明日よ明日よもう来ないでよ。 明日への道を描かなければ、明日も明後日も来ない

「ぬらりひょん」が来ました。もう寝るよ。と言ったら「又、明日来る」

明日よ明日よもう来ないでよ

3月16日 明日海りおファンクラブ始動しましたが・・・ 2020年3月16日を待ち焦がれていた明日海りおファンは多かったと思います^^ 私の周辺の明日海りおファンは、もう入った? 会員番号は? などとLINEがにぎやかでした。 あれから1ヶ月、日増しにコロナウイルス感染者が増えて、ここへ来ていよいよ休業要請が実施されるまでになりました。 新・ファンクラブとしての活動も、いつに始まるかわからないですね。 今、どんな活動をされているのかが分かるのも 良いですね! あぁそれなのに。 みりおちゃん(明日海りお)も早くインスタして欲しいな~って思ってたのに 音沙汰無しで。 ファンクラブに入ってわかったんですが 会員だけが観れる Rio's PHOTO BROG、というのがインスタの代わりみたいになってます。 そして キャプションの最後にハッシュタグが… 2. 5人前 ふつうにたいらげる 匂わせでは全然ない ってついてるけど、全くどこにもリンクしていないという…^^; 共有する気な~~~~し!?w 戦略的に、かも知れないけど もったいない! 研音に所属されてる 山崎育三郎さんも 榮倉奈々ちゃんもインスタされてます! だから みりおちゃんも そのうちインスタされるんだろうと思ってました。 柚希礼音様や、朝夏まなと様も スタッフさんが撮ったお写真を officialのアカウントでUPされて・・・ 中には個人的に食べたものや、素敵な風景、共演者とのショットなどもあって、大好きなOGさんの「今」や、生き生きとした生活の断面を見ることができて楽しいんです。 みりおちゃんも、会員だけ、なんてしないで インスタで、ファン以外の人にも魅力を知ってもらったらいいのに、って思います。 「お写真見たかったら ファンクラブに入会プリーズ」方式ではなく、すてきなみりおちゃんをインスタで見せて興味を持ってもらうのが良いのでは? 「お写真見たから ファンクラブに入りたくなりました~」のほうがいいような。 いいねもハッシュタグも ファンクラブサイト内のみなのが寂しいです。

次の

辞意を伝え、明日から来なくていいと言われたら?

明日よ明日よもう来ないでよ

今月のある日、ネット通販だけで1億円ほど販売され、ここまで順調に歩まれてきたフード通販をネット販売だけで行っている社長と役員の方が、当社へご相談に来られました。 「弊社のネット通販事業は、数年掛かってようやく黒字化が出来ました。 ですが、この先どうすればいいか、どう進めればいいのかが分からず・・・」 もう少しく詳しく聞きますと・・・ 「黒字といってもようやく決算で無理やり少しプラスなった程度です。 うちはギフトイベントでの売上も大きいので、もっとギフトを伸ばせないかと相談に来ました。 」 ひと通りこれまでの事業内容と今の課題などお伺いした上で、アドバイスをさせていただいた後、こう仰られました。 「先生のお話しを聞かせていただいて、やはりそうでなければならないなあと強く感じたのは、今の価格設計の甘さと、オリジナルギフト商品の重要性でした。 うちが最も出来ていないところです。 」 このことを端的に言いますと 『売れるオリジナルギフト商品をいかに儲かる価格設計で開発し、それを軸とし販売するか』です。 このことはネット通販に参入している企業、ショップの多くにあてはまることで、当社のセミナーでもコンサルティング現場でも、強く詳しくお伝えしています。 すでに当社のクライアントとなった企業ではこのことをよく理解され、実際に実現されて成功していたり、今現在、取り組み中であったりするクライアントもいらっしゃいます。 このことはギフトだけでなく、一般的な自家需要、自分用の通販でも当てはまることです。 では私はなぜ、ギフトでそれを推進するのか? ギフト需要では価格は買いたい価格でなく、贈りたい価格=予算であり、購買意思決定において「安いから買おう」というものではないことが大前提にあるからです。 よって 価格設定、価格設計を間違えなければしっかり利益を確保することが出来るのです。 先のご相談に来られた会社は、ギフト需要が高いにも関わらず、売れているギフト商品がどこでも販売しているような仕入れ商品であること。 ですので販売価格は競合価格を無視できず、当然商品原価も高くなり、よほど沢山売らない限りは利益が出ない。 沢山売れば売るほど、ギフト対応や出荷作業に関わる人件費、倉庫保管料などが重くのし掛かることに繋がるのです。 要するに自分たちで価格をつけることが出来ない=粗利がない・・・という状況を自ら生み出しています。 まずやるべきことは、1品からでもいいので粗利がしっかり確保できる、自らが販売価格を決められる、オリジナルギフト商品を開発し販売していくこと。 そして今取り扱っているさほど売れていない商品から徐々に減らし、選択と集中を重ねていくことで、現状多忙になっている多くのムダを取り除く。 その分、オリジナルギフトの開発と販売に対して投資も人も集中していくこと。 このようにお伝えをしました。 ただ、口で言うのは簡単じゃないかと思われるでしょう。 実際にそうです。 そのような商品開発を行い、まして売れて儲かるようにするには簡単ではなく、時間は掛かります。 社運を掛けて販売しようとする商品が、いとも簡単に出来るはずはないのです。 社運を掛けて取り組みたい・・・、もっと未来に向けて発展させたい・・・という企業を、私は今もこれからも指導、支援していますので、ぜひ当社の門を叩いてください。 私は、あなたの会社の夢や目標の実現に向け、共に歩みます。

次の

いつもと同じ明日は来ないかもしれない。

明日よ明日よもう来ないでよ

職場で、いきなり「明日からもう来なくていいよ」と誰かから言われたとしたら、どうするだろうか。 誰から、いつ、どんな状況で言われるのかによっても、その意味合いは大きく変わってくる。 今回は、「明日からもう来なくていいよ」と言われたときのパターン別対処法を、職場の人間関係解決コーチ、社会保険労務士の宇野紳一さんにレクチャーしてもらった。 「明日から来なくていい!」と言われた状況を5W1Hで確認しよう もし、一般的な会社において、上司や役員、社長から、「君、明日からもう来なくていいよ」と言われたら、どうすればいいだろうか。 宇野さんは次のように話す。 「『明日から来なくていい』と言うのは、受け止め方によっては、解雇を告げられたとも取れます。 労働契約法第16条で『解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする』と定められています。 雇用関係において、解雇することはとてもむずかしいことだと多くの使用者は理解しており、簡単にそのときの気分で労働者を解雇することはできません。 解雇は、就業規則に定める懲戒処分の中でも、一番重い処分であり、客観的に合理的な理由と社会通念上、相当であることを満たすのは容易ではないためです。 ですから、『明日から来なくていい』と言われたら、『はい、わかりました』と素直に受け入れる必要はありません。 相手の意図を想像しながら、自分にはこの言葉を言われる理由はあるだろうか、言われるほどのことをしただろうかと冷静に考えることが先決です」 宇野さんは、その冷静な判断のためにも、言われたときの状況を次のように「5W1H」で確認していくのがいいそうだ。 Who~誰が言ったのか 「まず、『明日から来なくていい』という発言は、誰が言ったのかということが肝心です。 社長、役員、人事担当者、総務、部長、係長、上司、先輩社員いずれかによって異なります。 このような、働く人の人生を左右する恐れのある人事権を含む重要な『業務命令』は、本来、権限のある人物、つまり労働基準法でいうところの『使用者』でなければ言うことができません。 労働基準法第10条で規定する使用者は、社長や経営者はもちろん、取締役、労務担当者、人事担当者、工場長も含むと言われています。 あくまで事業主と共に経営を担当する者ですから、係長、主任などの直属の上司や先輩社員は、『明日から来なくていい』という言葉を発する権限はありません」 2. Where・When~どこで、どのようなタイミングで言われたのか 「どこで言われるかも重要です。 社長室や会議室に事前に誘われたりした場合は、あらかじめ計画されている可能性が高いです。 一方、みんなのいる前で口論になった末に、感情的に『明日から来なくていい!』と言われたのであれば、場当たり的につい口から出てしまったケースが考えられます。 飲み会や宴会の場でも発生しやすいですが、酒席での発言が法的な効力を持つかどうかは微妙なところです」 3. What・How~相手は何をどのように言ったのか 「『明日から来なくていい!』の前後にどんな言葉のやりとりがあったかのも重要です。 『最近やる気ないな』『仕事のミスが続いているから』なのか、『うちの会社には合わない』『もう顔を見たくない』なのかによって相手の真意を知ることができます。 またどのように言ったのか、つまり相手の表情、感情、身振り・手振り、姿勢、目線等、ノンバーバルの部分から感じ取ることが重要です。 これらは細かに記録しておくとよいです」 4. Why~相手はどのような理由から言ったのか 「なぜ相手はそう言ったのか、それを言われた側はよく考えてみる必要があります。 会社の業績が悪くて人を減らしたい、仕事のミスの責任を取らせたい、勤務態度が不良などどれなのか」.

次の