髪をグレーに染めるには。 1日だけ染める!1日ヘアカラーアイテムのおすすめ&選び方・使い方

白髪まじりを自然なロマンスグレーにする方法

髪をグレーに染めるには

日々お客様からのお問い合わせがあるのですが、 ご予約を頂いた方にはLINE のことをお伝えし、事前カウンセリングしています。 最近はブリーチに対しての美容師さん側の認識もアールブリーチなどのケアブリーチでハードルが下がっているのでブリーチをされるお客様が増えていると思います。 それはSNSに流れている画像などを見て なりたいイメージをお客様は決めてるので、そのほとんどがブリーチベースのものを気に入られる方が増えてるからです。 ご来店時にカウンセリングで お客様 「こんな感じの色にしたいです」 とインスタなどを美容師さんに見せると 美容師 「この色味にするならブリーチしないとですね」 といったやり取りはこの数年で格段に増えました。 その中で特に多い内容は 髪の毛をグレー シルバー に染めたい こんなオーダーが多いです。 その際ブリーチを提案されてそれならブリーチしますってなったけど仕上がってみたら グレーにならなかった というお悩みのご相談もよくお受けします。 その1つに 【ブリーチに対しての知識がほとんどない】 ことがあげられます。 ブリーチ後の退色の仕方 質感 色味の入り方 見え方 様々が今までのカラーと違うのでそのあたりを良く理解して染めないといけません。 ほとんどのお客様がここでの認識の違いで仕上がりとのギャップがでているので少しお伝えしたいと思います。 髪の毛をグレーにしたいは基本濃いめに染める グレーという色味は基本無彩色です。 色味スケールで見ると 色ってこんな感じに色相環になってるんですが ここにグレーって見当たらないですよね? グレーっていう色味は 色の色相環とは違う場所にある いわゆる 黒と白の間の色のことです。 無彩色の領域にあります。 単純に考えて人の髪の毛は 茶色 金髪 などもともと色があります。 そこに単純にグレーの色味をのせてももともとある黄ばみや赤みは消えないので結果ベージュっぽくなります。 なので髪の毛にある黄ばみや赤みを無くしてからでないと綺麗なグレーにはなりません。 赤みや黄ばみを打ち消すほどの色味を入れないとグレーにならない のです。 だから僕はほとんどのお客様に 基本濃いめに染める とお伝えします。 グレー系の色味はかなり色味を濃いめに染める必要があるので室内などてはかなり黒ベースに染めたては見えます。 光にあてると透けるイメージです。 髪の毛には赤味がブリーチを一度したぐらいではかなり残っているのでその赤味を抑え込むほどのグレーの濃さが必要になります。 なのでそこの濃さがないとベージュっぽいかんじになってしまいます。 色味は退色していくものなので始めは濃いめに染めるのがこの手のカラーの標準になってます。 グレーという色味はもう一度 こうゆう色味スケールなのですが 真ん中くらいの明るめのグレーは 最低でもブリーチ履歴が3〜5回ほどあり積み重ねないと作れません。 ブリーチ履歴が少ないかたは赤味が強いのでその赤を消しながら色味を入れるので この辺りの濃さに仕上がります。 光に当たると透ける感じで定期的にブリーチを繰り返したり色味を積み重ねることでどんどん左側の方に仕上がっていくといった感じになります。 明るいグレーにしたいなら ブリーチの土台は数回必要になります。 そしてブリーチ履歴が少ない場合の方は 効果的に赤みや黄ばみを消してから グレーを染めるダブルカラーが必要になります。 実際に解説します。 Before こちらのお客様の履歴 金髪にしてから、二度カラーをいれてそめたけどグレーで無く、くすんだベージュになったとのこと。 グレーで無いので後日また、カラーをいれてもらいました。 ところが今度は外で見るとグリーン、家の中でみると、茶色グリーンに見えている。 という状態です。 ということだと思います。 僕のグレーの染め方は 1、グレーが綺麗に染まる土台を作る 2、効果的に濃いグレーをのせる この2点をダブルカラーで再現します。 まずは土台から 効果的に黄ばみと赤みを取るために スモーク系の色味とバイオレットを多めに入れて無彩色な土台を作ります。 一度流すと 少し明るめな無彩色カラー ミルクティーグレーのような色味にしました。 そしてここに濃厚なグレーを濃いめにのせて完成。 仕上がりは 濃厚グレーになりました。 この濃いめにがポイント。 光に当たると赤みも黄ばみもなくグレーになります。 プロセスが大切です。 まとめ 効果的にグレーに染めるには ブリーチは必要 でもその後に グレーが綺麗に染まる土台を作ること だと思っています。 無理に赤みや黄ばみのあるところから色味で調整しようとすると失敗しやすいです。 効果的なプロセスを踏むことでしっかりグレーになります。 後は 濃いめに染めること。 目的の色の明るさを求めすぎると色味が薄くなるので始めは濃いめに。 退色の過程でグレーをより感じれるように染めることで綺麗な色味が長く続きます。 退色も綺麗なカラーが1番オススメです。 そんなカラーをされたい方は一度ご相談下さい。 *あくまで本田流の染め方なのであしからず 上質で品のあるヘアカラーを意識しています。 新着の施術事例.

次の

【女子高生オススメ!バレないカラー】一見黒髪に見えるけど、実はグレージュカラー!

髪をグレーに染めるには

ヘアカラートリートメント 2018. 01 2020. 08 actrate011 白髪染めを辞めてグレーな髪色を楽しむ秘訣!あえて染めない選択肢を選ぶアナタに必要な事 ロマンスグレーにグレーヘア… 年々増え続けていく白髪をあえて染めずにありのままの姿で過ごす、そんな男性・女性の姿に憧れはあるけど、• 結局白髪だけが目立って悲惨な状態になりそう• そもそも周りの目が気になるし…• 確かに白髪染めを辞めてグレーヘアに移行できた人を見てみると髪全体の殆ど、またはすべてが白髪である事が多い上に、ちょっと不安に感じることもたくさんあります。 でも、だからと言って『グレーヘアに挑戦できない』というわけではないと思うんですよね。 そこで今回はなんで白髪染めを辞めてグレーヘアに挑戦すること自体の難易度が高くなってしまっているのかというところから、確実にグレーヘアに移行するためのポイントをまとめて紹介していこうと思います。 いつかは白髪染めを辞めてグレーヘアに挑戦したい、そう考えている人も是非参考にしていってくださいね。 そもそも『なぜ』グレーヘアは難しく感じてしまうのか まずはここから解説していかないと話は始まりませんよね。 加えて、他にもグレーヘアが難しく感じるポイントってありますよね。 まずはそんなグレーヘアの難易度について改めて考えてみましょう。 やっぱり一番気になるのは『周りや子供』の目 ぶっちゃけ本当にグレーヘアにしたいなら白髪染めに限らず、染めてしまえばいいはず。 でも、それができないのって友人やパートナー、そして子供と言った周りの目が気になるからだと思います。 グレイヘア、そういう生き方もありだと思う! しかし、私はまだまだ息子の為に少しでも若く 若作りではなく 見えるように手入れして行きたい所存です。 一番の挫折ポイントは『移行期間中』の中途半端の白髪! また、グレーヘアの難易度が高いと感じてしまうもう一つの要因としてあげられるのが、『白髪染めを辞めて完全にグレーヘアになるまでの間』、いわゆる移行期の中途半端の白髪の状態が嫌になってしまうこと。 確かに白髪が伸びかけの時って今以上に悲惨な状態になってしまうのは確実ですし、伸びる白髪を鏡で見てネガティブな気持ちになってしまうことが多くなりますよね。 このように、グレーヘアがなんで難しいかを改めて考えてみると、元々ネガティブなイメージが強く残っていること…だと思うんですが、実はこれって意外に解決できちゃうものでもあるんですよね。 ぶっちゃけグレーヘアは『アナタ自身の心の持ちよう』。 誰でも白髪染めは辞められる! というのも、今あげた事って意外に『アナタ自身の気持ち』が大部分を占めるもの。 言ってしまえば『心の持ちよう』で、グレーヘアでも魅力的かどうかが決まってしまうんですよね。 例えば、 同じグレーヘアでも右と左では全然印象が違いますよね? つまり、白髪の量云々の前に自分自身がおしゃれであるかどうかで、白髪染めを辞めても悲惨な状態に見えたり、周りから老けていると見られたりすることがないんです! そう考えると、白髪染めを辞めるだけではなく周りの目が気になるなら髪色以外の部分を改善し、魅力のある人物になることも大切だと思えませんか? グレーヘア移行期間中はどう乗り切る?白髪染め以外の選択肢 そして、白髪染めから解放され、グレーヘアに移行するときのもう一つの難点である『移行期をどう乗り越えるか』ですが、これは大きく分けて3つの方法があります。 自分がどうなりたいか、白髪が集中して生えている場所や状態を改めて考えつつ、どの方法で乗り切るか考えてみましょうね。 あえて若者のような『おしゃれ染め』に挑戦 先ほども軽く触れましたが、白髪染めから特に20代が行っているおしゃれ染めに移行することって、意外と移行期の白髪を気にせず乗り越えられる方法の1つ。 中でも、脱色してとにかく明るい髪色にして、白髪と黒髪の境目をなくすと意外に白髪が気にならなくなるんですよね。 この特徴を逆手にとって、おしゃれな髪色を楽しみながら移行期を乗り越えるのは大切だと思いますよ。 思い切って白髪染めした部分をバッサリ切ってしまう! 加えて、白髪染めを辞めてグレーヘアに移行する時の悩みの一つとなりがちな、『白髪染めしてしまった部分』は思い切って切ってしまうのもおすすめ。 流石に坊主頭にすることは女性にとっては難しいと思いますが、ベリーショートにした上に帽子をかぶってみたり、大胆なヘアスタイルにしてみたりすることで貧相な印象から簡単に抜け出せますよ。 一時的に『隠す』のも一つの手! また、どうしてもグレーヘアの移行期に人に会ったり、公の場に出たりする場合は、白髪用のカラートリートメントや白髪隠しをうまく使っていくこともポイント。 中でも、利尻ヘアカラートリートメントと利尻白髪隠しはセットで持っておいて損はないと思います。 そして、染めた後はだいたい2~3週間で色を落とすことができるのもポイント。 一時的に白髪を目立たなくさせるのにはとても役立つと言えるのではないでしょうか。 まとめ 白髪染めを辞めてグレーヘアに移行する=開き直ること。 最後になりますがコレ、意外に大切です。 確かに白髪=老いというイメージは根強い、染めないことで周りの目だったり伸びてくる白髪だったりで悩んでしまうこともあります。 でも、いざグレーヘアに移行できて、さらにはオシャレにも心掛けることができれば… 手のひらを返すように、自分のイメージや過ごし方ががらりと変化してくれますよ。

次の

白髪まじりを自然なロマンスグレーにする方法

髪をグレーに染めるには

いっそのこと「白髪を染めない」という選択肢 髪全体に占める白髪の割合が大きくなった方や一定の年齢に達している方の中には、白髪があるのは年相応と捉え、「白髪を染めない」選択をされている方もいます。 リクルート社が実施した「」でも、白髪染めをしない男性を対象に白髪染めをしない理由をアンケートしていますが、42. 特に年齢が高いほどこの率は上昇し、50代男性では46. おしゃれにグレーカラーを楽しむ 年相応と言っても、白髪をそのまま放置しているだけだと、老けて見えたりだらしなく見えたりします。 特に黒髪と白髪がまばらに生えている髪であればなおさらです。 真っ黒に染めずに年相応の自然な髪が良いという方であれば、思い切って白髪染めで髪をグレーカラーに染めてみてはいかがでしょうか? グレーカラーとは、グレーヘアーやグレーヘアカラー、アッシュグレーなど様々な呼び名がありますが、グレーという名のとおり、髪全体を白髪に近い灰色に染めてしまうものです。 白髪を黒く染めてしまって白髪を完全に隠してしまうのではなく、今ある白髪を活用しながら自然な髪色を作ることができます。 グレーヘアーにするメリット• 年相応に白髪を活用した自然な髪色になる• 生え際の白髪が目立ちにくくなる• ロマンスグレーの髪がお洒落に見える 年相応に白髪を活用した自然な髪色になる 髪をグレーに染める一番のメリットは、白髪が出てくるたびに白髪染めで隠して黒く染めなくても、年相応に今ある白髪を活かしながら自然な髪色に近づけることができることです。 もちろん髪の色は重要で、髪が黒いと若く見えるものですが、バランスが大切です。 顔は老けているのに髪だけ真っ黒になっている方も見かけますが、バランスが悪く何となく違和感を感じさせてしまうことがあります。 グレーヘアーであれば、年相応の顔や服装にもマッチして自然な感じに馴染みます。 これなら、年齢を重ねた方の「自然体でいたい」「白髪を真っ黒には染めたくない」といったニーズにも合っています。 生え際の白髪が目立ちにくくなる グレーに染めると生え際の白髪が目立ちにくいメリットもあります。 黒く白髪を染めていると、新しく生えてきた白髪の生え際の白さが目立ってしまいますが、グレーの場合は、白髪が生えてきても染めた部分と白髪の境目があいまいで、白髪があまり目立ちません。 白髪が生えてきたからと慌てて染め直さなくても良いので、白髪ケアの頻度も少なくてすみます。 ロマンスグレーの髪がお洒落に見える グレーヘアーに染めると、黒髪とグレーが混じった、遠目にはロマンスグレーのような髪色が演出できます。 白髪部分をグレーに変えるだけで見た目の印象は全く変わります。 ジョージクルーニーさんや坂本龍一さん、岩城滉一さんのように、とはいきませんが、ヘアスタイルや身だしなみを整えれば、意外とロマンスグレーの似合うものです。 若いうちはあまり似合いませんが、年齢を重ねている男性ならではのカラーです。 グレーヘアーにするデメリット• グレーヘアーが似合うにはある程度年齢を選ぶ• 白髪の量が少ないときれいに染められない グレーヘアーが似合うにはある程度年齢を選ぶ 今ではファッションとして若い方でもグレーカラーを楽しむ方もおられますが、普段の髪色としてグレーヘアーが似合う年齢は、やはり40代以上とある程度年齢を選びます。 年齢だけではなく、白髪の量や見た目の雰囲気といった要素もありますので一概には言うことはできませんが、あまり若い方がグレーヘアーにしても、違和感がありますし、単に老けて見えてしまうことが多いです。 特に会社員の方であれば、急にグレーヘアーで出勤すれば周りからビックリされるかもしれません。 もし若い方でグレーヘアーに染めてみたいという方は、シルバーワックスのような一時的にグレーヘアーを試すことのできるワックス(一度のシャンプーで色落ちします)も販売されていますので、どのようなイメージになるか先に体験してみてから染めると良いでしょう。 白髪の量が少ないときれいに染められない グレーヘアーに染めるときには、白髪にうっすらとグレーの着色をするだけで黒髪をグレーにするわけではありませんので、黒髪が多いときれいなグレーヘアーに染めることはできません。 グレーヘアー商品を販売しているメーカー(メンズビゲン)の説明を見ても、白髪が少ない場合は暗く染まりグレーヘアーにならないことから、白髪が髪全体の半分以上の状態で使用することを推奨しています。 グレーヘアーの白髪染めを使っても、黒髪が強すぎてきれいな色には染まりませんので、その時は黒髪を活かして通常の白髪染めで髪全体を地毛に近い色に染めましょう。 おすすめはシャンプーに白髪染めの機能のついた「カラーシャンプー」です。 カラーシャンプーは、いつも使っているシャンプーに替えて使うだけで簡単に白髪ケアができる優れもの。 1度の使用で黒く染まりきることがなく、使うたびに徐々に染まる白髪ぼかしのように使うことができます。 髪色にもよりますが、男性は黒髪の方が多いと思いますので、ブラウン系よりもブラック系のカラーの方が馴染みは良いと思います。

次の