心がけ 類語。 心がけるの意味とは?正しい使い方・例文・類語や心がけが悪い場合の例も

「身だしなみ」の意味とは?定義・身だしなみの三原則も解説

心がけ 類語

「心がける」の意味とは? 意味 心がけるという言葉を辞書でひくと「常に気に留め、忘れることのないようにする」と出てきます。 必要な物事を心のなかで常に気にしておくこと、とも言い換えられます。 自分の中で大切にしていることや、改善したいと思っていることを表す言葉です。 「心掛ける」との使い分け方 「心がける」と「心掛ける」。 読み方、文字数共に同じこの2つの言葉の大きな意味は同じですが、「がける」の部分が漢字かひらがなかだけで詳細な意味や印象が違うものになります。 漢字を使用した方の「心掛ける」では「注意する」という意味合いがより強いものになります。 「節約を心掛ける」といった用法で使われます。 一方で「心がける」の方は「気に留める」というニュアンスが強く出ているものです。 「健康な生活を心がける」という風に使われます。 意味合いとしては「心掛ける」の方が強いものになります。 強制力や気を付けている度合いもこちらの方が強く、なんとなく気にしている程度であれば「心がける」を使用した方が無難です。 履歴書に心がけていることを書く際などは、どれくらい気を付けているかによって使い分けましょう。 「心がける」の類語 履歴書やエントリーシートなど書く際には、普段から心がけていることなどを書いて自分をアピールする場面があります。 その際、同じ表現を何度も繰り返してしまうと、読みにくく安っぽい文章になってしまいます。 その際には「心がける」の類義語を使用して文章を続けていきましょう。 言い換えとして使える心がけるの類語10個を紹介していくので参考にしてみてください。 勤しむ• 努める• 肝に銘じる• 心に留める• 脳裏に焼き付ける• 留意する• 戒める• 自省する• 腹積もり• 勉学に勤しむ、のように使用されます。 勤勉、という言葉があるように、コツコツとまじめに取り組む印象がある言葉なので、長年一生懸命に取り組んでいることがあれば、この言葉を使用するチャンスです。 努力という熟語の片方が使われているように、頑張って物事に向き合うことを言います。 努めて与えられた業務に励む、などのように使われます。 頑張っていることや、頑張ろうと意識していることがあればこの表現を使用しましょう。 「心がける」には心にとめておくというような意味があるので、覚えておくというニュアンスで言い換えの言葉を使いたい時にはこの類語が使えるでしょう。 この失敗を肝に銘じる、などのように強く覚えておく際に使用します。 覚えておくという意味合いの言葉の中でもかなり強い印象を与えるものになるので、特に大事な時や強調したい時に使いましょう。 いつも意識して、忘れないようにしておくという意味の言葉です。 あの人の言葉を心に留めておく、といったように使用されます。 心がけるよりもより強く覚えておく、忘れないといった意味合いがある言葉になるので、好きな格言やこれまで言われて大切にしている言葉を表したいときなどに使ってみてはいかがでしょう。 映像や場面を指すことが多いため、心がけるよりも視覚的、聴覚的なことを表現したい時に使用しましょう。 「この場面を忘れないよう、脳裏に焼きつけておく」といった用法で使われます。 自分の人生に影響を与えたような、特に印象残っている場面や言葉などを説明したい時に使用しましょう。 注意すると使われ方が似ていますが、それよりは気を付ける度合いが弱く、「服装に留意しておく」といったような使われ方をします。 気をつける対象が抽象的で、警戒するほどでもない時に使われる言葉となっています。 遅刻した人を戒める、といったように罰を与えるようなニュアンスで使われる言葉です。 気をつける言葉の中でもかなりニュアンスとしては強いものなので、反省する事柄の時などに使用されます。 かつてやってしまった失敗に対して行った対策や、心がけがある際に使用しましょう。 自省の念、など自らの行いを悔い改め、省みる際に使われます。 何か失敗をしてしまったあとに、かつての行いを後悔し、改めた際などの表現として使用しましょう。 これから起こる未来のことで心がけていることがあれば、こちらの表現の方が正しいかもしれません。 このあとあのお店に行く腹積もりだ、といった用法で使用されます。 配慮、とも言い換えることができます。 詳細に気を付けて行ったことや、日ごろ気を付けていることなどがあれば、目上の人への心配りには自信がある、などのように記載することができます。 人生を楽しむために心がけるべきこと 当たり前だと思うものを心がけることで、人生が楽しいものに変化することがあります。 ここでは、心がけることで人生が楽しめること10個を紹介していきます。 特別な準備はいらない、簡単な心掛けばかりですので、できるものから試してみてください。 笑顔でいる• 息抜きをする• 立ち止まって考える• 睡眠をきちんととる• 美味しい食事をとる• 自分のしたいことをする• 趣味を見つける• 何気ないことに感謝してみる• 身の周りを整理する• 楽しいこともないのに笑えない、なんて思う人もいるかもしれませんが、意識して笑顔を作ることから始めてみませんか。 怒った顔の人のそばにいるよりも、いつも笑顔でいる人のそばにいたいと人は思うもの。 笑顔でいることを心がけることで、人や幸せが向こうから寄ってきてくれるものです。 笑顔がすてきなことはそれだけで、その人の魅力になりますから、すてきに笑う練習をしてみることも大事です。 明日からも頑張るためにも自分を休ませて、息抜きすることを心がけましょう。 現代人は入ってくる情報の多さに麻痺してしまっていると言われています。 いつもの帰り道から少し逸れて、公園など緑の多いところで、スマホなどを見ずに息抜きする時間を心がけるようにしましょう。 そんな時間もない、という人は深呼吸をしてみることもよいでしょう。 もやもやとした気分になることは誰だってあるはずです。 そんな時は一度立ち止まって、広い視野で見てみましょう。 少しお休みをとったり、考えられる時間や空間を作ることで、いつもとは違う考え方ができます。 自分の向かっていく方向性を決めることで、また頑張って走り出すことができます。 手や足をとめて、自分の将来のことを考えるよう心がける時間が大切です。 特に良質な睡眠をとることは、健康的な生活に繋がるだけでなく、美肌やダイエットなど美容にも効果的です。 睡眠時間をきちんととることはもちろん、質を追求することが大事です。 寝具や寝間着にこだわることで、より良質な睡眠をとることができます。 また、快眠物質と言われるセロトニンの合成に必要なトリプトファンを摂取することも見逃せません。 肉や魚などにトリプトファンは多く含まれるため、特に心がけてとるようにしましょう。 眠れなくてもベットに寝転んで横になっているだけでも効果はあります。 なかなか眠れない、と焦らずリラックスした気持ちで横になりましょう。 さきほど挙げたように、よい食事をとることはよい睡眠にもつながりますし、満足感にもつながります。 美味しいものを食べるためにはお金や手間をかけなければいけない、と思うかもしれませんがレストランで食べる高級なものや、1日かけて煮込んだような手間暇かけたものだけがおいしいものではありません。 今はコンビニのお弁当や、ちょっとの自炊だけで美味しいものがたくさんいただけます。 自分の身体が求めているものを週に1回でも食べてみましょう。 スイーツなど特別感のあるものがおすすめです。 バランスよく、というのはなかなか難しいかもしれませんが自分を優先することも、たまには心がけるようにしてみましょう。 背負っている責任をたまには忘れてみることも人生の楽しむうえで心がけたいことです。 仕事が趣味とか家事をやっている時間が一番の息抜き、といえるくらい好きなら問題はないのですが、そうではない人がほとんどなのではないでしょうか。 そんな人たちが仕事や家事を忘れる時間を作るためにも、好きなことをする時間を大切にすることは心掛けたいものです。 読書、山登りといった趣味はもちろん、ぼーっとすることや人と話すことなどもっと曖昧なことが趣味の人もいます。 趣味がなくて困っているという人は趣味探しが趣味、なんていうのもいいかもしれません。 いろんな習い事を試してみたり、趣味のサークルに入ってみることで、思わぬものが自分の趣味になったという人もいます。 なにかに没頭できる時間を作れるように心がけることが人生を楽しくするコツです。 友達や家族など、いて当たり前だと思っている人に対する心がけを改めてみることからスタートしてみましょう。 そうはいってもどう感謝していいか分からない、という人はストレートに「ありがとう」と言葉にしてみてはいかがでしょうか。 気恥ずかしいと感じることでも、あえて行うことで日々のコミュニケーションがスムーズになり、より人生を楽しく過ごせるかもしれません。 また、人だけでなく仕事や持ち物にも同様にすることで何気ない幸せを感じ取れるかもしれません。 物があふれて管理しきれないでいると、余計なものを買ってしまったり、余分に場所や管理費がかかってしまうことになります。 むだなもの、不要なものはなるべく捨てて、身軽になることを心がけましょう。 あれもしよう、これもしようとしてしまうとパンクしてしまいます。 向上心をもち、いろいろなことを心がけることも素敵ですが、まずはできることから一つ一つやっていきましょう。

次の

心構えの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

心がけ 類語

私は日本語を勉強中の中国人です。 お礼を書くときに困った表現があります。 私の拙い質問文を親切に添削していただいた皆様に、このような間違いを今後しないようと伝えたいときに、普通どのように書くべきでしょうか。 謙譲語を使いたいのですが、「心がけます」と「気をつけます」の謙譲語は何だろうか、と一瞬戸惑ってしまいました。 「お心がけします」と「お気をつけします」は普通使うでしょうか。 また、私の下記の言い方を添削していただいた上に、ネイティブ同士で使われる自然な書き方も教えていただければ大変嬉しいです。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 よろしければ、質問文の不自然な部分の添削もお願い致します。 「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しません。 絶対に使いません。 いま用いてらっしゃる表現で十分でしょう。 あえて謙譲語を入れるなら、たとえば「これからは確と心がけて同じ誤りを繰り返さぬようにいたします。 」なんてこともできますけどね。 「確と」は「しかと」と読みます。 この副詞はこの際なくても構いませんが「しかとこころがける」は一塊りのようなもんです。 「しかとは分かりませんが」というのも頻用されますが、もしかすると老人語かもしれない。 新明解はそうしてないけど。 1は「よう」が至近で反復されるのが気になります。 それがなくとも「同じような」は「同じ」のほうが良いでしょう。 「しないように」は「に」を省いて「しないよう」でもよい。 どちらかと言えば省いたほうがいいかも。 「今後同じ間違いをしないよう(に)気をつけます。 」 2はどうかなあ。 3の言い方のほうが良いのは確かでしょう。 「しないことを」よりも「しないよう」のほうが「心がける」としっくり噛み合うと思います。 「心がける」と言うとき、いったい何を心に懸けておくのでしょう。 「間違えないこと」でしょうか。 そうかもしれない。 だけど、「正を取り誤を退けるべく与えられた新知識」と考えたほうがいいような気もするんですが、どうですか。 どうも「心がける」のは、というか「心がけられる」のはポジディブなものではないかと思うんですが。 否定形で表現されるものを心がけることができるかどうか、疑わしいような気がします。 例えば「遅れないことを心がける」なんて言えないんじゃないかな。 「遅れないよう心がける」はセーフ。 「心がけて遅れないようにする」ならどこからも文句は来ないでしょう。 3は何の問題もなし。 4は「表現を」を「表現は」とするべきです。 「こんな」はこの場合は「このような」よりもむしろ適切じゃないですか。 なにしろ次に来るのが「失礼な」なんだから。 例えば「こんな馬鹿なことがあっていいものか」を「このような馬鹿なことがあってもいいものでしょうか」に変えたらいかにも間延びして聞こえませんか。 質問文の添削を少々。 >お礼を書くときに困った表現があります。 「お礼を書くときに困る表現があります。 」毎度のことであればこうでしょう。 「お礼を書きながらいつも悩む表現があります。 」でもよし。 >私の拙い質問文を親切に添削していただいた皆様に、このような間違いを今後しないようと伝えたいときに、普通どのように書くべきでしょうか。 「質問文を添削してくだすったかたに、お教えを銘記して同じ間違いを二度とするまいと思う心入れをお伝えするにはどう書けばよいのでしょう。 」 「心入れ」も老人語くさいので「気持ち」のほうが無難かも。 「くだすった」は「くださった」の東京方言(だと思う)。 こっちのほうがそこはかとなくかっこいいと感ぜられます。 >と一瞬戸惑ってしまいました。 この「一瞬」はいただけませんな。 確かに若い人たちはこういう言い方をするようですが。 >また、私の下記の言い方を添削していただいた上に、ネイティブ同士で使われる自然な書き方も教えていただければ大変嬉しいです。 「下の四つは私がこれまで実地に使った文です。 不備の点をご指摘ください。 加えて別の発想による言い回しもお教えください。 「気をつけます」「心がけます」は、これだけで「指導して頂いたことをきちんと守るように、自分の気持を切替えていきますよ」という心を現していますので、これ以上手を加える必要は無いと思います。 それよりも、教えて頂いたことや指導して頂いたことに対する言葉遣いに気を配ることをお勧めします。 次の例文添削です。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 とはっきり言う方が良いでしょうね。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 これからも頑張って下さい。 #5です。 「お礼」文を添削してみましょう。 (ちょっと丁寧度を落としてみます。 ) >いつもお世話になっております。 毎度お世話になります。 >ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。 いつも変わらぬ懇篤なお教えに感謝します。 >「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しないんですね。 確認してくださり、安心できました。 「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しませんでしたか。 変かもとは思わないでもありませんでしたがこれですっかり安心できました。 >私がこれまで実地に使った文を一つ一つ説明していただき、本当に感謝しております。 「よう」、「ように」、「こと」などがまさにすっきりしていない、説明していただきたい箇所です。 実地に使用したところを踏まえて説明していただいたこと、まことに有り難く存じます。 「よう」、「ように」、「こと」など、どうもすっきりしない、なにか説明が欲しい箇所でした。 これだけは絶対にこうじゃなきゃ駄目なところです。 今回の添削の中での眼目です。 くどいようだがここは絶対、「でした」でなきゃいけない。 ) >また、拙い質問文への添削にも感謝いたします。 例文として繰り返して読みます。 また、つたない質問文への叱正に感謝いたします。 お手本として繰り返し巻き返し読みます。 (「また」を頭に使うなら「添削にも」の「も」は不要、というより「にも」とするのは可ながら不可としたいという感じ。 「も」はないほうがよいってことです。 ) >いろいろと本当にありがとうございました。 ありがとうございました。 「心がける」「気をつける」は、そのままで使います。 他の回答者さまの言うように、これ以上謙譲する形は特にありません。 これは知っておいた方が便利だと思うので紹介いたしますが、「お~する」「ご~なる」の形は、謙譲ではなく尊敬の形です。 ですから、自分が「今後気をつけよう」と思っているときに「これからはお気をつけします」と言ってしまうと、自分に尊敬語を使っていることになり、大変失礼な言葉遣いになります。 本来の使い方の例として、たとえば「気をつける」に「お」をつけるなら、 (夜、お客様が帰られるときに) 「暗いですから、足元にお気をつけて」 などのように使います。 尊敬語ですので、必ず相手の動作に対して使います。 自分が気をつけるときには決して「お」を付けません。 「ご~なる」は、「見る」の尊敬語「ご覧になる」などがあります。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 「しないように」が正解。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 ある程度改まった言い方で、畏まりすぎない表現なら、 「今後こんな失礼な表現をしないように気をつけます。 」 のような言い方が自然でしょう。 もっと丁寧で改まった言い方が良いなら、 「今後このような失礼がないよう、充分に気をつけてまいり(たいと思い)ます。 」 などでしょうか。 「(たいと思い)」は、あっても無くても通じますが、「思います」が入ると「まだ間違うかもしれない」という不安があることを意味しますし、それが無ければ毅然とした意思を感じさせる文章になりますね。 あとは、「今後」の代わりに「以後」、「心がける」などの代わりに「注意する」も使えると思いますよ。 「お心がけする」「お気をつけする」のように、「気をつける」「心がける」を直接謙譲表現することはありません。 そんな場合は敬語表現可能な他の表現を下にくっつければよいでしょう。 たとえば、軽い敬語表現ですむ場合なら、以下のようなパターンです。 …心がけたいと思います。 …心がけようと思います。 …気をつけようと思います。 …気をつけていこうと思います。 すこし重くなって、 …心がけたいと思っております。 …心がけようと思っております。 …気をつけようと思っております。 …気をつけていこうと思っております。 かなり重い敬語表現として、 …心がけたいと存じます。 …心がけようと存じます。 …気をつけようと存じます。 …気をつけていこうと存じます。 どの程度の敬語表現を使うかは状況しだいです。 重ければいいというものでもありませんから。 もちろん、No5の方の「…いたします」を上手に使うのも正解です。

次の

「身だしなみ」の意味とは?定義・身だしなみの三原則も解説

心がけ 類語

「以後気をつけます」は謝罪の言葉 「以後気をつけます」とは、「今後は気をつけます」という意味です。 つまり、これから努力していこうという姿勢や、謙虚な反省を表す言葉になります。 謝罪のみでは足りない場合も 「以後気をつけます」という言葉を発することで、「その場しのぎの言葉だ」、「何の解決にもなっていない」、「この言葉が信用できない」等と取られてしまうこともあります。 気持ちを込めて言っている側からすると、「謝罪の言葉として何と言っていいかわからない…」と悩んでしまいます。 「以後気をつけます」という言葉を受け入れてもらうためには、この言葉が嫌いな人の理由を知り、対策を案ずる必要があります。 では、そもそも、なぜ「以後気をつけます」という言葉が嫌いなのでしょうか。 この「以後気をつけます」が嫌いな人の理由としては、以下のような意見が挙げられます。 「その言葉では解決になっていない」• 「反省に具体性がない」• 「信用できない」• 「その場しのぎで言っているのではないか」 これらの理由の中でも、特に「反省に具体性がない」から嫌いだと思っている人の割合が非常に高いです。 つまり、「反省をするなら、次に同じ過ちをしないための具体的な案を出しなさい」という人が多いということです。 「以後気をつけます」のビジネスシーンやメールでの使い方 例えば、業務中にミスを上司に報告し、そのミスについて謝罪する時には「同じ失敗を繰り返さないよう、以後気をつけます」といった言い回しになります。 従って、日常生活で使う時と意味や使い方は同じだと思って使ってください。 ビジネスシーンやビジネスメールでの使用例文 例文1. 「このようなことを繰り返さないように、以後気をつけます。 」 この例文は一般的な謝罪やお詫びをする際に使う文章です。 この例文1の代わりに、「今後はこのようなことがないように、以後気をつけます」でも良いです。 この2つの文章はどちらとも、「これから努力していきます」という謙虚な反省を表す綺麗な表現にもなっています。 例文2. 「ありがとうございました。 以後気をつけます。 」 冒頭の「ありがとうございました。 」は、問題解決に尽力していただいたことへの感謝を表した言葉です。 つまり、トラブルを解決する際に、上司や社員の方に手伝っていただいた際に使うことができる文章です。 失敗をすると、誰しも、とにかく謝罪をしなければならないということで頭がいっぱいになってしまいがちです。 しかし、手伝っていただいた際には感謝の言葉を述べることも大事です。 同じ「以後気をつけます」という言葉であっても、言い回しが違えば、伝わってくる雰囲気も異なります。 どような言葉を並べると、より相手に伝わるかを考えて発信する必要があります。 「以後気をつけます」の類語とは 「以後気をつけます」という言葉の類語は、以下のようなものがあり、その数は結構多いです。 「二度とこのようなことはしません」• 「肝に銘じております」• 「猛省しています」• 「失礼いたしました」• 「心がけます」• 「注意いたします」 しかし、この言葉よりは、「以後気をつけます」と言ったほうが反省した気持ちが伝わってきます。 また、より念を押した言い方としては、「二度とこのようなことはしません」といった言い方も誠意が伝わってきます。 しかし、これらの類語は、状況によって使い分けをしなければ不自然な言い方になってしまいます。 そのため、類語を使う際には細心の注意が必要です。 類語の例文 例文1. 「ご指摘いただきありがとうございます。 肝に銘じます。 」 「以後気をつけます」よりもしっかりと失敗を受け止めているような雰囲気がします。 しかし、どちらかというと「肝に銘じます」は、「覚えておきます」といった意味合いが強いので、相手から指摘をいただいた際に使うのが良いです。 例文2. 「今後は充分注意いたします。 申し訳ございませんでした。 」 こちらの誤りを相手から指摘される前に発見し、謝罪する時の文章です。 ビジネスメールで時刻が違っていた等の訂正メールに用いる例文です まとめ 以上のように、類語は沢山あっても、状況によって変えなければさらなる悲劇にあう羽目になってしまいます。 そのため、類語を使う際には、一番適当なものを考え、使う必要があります。

次の