木下 ひ まり。 木下優樹菜

はじまりのみち

木下 ひ まり

 当サイト記事『TKO木下、YouTubeデビューも批判殺到…「パワハラ癖は治らない」「反省してない」』にて、松竹芸能を退所したお笑いコンビTKOの木下隆行がYouTuberとしてデビューした旨を報じたが、その動画のコメント欄が荒れている。 その真偽を確認するのは困難で、愉快犯的な書き込みも混ざっている可能性はある。 だが、これらのコメントに呼応するかのように、「低評価」が急速に増加している。 4月2日10時の時点で再生回数2万7000回、「高評価」144、「低評価」3384だったが、3日20時の時点では再生回数は50万回を超え、「高評価」1410に対し「低評価」は9. 2万に達している。 「数年前、居酒屋で後輩に怒鳴っていた時にそれを聞いていた店員さんに笑われて『何笑っとんじゃお前、ふざけんなや』ってブチ切れてました」 「ラストオーダー後の店仕舞間際来店した貴方は、私が閉店の旨を伝えると『客がわざわざ歩いて飲みに来たのにその態度はなんだ!』と胸ぐらを掴んで脅してきましたね」 「麻布で入った店にたまたま木下がいました。 その時のマナーが最低だったのであえてお書きします。 大声出すわ、店員を威圧するわ、店員に対して怒鳴るわ、後輩を殴るわそれは酷いものでした」 「私もバイトしてた時、木下さんがお店に来られて『はよ持ってこいやボケェ!』とお店で大声で罵倒し、無銭飲食をしようとされたことを鮮明に覚えております」 「赤坂のTBSの近くのラーメン屋で店員に怒鳴り散らしてるのを見かけました」 「あなたは他の芸人を連れて店に入ってきました。 僕が、『お客様何名様でしょうか?』と聞いたところあなたは『見たら分かるやないか! さっさと案内せい! このクソピアスゴミが!』と言われました」 このような告発が相次いでいる。 木下が信頼を回復するのは、極めて困難で長い道のりだろう。 木下は動画のなかで「これからは間違ったことをして下を向いて歩かず、正しいことをしてしっかりと前を向いて、これからの人生をつくっていきます」と決意を表した。 新たに歩み始めたYouTuberとしての人生が、世間からも評価されるものとなるか注視していきたい。 (文=編集部).

次の

内科|福岡和白病院

木下 ひ まり

 当サイト記事『TKO木下、YouTubeデビューも批判殺到…「パワハラ癖は治らない」「反省してない」』にて、松竹芸能を退所したお笑いコンビTKOの木下隆行がYouTuberとしてデビューした旨を報じたが、その動画のコメント欄が荒れている。 その真偽を確認するのは困難で、愉快犯的な書き込みも混ざっている可能性はある。 だが、これらのコメントに呼応するかのように、「低評価」が急速に増加している。 4月2日10時の時点で再生回数2万7000回、「高評価」144、「低評価」3384だったが、3日20時の時点では再生回数は50万回を超え、「高評価」1410に対し「低評価」は9. 2万に達している。 「数年前、居酒屋で後輩に怒鳴っていた時にそれを聞いていた店員さんに笑われて『何笑っとんじゃお前、ふざけんなや』ってブチ切れてました」 「ラストオーダー後の店仕舞間際来店した貴方は、私が閉店の旨を伝えると『客がわざわざ歩いて飲みに来たのにその態度はなんだ!』と胸ぐらを掴んで脅してきましたね」 「麻布で入った店にたまたま木下がいました。 その時のマナーが最低だったのであえてお書きします。 大声出すわ、店員を威圧するわ、店員に対して怒鳴るわ、後輩を殴るわそれは酷いものでした」 「私もバイトしてた時、木下さんがお店に来られて『はよ持ってこいやボケェ!』とお店で大声で罵倒し、無銭飲食をしようとされたことを鮮明に覚えております」 「赤坂のTBSの近くのラーメン屋で店員に怒鳴り散らしてるのを見かけました」 「あなたは他の芸人を連れて店に入ってきました。 僕が、『お客様何名様でしょうか?』と聞いたところあなたは『見たら分かるやないか! さっさと案内せい! このクソピアスゴミが!』と言われました」 このような告発が相次いでいる。 木下が信頼を回復するのは、極めて困難で長い道のりだろう。 木下は動画のなかで「これからは間違ったことをして下を向いて歩かず、正しいことをしてしっかりと前を向いて、これからの人生をつくっていきます」と決意を表した。 新たに歩み始めたYouTuberとしての人生が、世間からも評価されるものとなるか注視していきたい。 (文=編集部).

次の

木下 彩 プロフィール詳細|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会

木下 ひ まり

天井仕上材と下り壁の取合い納まりというのは、どのような建物でも、天井に段差がある部分ではほぼ間違いなく登場することになると思います。 天井に段差がない建物など存在しないので、要するにほぼ間違いなく全ての建物でこのような納まりが発生するという事に。 また、天井の段差ではなくても、例えば吹抜に面する部分の壁と天井との関係でも同じような納まりが出てくる事になります。 吹抜部分というのは恐らく建物としてはメインで見せたい場所になるはずですから、余計に出隅をどう見せるかが気になるところです。 という事で、そうした納まりを出来るだけ美しく見せるにはどうしたら良いか、という話を含めて、今回はもう少し具体的な納まりについて説明をしていくことにします。 まずは具体的な例として、以下のような条件の天井と壁があったと想定して納まりを検討していくことにします。 天井:岩綿吸音板 壁:塗装仕上 これは建物の中でも割と良くある組み合わせになるし、別の仕上材になっても応用が利きやすいので、まずはこの関係で考えてみましょう。 この仕上材の組み合わせで天井段差納まりを表現すると、下図のような関係になってくるのですが、これではまだちょっと納まっていない状態です。 図面上では何となく線と線が繋がっていますが、天井の線は岩綿吸音板になっていて、壁の線は塗装仕上になっている状態です。 今回はサンプルという事でちょっと断面図として紹介してしまいましたが、納まり検討の断面図としては、こうした「何となく納まってそうな図面」を作るのはNGです。 この出隅での切り替え部分をどうするかを考えていき、出来るだけ綺麗に納めていく、という話が今回のテーマになります。 先ほど紹介した断面図では壁と天井のどちらが勝っているかが分かりませんが、関係性を検討する為にまずは天井勝ち納まりで出隅部分を拡大図にしてみると、このような状態になっています。 天井勝ち納まりにしたので岩綿吸音板の小口が見えている状態になっていますが、岩綿吸音板の小口は綺麗に仕上がっている訳ではないので、上図のままではダメです。 下がってきている壁と天井のどちらを勝たせるにしても、石膏ボードもしくは岩綿吸音板の小口が見えてきてしまうので、そこを何とかしないと綺麗に納まりません。 という事で、ここで登場するのが見切り材になる訳ですが… 今まで紹介してきた廻り縁を使ってみても良いのですが、一応商品として「下がり壁用見切材」というものが存在しています。 ちょっとゴツいような気もしますけど、このような形状の見切り材が既製品で用意されているので、それを実際に使ってみるとこんな感じに。 あまり意匠的に美しいとは言い難いですが、これで納まることは納まりました。 ただ、これはやはり見た目として今ひとつという感じなので、下がり壁用見切り材を積極的にお勧めするのはちょっと気が引けます。 一般部分の壁と天井との取り合いで十手廻り縁を採用しているのであれば、壁際の目透かしが下がり壁用見切り材にぶつかって何となく終わってしまうのも綺麗ではないです。 コ型廻り縁であればギリギリセーフという気もしますが… これが天井伏図ではどのような状態になっているかというと、まあ当たり前ではありますが下図のような関係になっていて、納まりとしては積極的にお勧め出来ない感じです。 こうした関係になっていて、目透かしが綺麗に終わっていなくても、建物を利用する方はあまり気にしないかも知れませんが… 意匠設計者の立場で考えると「これはもう少しなんとかしたい」と思ってしまう状態である事は間違いありません。 ただ、既製品の見切り材を調べてみるとよく分かるのですが、下がり壁用の見切り材はこうした大きめの商品しか存在しないんですよね。 もう少し見付部分が小さいタイプがあっても良いと思いますが…既製品で用意されていないとなかなかオリジナルを作るのは難しいものがあります。 そうした話を踏まえて、は実際にどう納める案があるのか、というあたりを次回に説明していく事にしましょう。

次の