パワプロ クロス ナイン 投手。 【パワプロ】茂野いずみは強い?得意練習が変化球と球速でクロスナインの新しいパーツになるか!?

【パワプロ2018】投手の金特・特殊能力一覧

パワプロ クロス ナイン 投手

能力アップ画面で経験点を消費して取得できるほか、イベントで直接取得することもある。 イベントの選択肢によって覚える・覚えないが出てくるため、イベント内容を確認しながらサクセスをプレイしよう。 超特殊能力 金特 とは 特殊能力(特能)の上位互換となる能力。 取得にはイベント+下位の特能が必要 金特はイベントでコツを取得することで能力アップ画面に追加される。 金特のコツは、下位となる特能を持っていることが取得の条件になっている。 例えば「超尻上がり」の金特を取得したい場合、下位に当たる「尻上がり」を取得しないと覚えることはできない。 赤特は経験点を使うことで外すことができる。 特殊能力名 効果 怪童 ストレートの体感速度が大幅に上がる。 下位能力:重い球 強心臓 走者が2塁以上にいる時、投手能力が上がる。 下位能力:勝ち運 精密機械 低い位置に投球するほど、コントロールが大きく上昇する。 下位能力:尻上がり 鉄腕 調子による影響をかなり受けにくい。 下位能力:調子安定 内無双 内角に投げたときコントロールがものすごく良くなる。 下位能力:内角攻め 不屈の魂 連打されても動揺しにくく、投手能力が下がりにくい。 下位能力:なし 変幻自在 ストレートと変化球を交互に投げると発動。 ストレートの体感速度が上がり、変化球の曲がり始めが大幅に遅くなる。 下位能力:逃げ球 ドクターK 2ストライク時、投手能力がかなり上がる。 下位能力:奪三振 ド根性 スタミナが減っても疲れを見せずド根性で投げる。 下位能力:ジャイロボール マインドブレイカー 三振を奪うと相手の調子をダウンさせる。 下位能力:なし ミスターゼロ 無失点のまま回を進めると能力が上がる。 ストレートの体感速度が上昇し、打者近くで球が曲がる。 スタミナ切れになっても能力が下がりにくい。 重い球 相手のパワーが下がり、打たれても打球が飛びにくくなる。 尻上がり 先発時限定で発動。 6回以降、球速・変化量・コントロールが上がる。 打たれ強さ 連打されても、投手能力が下がりにくい。 対ピンチ 走者が2塁以上にいる時、球速・変化量が上昇する。 対左打者 左打者が相手の時、球速・コントロールがかなり上昇し消費スタミナが減少する。 奪三振 2ストライク時、投手能力が上がる。 逃げ球 失投時、投球が真ん中に行く確率が低くなる。 闘志 球質が重くなり、フラフラ状態になりにくい ポーカーフェイスと両方の取得は不可。 クイック 走者がいる時、投球モーションが速くなる。 クロスファイヤー 1球前に投げた位置の対角線上に投球すると能力が上がる。 ジャイロボール ストレートのボールの回転軸が打者に向かって進み、手元で伸びる。 ノビ ストレートの体感速度がかなり上がる。 バント封じ 相手のバントがフライになりやすい。 ポーカーフェイス 表情を顔に出さず、疲れている状態かどうか見分けられなくなる。 闘志と両方の取得は不可。 球速安定 安定して球速を出せる。 回復 疲れが早く取れるようになる 特殊能力名 効果 ガラスのハート 打ち込まれるとフラフラ状態になりやすい。 ノミの心臓 走者が2塁以上にいると球速・変化量がかなり下がる。 軽い球 打たれた時、打球が飛びやすい。 シュート回転 球質が軽くなり、球がシュート方向へ変化する。 スロースターター 1・2回に先発投手のステータスが下がる。 一発 失投時、ど真ん中に行く確率が高くなる。 短気 連打されると、コントロールが下がる。 四球 3ボールの時、コントロールが下がる。 負け運 登板時、味方チームの打者全員のパワーが下がる。 乱調 イニングが変わるとコントロールが下がる。

次の

クロスナイン(十門寺東高校)の投手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

パワプロ クロス ナイン 投手

能力アップ画面で経験点を消費して取得できるほか、イベントで直接取得することもある。 イベントの選択肢によって覚える・覚えないが出てくるため、イベント内容を確認しながらサクセスをプレイしよう。 超特殊能力 金特 とは 特殊能力(特能)の上位互換となる能力。 取得にはイベント+下位の特能が必要 金特はイベントでコツを取得することで能力アップ画面に追加される。 金特のコツは、下位となる特能を持っていることが取得の条件になっている。 例えば「超尻上がり」の金特を取得したい場合、下位に当たる「尻上がり」を取得しないと覚えることはできない。 赤特は経験点を使うことで外すことができる。 特殊能力名 効果 怪童 ストレートの体感速度が大幅に上がる。 下位能力:重い球 強心臓 走者が2塁以上にいる時、投手能力が上がる。 下位能力:勝ち運 精密機械 低い位置に投球するほど、コントロールが大きく上昇する。 下位能力:尻上がり 鉄腕 調子による影響をかなり受けにくい。 下位能力:調子安定 内無双 内角に投げたときコントロールがものすごく良くなる。 下位能力:内角攻め 不屈の魂 連打されても動揺しにくく、投手能力が下がりにくい。 下位能力:なし 変幻自在 ストレートと変化球を交互に投げると発動。 ストレートの体感速度が上がり、変化球の曲がり始めが大幅に遅くなる。 下位能力:逃げ球 ドクターK 2ストライク時、投手能力がかなり上がる。 下位能力:奪三振 ド根性 スタミナが減っても疲れを見せずド根性で投げる。 下位能力:ジャイロボール マインドブレイカー 三振を奪うと相手の調子をダウンさせる。 下位能力:なし ミスターゼロ 無失点のまま回を進めると能力が上がる。 ストレートの体感速度が上昇し、打者近くで球が曲がる。 スタミナ切れになっても能力が下がりにくい。 重い球 相手のパワーが下がり、打たれても打球が飛びにくくなる。 尻上がり 先発時限定で発動。 6回以降、球速・変化量・コントロールが上がる。 打たれ強さ 連打されても、投手能力が下がりにくい。 対ピンチ 走者が2塁以上にいる時、球速・変化量が上昇する。 対左打者 左打者が相手の時、球速・コントロールがかなり上昇し消費スタミナが減少する。 奪三振 2ストライク時、投手能力が上がる。 逃げ球 失投時、投球が真ん中に行く確率が低くなる。 闘志 球質が重くなり、フラフラ状態になりにくい ポーカーフェイスと両方の取得は不可。 クイック 走者がいる時、投球モーションが速くなる。 クロスファイヤー 1球前に投げた位置の対角線上に投球すると能力が上がる。 ジャイロボール ストレートのボールの回転軸が打者に向かって進み、手元で伸びる。 ノビ ストレートの体感速度がかなり上がる。 バント封じ 相手のバントがフライになりやすい。 ポーカーフェイス 表情を顔に出さず、疲れている状態かどうか見分けられなくなる。 闘志と両方の取得は不可。 球速安定 安定して球速を出せる。 回復 疲れが早く取れるようになる 特殊能力名 効果 ガラスのハート 打ち込まれるとフラフラ状態になりやすい。 ノミの心臓 走者が2塁以上にいると球速・変化量がかなり下がる。 軽い球 打たれた時、打球が飛びやすい。 シュート回転 球質が軽くなり、球がシュート方向へ変化する。 スロースターター 1・2回に先発投手のステータスが下がる。 一発 失投時、ど真ん中に行く確率が高くなる。 短気 連打されると、コントロールが下がる。 四球 3ボールの時、コントロールが下がる。 負け運 登板時、味方チームの打者全員のパワーが下がる。 乱調 イニングが変わるとコントロールが下がる。

次の

【パワプロ2018】栄冠ナイン 投手育成について詳しく解説します

パワプロ クロス ナイン 投手

栄冠ナインの攻略のコツ 栄冠ナインには、各シリーズごとに攻略の仕方が変わってきます。 今作「栄冠ナイン2018」はエラーが多く、長打が出にくい傾向にあります。 ですので、バントや盗塁、スクイズを駆使して得点を稼ぐ、スモールベースボールがオススメです。 それを踏まえた、2018年で通用する育成攻略のコツをご紹介します。 投手育成のコツ 投手は3年間ある世代のうち1人は転生もしくは天才選手が欲しいです。 あげる能力が多いので、基礎値が低い投手は諦めて野手に転向させましょう。 基礎能力が高い選手は以下の順番で能力を上げましょう。 スライダー変化量4+フォーク変化量3より、フォーク変化量7の方が防御率が高くなりやすいです。 横方向より、下方向の方が打たれにくい傾向にあります。 初めはE、地区予選にDあれば十分でしょう。 甲子園出場になるとAがないとしんどいかもしれません。 完投の方が経験点は多くなりますが、スタミナは上げやすいの、無理にあげる必要はありません。 自然に上がるのを待ちましょう。 しかし、普通の練習で球速+1するのはかなり経験点が必要です。 そんな上げにくい球速ですが、試合にもらえる経験点では必ず+1になります。 ですので、球速は普通の練習では上げずに、試合後の経験点で上げていきましょう。 野手育成のコツ 栄冠ナイン2018では、エラー率がかなり高くなっています。 加えて長打率がかなり低くなっています。 その特徴に合わせた育成がオススメです! 捕手や遊撃手などの守備の要に転生か天才選手が欲しいでしょう。 今作では捕球が低いと高確率でエラーをするような仕様になっています。 できればE45、地区予選までには全員D50以上必要になります。 ファーストも捕球が低いと後逸するので、二遊間と一塁手は優先しましょう。 守備を上げていないと、守備での動作が悪くなってしまいます。 二遊間は必ずC以上にしておきたいです。 今作は長打がかなり減っているので、バントなしでどこまで塁を進めるかで試合の勝敗が分かれます。 走力が上がっていると打球にも追いつくため結果的な守備力の上昇にもつながります。 ポジションによっては先に肩をあげるのもGOODです。 弾道2、ミートD、パワーEあればホームランは入ります。 弾道は全員2で大丈夫です。 ミートは出来るだけ上げましょう。 長打は狙わず、出塁率をあげることに意味があるので、パワーは一番最後に上げましょう。 弱い選手は弱いまま? 何年も栄冠ナインをしてると、どれだけ能力が高くても全然打たない選手に遭遇することがあります。 なぜか、打たない選手は万年打たないようです。 打てないと試合後の経験点が少なかったり赤得能がついたりし、悪循環に陥ります。 そういった選手は早めに諦めて、別の選手を注目したりアイテムを使ってあげたりすることをオススメします。 どうしてもこの選手を使いたい!!という場合は、右打ちと左打ちを変えたり、バッティングフォームを変えたりすると、成績が稀によくなります。 内気を育て「魔物」を狙う どの栄冠ナインのシリーズでも「魔物」が最強です。 7回以降などの全員操作できるタイミングで発動しましょう。 しかし、内気なキャラでも魔物の発動確率はそこまで高くありません。 ですので、スタメンに2〜3人、代打要員でベンチに2〜3人いると確実に魔物が発動できます。 ミートと走力が高い選手は積極的に性格を魔物に変えていきましょう。 まとめ 今回は、栄冠ナインの育成についてまとめてみました。 簡単に振り返りましょう。 投手は変化量が大切!試合が多い月は球速メインで育成!• 魔物はベンチに確実に欲しい 栄冠ナインはすごく奥が深く、1記事ではコツを書ききれません。 機会があれば、試合や立ち回りのコツも書いていきたいと思います。

次の