また 会 いたい と 思わ せる 人。 「また会いたい」と思わせる5つの営業のコツ!顧客本位でハートを掴む

愛され女子はハズさない「また会いたい!!」と思わせる8つのポイント

また 会 いたい と 思わ せる 人

女性に「また会いたい!」と思わせるには モテる男性の3つの特徴 また、会いたいな…。 女子からそう思われる男が持っている3つの特徴 出会い系サイトの男性って、なんだか怖い…。 そう思う女性は多いハズ。 でも安心して下さい。 今はネット社会。 サイト管理会社のセキュリティーは厳しくチェックされています。 登録会員が悪い事をすればすぐに拡散されますから、意外に安心なんですよ。 サイト上で 出会って結婚するカップルは年々増えています。 それだけネットはソーシャルな世界になっているという事でしょう。 危なそう、と思う反面、出会い系サイトで真剣に女性との付き合いを考える、真面目な男性も沢山います。 そして、出会い系サイトで会った男性のうち、女性から見た 「初対面なのに、また会いたいな…。 」と思う男性には、ある共通点があるようです。 それって一体何でしょうか? 今回は、女性目線で選んだ、また会いたい!と思わせる男性の3つの特徴についてご紹介しましょう。 さりげなく優しかった人 どんなに取り繕ったとしても、普段の行いは出るモノです。 女性にはすごく親切でも、お店の店員には横柄な態度を取る、話を聞いてくれるけど、テーブルの下では貧乏ゆすり…。 そんな男性は、女性の厳しいチェックは見逃しません。 無口でもいいんです。 かっこ良くなくてもいいんです。 さりげなく道路側を歩いてくれる、電車の中で老人や子供に優しい態度を取っている、自分と話す時、ケータイの画面を1度も見ない…。 女性に限らず、どんな人に対しても優しく接する男性は鉄板です。 「人間が出来てるなあ」と感じられる男性に、 26歳オーバーの女性は弱いのです。 優しさの前には、多少背が低くても、ちょっと頭が薄くても関係ありません。 自然と優しい人格がにじみ出る、そんな男性は、女性の心を引きつける様です。 丁寧にモノを扱う人 女性って細かい所を見てますね~。 男性のちょっとした仕草に敏感に反応するのは、無意識に相手と 結婚した場合をシュミレーションしているせいでしょう。 買い物袋をきちんとたたむ。 ゴミは分別して捨てる。 お皿や本を乱暴に扱わないなど、日常生活がかいま見える瞬間に、 女性はクラッと来る様です。 「これは良いダンナになる」と本能センサーが働くのでしょう。 会話が朴訥な草食男子でも全然大丈夫。 モノを丁寧に扱う事は、性格が粗暴な人には出来ません。 ゴミを歩道に捨てる人の部屋は乱雑で、ご飯をケータイをチラ見しながら食べる人は将来子供より自分を大切にする人です。 そして丁寧にモノを扱う人は、穏やかな性格で、 自分の家族になった人を、とても大切に扱う人なのです。 過去の恋愛話を途中で止めた人 これは心理テクニックで使われるやり方ですから、相手が無意識にやっているなら相当な恋愛の達人でしょう。 女性にとって、自分の伴侶になるかも知れない男性の過去は、とっても気になるものですよね。 初対面で自分の過去を話してくれる男性は、女性目線で考えると、自分を信頼してくれる、自分に親近感を持ってくれた事の証しです。 女性は真剣に男性の話に耳を傾けるでしょう。 そんな過去の話を 「あ、ごめん、こんな話つまらないよね。 なんで話してるんだろ…。 」と途中で止められてしまうと、 まるでドラマの続きの様に女性は気になってしまいます。 女性が興味を持ちそうな話題を提供し、それをわざと打ち切ってしまう。 これは 恋愛テクニックの上級コース。 女性から次のアプローチがかかる確率が高くなります。 いかがですか。 この3つは意識して出来るものとそうでないものがあります。 女性は初対面から男性を厳しくチェックしていますから、あなたが真剣に女性と付き合いたいと思っているのなら、まず普段の行いから振り返った方が良いでしょう。

次の

また会いたいと思われる人になるための4つの方法

また 会 いたい と 思わ せる 人

人から好かれる人、また会いたいと思われる人がいます。 一方で、人から好かれない人、また会いたいとは思われない人もいるかも知れません。 その違いは一体何なのでしょう? 今回は、人はどんな人を好きになるか?ということを考えながら、人から好かれる人達、また会いたいと思われる人達がやっていたことについてご紹介してゆきたいと思います。 また、記事の最後では、そんな人達にあった1つの共通点についてご紹介したいと思います。 お知らせ: では心が自由なる考え方や悩みの解消方法について、毎日発信しています。 人は、自分に興味を持ってくれる人が好き 人は、自分に興味を持ってくれる人が好きです。 性別や年齢に関係なく、そういう人と一緒にいると、何だかほっとしたり、ずっと話していたいなと思ったりする。 また、そういう人とはまた会いたいなと思ってしまいます。 人から好かれる人達、また会いたいと思われる人達は、自分に興味を持ってもらうことよりも先に、相手に興味を持とうとすることが多いようです。 人は自分に興味を持ってもらったことを大切に覚えているものですが、それだけ興味を持ってもらうというのは多くの人にとって嬉しいことだと思います。 それに多くの人は自分には興味があっても、人にはそれほど興味がないことが多いです。 だから、人に興味を持とうとする人はとても貴重な存在で、人からは好かれる人だと思います。 欠点を隠そうとしない人は、好かれる人 完璧な人であったり、立派な人が人に好かれるということもあるかも知れませんが、多くの場合は、完璧な人よりも、欠点のある人、もっというと、その欠点を隠さない人の方が人からは好かれることが多いようです。 というのも人は、共通の欠点のある人に親近感や安心感を抱きやすいという特徴があって、だから、欠点を隠そうとしない人は、相手に親近感や安心感を与えている人でもあると思います。 よく上手に自虐ネタを言って人を笑わせる人がいますが、そういう人は好かれる人でもあるのかも知れません。 自分の欠点は普通は隠したくなるものですが、それは本当はあまり隠そうとしない方がいいのかも。 人は、自分を好きになってくれる人が好き 人には、自分を好きになってくれた人を好きになるという心理があります。 先ほどの相手に興味を持とうとする人は好かれる人の話の続きですが、人は自分に興味を持ってくれた人がいたとすると、不思議とその人のことが知りたくなります。 (その相手に興味を持つようになります) だから、人に興味を持とうとする人は、人から興味を持たれる人なのかも知れません。 好きになるということも一緒で、だから、人から好かれる人になるためには、どうにかして自分を好きになってもらおうとするよりも、まず、自分が相手を好きになることが一番の方法かも知れません。 好かれようとすると好かれないことが案外多いですが、好きになると好かれるというのはとても不思議なものだと思います。 ちなみにこの反対も同じことが言えます。 つまり、人を嫌えば、自分も嫌われるということになります。 同じように人に興味を持たない人は、人からも興味を持たれない人だと思います。 人に好かれる人達、人からまた会いたいと思われる人達は、好かれたい気持ちよりも、好きだという気持ちを大事にしているのかも知れません。 相手を受け入れようとする人は、好かれる人 人は、そのままの自分を受け入れてくれる人が好きです。 人には良いところもあれば、欠点もあるものだと思います。 それはどんな人であってもそうだと思います。 ただ、人の中には、相手の良いところを見ようとしてくれる人と、欠点を見ようとする人がいます。 良いところを見ようとしてくれる人は、相手を変えようとしません。 そのままでいいと言ってくれたりする。 一方、欠点を見ようとする人は、相手を変えようとする人であることが多い。 欠点が見えているので、変えたくなってしまうのです。 ただ、人は誰かに言われて変わるのが大嫌いです。 だから、人の欠点を見ようとすると、何故か相手からは避けられてしまったりします。 反対に、人から好かれる人達、また会いたいと思われる人達は、相手の良いところを見て、相手を変えようとせず、そのままの相手を受け入れようとすることが多いようです。 人は、「自己肯定感」「自己重要感」を高めてくれる人が好き 例えば、自慢話は人を遠ざけてしまうことが多い話題だと思います。 自慢話が嫌がられるのは、自慢話をされると、「私はあなたよりも上だよ」と言われているような気持ちになって、自己重要感を下げられてしまうから、かも知れません。 自己重要感とは、自分が大切な存在であると感じることですが、自慢話は意図せずに相手の自己重要感を引き下げてしまうことがあります。 人から好かれる人の多くはその反対のことをしていることが多く、相手の自己重要感を高めていたり、相手の自己肯定感を高めてくれることが多いようです。 相手の自己重要感、自己肯定感を高めるというとわかりにくいかも知れませんが、簡単にいうと、相手の良いところを見て褒めることがその一つの方法だと思います。 お世辞は別ですが、褒められて嬉しくない人はいないと思います。 本当の意味で相手を褒めるには、相手に興味を持たなくてはいけないし、相手の良いところを見ようとしないといけないわけですが、これらは全て、人から好かれることなので、人を褒めようとする人は、人からはとても好かれる人なのかも知れません。 人は、喜んでくれる人が好き 人にはどうも、「喜ばれると嬉しい」というある種の本能のようなものが備わっているようです。 だから、自分がやったことを人に喜んでもらえたりすると嬉しくなったりします。 人間関係でも、喜び上手な人が好かれること、大事にされることが多いのはこのためかも知れません。 喜んでくれる人は言い換えると、感謝してくれる人ということになるでしょうか。 そういう人、感謝する人は好かれることが多いようです。 反対に当たり前に思ってしまう人は、人からは敬遠されてしまうことが多いかも知れません。 人から好かれる人達、また会いたいと思われる人達は、そんな風にして、喜び上手であることが多いようです。 人に好かれる人、また会いたいと思われる人の共通点 人から好かれる人、また会いたいと思われる人が共通してもっていることが1つあります。 それは何かというと、「人から得る以上に自分から与えようとしていること」です。 ここまでご紹介してきたことも全て、大きな意味では与えるということになるのかなと思います。 人間関係は、与えているものと得ているもの(ギブ&テイク)のバランスがとれている時が一番長続きしやすいと言われています。 人から好かれる人の多くは、このバランスをうまく取りながら、意識しているかしていないかは別にして、少し与える(ギブ)の割合が得る(テイク)の割合よりも高いようです。 例えば、与える(ギブ)6に対して、得る(テイク)が4だったりする。 多くの友人に好かれるような人達を見ていても、相手に自分のことを心配してもらう機会よりも自分が相手のことを心配する機会の方が多かったり、相手に助けてもらう機会よりも、自分が相手を助けようとする機会の方が多かったりします。 そうやって、相手から得るよりも、与えることを大切にしようとする人は好かれる人が多く、また、人からまた会いたいと思われることが多いようです。 ツイッターでも発信しています では心が楽になる考え方や悩みの解消方法、新着記事のお知らせなどを毎日発信しています。 前向きになれない時は、まだ後ろ向きのままでいい時なのかも知れません。 人は、後ろ向きになりながら、後悔しながら、悲しみながら・・何かを学んでいたり、自分自身を癒していたりします。 だから、落ち込んだり、後悔したり、後ろ向きになったりすることも決して無駄ではありません。

次の

好きな人に会いたい気持ちを伝えるLINEのポイントと男性心理を解説

また 会 いたい と 思わ せる 人

pixabay. com 男性は女性の変化に興味を引くものです。 会う度に外見に変化のある女性とは、毎回会うのを楽しく感じるものなんですね。 つまりもう一度会いたいと思われる女性は、会う度に違った自分を見せることができる女性なんです。 会う度にいつも何か雰囲気が違う!そんな女性には、男性はいつも新鮮味を感じるものなんですね。 根本的に男性は飽きっぽい生き物ですし、いつも変わり映えのない女性と会っていればすぐに飽きてしまうもの。 しかしいつも何かが違う!そんな女性に男性は興味を持ちますし、「次に会ったときはどんな感じなんだろう」という楽しみも生まれるわけですね。 会う度にもう一度会いたいという気持ちになるのは、そんな女性にいつも新鮮味を感じていられるから! 会う度にいろいろな雰囲気を持つ女性とは、次に会うのもワクワクしてしまうものです。 いつもは私服でも、たまには仕事帰りにスーツ姿で会ってみたり。 そんな外見の変化を男性は喜んでくれるものなのです。 com して「もう充分だな」と思われてしまえば、当然もう一度会いたいなんて思ってもらうことはできません。 男性にもう充分だなと思われないために大切なことは、前回会ったときと同じ話や同じことをしないことなんです。 もちろんこれには飽きもありますし、「何度会っても同じことしかしない人」と思われてしまうのがネックになります。 たとえば女性もそうでしょうが、いつ会っても仕事の話しかしない男性よりも、この前は仕事の話をしていたけれど、今回は趣味の話をしている!なんて男性の方が興味を引かれますよね。 この人にはいろいろな話題や引き出しがあるんだなと思えば、もう一度会いたいという気持ちも芽生えるようになるわけです。 会話だけではなく、行動もそうですね。 いつ会っても同じような反応しか示さない、同じような行動しかしない、そんな人には面白みを感じないものです。 それよりも想像もしていなかった行動に出たりする女性の方が、男性は一緒に居て楽しいと感じるんですね。

次の