韓国 フッ 化 水素 その後。 韓国がフッ化水素国産化のその後

日韓経済戦争が本格化、日本に対する韓国人の「怒り」と「羨望」|レコードチャイナ

韓国 フッ 化 水素 その後

は、の回路形成やの洗浄工程などに使用されており、韓国では技術力の低さから生産することは、難しかった。 当初から、国産化成功には、懐疑的な見方が多かった。 この失敗で大量の不良品がLGやで発生。 のの生産計画にも支障が出ている。 の不良で、LGは11 用の 有機 パネルを、枚以上廃棄したと伝えられている。 例えば、のでもの設計など高いが求められる分野では、多くのが働いていたことが有った。 への挑戦は、自国の技術力を世界に向けて瞬間的にする効果はあったが、最終的には、開発したの品質検証もできないほど、低のが多い事を内外に知らせることに。 また、韓国のには日本の技術が使用されており、国産化には、まだまだ時間がかかりそうだ。 「脱・日本」へのは高い。 韓国のイメージ 関連ニュース•

次の

ついに日本が報復?フッ化水素の輸出ストップ、韓国の半導体業界に緊張走る|レコードチャイナ

韓国 フッ 化 水素 その後

そのため日本の輸出規制が、むしろ韓国素材部品産業のきっかけになったという評価も出ている。 10月16日、半導体業界によると、LGディスプレイは9月初めにフッ化水素の国産化に成功し、10月から製造工程に日本製を使わず、韓国製に100%代替したという。 LGディスプレイ側は「量産ラインのOLED(有機発光ダイオード)パネルの生産に使用される高純度フッ化水素を国産化した」と確認した。 サムスンディスプレイも液体フッ化水素の国産化テストを終え、現在残っている在庫がなくなり次第、国産フッ化水素を生産ラインに投入する予定。 ディスプレイの中核工程に欠かせない「ポリイミド」はすでに韓国製を使用しており、ディスプレイ業界は日本発の危機から脱する形勢だ。 韓国政府は去る10月11日、「第1回 素材・部品・設備の競争力委員会」で、「輸出規制品目の迅速な多様化と独自技術の確保で素材・部品・設備の競争力強化対策が軌道に乗った」と評価した。 業界も、日本の輸出規制が韓国の素材・部品産業を強化させたとの評価を出した。 特にサムスン電子は、今回のきっかけを脱日本化と技術独立の機会にするという方針も決めた。 サムスン電子は半導体の素材部品だけでなく、「国産化できるものはすべて国産化する技術を確保する」と関連企業に伝え、日本製の素材を国産化したり、第3国の素材と交換したりする作業を行うよう要請した。 ただディスプレイとは異なり、半導体を製造するサムスン電子とSKハイニックスの韓国製フッ化水素の投入時期は、まだ知らされていない。 サムスン電子の半導体生産現場 両社は半導体の一部の工程に国産フッ化水素製品を投入するテストを実施中だが、ディスプレイに使用されるフッ化水素よりも高純度製品が必要となるため、代替が容易ではない。 これらの企業は日本製フッ化水素の代わりに、台湾や中国のフッ化水素を投入して製品を生産している。 一方、韓国と違って日本は、自らが行った経済報復がブーメランになっているとの見方も出ている。 韓国経済研究院によると、今年7〜8月に韓国人観光客が急減したことで、日本の生産誘発減少の規模は3537億ウォン(約354億円)を超え、8月に日本を訪れた韓国人観光客は30万8700人と1年で半分に減った。 また関税庁によると、9月の日本ビールの輸入額はわずか700万ウォン(約70万円)で事実上、輸入が中断されている。 文在寅大統領も10月8日の国務会議で、「政府と企業の迅速かつ全方位的な対応、ここに国民の応援まで加わって、現在までは概ねうまく対処してきた」とし、「輸入先の多様化と技術の自立化、大・中小企業共存協力など、さまざまな面で意味のある成果も生み出している」と評価した。 外部サイト.

次の

アップルも迷惑している、韓国産フッ化水素! 生産計画に遅れが

韓国 フッ 化 水素 その後

100%日本依存の素材国産化に続々と成功 の J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、2019年8月30日付「」で、韓国では日本の輸出規制の標的にされた半導体素材を中心に「国産化」の動きが高まるなか、韓国核融合研究所が日本に100%依存してきた半導体素材の開発に成功したと報道した。 その後も「国産化に成功した」というニュースが続々と飛び込んでいる。 中央日報(2019年9月2日付)「日本から輸入していた『高純度フッ化水素』、LGディスプレーが国産化に成功」はこう伝えている。 「韓国のパネルメーカー大手LGディスプレーが、日本から輸入してきた『高純度フッ化水素』の国産品代替に成功した。 LGディスプレーは国内のある企業が供給したフッ化水素安定性テスト過程を終えて今月(9月)中に生産工程に適用する予定だ」 フッ化水素は半導体やディスプレー洗浄工程に必要な重要素材だ。 日本は7月4日、韓国に対する輸出規制強化を発表して「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「フォトレジスト」の3品目を規制対象に指定していた。 ただ、国産品代替に成功したといっても、問題が解決したわけではもちろんない。 この国産フッ化水素は生産量が充分ではないため、当分は日本産輸入と併行する方針だ。 その日本産がいつ入ってくるのかは、日本政府の審査次第なのだ。 そして、フッ化水素の国産化に成功したのは、LGディスプレーだけではない。 サムスン電子グループのサムスンディスプレーも9月中に国産化テストを終わらせるという。 中央日報(9月2日付)「サムスン・SK、2か月ぶりに半導体材料供給安定... 年内『克日』可視化」がこう伝える。 「サムスン電子用の国産フッ化水素の試作品が、今月(9月)内に登場する。 韓国企業ソルブレインは今月内にDRAM・NAND型フラッシュメモリー工程に使われる高純度フッ化水素の試作品を量産する計画だ。 日本企業に劣らない『ファイブナイン』(99. 999%)の高純度のフッ化水素液状形態製品だ。 中国産の原料(無水フッ酸)を使って生産した。 今月内に工場増設を終えると同時に量産に入る」 サムスン電子に続く半導体業界2位のSKハイニックスも子会社であるSKマテリアルズを通じ、年末までにフッ化水素の試作品を生産する計画だ。 一方、「ファイブナイン」(99. 999%)ほどではなく、半導体よりも低純度のフッ化水素を使うディスプレー業界では、これよりも早く日本産材料の代替作業が進んでいる。 前述の中央日報が、こう伝える。 「すでにLGディスプレーは液晶(LCD)だけでなく、有機発光ダイオード(OLED)テレビ生産工程で、国産フッ化水素製品を活用して日本製品の代替に成功した。 サムスンディスプレーも現在の工程ラインに投じて進行中の国産フッ化水素の一斉テストを今月中に終えるという計画だ」 どんどん「日本外し」が進んでいるのだ。 日本に依存してきた製品の国産化だけでなく、他国からの調達も進んでいる。 中央日報が、こう報じている。 「日本が核心材料3品目に対する輸出規制を始めて2か月、韓国企業の供給先多角化と国産化戦略が相当な成果を上げている。 サムスン電子やSKハイニックスなどの『脱日本』を通した材料供給が支障なく進行されたことを受け、むしろ日本の素材メーカーの市場での存在感が薄れるだろうとの分析が多く出ている」 日本企業の海外拠点から調達する「迂回作戦」 ほぼ今年の12月末までの素材確保は完了しているという。 そこでおもしろい現象が起きている。 「(日本の規制3品目の一つ)フォトレジストの場合、サムスン電子、SKハイニックスともにベルギー現地に生産工場を置いている日本企業JSRとの提携に道筋がついた。 JSRとベルギー研究センターIMECは2016年に合併法人を設立して極端紫外線(EUV)用フォトレジストを生産しているからだ」 皮肉なことに韓国の半導体企業は、日本企業の海外拠点(韓国内を含む)を通じて、日本政府が輸出規制をしている3品目を巧みに調達しているのだ。 「仁川松島(インチョン・ソンド)に工場がある東京応化工業(神奈川県川崎市)も、増産までしながらサムスン電子納品量を合わせる計画だ。 日本政府が最近、フッ化水素輸出を承認する前にフォトレジストの輸出を先に2件承認したのも自国企業のこのような動きのためだ。 SKハイニックスDRAM研究所出身であるNH投資証券のト・ヒョンウ研究員は『日本政府の規制は初めから韓国政府との政治交渉のための用途だった。 グローバルプレーヤーであるサムスン電子とSKハイニックスの半導体生産に打撃を与えるのは難しかった』と話した」 日本の半導体素材企業は、インテルと並び世界の半導体業界のビッグスリーであるサムスン電子とSKハイニックスのグローバル素材供給システムに組み込まれている。 たとえ日本にある本社が日本政府に「規制」されても、海外の拠点は両社の支配下にある。 だから、日本政府がどこまで本気で韓国半導体メーカーに打撃を与えるつもりだったか、疑問だというのだ。 なぜ日本政府はサムスンの品目ばかりに許可を出す? こうしたなか、韓国経済(9月2日付)「日本の素材輸出許可物量がすべてサムスン向けの理由...... 」は、興味深い謎解きを報道している。 「日本政府が輸出規制措置以降3回にわたり半導体素材の韓国向け輸出を許可したが、すべてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスンと違いSKハイニックスは2か月間物量を確保できておらず、背景に関心が集まる」 「日本の経済産業省は7月に韓国をホワイト国から除外する方針を明らかにしてから韓国向けの半導体素材輸出を3回許可した。 8月7日と19日にそれぞれ極端紫外線(EUV)用フォトレジスト(感光液)の輸出を許可した。 続けて同月29日には規制措置以降初めてフッ化水素の輸出を許可した。 韓国に輸入されるフォトレジストとフッ化水素はいずれも韓国国内の協力会社を通じてサムスン電子に納品されるものだった。 サムスン電子に続きメモリー半導体世界2位であるSKハイニックス向けの素材はなかった」 「これはなぜだ?」と、韓国経済記者は疑問を投げかける。 理由の一つに、同じ半導体業界でもSKハイニックスの事業構造が、サムスン電子と違っていることが考えられるという。 フォトレジストを使う工程が、両社では違うのだ。 また工程の中でフッ化水素を必要とする量も、サムスン電子がSKハイニックスよりはるかに多いという違いがある。 こうした違いを考慮したうえでも、韓国経済記者は、世界経済に与える影響を日本の経済産業省が「忖度」したのではないかと推測する。 「サムスン電子が(SKハイニックスと違って)メモリー半導体をはじめ、スマートフォンやテレビなどで世界1位のグローバル企業という象徴性のために、日本政府がサムスン電子向けに物量をまず配分したという分析も出ている。 ただ日本が現在のように半導体素材輸出を制限的に許容すれば、近く物量を確保する可能性が大きいというのが業界の観測だ。 業界関係者は『SKハイニックスも近く日本製フッ化水素の納品を受けられるだろう』と話した」 「サムスンをつぶせば、世界経済に大打撃を与えてしまう」という配慮から日本政府が少しずつ規制を緩めていくなら、いずれSKハイニックスにも素材が許可されるだろうと、韓国業界は読んでいるのだ。 (福田和郎).

次の