手足 口 病 大人 ブログ。 手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足口病(大人)について

手足 口 病 大人 ブログ

今年も大流行の手足口病。 つい先日、我が家でも息子が感染。 それが私にもうつり、大騒動になってしまいました……。 息子の看病中&自分の発熱中は、「この症状はいつまで続く?」「次はどんな症状が出る?」「完治するまで何日かかる?」と不安になって、情報を検索。 それを励みに乗り切ったので、我が家の記録も残しておきたいと思います。 この日、ちょうど2歳半になった息子。 約束していたアニメ映画を見に行ってご機嫌だったのに……帰ってきたらなんだか熱い? 夕方からみるみる熱が上がり、夜には39. 5度に! 慌てて救急病院に連れて行く。 診察中、息子が私の膝の上で派手に嘔吐(イヤな予感……)。 熱と吐き気を抑える座薬を処方されました。 ここで、足の甲の小さな発疹を指摘され、手足口病の可能性があることを告げられる。 特効薬はないので、とにかく水分補給をするようにとのこと。 息子の熱は、38度台を行ったり来たり。 めったに体調を崩さないため相当辛いらしく、「しんどい」「だっこ」「ねんねする」と泣く様子に胸が痛みます。 口内炎もできたようで、食事は「おくちいたい」と拒否。 看病に明け暮れた1日でした。 お昼寝後には36度台に戻り、顔色もスッキリ。 この頃から足の発疹が目立ち始めましたが、本人は気にならないようでした。 口内炎は痛そうだけれど、久しぶりに家で遊ぶ姿が見られてホッとひと息。 ……と思ったら、あれ、今度はなんだか自分が熱い!? そして胸もムカムカするような。 こ、これはまさか……。 手足の発疹はまだ目立つものの、口内炎は減ってきているらしく、ごはんも食べられるように。 ならば、と久しぶりに家を出て、買い物などに出かけたところ…… 夕方から、急激に私の体調が悪化! 熱、吐き気、関節の痛みで、3日前に息子を連れて来た救急病院へまさかのカムバック(涙)。 処方された解熱剤と漢方薬を飲んでベッドへ直行するも、まったく眠れず。 深夜、震える手で熱を測ると39. 9度でした……。 熱、頭痛、喉の痛みがひどい。 私の喉を見た途端、「あぁ~、これは」と顔をしかめる先生。 「お子さんの手足口病がうつったと考えて間違いないでしょう」と診断され、強めの解熱剤と胃薬を処方されました。 家でおそるおそる喉を見てみると……口内炎がびっしり(涙)!! 小さいものから大きいものまで無数にあって、奥にはそれらが固まったゾーンまで。 薬を飲むと熱は少し落ち着きましたが、この日からは口内炎との戦いの幕開けです。 一方、息子はすっかり元気に。 熱はなく、発疹も口内炎も治まってきたみたい。 ただし、口内炎はまだまだ激痛。 そして、咳も出るように。 そして、手足の発疹は、かゆみと痛みが非常に辛いらしい……。 口内炎は数えられる程度に。 咳も少しずつ軽減。 時々、足の裏がムズムズする気がして怯えていますが、今のとこ発疹はない模様。 このまま完治してくれる……と信じたい! 子どもが感染したら徹底した予防対策を 症状の出方は個人差が大きいと思いますが、我が家の場合は、息子も私も特に大変だったのは3日間。 息子の発疹が足のみだったこと、私には発疹が出なかったことを考えると、手足口病の中では軽い方だったのかもしれません。 が、「それでも二度と繰り返したくない!」のが本音です(涙)。 1つ症状が出て治まったと思ったら、また次の症状が現れて別の辛さが始まる。 手足口病そのものへの特効薬はなく、熱や吐き気やかゆみなどをその都度抑えながら、やり過ごすしかない。 先が見えないトンネルに入り込んでしまったような、不安でいっぱいの日々でした。 今となっては、息子が感染したと分かってからの対策が甘かったと反省。 いつも通りの手洗い、うがい、手指の消毒、もっと念入りにするべきでした。 マスクやゴム手袋も着ければよかった! 子どもの看病をした後、自分が倒れてしまったり家族で無限ループに陥ってしまったり、というのはなんとしても避けたいですよね。 今回の我が家は、当然ながら息子の一時保育はキャンセル、私と夫の仕事の予定も変更、家の中は荒れ放題……とトホホな状態に。 今後は予防対策を徹底しようと心に誓った経験でした。 みなさまも、どうぞお気をつけて!.

次の

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足 口 病 大人 ブログ

こんばんは、おまつです。 この間のブログで、娘が手足口病になったと書きました。 手足口病にかかる患者はこどもが多く、大人はあまりかからないといわれています。 しかし、疲れていたり免疫力が少し下がってくると注意が必要です。 私は前日の夜から気持ちが悪かったのですが、朝微熱が出て全身に筋肉痛のような痛みが。。。 嘔気もまだ残っていたため、「胃腸炎かな」と思っていました。 午前中でみるみる38度後半まで上がってきたため、内科に受診。 娘も高熱から始まったので、手足口病の可能性も告げましたが、やはり今の時点ではどちらかわからないといわれ、胃薬や風邪症状に効くお薬をもらって帰宅しました。 次の日に熱が下がり、体の痛みも落ち着いてきたのですが、手のひらに小さな水泡がいくつかできてきて、 3日目には大きな水泡になり、広がっていきました。 私の場合、手のひらの水泡と、口内炎が主な症状でした。 この水泡、見るからに娘のときの水泡と様子が違いました。 娘の水泡は、きれい、というか、やけどのあとのような、きれいな水ぶくれだったのですが、 わたしのは水泡をあざのような赤い発疹が包んでいるような感じで、 常に電気が走っているようにびりびり痛みがありました。。 そして、3日目の夜にだんだんかゆみがでてきて、小さな保冷剤を握りしめて、交換して、握りしめて・・・ かゆくて眠れずに朝を迎えました。 皮膚科に受診し、かゆみを抑える薬をもらいましたがあまり効果はなく、ひたすら保冷剤をにぎりしめた1日でした。 でも、冷やすと本当にましになったので、これは皆さんにもおすすめです。 手足口病のかゆみは、冷やすと効果てきめんです。 かゆみが落ち着くと今度は痛みに代わり、日常生活により支障がでてきました。 口内炎も痛くなっていたので、食事がとれず、旦那にウィダーインゼリーを買ってきてもらったのですが、手のひらの水泡が痛くて蓋が開かない。 歯磨き粉の蓋もあかないし、私にとっては袋物も全然マジックカットちゃうしで、なにも自分でできないので、 朝仕事前の旦那に開けてもらっておいたり、緩めて置いておいてもらったりしました。 苦笑 お箸が持てないのでスプーンで食べられるものをえらんだり、子供のおむつをよこから破くこともできず、昨日は本当に不便でした。 今日で私の発症は5日目になりますが、1日違えば大違いで、 今日はお箸をもつこともできて、口内炎の痛みが少し軽くなり、ごはんもだいぶんと食べられるようになり、歯磨き粉の蓋も開けられるようになり、 ゆっくりですが洗濯物も干せるようになりました。 手のひらは、水泡はしぼんできたようですが、相変わらずあざの様な発疹だらけで軽くピリピリ違和感があり、見るに見れないような状態になっていますが、 痛みも落ち着いてきて、パソコンも打てるようになり、ここまできて本当にホッとしています。 私の場合、このような経緯でしたが、かゆみも痛みも1日ほどでましになりました。 そして、この手足口病、本当に大人がかかると大変しんどいことを学びました。 とにかくかゆいし痛いし、 育児は休みがないし食べるものもこどもに食べさせないとあかんしという環境ももれなくついてきます。 どうしよう、どうなるのか不安だったのですが、 でも、時間が過ぎれば確実に良くなっていく病気なのも、感じました。 もし手足口病になってしまったときは、いつかよくなるはずですので、パパママや周りの方の力を借りていきましょう。 我が家も今回、旦那がフル回転でした。 仕事終わってからたまっている家事を片付け、朝娘を風呂にいれ、私の身の回りのお世話をし、本当にありがたかったです。 パパたち、もしママが手足口病になってしまったら、とてもとてもしんどい病気ですので、どうか助けてあげてください!パパたちもしんどいとは思うのですが!どうかお願いします。 そして、手足口病は症状が治まってもお子さんの便からのウイルスの排出が1か月ほど続くそうです。 おむつ替えのあとの手洗いはしっかりしたり、引き続き気を付けていく必要がありそうです。 今年の夏は、手足口病にやられてしまいました。 来年こそは、」夏っぽい時間を過ごしたいものです!.

次の

【手足口病とは?】痰が絡む咳や空咳の原因についてまとめます!

手足 口 病 大人 ブログ

飛沫感染・・咳やくしゃみなどでウイルスなどが飛び散り、人に感染する事。 接触感染・・触れたり、さわったり、間接的な接触などによってウイルスが人に感染する事。 糞口感染・・排泄物によって人に感染する事。 特に、この病気にかかりやすい年齢層の5歳以下の乳幼児が、集団生活をしている 保育園や 幼稚園などでは注意が必要にです。 施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、 集団感染が起こりやすいからです。 子供の場合、マスクなどをしていないことも多く、 咳やくしゃみなどでウイルスが飛び散り、その飛び散ったウイルスが皮膚や口などに入り、感染しやすいのです。 また、体に現れる水泡性発疹は痒みを伴うものではないのですが、やはり子供ですので掻き毟ってしまいがちです。 掻き毟った手で子供がおもちゃを触ればそこに汁がつき、そのおもちゃを触った他の子供が 手を洗わずに物を食べたり口に触ったりすると、そこから感染が広がってしまいます。 手足口病の原因は、エンテロウイルス71やコクサッキーウイルスA16などが知られています。 しかし、手足治病の原因となるウィルスは分かっているだけでも10種類以上あり、一度かかっても再び感染することがあります。 感染期間はいつまで 手足口病になると、症状が出てから5~7日で完治したように見えるため、もう人にはうつらないと思いがちですが、実はそうではないんです。 そもそも、手足口病のウイルスは、 唾液や 鼻水、または 排泄物の中にあり、そのウイルスが消滅しないかぎり、人に感染させてしまうのです。 スポンサードリンク 大人も注意 手足口病は主に乳幼児を中心とした感染症ですが、感染力が強いため体力のある大人でもかかってしまいますので、注意が必要です。 感染する確率は、 0. 6%ぐらいだと言われており、 大人が感染すると子供より症状が重くなる傾向があります。 大人の手足口病に関してはこちらの記事をご参考下さい。 熱が高いときは無理かもと思っても、下がってきたら、お風呂ぐらい大丈夫だろうと思いますよね。 ですが、 お風呂も感染経路になりますので注意が必要です。 治療といえば、かゆみや痛みを和らげたり、熱を下げたりする対処療法を中心にして、安静にして治るのを待つだけなのです。 ですから手足口病の流行時には、 しっかりと予防して感染しないようにすることがとても大事なのです。 1、うがい、手洗いを徹底する。 一番の予防としてはうがい、手洗いを徹底的に行いましょう。 帰宅後と食事前、トイレの後などには必ず、石鹸を使って、手をきれいにあらうようにして下さい。 2、タオルの共有はNG。 つい同じタオルを使ってしまいがちですが、タオルの共有は 接触感染の原因ともなりますので、使ってはいけません。 一人一人違うタオルを使うようにしましょう。 3、排泄物の処理には注意が必要 乳児などのおむつ交換をしている際にも注意が必要となります。 排泄物の中あるウイルスが飛び散らないように、気をつけてビニール袋などに入れて処分します。 そして、 おむつ交換が終わったら、必ず手を石鹸で洗いましょう。 保育園などでたくさんの乳児のおむつ交換をする際は、一人のおむつ交換が終わるごとに手を石鹸で洗い予防するようにしましょう。

次の