インコタームズ 2020。 インコタームズ2020

INCOTERMS(インコタームズ)2010から2020へ-何が変わったのか?

インコタームズ 2020

インコタームズ 2010 と 2020 の違い:• FCA 運送人渡し 規則では、輸出国にて貨物の船積み前に船積証明(on-board notation)が追記された船荷証券(Bill of Lading)の発行を求める事ができます。 CIP(輸送費保険料込み)規則では、協会貨物約款 Institute Cargo Clause の A 約款 特例項目を除く全危険 の水準を満たす保険の付保が義務づけられます。 CIF(運賃保険料込み)規則では、協会貨物約款 Institute Cargo Clause の C 約款 特例項目を除く多数の列挙危険 の水準を満たす保険の付保が義務づけられます。 FCA 運送人渡し 、DAP 仕向地持込渡し 、DPU 荷卸込持込渡し 、DDP 関税込持込渡し の各規則では、第三者に運送を外注する事なく、売主または買主が自身で運送を手配する状況に対応します。 DAT ターミナル持込渡し 規則はDPU 荷卸込持込渡し に名称が変更され、仕向地が「ターミナル」のみならず、いかなる場所でも可としうる事を明確にしています。 付記: 1. CPT、CIP条件における荷揚費用負担、並びにCPT、CIP、DPU条件におけるTHC等の揚地費用は、当事者間の契約により異なります。 CPT、CIP、DAP、DPU条件における輸入通関費用は、租税公課と共に輸入者負担となります。 これらは法律的に強制するものではなく、具体的な取り決めについては当事者間の合意に基づきます。

次の

インコタームズ2020(貿易条件)

インコタームズ 2020

ぶっちゃけマイナーチェンジだけどね。。 インコタームズとは? まずインコタームズとは何なのか?軽くおさらいしておきましょう。 インコタームズとは、貿易取引における費用負担や危険負担の範囲について取り決めた 世界共通のルールです。 「CIP」や「EXW」のように、アルファベット3文字で表されています。 貿易取引を経験済の方であれば一度は必ず目にしているでしょう。 貿易取引では商品そのものの価格に加えて運賃や保険料、通関料、関税消費税など取引に関わる様々な費用が発生する上に、台風などの災害や事故など輸送中にも多くのリスクを抱えています。 そのため、その 費用やリスクを誰がどの範囲まで負担するかということをインコタームズで明記しています。 貿易用語で最初の関門とは何でしょうか。 私はインコタームズだと思います。 CFRやEXWなど英単語3文字で表現されるインコタームズは何と11種類もあります。 でもご安心ください。 ぶっちゃけフォワーダー歴8年の著者も11種類の … インコタームズの法的強制力は? こう聞くと貿易において法的強制力を持つもののように思えますが、 実は法律や国際協定ではないので強制力はありません。 しかし、 輸出入者がお互いの責任範囲を明確にしてスムーズな取引をするためには非常に有効なルールであるため、国際貿易の慣習として世界中の取引で利用されています。 ですから必ずしもこのルールに則り貿易をする必要はありませんが、今後海外と取引をする上ではぜひ理解していただきたいと思います。 インコタームズ2010〜2020への変更点 さて2019年9月10日 ICC国際商業会議所から10年ぶりの改定となる「インコタームズ2020」が発表され、2020年1月1日より発効されました。 2010と2020の違いとしては以下の6つのポイントにまとめてみました。 これも本での変更点ね。 1と2のどちらもインコタームズの書籍を購入しないと読めません。 ですがフォワーダーでも本を目を通している人は少ないので、 特に読まなくても支障はないと思います。 CIF及びCIPにおける保険の補償範囲の違い CIFとCIPにおける保険の補償範囲の違いについては少し説明します。 インコタームズ2010では、売り主はロンドン国際保険業者協会のC約款又は類似の約款により規定されている最低限の補償範囲に準ずる補償を売り主負担で手配する義務が課されました。 約款とは簡単に言えば契約上の決め事で、つまりここでは保険契約を結ぶ場合の規則やルールですね。 そして2020ではCIFでは引き続きC約款が適用されますが、 CIPではA約款に準拠する保険を付さなければならないというルールができました。 A約款は、 すべてのリスクをカバーしています。 なので買主にとって手厚い保険となり、売り主側の保険料は高くなります。 インコタームズ2020 ・CIF:C約款 ・CIP:A約款(オールリスク) つまりは商品そのものの価格も上がる可能性があります。 そして保険料は日本側輸入時には課税標準(関税などをいくらにするかを決める際の価格)に組み込まれますので、消費税や関税も高くなることになります。 取引をされる場合にはそのことも念頭においてタームや保険付保の交渉をされるとよいでしょう。 FCA,DAP,DPU,DDUで売り主又は買主が自己の輸送手段を用いての運送手配 一部の規則において売り主又は買主が自己の運送手段を用いて運送の手配を行うことが認められました。 フォワーダーの立場からしますとあまり関連のない規定となりますので詳細は割愛します。 銀行の信用状で取引をされる方には便利になったかと思います。 この規則を制定することで、FOBほど認知度が上がらないFCAを広めようという意図が感じられます。 DATを廃止しDPUを新設 DAT廃止及びDPU新設に関連してここからは改定後のインコタームズについてお話します。 改定によってインコタームズは2種類11条件となりました。 しかし既に廃止されたDDUやDATなども普通に商習慣的に実務で使われたりします。 ですが今回は最新のインコタームズ2020でのDグループにフォーカスをして解説をしていきたいと思います。 INVOICE上のインコタームズ 実際にINVOICEを作成されている方はINVOICE上のインコタームズの記載の仕方が気になるところかと思います。 しかしながら、実際にはこのように正しく記載されているインボイスは少ないのが現実です。 今回のテーマは貿易におけるINVOICEとPACKING LISTの書き方について分かりやすく解説していきたいと思います。 まず、そもそもINVOICEとPACKING LISTとは何でしょうか? 貨物を輸出するときには … 輸出入者での合意が必要 前にも言いました通りインコタームズは推奨ルールでしかありませんので、 このルールに則っていなかったとしても基本的な貿易取引条件さえ決めておけば貿易取引は完了できます。 もちろん事故や災害のリスクはいつも付きまといますが、 万が一そのようなリスクに遭ったとしてもきちんとした契約書などがあれば当事者同士の話し合いで解決できるものです。 インコタームズを絶対視しすぎず細かな部分は売買契約書などで定めておけば安心です。 また少し前にも言いましたように本来であれば、航空輸送などにFOBやCIFを使用するのは誤りです。 でも現実のINVOICEでは数多く見られます。 まず正しい情報を知ってることが前提で、そこからお客さんに合わせて崩すのはありかな。 今後永く貿易を続けられるのであれば、この機会にぜひとも正しいインコタームズを使用していただきたいです。 まとめ インコタームズを一度に覚える必要はありません。 改定された11種類のインコタームズをきちんと暗記し、スラスラと間違いなく説明できる人はフォワーダーの中でさえ少ないでしょう。 まずはご自分の貿易取引の中でよく使われている条件のものをしっかりと理解して覚えることが重要です。 そして新たな貿易取引が始まった際などに新しいインコタームズを使用することになれば、またそのタームを自分で調べて理解し、覚えて正しく使用する。 それで十分だと思います。 前回の改定が2010年、前々回が2000年であったことを考えますと次は2030年が予想されます。 その際にも廃止や統合、新設があると考えられますので、テストのようにすべてを丸暗記しようと頑張るのではなく自分に必要なタームを一つ一つしっかりと理解しましょう。 そうすればいつ改定があっても慌てることなく対応できること間違いなしです。

次の

インコタームズ 2020:CIF

インコタームズ 2020

Incotermsとは、International Commercial Termsの略称であり、ICCの登録商標であって(日本では登録第4536978号)、物品売買契約における取引条件の国際的な標準規則を表したものです。 前回は、2010年9月27日に公表され、2011年1月1日に発効しましたが、今回は2020年1月1日の発効となりますので、9年ぶりの改訂となります。 ただ、名称としては、Incoterms 2010と2020ですし、その前がIncoterms 2000ですので、一般的には10年毎のリニューアルと認識されています。 2.改訂のポイント Incoterms 2020年版における変更点として、以下の7項目が挙げられています。 それぞれの概要は、下記のとおりです。 (1)Bills of Lading with an on-board notation and the FCA Incoterms rule 物品が海上輸送を対象としてFCAルールで販売される場合、売主又は買主(信用状が発行されている場合は売主又は買主より銀行)は、船積証明追記がされている船荷証券を求めることがあります。 船荷証券の表面や裏面には、通常、約款やその他の文言が英文で細かく記載されていますが、日本の船会社などが発行する船荷証券の場合、表面右上部の船荷証券番号の下欄に20行前後の英文が印刷されています。 両者の違いは、実際に貨物の船積みが完了しているか否かです。 在来船の場合は、通常、貨物が実際に船積みされた後で船積船荷証券が発行されますが、コンテナ船の場合、貨物はコンテナ・ヤード又はコンテナ・フレート・ステーションで受け渡しがなされ、受取船荷証券が発行されます。 ところで、FCAルールでは、物品が本船の船上に荷揚げされる前に引渡しは完了しますが、売主が運送人から船積船荷証券を受け取れるかどうかは定かではありません。 運送人は、運送契約の下では、通常、物品の船積みが実際に完了したときにのみ船積船荷証券の発行義務を負い、また、発行することができます。 この状況に応えるため、Incoterms 2020年版では、FCAルールのA6項及びB6項(A項は売主の義務で、B項は買主の義務です)にオプションを追加しました。 売主及び買主は、物品の船積み後に、買主が、買主のコストとリスクで、運送人に対し船積船荷証券を売主に発行するよう指示し、その後に売主が、典型的には銀行を通じて、買主に対し当該船積船荷証券を提示する義務を負うことを合意できます。 但し、このオプション方式が採用されたとしても、売主は、買主に対し、運送契約の条件に関しては何らの義務を負いません。 (2)Costs, where they are listed 条項の記載順序が新たになったIncoterms 2020年版では、各IncotermsルールのA9項及びB9項にコストの記述が設けられました。 但し、このコストの配置換えとは別の変更点もあります。 Incotermsルール内の様々な条項が分担していた多岐にわたるコストは、伝統的には各Incotermsルール内の異なる個所に記載されてきました。 例えば、Incoterms 2010年版のFOBルールでは、荷渡し文書の取得に関するコストは、「Delivery Document(荷渡し文書)」の表題の条項であるA8項に言及されていて、「Allocation of Cost(コストの分担)」の表題の条項であるA6項には言及されていませんでした。 しかしながら、Incoterms 2020年版では、A6項及びB6項に相当するA9項及びB9項が、各Incotermsルールにより分担されるコストを全て列挙しています。 結果的に、Incoterms 2020年版のA9項及びB9は、Incoterms 2010年版のA6項及びB6項よりも長文になりました。 この目的は、一箇所でわかるコストの一覧をユーザに提供することです。 これにより、売主又は買主は、ある特定のIncotermsルールの下で自身が負担すべきコストを一目で認識できます。 あるコストの項目は、当該コストのホーム条項にも言及されています。 例えば、FOBルールで書類を取得するのにかかるコストは、A9項及びB9項に記載されている他、A6項及びB6項にも記載されています。 これは、書類コストの具体的な分担を探したいユーザは、全てのコストを列挙した一般条項よりも、荷渡し文書に特化した条項を参照したがるという考え方に基づいています。 (3)Different levels of insurance cover in CIF and CIP Incoterms 2010年版のルールでは、CIF及びCIPのA3項は、売主に対し、「少なくともロンドンの協会貨物約款(ロイズ市場協会/ロンドン国際保険業者協会)の C 約款又は類似の約款により規定されている最低限の補償範囲に準拠する貨物保険を売主のコストで手配する」義務を課しています。 同貨物約款(C は、列挙された多数のリスク(例外として掲げられた項目を除く)を対象とする補償を提供している一方、同貨物約款(A は、これも例外として掲げられた項目はあるものの、全てのリスクをカバーしています。 無論、後者の方が買主の保護に手厚い保険となりますので、保険料は高くなります。 今回の改訂では、慎重な審議を経て、CIFルールとCIPルールでは異なる最低限の補償範囲を設定することが定められました。 海上物品取引においてより多く利用されるCIFルールでは現状維持となり、引続き貨物約款 C がデフォルトで適用されます。 もとより、取引当事者は、より手厚い保険の付保に合意することができます。 これに対し、CIPルールでは、売主は、貨物約款 A に準拠する保険を付さなければならないというルールに変更されました。 この場合も、取引当事者は、当然ながら、より低補償の保険の利用を合意することができます。 しかしながら、Incoterms 2020年版に至る審議の過程で、売主が買主に物品を運送する際に、第三者の運送人を一切介在させることなく運送する場合もあることが明らかになりました。 例えば、Dルールを利用する売主が、自らの運送手段を利用することにより、第三者に運送機能を委託することなく運送の手配を行うことは妨げられていません。 同様に、FCAルールに基づく購買においても、買主が物品を収集し、買主の所に運搬するために自らの運送手段を用いることは妨げられません。 これまでのルールは、こうした事態を考慮に入れていませんでしたが、Incoterms 2020年版ルールでは、明示的に、運送契約を締結するということのみならず、単に必要な運送を手配するという態様も考慮されています。 (5)Change in the three-letter initials for DAT to DPU Incoterms 2010年版でのDATルールとDAPルールの唯一の相違点は、DATルールでは、物品が到着した輸送手段から「ターミナル」に荷卸しされた時点で売主による引渡しがなされるのに対し、DAPルールでは、荷卸しのために到着した輸送手段上で物品が買主の手に委ねられたときに引渡しがなされるというものでした。 この点、Incoterms 2010年版のDATルールの案内注釈(Guidance Notes)によれば、「ターミナル」は、「…屋根に覆われているか否かを問わないあらゆる場所」と広く定義されていました。 今回DATルールとDAPルールで2点の変更が施されました。 一つは、Incoterms 2020年版では、両ルールの記載順序が逆になり、荷卸し前に引渡しが完了するDAPルールは、DATルールの前に記載されることになった点です。 もう一つは、DATルールの名称がDPU(Delivered at Place Unloaded)に変更され、目的地が、「ターミナル」のみならず、いかなる場所でもあり得るという現実を強調している点です。 但し、その場所が「ターミナル」内ではないならば、売主は、物品の引渡しを意図している場所が売主にとって物品を荷卸しできる場所であることの確認を要します。 Incoterms 2010年版は、今世紀初頭にセキュリティに関連する関心が非常に高まってから発効した最初のIncotermsルールの改訂版でした。 そうした関心とそれに続いて産み出された関連する運送実務は、今や益々確立したものとなっています。 それらが運送要件と強く結び付いているため、セキュリティ関連の義務の明示的な分担が各IncotermsルールのA4項及びA7項に追加されました。 (7)Explanatory Notes for Users Incoterms 2010年版の各ルールの冒頭に記載されていた案内注釈(Guidance Notes)は、ユーザ用説明注釈(Explanatory Notes for Users)に変更されました。 これらの注釈は、Incoterms 2020年版の各ルールの基本概念、即ち各ルールがいかような時に使用されるべきか、売主と買主間で何時危険負担が移転し、コストはいかに分担されるのか等を説明するものです。 これらの説明注釈は、ユーザが、ある特定の取引に適合するIncotermsのルールに向かって正確かつ効率的な舵取りをするのに役立つ他、Incoterms 2020年版に準拠する紛争や契約を決定したり、それらについてアドバイスしたりする人々に対し、解釈を必要とし得る事項に関するガイダンスを提供しています。 3.まとめ 以上が、Incoterms 2010年版と 2020年版との相違点となります。 Incoterms 2020年版では既存のルールの一部廃止、変更、新たなルールの創設を含め相当変更があるのではないかと予想されていましたが、蓋を開けてみれば、思ったほどの変更はなかったと評価して良いのではないでしょうか。 それでも、上記のとおり、幾つかの事項で適切かつ注目すべきアップデートが施されていますので、とりわけ貿易従事者にとってはその内容の理解が望まれるところです。 ベリーベスト法律事務所パートナー。 1986年に早稲田大学法学部を卒業し、同年司法試験合格。 1989年に最高裁判所司法研修所修了後、主に知財案件を扱う特許法律事務所に入所。 1994年に米国ロースクールに留学し、LL. 1995年にNY州司法試験に合格し、同年NY州弁護士登録。 帰国後、米国法律事務所との外国法共同事業事務所、大手渉外事務所を経て、2018年9月にベリーベスト法律事務所に参画。 帰国以来、外国企業との商取引、内国企業による外国企業及び外国企業による内国企業の買収、外国企業と内国企業との合弁事業の組成・解消等に係る契約審査を中心に、国内一般民商事案件や内外紛争案件も加え、幅広い経験を積んでおります。 関連記事.

次の