転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作。 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!4話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

漫画「捨てられた皇妃」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作

それは、 前世の記憶があること。 そして、今住んでいる世界は 前世で読んだことのある小説の世界だということ。 その小説の内容を知っているレアナは自分がどういった立ち位置かを理解していた。 その立ち位置とは… 悪女。 レアナの夫となる皇帝は仕事人間。 そんな仕事人間は仕方なく愛もない状態でレアナを妻にする。 しかし、その後現れるヒロインに出会い、 皇帝はその女性を愛したのだ。 嫉妬に狂うレアナはヒロインの暗殺を謀るが、それがバレてしまい皇帝によって監獄に幽閉されてしまう… 原作どおりならレアナは幽閉されてしまうのだ。 しかし転生したレアナは違う。 ルマン・E・プリティナ 兄弟がいるなんて知らなかった… と戸惑うレアナだった。 簡単に挨拶を済ますと ポールにルマンのことを聞くレアナ。 原作に無い人だから気になって仕方ないのだ。 するとそこへ レアナは皇帝から呼ばれる。。 ざわつくレアナ。 さらに、そのレアナを大切にしない 皇帝の悪口を言っていた。 それを聞いた皇帝とルマン、そしてテリア財務官。 皇帝は自分の悪口を聞いて怒るが… ルマンは、 「レアナに労いの言葉があれば…」 と言う。 そんなとき、皇帝がレアナとポールが親しげに話している様子を目の当たりにする。 気遣いのあるレアナの行動に驚く皇帝。 (一応礼だけは言っておくか…) なんて思っていたはずが 言葉に出たのは… 「余は条件の通り一切の愛情を与えぬ」 という言葉。 自分でそんなことを言ってしまいハッとする皇帝。 言い直そうとすると… 笑顔のレアナ。 皇帝の愛情を望んでいないと言い 「ご用がお済みならが失礼してもよろしいでしょうか?」 とスマートな対応をするのだった。 レアナが出ていったあとケーキを食べる皇帝… ケーキの美味しさに表情が明るくなる。 「皇妃が持ってきたケーキはもうないのか?」 とテリア財務官に聞く皇帝。 その様子を見てテリア財務官 「もしや…」 「妃殿下が直接お持ちになったケーキをお望みですか?」 と聞くのだった。 5話ネタバレ! 「誰が持ってこようと味は変わるまい」 テリア財務官を子バカにする皇帝。 「味覚というより心理的なものです」 とテリア財務官が言うと 自分の胸が温かくなっていることに気付く皇帝。 しかしそれが何なのかは理解していない様子だった。 その様子を見て テリア財務官の表情が明るくなる。 さらにポールとレアナが親しくしていたことについても、モヤモヤしている様子。 「釘を刺しておかねば…」 独り言のように話す皇帝だった。 それだけで全てを察するレアナ。 冷たい表情で 「陛下と言えど口を挟む権利はない」 と言うと、不思議に思うポール。 そこへ皇帝がやってきて 皇帝と二人きりになってしまう。 表情はいつも通りのレアナだったが かなり戸惑っていた。 (なんて声を掛けてイイかわからない!) その間ツーンとしている皇帝。 しかもレアナを凝視…!! すると 「頼みがある」 そういう皇帝 そして…!? 6話ネタバレ! 手を見せてほしいという皇帝。 戸惑いながらも手を差し出すレアナ。 すると… すりすり さすさす 手の甲をさすったり 指先をつまんだり… 何が何だか分からないがされるがままのレアナだった。 その間ずっと さすさすしていた皇帝。 するとそこへ ポールがやってきて執務室へ。 (手を握っている姿を見られても特に動じていない皇帝。 ) しかしポールはおどおど。。 レアナも少し ポォーとしていたのだった。 国境付近で侵入者の痕跡が見つかった件についてルマンが話していた。 早々に話は終わり いそいそと仕事をする皇帝。 1人になると… レアナとのティータイムを思い出し (特に何をしたわけではないが… この手をずっと握っていたい… それしか考えられなかった) そう振り返る皇帝。 これがどういう感情なのかやはり分かっていない皇帝。 そのタイミングで、窓から外を見ると レアナとルマンが外で親しげに話しているところを目撃する。 ズキン 胸が痛む皇帝。 (どう考えても… 皇帝のあの行動は…) (監獄送りにしようとしている…?) 「…そんなわけないでしょ」 と自分で突っ込むレアナだった。 その夜、よく眠れないレアナは 散歩をするため外を歩いていると… ルマンに声を掛けられる。 ルマンはこれから国境に戻るところだったのだ。 レアナの考えた政策について誉めるルマン。 さらに今後の方針について話すレアナ。 そして レアナの手を取り 手にキスをするルマン。 (とりあえず悪い人じゃなさそう) そう思うレアナだったが やはり原作にいないキャラのため 少し警戒をするレアナ。 その現場に神殿でのみ使われる紙が落ちていた。 しかし… すごく落ち込んでいた。 気を遣うポールに対し 「関係ないでしょ」 と言い出すレアナ。 レアナはヒロインについて考えていたのだ。 (もう現れているはずなのに…) (どうして出てこないのよ!!!) (もしかして皇帝が誰かを愛さなくても私は監獄に…) 心配するポール。 そんなポールの心配をよそに 「退屈」 と言い出すレアナだった。 その会議中に突然 ズゥンゴゴゴゴゴ と地震が起こる。 空を見る皇帝。 もう少し距離が縮まってもいいのでは…?と思ったら、1年後となってしまいました…。 ルマンも謎だし。。 そして、 8話にしてやっとヒロインのような人物が登場しましたね…!さてさて、9話からの展開は!? ということで、9話からのネタバレはにて!.

次の

怪物公爵と契約公女|ネタバレ!46話~47話までの感想!(韓国版→日本語)|漫画Plus!

転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作

打ち明けて少し楽になるレアナ。 シヴァはそんなレアナを心配するが、ポールは初めて聞いたためショックを隠し切れないでいた。 「ところで、襲撃事件の犯人は捕まった?」 とレアナ。 まだ捕まっていないこと、そして皇帝が捜査に参加したことなどこれまでのことを報告するポール。 それを聞いて驚くレアナ。 皇帝が貴族の家を捜査させたことが原因で反発がすごいのだと続けて話すポール。 「陛下が神殿に直接行くとおっしゃっったそうですが、どうなるか…」 ミアも連れて行くという噂も流れていると聞いて考えるレアナ。 (ミアを連れて行くなら…) 皇帝とミアが手を繋ぎ笑顔で歩くシーンを思い浮かべるレアナ。 (もしかして原作の流れに戻すために変わっているのかな?) しかし原作と違って、レアナはミアをイジメたことがないし、これまでの皇帝の態度、言動は憎まれているような感じではない…。 と頭を悩ませるレアナ。 そんなレアナをジーっと見るシヴァ。 ニコっと笑い 「何か話したいことでも?」 と話しかける。 「ポールが神殿の話を出した後から何か気にされているようなので」 そう言いながらレアナの心を読むシヴァ。 レアナは驚きながらも否定し、 「陛下が私に気にかけるわけもない!」 と動揺しながら話すレアナ。 しかし、 「本当にそう思いますか?」 「陛下は、妃殿下を心配していますが、どう近づけばいいか分からないのではないでしょうか?」 「気持ちにない相手を気遣う人はいません。 だから、もう心を開いても良いのでは?」と言うのでした。 それを聞いて複雑な表情を見せるレアナ。 (本当に大丈夫かな?) (私が原作のミアのポジションになったということであれば… 一番頼もしい人は陛下だ) (だったら・・陛下のそばが一番安全) 少し不安な気持ちは残るレアナだったが、 その結論に至るのでした。 そこで、ポールは自分が失言したのではと気にしていたのだ。 すると、ポールの頭にの乗った葉っぱを取ってあげながら 「何かに気づくきっかけになったよ…」 と優しく微笑むシヴァ。 それに対して黙るポール。 (顔、近すぎだろ) と顔を赤らめるポールなのでした。 38話ネタバレ! 神殿にある司祭の名簿を皇帝に渡すテリア。 その名簿に目を通しながら・・ 今後の神殿への対応など真剣に話す2人。 するとそこに、 ドアがノックされ 要件を伝える使用人。 その話を聞いて目をまん丸にする皇帝。 レアナが応接室で待っているという報告だったからだ。 バッと立ち上がる皇帝。 「レアナが…?」 「レアナが!」 皇帝の顔がパァッと明るくなる。 すると乙女のようなことを言い出す皇帝。 そんな皇帝にドン引きのテリア。 「とにかく数日間まともに食べられなかったのにどうしたというのか。 今すぐ侍従たちを行かせろ」 「いや、今すぐ行くと伝えなさい」 とあたふたする皇帝。 「先に行ってレアナの状態がどうか、ごはんは食べたのか…悪夢は見なかったか、どこか不都合など…」 と言いながら、あっちへこっちへ歩く皇帝。 そんな皇帝にテリアは優しく、 レアナの元へ行ってはいかがでしょうと言うと… ダッシュでレアナの元へ行く皇帝だった。 その途端に、体を震わせ怯えてしまう。 (…もう大丈夫。 ここは陛下の・・) と自分に言い聞かせるレアナ。 するとそこで、 花束を持った皇帝が登場! 「レアナ!待たせた!」 「君より大事なことは無いから気楽に…」 と、ドアを開けると同時に話し始める皇帝。 驚くレアナ。 口をポカンと開ける皇帝 「今すぐ皆退け!」 と言って戻ろうとする陛下。 とにかく騒がしい登場だった。 皇帝はソワソワしていた。 (いざ来たものの…ぎこちない。 ) 皇帝が子犬のような顔をしているから、話を始められないレアナ。 ふいっと顔を横に向けると、 それだけで緊張する皇帝。 「ご心配おかけして申し訳ございません。 」 そして多少のズレがありながらも 本題に入るレアナ。 「ご相談したいことがあるのです。 」 「もしよろしければ…安全な場所…」 と言いかけた瞬間、 立ち上がりカップを倒してしまう皇帝。 」 レアナはぽけーっとする。 話が逸れてしまい、また来ようか…と思うレアナ。 すると皇帝から 「不安ならば、ここに留まったらどうか?」 と提案する皇帝。 そして… 「レアナ。 君を守ることを許してほしい。 」 と必死に言う皇帝なのでした。 そんな必死に言う皇帝を姿を前に、意外と冷静なレアナ。 (悩んでいたのはもったいない) と思うレアナだった。 38話終わり!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!4話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

転生 したら 悠々 自適 の 皇 妃 ライフ 原作

それは、 前世の記憶があること。 そして、今住んでいる世界は 前世で読んだことのある小説の世界だということ。 その小説の内容を知っているレアナは自分がどういった立ち位置かを理解していた。 その立ち位置とは… 悪女。 レアナの夫となる皇帝は仕事人間。 そんな仕事人間は仕方なく愛もない状態でレアナを妻にする。 しかし、その後現れるヒロインに出会い、 皇帝はその女性を愛したのだ。 嫉妬に狂うレアナはヒロインの暗殺を謀るが、それがバレてしまい皇帝によって監獄に幽閉されてしまう… 原作どおりならレアナは幽閉されてしまうのだ。 しかし転生したレアナは違う。 ルマン・E・プリティナ 兄弟がいるなんて知らなかった… と戸惑うレアナだった。 簡単に挨拶を済ますと ポールにルマンのことを聞くレアナ。 原作に無い人だから気になって仕方ないのだ。 するとそこへ レアナは皇帝から呼ばれる。。 ざわつくレアナ。 さらに、そのレアナを大切にしない 皇帝の悪口を言っていた。 それを聞いた皇帝とルマン、そしてテリア財務官。 皇帝は自分の悪口を聞いて怒るが… ルマンは、 「レアナに労いの言葉があれば…」 と言う。 そんなとき、皇帝がレアナとポールが親しげに話している様子を目の当たりにする。 気遣いのあるレアナの行動に驚く皇帝。 (一応礼だけは言っておくか…) なんて思っていたはずが 言葉に出たのは… 「余は条件の通り一切の愛情を与えぬ」 という言葉。 自分でそんなことを言ってしまいハッとする皇帝。 言い直そうとすると… 笑顔のレアナ。 皇帝の愛情を望んでいないと言い 「ご用がお済みならが失礼してもよろしいでしょうか?」 とスマートな対応をするのだった。 レアナが出ていったあとケーキを食べる皇帝… ケーキの美味しさに表情が明るくなる。 「皇妃が持ってきたケーキはもうないのか?」 とテリア財務官に聞く皇帝。 その様子を見てテリア財務官 「もしや…」 「妃殿下が直接お持ちになったケーキをお望みですか?」 と聞くのだった。 5話ネタバレ! 「誰が持ってこようと味は変わるまい」 テリア財務官を子バカにする皇帝。 「味覚というより心理的なものです」 とテリア財務官が言うと 自分の胸が温かくなっていることに気付く皇帝。 しかしそれが何なのかは理解していない様子だった。 その様子を見て テリア財務官の表情が明るくなる。 さらにポールとレアナが親しくしていたことについても、モヤモヤしている様子。 「釘を刺しておかねば…」 独り言のように話す皇帝だった。 それだけで全てを察するレアナ。 冷たい表情で 「陛下と言えど口を挟む権利はない」 と言うと、不思議に思うポール。 そこへ皇帝がやってきて 皇帝と二人きりになってしまう。 表情はいつも通りのレアナだったが かなり戸惑っていた。 (なんて声を掛けてイイかわからない!) その間ツーンとしている皇帝。 しかもレアナを凝視…!! すると 「頼みがある」 そういう皇帝 そして…!? 6話ネタバレ! 手を見せてほしいという皇帝。 戸惑いながらも手を差し出すレアナ。 すると… すりすり さすさす 手の甲をさすったり 指先をつまんだり… 何が何だか分からないがされるがままのレアナだった。 その間ずっと さすさすしていた皇帝。 するとそこへ ポールがやってきて執務室へ。 (手を握っている姿を見られても特に動じていない皇帝。 ) しかしポールはおどおど。。 レアナも少し ポォーとしていたのだった。 国境付近で侵入者の痕跡が見つかった件についてルマンが話していた。 早々に話は終わり いそいそと仕事をする皇帝。 1人になると… レアナとのティータイムを思い出し (特に何をしたわけではないが… この手をずっと握っていたい… それしか考えられなかった) そう振り返る皇帝。 これがどういう感情なのかやはり分かっていない皇帝。 そのタイミングで、窓から外を見ると レアナとルマンが外で親しげに話しているところを目撃する。 ズキン 胸が痛む皇帝。 (どう考えても… 皇帝のあの行動は…) (監獄送りにしようとしている…?) 「…そんなわけないでしょ」 と自分で突っ込むレアナだった。 その夜、よく眠れないレアナは 散歩をするため外を歩いていると… ルマンに声を掛けられる。 ルマンはこれから国境に戻るところだったのだ。 レアナの考えた政策について誉めるルマン。 さらに今後の方針について話すレアナ。 そして レアナの手を取り 手にキスをするルマン。 (とりあえず悪い人じゃなさそう) そう思うレアナだったが やはり原作にいないキャラのため 少し警戒をするレアナ。 その現場に神殿でのみ使われる紙が落ちていた。 しかし… すごく落ち込んでいた。 気を遣うポールに対し 「関係ないでしょ」 と言い出すレアナ。 レアナはヒロインについて考えていたのだ。 (もう現れているはずなのに…) (どうして出てこないのよ!!!) (もしかして皇帝が誰かを愛さなくても私は監獄に…) 心配するポール。 そんなポールの心配をよそに 「退屈」 と言い出すレアナだった。 その会議中に突然 ズゥンゴゴゴゴゴ と地震が起こる。 空を見る皇帝。 もう少し距離が縮まってもいいのでは…?と思ったら、1年後となってしまいました…。 ルマンも謎だし。。 そして、 8話にしてやっとヒロインのような人物が登場しましたね…!さてさて、9話からの展開は!? ということで、9話からのネタバレはにて!.

次の