タンクレストイレ メリット。 タンクレストイレのメリットとデメリットをプロの建築士が解説します

タンクレストイレで後悔!?メリット・デメリットとリフォーム費用|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

タンクレストイレ メリット

まぁ見た目はさておき 何よりも、 とにかくモノの価格が高いやないかいと。 という事で、 タンクレストイレのメリットとデメリットを 設備屋さんとリクシルの方に聞いてまとめてみる事に。 タンクレストイレのメリットデメリット メリット• タンクがない分場所を取らない タンク式トイレよりも奥行きが10センチ程度小さく済む• 見た目がスッキリしている タンクがない分スッキリしているし、デザイン性も高いので、トイレがオシャレな空間に見える• 掃除が楽になる タンクがないので凹凸がない。 奥の壁にピッタリ付けられるので、ほこりや汚れが溜まりにくく掃除が楽• 連続で何度も流せる タンクレストイレは水道から直接水が流れる『水道直圧式』なので、タンク式トイレのように水が溜まるのを待つ必要がなく何度も流せる。 朝のトイレの混雑時に便利• 節水 タンクレストイレは節水機能が優れている。 少ない水で綺麗に汚れを流せる• 掃除や消臭などの機能が多め 掃除がしやすい便座のリフトアップ機能や 消臭や除菌など色々な機能がある。 タンク式と比較すると機能性が高い。 (リクシルの場合なので、他社メーカーのものは調べていません) デメリット• 価格が高め タンク式トイレより価格が高い• 手洗い器が別途必要 タンクがないので手洗いもない。 別途手洗い場所が必要 ただでさえ高いのに手洗いを付ける事でよりコストアップ。 (リクシルの価格で見たら、一番安いものでも5万円程度していた)• 故障した時にやっかい ウォシュレットも便座も全て一体なので、一部が壊れただけでトイレ本体丸ごと変えないといけない事がある• 水圧が弱い地域に向かない 水道直圧式なので、水圧が弱い地域には向かない• 詰まりやすい 水圧が弱いと流れにくく詰まりやすくなる• 我が家にはどちらのトイレが合うのだろう? うーーーーーん。 タンクレストイレのメリットは見た目や掃除のしやすさかぁ。 家族が多ければ連続で流せるから便利だろうけれど、うちは夫と二人だしなぁ。 (二人なら1ヶ月1,000円台と激安) 元が安いので節約出来る額はたかが知れてるだろう。 となると、やはりメリットよりもデメリットの方がパンチが大きい。 (工務店の方はタンクレストイレでも行けると思ってたみたいですが 設備屋さんの方がそういう点は詳しいので、直接相談できて良かったです) ただ、 見積もりの段階でタンクレストイレ+手洗い器の金額で計算してくれていたお陰で タンク式トイレに変更したのでグッと価格が下がってくれました。 タンク式トイレの場合、 便器の部分と温水洗浄便座(シャワートイレ)を組み合わせて購入します。 我が家は、温水洗浄便座はリクシルの Newパッソという比較的新しいシリーズを選びました。 タンク式トイレの中ではグレードの高い温水洗浄便座を選んだけれど タンクレスと比べると安く上がりました。 なのに、タンクレスに負けず劣らず機能的な温水洗浄便座でして、すごくお勧めです!! タンク式トイレを選んだ我が家のトイレ.

次の

タンクレストイレのデメリットとメリット!リフォームした人の声もまとめてみた

タンクレストイレ メリット

まぁ見た目はさておき 何よりも、 とにかくモノの価格が高いやないかいと。 という事で、 タンクレストイレのメリットとデメリットを 設備屋さんとリクシルの方に聞いてまとめてみる事に。 タンクレストイレのメリットデメリット メリット• タンクがない分場所を取らない タンク式トイレよりも奥行きが10センチ程度小さく済む• 見た目がスッキリしている タンクがない分スッキリしているし、デザイン性も高いので、トイレがオシャレな空間に見える• 掃除が楽になる タンクがないので凹凸がない。 奥の壁にピッタリ付けられるので、ほこりや汚れが溜まりにくく掃除が楽• 連続で何度も流せる タンクレストイレは水道から直接水が流れる『水道直圧式』なので、タンク式トイレのように水が溜まるのを待つ必要がなく何度も流せる。 朝のトイレの混雑時に便利• 節水 タンクレストイレは節水機能が優れている。 少ない水で綺麗に汚れを流せる• 掃除や消臭などの機能が多め 掃除がしやすい便座のリフトアップ機能や 消臭や除菌など色々な機能がある。 タンク式と比較すると機能性が高い。 (リクシルの場合なので、他社メーカーのものは調べていません) デメリット• 価格が高め タンク式トイレより価格が高い• 手洗い器が別途必要 タンクがないので手洗いもない。 別途手洗い場所が必要 ただでさえ高いのに手洗いを付ける事でよりコストアップ。 (リクシルの価格で見たら、一番安いものでも5万円程度していた)• 故障した時にやっかい ウォシュレットも便座も全て一体なので、一部が壊れただけでトイレ本体丸ごと変えないといけない事がある• 水圧が弱い地域に向かない 水道直圧式なので、水圧が弱い地域には向かない• 詰まりやすい 水圧が弱いと流れにくく詰まりやすくなる• 我が家にはどちらのトイレが合うのだろう? うーーーーーん。 タンクレストイレのメリットは見た目や掃除のしやすさかぁ。 家族が多ければ連続で流せるから便利だろうけれど、うちは夫と二人だしなぁ。 (二人なら1ヶ月1,000円台と激安) 元が安いので節約出来る額はたかが知れてるだろう。 となると、やはりメリットよりもデメリットの方がパンチが大きい。 (工務店の方はタンクレストイレでも行けると思ってたみたいですが 設備屋さんの方がそういう点は詳しいので、直接相談できて良かったです) ただ、 見積もりの段階でタンクレストイレ+手洗い器の金額で計算してくれていたお陰で タンク式トイレに変更したのでグッと価格が下がってくれました。 タンク式トイレの場合、 便器の部分と温水洗浄便座(シャワートイレ)を組み合わせて購入します。 我が家は、温水洗浄便座はリクシルの Newパッソという比較的新しいシリーズを選びました。 タンク式トイレの中ではグレードの高い温水洗浄便座を選んだけれど タンクレスと比べると安く上がりました。 なのに、タンクレスに負けず劣らず機能的な温水洗浄便座でして、すごくお勧めです!! タンク式トイレを選んだ我が家のトイレ.

次の

水洗トイレの便器【タンク式とタンクレス】のメリットデメリットは?

タンクレストイレ メリット

(2)掃除がしやすい タンクレストイレは、タンクがないのでとても掃除がしやすいです。 トイレ掃除というとトイレ内部(鉢の中)だけを考えてしまいますが、実はトイレまわりの掃除も大変です。 タンクありトイレでは、タンクまわりに、デコボコやスキマが多く、掃除しにくいです。 タンクレスだと形がすっきりしているのでとても掃除がしやすいです。 (3)見た目がスッキリ タンクは思った以上に圧迫感があります。 タンクレスだとタンクがないぶんトイレ全体がとてもスッキリ見えます。 タンクレストイレのデメリット (1)水圧が低いと設置できないことがある タンクレストイレではタンクに水を貯めず直接流すので、水圧が低いと使えない場合があります。 そのため事前に確認が必要です。 ただし最近では水圧の弱さを補うブースターや、一時的な小さなタンクを内蔵しているものなど、水圧対策が進んでいるので水圧の弱さで設置できないということは減ってきています。 (2)停電時に不便 タンクレストイレの値段は高い? タンクレストイレは高いというイメージから、いきなり選択肢から外す方もいらっしゃるかと思います。 もちろんタンクレストイレには高価格帯のものが多いのですが、これはタンクレストイレでは機能が豊富なものが中心となっているからです。 最近ではタンクレストイレでも機能を絞ってお求めやすいものもあり、定価で20万円程度のものも出てきました。 また逆に、タンクありのトイレでも高機能なものは20万円を超えるものもあります。 同じ機能のタンクレストイレとタンクありトイレを比べると、1万〜5万円程度の差となっていて、以前に比べると差は小さくなっています。 値段のイメージだけでタンクレストイレをあきらめている人も、一度はじっくりと検討してみてもいいかもしれません。 ただ、タンクレストイレには温水洗浄便座(いわゆるウォシュレット)が標準でついています。 温水洗浄便座も要らないからとにかく費用を抑えたいという方は、従来型のタンクありのトイレをオススメします。 まとめ.

次の