の気持ちは考慮するに値しない。 高圧的な態度で自分の愛情こそが正しいと断言する。 話し合うつもりはなく (既に、その必要を感じないほど愛している)、 触れあいたい欲望もなく (既に、その程度の快楽では物足りない) 愛してほしいと告げる気もない。 (既に、そんな相互理解は必要ない) まさにナイナイ尽くしの高飛車エゴ。 再臨画像 最終再臨ネタバレ注意 最終再臨までの画像を掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください 未来も過去も、他人も世界も不純だと少女は語った。 自分だけがあればいいと、他の花は必要ないと。 けれど、かつての思い出は孤高の心を破壊した。 輝かしいものは限りなく。 自分以外の美を尊ぶ弱さを知ったのだ。 「ええ、確かに恋は知りました。 でも私のプライドは変わりません。 愛しいものは手に入れる。 美しいものは傅かせる。 多くの愛を踏み台にして、湖上の星として輝くわ。 それが私を愛した人へ返せる、最大の感謝というものではなくて?」蜜の女王は不敵に笑う。 贈られた花を踏みにじる事なく、大切に抱えながら。 バレンタイン礼装 ネタバレ注意 バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください。

次の

FGO水着イベント2019のメルトのクラスは何?レアリティも!|ごろーの色々総合ブログ

水着 メルト

4 Lv. 4 Lv. 1 全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、スキル2はLv上げで効果が伸びやすい。 またスキル1も効果量は少ないが自身のスターの稼ぎやすさから少しのLv上げでも役立つ場面は存在する。 優先度は低いが可能であれば上げておきたい。 【Step2】 Lv. 6 Lv. 6 Lv. 4 このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。 スキル1と2はLv6のCT短縮の恩恵が大きい。 9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。 スキル3は若干のスキルLv上げでは宝具対策として不十分だが、宝具ダメージ上昇の恩恵は得られる。 余裕があれば上げたい。 【Step3】 Lv. 9 Lv. 6 Lv. 10 敵宝具対策の役割をメルトリリスに持たせる場合はスキル3のLv10を目指す。 効果量だけでなくCT短縮も重要なので伝承結晶を使用する。 敵宝具対策を気にしない、もしくは自身のみの生存を優先する場合はスキル1を優先してクリティカルを安定させる。 【Step4】 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 このサーヴァントの理想形。 スキル1と2は最短CT5の3ターン有効なスキルなので伝承結晶を使用する恩恵が大きい。 四騎士とフォーリナーの5クラスに攻撃有利なので3つの伝承結晶となるが効率的と考えることもできる。 多くのクラスへ攻撃有利がとれる アルターエゴクラス共通の特徴として、 攻撃時に騎術殺へは1. 5倍ダメージ。 狂へは2倍のダメージと複数クラスに有利がとれる。 またほとんどのクラスからのダメージを半減するルーラーに対して等倍ダメージを与えられる。 防御面では弱点が少ないクラス アルターエゴの防御面の相性は、 狂からの1. 5倍以外はすべて等倍ダメージとなっている。 ダメージ半減できる有利なクラスは存在しないが、混成クエストなどで大ダメージを受けることを気にせず採用しやすいのが大きなメリットとなっている。 スターの偏りを作れる アルターエゴ共通の特徴として、キャスターよりもスターを集めやすく、ライダーよりもスターを集めづらい。 編成時に騎術でクラス統一するのではなく、アルターエゴを1人混ぜることで 少ないスターでもクリティカルを狙いやすくできる。 メルトリリスの強い点 長所 1. 多機能で優秀なアタッカー QuickでスターとNPを稼ぎやすく、クリティカルで宝具連発が狙える。 また回避2回や宝具威力ダウンなど敵宝具対策も所持した優秀なアタッカー。 四騎士相手など高難易度での混成クエストで活躍できる。 5倍、他は等倍で計算 EXTRA系は等倍 分のみ1. 強化クエストを終えることで次ターンの1ターン効果から、即時2ターン効果へと変わる。 高難易度で活きる弱体耐性を所持 クラススキルで「対魔力B」と「女神の神核B」を所持している。 弱体無効や高倍率な弱体耐性アップスキルほどの効果はないが、「追加効果」など 低確率の弱体付与であれば防ぎやすい。 クリティカル向きのクラススキルも所持 クラススキルで「騎乗B」と「単独行動A」も所持しており、 自身のQuick性能とクリティカル威力を常時アップの効果を得ている。 また「神性」特性によりステンノなど特定のスキル効果などの対象にもなる。 トップクラスに優秀なQuickを活かそう メルトリリスのQuickは4ヒットするので2~3枚目に置くことでスターを稼ぎやすい。 また1枚目 Arts補正が入れば、Quickで自身のArtsとほぼ同等のNPを得られる。 ダメージはクリティカルで補いつつスターとNPの両方を同時に稼ぎたい。 TIPS:『攻撃時のNP獲得のエネミー補正』 特定のクラスやエネミーを攻撃した際、NP獲得は約0. 8~1. 2倍ほど増減する場合がある。 術は 約1. 2倍:騎は 約1. 1倍と貯まりやすくなる。 殺は 約0. 9倍:狂は 約0. 8倍は貯まりづらくなる。 またスケルトン、ゴーストなど一部死霊系のエネミーもNPが貯まりやすい傾向にあるが、当てはまらない場合もある。 クリティカルやオーバキルと重ねることで大きな違いとなる。 NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算。 TIPS:『Busterボーナス』 1枚目にBを置くと宝具以外のカードのダメージが上昇する。 カードの種類や位置によって異なるが、ダメージは約1. 2~1. 6倍上昇する。 もともとダメージの低いBuster以外のカードほど大きく伸びる。 メルトリリスの弱点 短所 1. 防御有利がほぼ存在しない 弱点となる2倍ダメージを受けることはないが、ダメージ半減の防御有利にはなりづらい。 長期戦や高難易度では編成で補う必要がある。 スキルLv上げでのCT短縮や、防御力アップ付与で補いたい。 相性有利が出現しづらい アルターエゴ共通の問題として、攻撃と防御有利2倍となるクラス「フォーリナー」は存在するが、2019年2月時点では出現しづらい。 狂は2倍とはいえ、騎術殺は攻撃有利1. 5倍なので 有利クラスの多さと、クリティカルの狙いやすさで補おう。 EXTRAクラスはスキルLv上げが困難 一部のEXTRAクラスの共通の問題として、 スキルLv上げに複数のクラスのスキル強化素材を使用する。 メルトリリスのスキルはどれも優秀だがスキルLv上げが運用に直結するため、難易度が高いのは困りどころ。 メルトリリスの運用 1. 攻撃有利1. 5倍は補える キャスターとアサシンクラスはダメージに0. 9倍のマイナス補正が入るので、実際には1. 8倍の攻撃有利となる。 そのため自身の1. 5倍と大差にはなりづらく、Busterボーナスや元々のATKの高さで補える。 またキャスター相手は宝具連発で補いやすい。 ライダーやアーチャーと組むとそちらに寄っていく。 敵宝具はNP獲得のチャンス FGOは被攻撃時にも1ヒットごとにNPを得られるので、ヒット数が多い傾向にある敵宝具はNP獲得のチャンスとなる。 「メルトウイルスEX」や回避で 敵宝具を耐える運用であれば、NP獲得チャンスはクリティカルやオーバーキル以外でも作れる。 高難易度での敵宝具対策 敵宝具対策は1人だけでは行いづらい。 たとえばマーリンやダビデは全体無敵・回避付与を所持しているが、 多くの場合、スキル再使用は2回目の敵宝具には間に合わない。 しかしもう1つの対策があれば、2つの手段を交互に使用することで長期戦が可能。 中の人A スキル再使用を気にしなくてよい ジャンヌの全体無敵宝具が優秀な理由です。 ジャンヌはArtsが2枚以上ありArtsチェインができればパーティに組み込みやすく、防御面をお手軽に補えます。 ですがメルトリリスはArtsが1枚なので若干組みづらいです。 それならばメルトウイルスEXを活かした方が効率的です。 そのままメルトリリス1人の状態に持ち込めれば3ターン連続の宝具QQが行える。 オーダーチェンジを活用しよう サポーターの大量の強化付与後にメルトリリスをオーダーチェンジで最後尾、もしくは4人目に移動させると良い。 メルト以外を敵全体宝具で全滅できれば、メルトのカードが毎ターン全て揃う。 攻撃有利のボス出現時にはおすすめ。 BBから作られたアルターエゴのひとり。 何物をも溶かす毒の蜜、触れるものを切り裂く鉄の脚、そして容赦のない加虐性に満ちた性格を持つ超攻撃型アルターエゴ。 BBが作り出したアルターエゴの中でもトップクラスの総合性能を持ち、ドレイン機能においてはBBさえ上回る。 それ故にBBへの敬意は薄く、また、他のエゴたちを軽視。 自らが完成された個体であると自覚しているため、大変プライドが高い。 「私、自分でもどうかと思うほど加虐体質なの。 嫌がる相手を徹底的に蹴り倒せるなんて、正直、たまらないわ」 まさに水の女王といった体だが、肉体はどのエゴより華奢で可憐な少女像となっている。 パラメーター 好戦的で無慈悲。 かつ加虐趣味。 構造的な美しさを好み、醜いものを許さない潔癖性。 自分が完璧な存在であり、自分だけですべてを成し得られると自負しているのでプライドが高い。 人間を見下し、物事を悲観し、何事もつまらない、という不機嫌ぶりを見せるが、それは「美しいものを見たい」という願いの裏返し。 メルトリリスは『少女の願い』から生まれたアルターエゴなので、その根底にはパッションリップ同様、白馬の王子様願望がある。 冷酷だが、それは思慮深く理性的という事であり、 無慈悲だが、それは物事を見定める公平さであり、 加虐趣味だが、それは好きになった相手にひたすら干渉する、という面倒見の良さである。 自分が怪物である事を理解している為、人間と分かり合えるとは思っていない。 思っていないので怪物として振る舞っているが、誰かと恋に落ちれば自分が怪物であろうと関係なしに奉仕をする、恋に生きるプリマドンナ。 絆Lv. 3で開放 『弁財天五弦琵琶』 ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:20~500 サラスヴァティー・メルトアウト。 舞台が完全なSE. PHではないため、本来の能力を絞り、物理攻撃特化に調整された。 本来は対人ではなく対衆、対界宝具。 戦闘や戦士に用いるものではなく、一定の文明を築いた文明圏に用いるもの。 メルトリリスの蜜は肉体だけでなく精神まで甘く溶かす。 この宝具はそのコミュニティーの良識、道徳をとろけさせ、群体のように一体化させてしまう。 そうして身も心も社会もスライム化したものを踏みにじり、吸収するのが本来の力である。 非戦闘員に対して絶大な効果を発揮するあたり、メルトリリスのたちの悪さがにじみ出ている。 絆Lv. 4で開放 ハイ・サーヴァント:A 複数の神話エッセンスを合成して作られた人工サーヴァント。 アルテミス、リヴァイアサン、サラスヴァティの要素を持つ。 加虐体質:A 戦闘において、自己の攻撃性にプラス補正がかかるスキル。 プラススキルのように思われがちだが、これを持つ者は戦闘が長引けば長引くほど加虐性を増し、普段の冷静さを失ってしまう。 クライム・バレエ:A 単なるバトルスタイル。 クラシックバレエに傾倒するメイトリリスが自らを再調整した結果、成立した攻撃スキルの数々。 バレエに傾倒したのはそのイメージによるものと思われるが、相手の能力を奪い続けるスキルの影響か、現在の好戦的な性格になっている。 絆Lv. 5で開放 メルトウイルス:EX イデスと呼ばれる、 アルターエゴたちが生まれながらに持つ特殊能力。 スキル『吸収』から進化したチートスキル。 エナジードレインの最上級。 ドレイン、コピー、スケールダウンなどを可能とする。 神経障害: メルトリリスは五感のうち、触覚が低下している。 絆Lv. 5で開放 他人を取り込もうとするクセに、 他人からの理解・共感を欲しがらないのは、 メルトリリスには他人の気持ちが分からないからだ。 彼女に他人は必要ない。 愛も夢も共有できない。 自己完結しているメルトリリスにとって、 対象の気持ちは考慮するに値しない。 高圧的な態度で自分の愛情こそが正しいと断言する。 話し合うつもりはなく (既に、その必要を感じないほど愛している)、 触れあいたい欲望もなく (既に、その程度の快楽では物足りない) 愛してほしいと告げる気もない。 (既に、そんな相互理解は必要ない) まさにナイナイ尽くしの高飛車エゴ。 再臨画像 最終再臨ネタバレ注意 最終再臨までの画像を掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください 未来も過去も、他人も世界も不純だと少女は語った。 自分だけがあればいいと、他の花は必要ないと。 けれど、かつての思い出は孤高の心を破壊した。 輝かしいものは限りなく。 自分以外の美を尊ぶ弱さを知ったのだ。 「ええ、確かに恋は知りました。 でも私のプライドは変わりません。 愛しいものは手に入れる。 美しいものは傅かせる。 多くの愛を踏み台にして、湖上の星として輝くわ。 それが私を愛した人へ返せる、最大の感謝というものではなくて?」蜜の女王は不敵に笑う。 贈られた花を踏みにじる事なく、大切に抱えながら。 バレンタイン礼装 ネタバレ注意 バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください。

次の

【FGO】水着メルトシステムのやり方と3ターン周回での編成例

水着 メルト

4 Lv. 4 Lv. 1 全スキルLv1でも最低限の運用に支障はないが、スキル2はLv上げで効果が伸びやすい。 またスキル1も効果量は少ないが自身のスターの稼ぎやすさから少しのLv上げでも役立つ場面は存在する。 優先度は低いが可能であれば上げておきたい。 【Step2】 Lv. 6 Lv. 6 Lv. 4 このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。 スキル1と2はLv6のCT短縮の恩恵が大きい。 9ターンで決着した場合、6ターン効果とお得。 スキル3は若干のスキルLv上げでは宝具対策として不十分だが、宝具ダメージ上昇の恩恵は得られる。 余裕があれば上げたい。 【Step3】 Lv. 9 Lv. 6 Lv. 10 敵宝具対策の役割をメルトリリスに持たせる場合はスキル3のLv10を目指す。 効果量だけでなくCT短縮も重要なので伝承結晶を使用する。 敵宝具対策を気にしない、もしくは自身のみの生存を優先する場合はスキル1を優先してクリティカルを安定させる。 【Step4】 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 このサーヴァントの理想形。 スキル1と2は最短CT5の3ターン有効なスキルなので伝承結晶を使用する恩恵が大きい。 四騎士とフォーリナーの5クラスに攻撃有利なので3つの伝承結晶となるが効率的と考えることもできる。 多くのクラスへ攻撃有利がとれる アルターエゴクラス共通の特徴として、 攻撃時に騎術殺へは1. 5倍ダメージ。 狂へは2倍のダメージと複数クラスに有利がとれる。 またほとんどのクラスからのダメージを半減するルーラーに対して等倍ダメージを与えられる。 防御面では弱点が少ないクラス アルターエゴの防御面の相性は、 狂からの1. 5倍以外はすべて等倍ダメージとなっている。 ダメージ半減できる有利なクラスは存在しないが、混成クエストなどで大ダメージを受けることを気にせず採用しやすいのが大きなメリットとなっている。 スターの偏りを作れる アルターエゴ共通の特徴として、キャスターよりもスターを集めやすく、ライダーよりもスターを集めづらい。 編成時に騎術でクラス統一するのではなく、アルターエゴを1人混ぜることで 少ないスターでもクリティカルを狙いやすくできる。 メルトリリスの強い点 長所 1. 多機能で優秀なアタッカー QuickでスターとNPを稼ぎやすく、クリティカルで宝具連発が狙える。 また回避2回や宝具威力ダウンなど敵宝具対策も所持した優秀なアタッカー。 四騎士相手など高難易度での混成クエストで活躍できる。 5倍、他は等倍で計算 EXTRA系は等倍 分のみ1. 強化クエストを終えることで次ターンの1ターン効果から、即時2ターン効果へと変わる。 高難易度で活きる弱体耐性を所持 クラススキルで「対魔力B」と「女神の神核B」を所持している。 弱体無効や高倍率な弱体耐性アップスキルほどの効果はないが、「追加効果」など 低確率の弱体付与であれば防ぎやすい。 クリティカル向きのクラススキルも所持 クラススキルで「騎乗B」と「単独行動A」も所持しており、 自身のQuick性能とクリティカル威力を常時アップの効果を得ている。 また「神性」特性によりステンノなど特定のスキル効果などの対象にもなる。 トップクラスに優秀なQuickを活かそう メルトリリスのQuickは4ヒットするので2~3枚目に置くことでスターを稼ぎやすい。 また1枚目 Arts補正が入れば、Quickで自身のArtsとほぼ同等のNPを得られる。 ダメージはクリティカルで補いつつスターとNPの両方を同時に稼ぎたい。 TIPS:『攻撃時のNP獲得のエネミー補正』 特定のクラスやエネミーを攻撃した際、NP獲得は約0. 8~1. 2倍ほど増減する場合がある。 術は 約1. 2倍:騎は 約1. 1倍と貯まりやすくなる。 殺は 約0. 9倍:狂は 約0. 8倍は貯まりづらくなる。 またスケルトン、ゴーストなど一部死霊系のエネミーもNPが貯まりやすい傾向にあるが、当てはまらない場合もある。 クリティカルやオーバキルと重ねることで大きな違いとなる。 NP獲得量UPなどのスキルとは別枠の乗算。 TIPS:『Busterボーナス』 1枚目にBを置くと宝具以外のカードのダメージが上昇する。 カードの種類や位置によって異なるが、ダメージは約1. 2~1. 6倍上昇する。 もともとダメージの低いBuster以外のカードほど大きく伸びる。 メルトリリスの弱点 短所 1. 防御有利がほぼ存在しない 弱点となる2倍ダメージを受けることはないが、ダメージ半減の防御有利にはなりづらい。 長期戦や高難易度では編成で補う必要がある。 スキルLv上げでのCT短縮や、防御力アップ付与で補いたい。 相性有利が出現しづらい アルターエゴ共通の問題として、攻撃と防御有利2倍となるクラス「フォーリナー」は存在するが、2019年2月時点では出現しづらい。 狂は2倍とはいえ、騎術殺は攻撃有利1. 5倍なので 有利クラスの多さと、クリティカルの狙いやすさで補おう。 EXTRAクラスはスキルLv上げが困難 一部のEXTRAクラスの共通の問題として、 スキルLv上げに複数のクラスのスキル強化素材を使用する。 メルトリリスのスキルはどれも優秀だがスキルLv上げが運用に直結するため、難易度が高いのは困りどころ。 メルトリリスの運用 1. 攻撃有利1. 5倍は補える キャスターとアサシンクラスはダメージに0. 9倍のマイナス補正が入るので、実際には1. 8倍の攻撃有利となる。 そのため自身の1. 5倍と大差にはなりづらく、Busterボーナスや元々のATKの高さで補える。 またキャスター相手は宝具連発で補いやすい。 ライダーやアーチャーと組むとそちらに寄っていく。 敵宝具はNP獲得のチャンス FGOは被攻撃時にも1ヒットごとにNPを得られるので、ヒット数が多い傾向にある敵宝具はNP獲得のチャンスとなる。 「メルトウイルスEX」や回避で 敵宝具を耐える運用であれば、NP獲得チャンスはクリティカルやオーバーキル以外でも作れる。 高難易度での敵宝具対策 敵宝具対策は1人だけでは行いづらい。 たとえばマーリンやダビデは全体無敵・回避付与を所持しているが、 多くの場合、スキル再使用は2回目の敵宝具には間に合わない。 しかしもう1つの対策があれば、2つの手段を交互に使用することで長期戦が可能。 中の人A スキル再使用を気にしなくてよい ジャンヌの全体無敵宝具が優秀な理由です。 ジャンヌはArtsが2枚以上ありArtsチェインができればパーティに組み込みやすく、防御面をお手軽に補えます。 ですがメルトリリスはArtsが1枚なので若干組みづらいです。 それならばメルトウイルスEXを活かした方が効率的です。 そのままメルトリリス1人の状態に持ち込めれば3ターン連続の宝具QQが行える。 オーダーチェンジを活用しよう サポーターの大量の強化付与後にメルトリリスをオーダーチェンジで最後尾、もしくは4人目に移動させると良い。 メルト以外を敵全体宝具で全滅できれば、メルトのカードが毎ターン全て揃う。 攻撃有利のボス出現時にはおすすめ。 BBから作られたアルターエゴのひとり。 何物をも溶かす毒の蜜、触れるものを切り裂く鉄の脚、そして容赦のない加虐性に満ちた性格を持つ超攻撃型アルターエゴ。 BBが作り出したアルターエゴの中でもトップクラスの総合性能を持ち、ドレイン機能においてはBBさえ上回る。 それ故にBBへの敬意は薄く、また、他のエゴたちを軽視。 自らが完成された個体であると自覚しているため、大変プライドが高い。 「私、自分でもどうかと思うほど加虐体質なの。 嫌がる相手を徹底的に蹴り倒せるなんて、正直、たまらないわ」 まさに水の女王といった体だが、肉体はどのエゴより華奢で可憐な少女像となっている。 パラメーター 好戦的で無慈悲。 かつ加虐趣味。 構造的な美しさを好み、醜いものを許さない潔癖性。 自分が完璧な存在であり、自分だけですべてを成し得られると自負しているのでプライドが高い。 人間を見下し、物事を悲観し、何事もつまらない、という不機嫌ぶりを見せるが、それは「美しいものを見たい」という願いの裏返し。 メルトリリスは『少女の願い』から生まれたアルターエゴなので、その根底にはパッションリップ同様、白馬の王子様願望がある。 冷酷だが、それは思慮深く理性的という事であり、 無慈悲だが、それは物事を見定める公平さであり、 加虐趣味だが、それは好きになった相手にひたすら干渉する、という面倒見の良さである。 自分が怪物である事を理解している為、人間と分かり合えるとは思っていない。 思っていないので怪物として振る舞っているが、誰かと恋に落ちれば自分が怪物であろうと関係なしに奉仕をする、恋に生きるプリマドンナ。 絆Lv. 3で開放 『弁財天五弦琵琶』 ランク:EX 種別:対人宝具 レンジ:20~500 サラスヴァティー・メルトアウト。 舞台が完全なSE. PHではないため、本来の能力を絞り、物理攻撃特化に調整された。 本来は対人ではなく対衆、対界宝具。 戦闘や戦士に用いるものではなく、一定の文明を築いた文明圏に用いるもの。 メルトリリスの蜜は肉体だけでなく精神まで甘く溶かす。 この宝具はそのコミュニティーの良識、道徳をとろけさせ、群体のように一体化させてしまう。 そうして身も心も社会もスライム化したものを踏みにじり、吸収するのが本来の力である。 非戦闘員に対して絶大な効果を発揮するあたり、メルトリリスのたちの悪さがにじみ出ている。 絆Lv. 4で開放 ハイ・サーヴァント:A 複数の神話エッセンスを合成して作られた人工サーヴァント。 アルテミス、リヴァイアサン、サラスヴァティの要素を持つ。 加虐体質:A 戦闘において、自己の攻撃性にプラス補正がかかるスキル。 プラススキルのように思われがちだが、これを持つ者は戦闘が長引けば長引くほど加虐性を増し、普段の冷静さを失ってしまう。 クライム・バレエ:A 単なるバトルスタイル。 クラシックバレエに傾倒するメイトリリスが自らを再調整した結果、成立した攻撃スキルの数々。 バレエに傾倒したのはそのイメージによるものと思われるが、相手の能力を奪い続けるスキルの影響か、現在の好戦的な性格になっている。 絆Lv. 5で開放 メルトウイルス:EX イデスと呼ばれる、 アルターエゴたちが生まれながらに持つ特殊能力。 スキル『吸収』から進化したチートスキル。 エナジードレインの最上級。 ドレイン、コピー、スケールダウンなどを可能とする。 神経障害: メルトリリスは五感のうち、触覚が低下している。 絆Lv. 5で開放 他人を取り込もうとするクセに、 他人からの理解・共感を欲しがらないのは、 メルトリリスには他人の気持ちが分からないからだ。 彼女に他人は必要ない。 愛も夢も共有できない。 自己完結しているメルトリリスにとって、 対象の気持ちは考慮するに値しない。 高圧的な態度で自分の愛情こそが正しいと断言する。 話し合うつもりはなく (既に、その必要を感じないほど愛している)、 触れあいたい欲望もなく (既に、その程度の快楽では物足りない) 愛してほしいと告げる気もない。 (既に、そんな相互理解は必要ない) まさにナイナイ尽くしの高飛車エゴ。 再臨画像 最終再臨ネタバレ注意 最終再臨までの画像を掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください 未来も過去も、他人も世界も不純だと少女は語った。 自分だけがあればいいと、他の花は必要ないと。 けれど、かつての思い出は孤高の心を破壊した。 輝かしいものは限りなく。 自分以外の美を尊ぶ弱さを知ったのだ。 「ええ、確かに恋は知りました。 でも私のプライドは変わりません。 愛しいものは手に入れる。 美しいものは傅かせる。 多くの愛を踏み台にして、湖上の星として輝くわ。 それが私を愛した人へ返せる、最大の感謝というものではなくて?」蜜の女王は不敵に笑う。 贈られた花を踏みにじる事なく、大切に抱えながら。 バレンタイン礼装 ネタバレ注意 バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください。

次の