コロナ ウィルス 血液 型。 新型コロナの血液型との関係で重症になりやすいのはA型?志村けんや岡江久美子の血液型は?ニュースをまとめてみた | monjiroBLOG

コロナウィルスは、血液型がA型の男性がかかりやすいとの事で、調べましたが『...

コロナ ウィルス 血液 型

中国メディアの澎湃新聞が17日付で、 「 A型 は他の血液型より新型コロナウイルスに感染するリスク が 高く、 O型は相対的に 低い」 とする研究レポートが発表されました。 レポート自体は査読待ちの状態ですが、 中国の南方科技大学、深セン市第三人民医院 (南方科技大学第二付属医院)、 武漢市金銀潭医院、武漢大学人民医院、 中国医学科学院阜外医院、華東師範大学、 武漢大学中南医院、上海交通大学の 8研究機関により、 「Relationship between the ABO Blood Group and the COVID-19 Susceptibility」とのタイトルでmedRxivに掲載され話題になっているため調べてみました。 新型コロナウイルスと血液型の関係について 新型コロナウイルスと 血液型の関係について、 依然として研究段階にあり結論は出せませんが、 今回は現状の統計と他のウイルスの例から 考えてみたいと思います。 まずは武漢の健常者3694人の血液分布と 新型コロナウイルス感染者1775人の 血液分布の統計をグラフにまとめてみました。 左が健常者の血液型分布で、 右が新型コロナウイルス感染者の血液分布のグラフです。 健常者と感染者で 血液型分布が大差ない血液型もありますが、 このようにグラフにしてみると、 新型コロナウイルスと 血液型の何かしらの関係がありそうです。 次に、乾燥しやすい 冬を中心に流行する ノロウイルスを例に挙げて考えてみます。 ノロウイルスと新型コロナウイルスは 構造的にも症状的にも異なりますが、 どちらも 感染力が高い点や予防手段が 衛生管理・ 手洗い・ うがいが重要な点は一緒で、 特に「 血液型との関係」という点では参考になりそうです。 ノロウイルスの「血液型との関係」は、 「 血液型によって耐性を持つ」ということです。 もっと詳しく言うと「血液型が B型の人はノロウイルスへの 耐性を示す傾向がある」とされ、 本当に?なぜ?と思う方が多いと思います。 そもそも血液型がどうやって分けられているか? ABO型の血液型は、 赤血球の表面の構造で分類されています。 血液型が違うということは、 赤血球の表面の構造が違うと言われても 目に見えるものでもないですし、 イメージがつかないと思うので下に資料を載せておきました。 出典元:hatenablog. com ノロウイルスは赤血球の表面にある 抗原 と呼ばれる 糖鎖に付着して 感染を引き起こすとされています。 【 抗原と 抗体とは?】 免疫細胞が作り出す「 抗体」は、 「 抗原」と結合することで、抗原を排除し、 「 抗体」を作り出す働きをしているのが、 「 獲得免疫」という機能です。 獲得免疫とは、 体内に侵入した敵を記憶し、 次に侵入されたときに すぐ対処できるようにする免疫反応のこと。 この時、獲得免疫が「 敵」として 認識する物質のことを「 抗原」という。 ノロウイルスは 赤血球の 表面にある 抗原と 呼ばれる 糖鎖に付着して感染を引き起こすとされています。 上記で述べたように血液型によって 赤血球の表面の型が異なるため、 ノロウイルスが 吸着しづらい型もあり、 吸着しやすい方もあります。 このことを研究した研究員のAnne M Hutson氏は、 O型はノロウイルスの感染がしやすく、 B型や AB型は 感染確率が低いと論文で述べています。 こういったノロウイルスの研究結果も 出ているので、ここまでのことを踏まえて、 新型コロナウイルスと血液型との関係を 血液型別に説明していきます! A型が感染しやすい理由 A型が感染しやすい理由として 2つ挙げられます。 1つ目は、そもそも 分母数が多いということです。 人口で見たときに A型の割合が多いので、 自ずと 感染者も多くなってしまう傾向にあります。 2つ目は、新型コロナウイルスが 吸着しやすい抗原が A型の赤血球の抗原である可能性があります。 「分母数が多く吸着しやすいのがA型」 となれば、健常者と感染者のグラフを 比較したとき、健常者よりも感染者の方が多く、 他の血液型よりも多いことが納得できますよね。 O型が感染しにくい理由 武漢の健常者の血液分布では、 1番多い O型の 感染者数が少ない理由を 血液型 赤血球 の違いから考えると、 「 O型には抗原がないから」ということです。 ウイルスは 赤血球の表面にある抗原に吸着して 感染を引き起こします。 この抗原がなかったらどうでしょう? くっつきにくいですよね? 「くっつきにくい」つまり「 感染しにくい」 状態にあるため、O型は感染しにくいと言われています。 B型、AB型が感染少ない理由 B型には B抗原があり、 AB型には A・B抗原があるため、 ウイルスが吸着しやすい可能性もあれば 吸着しにくい可能性もあります。 しかし、B型とAB型については 抗原が関係あるかは定かではありません。 なぜなら、健常者と感染者のグラフを見たとき、 割合に大きな差が見られないからです。 よって、B型とAB型は血液分布が少ないため 感染も少ない状態にあると、現時点では考えられています。 まとめ 新型コロナウイルスは A型が感染しやすいという話題について、 血液型別に調査して解説してきましたがいかがだったでしょうか。 新型コロナウイルスは昨年 2019年 11月に 出てきたばかりの 新しいウイルスで、 薬も治療法もまだまだ 研究段階にあります。 血液型で見るとA型が感染しやすい傾向 にはありますが、 感染力の強いウイルスなので 血液型に関係なく 全ての人が感染するリスクがあります。 なので、「自分は大丈夫」と思った人も、 手洗い・ うがいなどの 感染対策をして 感染しないように気を付けていきましょう。

次の

A型は他の血液型より新型コロナ感染リスク高い、中国の研究報告―中国メディア|レコードチャイナ

コロナ ウィルス 血液 型

勤務医著 新型コロナウイルスの話題はまだまだ続いていますが、このたび中国から新型コロナウイルス(COVID-19)に関する論文が発表されました。 タイトルは「COVID-19の感染と血液型との関係性(英語表記: Relationship between the ABO Blood Group and the COVID-19 Susceptibility)です。 この論文はまだまだ詳細不明や新型コロナウイルスの特徴を、感染者の血液型に注目した論文で、とても興味深い結果が出ています。 中国の武漢と深圳の4つの病院で、検査によりウイルスが確認された新型コロナウイルス感染患者2173名を対象に、患者の血液型の分布と、該当地区の血液型の分布を比較したところ、以下のような結果になりました。 A B AB O 対象地域 32. 16% 24. 90% 9. 10% 33. 84% 患者 37. 75% 26. 42% 10. 03% 25. 80% この比較から、患者におけるA型の割合はその地域のA型の割合と比較して有意に増加、逆にO型は有意に低下していました。 つまり、血液型がA型の人は新型コロナウイルスに感染しやすく、O型の人は感染しにくいという結論になったのです。 このように血液型によって、ウイルスの感染しやすさが異なることは本当にあるのでしょうか?血液型との関係性で最も有名なのはノロウイルスです。 ノロウイルスの初期のタイプはO型の人がかかりやすく、B型の人はかかりにくいということが明らかになっています。 どうしてこのようなことが起きるかという理由は、血液型によって何が違うのかということと、ウイルスに感染するとはどういうことなのか、ということに関係しています。 まずは、血液型の仕組みから見てみましょう。 血液の赤色を担っているのは赤血球です。 赤血球の表面には「糖鎖」というものがくっついています。 「糖鎖」とは文字通り糖でできた鎖(くさり)です。 糖にはいろいろな種類があり、グルコース、ガラクトース、キシロースといったもののほかに、グルクロン酸、グルコサミンなども含まれています。 これらがどのように赤血球の表面にくっついているかで血液型は分類されています。 わかりやすく、A型の赤血球にはパターンAの糖鎖が、B型の赤血球にはパターンBの糖鎖がくっついているとしましょう。 すると、それぞれの血液型は以下のようになります。 A型:パターンAの糖鎖だけを持つ B型:パターンBの糖鎖だけを持つ AB型:パターンAとパターンBの糖鎖の両方を持つ O型:パターンAとパターンBどちらの糖鎖も持っていない さて、糖鎖は別に、血液型を決めるためにくっついているわけではありません。 実は体の中ではたくさんの役割を担っています。 そもそも、糖鎖は赤血球の表面にだけ存在するのではなく、体中の細胞にも存在しています。 糖鎖の役割は細胞の表面で細胞に取り込むものを識別し、体にとって必要なものと不必要なもの、もしくは敵の存在を区別することにあります。 この糖鎖の働きによって、・古くなった細胞を認識して分解して新陳代謝を行ったり、ホルモンや免疫の働きを調整したりしていますが、糖鎖はまだまだ謎が多く、全ての機能が解明されてはいません。 さて、次に新型コロナウイルスはどのようにして感染するのか、ということについて説明しましょう。 ある特定のウイルスは、ヒトの細胞に感染するときに、その細胞の糖鎖を認識して、特定の糖鎖にくっつくことができます。 先ほど例に挙げたノロウイルスも同じです。 ノロウイルスの場合はO型の人の糖鎖パターンを好んでくっつくことが判明しています。 コロナウイルスも一般的には特定の糖鎖を好んでくっつくことが判明しているので、ここからは推測になりますが、今回の新型コロナウイルスはA型がもつ糖鎖パターンを好んでくっつき、感染する仕組みがあるのかもしれません。 とはいえ、A型以外の人でも新型コロナウイルスに感染している人はいますし、ノロウイルスについても、初期のウイルスはO型の人に感染しやすいことが分かっていますが、ウイルス自体が変異(形を変えること)するたびに特徴も変化するため、初期以外のノロウイルスには血液型によって感染のしやすさが異なるという報告はありません。 新型コロナウイルスもいくつかの変異タイプも見つかっているため、変異したウイルスについてはこの特徴は当てはまらない可能性があります。 さらに今回の論文はあくまで血液型と感染しやすさの検討であり、どの血液型の人が重症化しやすいか、死亡しやすいかといった検討はなされていませんので、引き続きすべての人が感染対策をすべきと考えます。 参考サイト.

次の

新型コロナウイルスには「2つの型」が…感染源や治療法 新たにわかってきた特徴は?

コロナ ウィルス 血液 型

世界中の科学者たちが新型コロナの研究をするなかで、「重症化しやすい人は、血液型A型で、頭髪の薄い男性」という調査結果が報告されてきた。 血液型と新型コロナの関連は、過去に中国、アメリカ、ロシアなどから報告があり、内容はいずれもA型が最も多いというものだった。 SARSウイルスに関してもA型が最もかかりやすいとの研究がある。 最近、ヨーロッパの国際チームが、遺伝子と呼吸不全に関する新しい論文を公表した(『MedRxiv』6月2日)。 コロナに感染した患者は、2つの染色体で際立った特徴が見られたという。 ひとつは血液型のABOを決定するもの。 もうひとつは、ウイルスが細胞内へ侵入する際に結びつく受容体ACE2に関するもので、免疫に関する遺伝子が呼吸不全のきっかけを作る可能性が指摘されている。 一方、頭髪に関しては、6月5日の『サイエンス』ウェブ版に掲載された「男性ホルモンがウイルスを重症化させるきっかけになる」という記事に注目が集まった。 新型コロナウイルスでは、女性より男性の方が重症化しやすいことは知られているが、それは男性ホルモンのアンドロゲンがウイルスを体内に感染させる働きを助けるからではないかと指摘している。 また、スペインでは、薄毛の人ほどコロナで入院しやすいという論文が、2種類報告されている。 前者は入院患者の71%、後者は79%が薄毛だったという。 入院した患者と同世代の薄毛率は31%~53%だそうで、明らかに薄毛の入院患者が多いことが伺える(『テレグラフ』6月4日)。 男性の薄毛にはアンドロゲンが深く関係しているが、女性でも、このホルモンが関与している薄毛の場合、少数ながら新型コロナとの相互関係が見られたという。 すでにニューヨークやロサンゼルス、シアトルの病院ではアンドロゲンを抑える薬の投与が始まっている。 ただし、副作用として体のほてりや胸のふくらみが見られるかもしれないとのことだ。 アメリカで、コロナウイルスにより最初に死亡した医師は、フランク・ガブリン博士という救急担当医だった。 彼の頭髪は薄かったため、男性ホルモンと重症化に関係があるとみなす医師たちは、頭髪量を「ガブリン・サイン」と呼んで、注視しているそうだ。 (取材・文/白戸京子).

次の