チュパカブラ アルマジロ。 www.internetwondersezine.com、リクエスト...

吸血UMA“チュパカブラ”の正体判明か (2019年6月28日)

チュパカブラ アルマジロ

51 ID:iqx6kWmL9. チュパカブラは、主に南米で目撃される未確認生物で、ヤギやウシといった家畜や人間を襲い、細長い舌で穴を開けてその血液を吸う吸血生物として知られる。 これまでその正体について、コヨーテ説や宇宙人説などがまことしやかに説明されてきたが、アルゼンチンのブエノスアイレス郊外に住むミゲル・エドゥアルドさんが撮影した動画が一つの回答をもたらしたと話題だ。 動画には仔牛の腹部に食らいつき内臓を啜っているアルマジロが収められており、吸血、そして生息地域(北アメリカ南部からアルゼンチン)といったチュパカブラの要素を満たすため、「チュパカブラの正体ではないか」とSNSを中心に議論を呼ぶこととなった。 ネットでは「まさか正体がアルマジロだったとは!」「疲れてるのよ、モルダー……」「今まで考えられてこなかったのか」「これはすごいニュース。 長年の謎が解明された」といった声が上がっている。 75 ID:yUmiTWJc0. 33 ID:rM7DmY2w0. 91 ID:1pAAhCLu0. 73 ID:2lJWEfJS0. 21 ID:vtozyjAk0. 82 ID:ZWR3sWDN0. 28 ID:yUurHUY50. 16 ID:qO9Ohy6u0. 72 ID:rfQzu0xZ0. 24 ID:yUh7ZpS50. 89 ID:AeBRjNJL0. 27 ID:XUngdN8F0. 29 ID:THnRJwxW0. net ゴン、お前だったのか。 34 ID:nyK9U5Jk0. net 二年前くらいまで職場に居た50過ぎのおばちゃんがそうだと思ってたけど 違ってたか。 55 ID:xxFOdX6t0. 63 ID:ZWO9fqYL0. 61 ID:yUurHUY50. 83 ID:tiSL3LdN0. net 昨夜チュパチュパカブラにおそわれた。 裏筋を丁寧に舐めやがった。 13 ID:8RW9Ez2f0. 52 ID:xkp7EJXz0. net なまくらと申したか.

次の

【UMA】謎の未確認生物・チュパカブラの正体と思われる生き物がこちら │ 吹き出し型2chまとめ【LINE2ch】

チュパカブラ アルマジロ

2007年に撮影された「チュパカブラ」の頭部。 アメリカ、テキサス州クエロのフィリス・キャニオン氏が、DNA鑑定用に保存していた。 Photograph by Eric Gay, AP 1990年代半ばにプエルト・リコで初めて報告されて以来、家畜の血を吸う謎のモンスター「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」のうわさはメキシコやアメリカ南西部、さらには中国でも爆発的に広まった。 生きたチュパカブラは今年6月にも目撃されており、ネッシーやビッグフットに比べると、はるかに研究しやすい存在だ。 ほとんどのケースでは、チュパカブラの正体は極めて重度の疥癬(かいせん)に感染したコヨーテだと判明している。 疥癬は命にもかかわる痛みを伴う皮膚病で、毛の脱落や皮膚のしわといった症状が見られる。 これでチュパカブラの謎は解けたと考える科学者もいる。 ミシガン大学の昆虫学者で、疥癬の原因となる寄生虫ヒゼンダニを研究しているバリー・オコナー氏は、「これ以上詳しく調べる必要はないし、ほかの説明を持ち出すまでもないだろう」という意見だ。 ヒゼンダニによる疥癬は人間にもあり、かゆみを伴う発疹を引き起こす。 宿主が人間でも、人間以外の動物でも、ヒゼンダニは皮膚の内部に穴を掘り、卵や老廃物を隠す。 これに免疫系が反応し、炎症が誘発されるのだ。 人間の場合、ヒゼンダニの老廃物に対するアレルギー反応である疥癬は、少しの不快感で済むのが普通だ。 しかし、コヨーテをはじめとするイヌ科の動物は、進化の過程で効果的な対処方法を獲得できなかった。 そのため、疥癬によって命を脅かされかねないのだ。 コヨーテの場合、反応が非常に激しく、毛の脱落や血管の収縮を伴う。 そして、全身の疲労や消耗が引き起こされる。 チュパカブラが疥癬に感染したコヨーテだとしたら、家畜への襲撃が頻繁に報告されるのもうなずける。 「多くの場合、疥癬に感染した動物は衰弱が激しい。 いつもの獲物を捕まえるのが難しければ、楽に襲える家畜を選ぶ可能性もある」とオコナー氏は説明した。 チュパカブラは血を吸うといううわさに関しては、ただの空想や誇張かもしれない。 「完全な作り話に決まっている」とオコナー氏は切って捨てた。 アメリカ、メイン州ポートランドにある国際未確認動物博物館(International Cryptozoology Museum)の館長ローレン・コールマン氏も、特に最近の目撃情報に関しては、その多くが疥癬に感染したコヨーテやイヌ、コヨーテとイヌが交雑した「コイドッグ」の外見で説明がつくと考えている。 ただし、「十分な説明にはなるが、伝説そのものが否定されたわけではない」とコールマン氏は強調する。 例えば、プエルト・リコでチュパカブラが目撃され始めた1995年には200件以上の報告があったが、明らかにイヌ科の動物ではなかった。 「1995年当時、チュパカブラは二足歩行の生物と考えられていた。 身長は1メートルくらいで、短い灰色の毛に覆われており、背中からトゲ状の突起物が生えていたそうだ」とコールマン氏は述べる。 そして2000年ごろには、新しいイヌ科の動物にほとんどが変わっていた。 今では、4本足で家畜に忍び寄るのがチュパカブラだ。 では、二足歩行のチュパカブラの姿はどう説明すればよいのだろうか。 コールマン氏によると、1995年夏にプエルト・リコでエイリアンが登場するホラー映画『スピーシーズ 種の起源』が封切られ、それを見たり、うわさを聞いたりした人々が想像を膨らませた可能性があるという。 1995年に報告されたチュパカブラのイメージと一致する」。 また、実験施設から脱走したアカゲザルを見間違えたという説もある。 アカゲザルは後ろ足だけで立つことが多い。 「当時のプエルト・リコでは、血液の実験にアカゲザルが使われていた。 そのサルたちが脱走した可能性もある」とコールマン氏は指摘する。 「確かに辻褄は合うかもしれないが、いつの世にも見たこともないような生き物がゾロゾロいるじゃないか。 脱走したサルなんてつまらないね」。 Photograph by Eric Gay, AP 文=Ker Than.

次の

チュパカブラ Chupacabra

チュパカブラ アルマジロ

目次👻• 「チュパカブラ」ってどんな生き物? チュパカブラは、 アメリカ大陸に生息すると言われる未確認生物(=UMA)です。 1995年にプエルトリコで目撃され、日本でもそのニュースが一部報道されました。 その後、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米に加え、アメリカでも目撃例があります。 日本で有名なツチノコ、ネッシーとは違い、危険度が高いUMAとして有名です。 吸血習性を持っており、身長は最大で180cmにも及ぶんだとか。。 このチュパカブラによる家畜の被害が後を絶たず、中には人間が襲われたケースも報告されているそうです。 基本的には二足歩行であり、高いジャンプ力を持っているんだとか。 「見た目は〇〇っぽい」と比喩するものが難しいのですが、まるで 怪獣のような姿をしているのだそう。 このチュパカブラは、次に紹介する吸血事件によって南米を中心に恐れられる存在となっていきました。 その後も似たような事件が相次ぎ、ヤギだけでなく他の生物も同様の死に方で殺害されたのです。 全身の血が抜かれて殺されるって、妙な話ですよね。 死体の首には小さな穴が二つ空けられており、そこから吸血されたのでは?という見解が広まりました。 事件も相次いだ一方で、「怪獣のような生物を見た」という報告も後を絶たなかったと言います。 そこで 「ヤギの血を吸うもの」という意味を込めて、マスコミは 「チュパカブラ」と名付けました。 その後もチュパカブラの被害は繰り返され、家畜だけでなく人間までもが襲われた事案まで発生。 人間も動物も全て共通しているのは、 皆首に穴が空けられている ということ。 道端だけでなく、時に家へ侵入したという逸話もあるのだとか。 どうやって忍び込んだのかは不明ですが、家の中でチュパカブラを見つけたら失神してしまいそうですよね…。 現在も目撃情報が後を絶たないチュパカブラ 1995年の吸血事件から数年間は同様の事件が相次ぎましたが、現在も目撃情報は後を絶ちません。 ただ今までと違うのは、 2000年以降に発見されたチュパカブラは四足歩行 だというのです。 あくまでも生物ですから、徐々に進化を重ねていってるのかもしれません。 それに伴って、怪獣のような見た目ではなく コヨーテ(オオカミ)のような描写の報告が増えていきました。 ただしコヨーテほど可愛げはなく 「毛の抜けたコヨーテのようなもの」という表現が正しいでしょう。 家畜や人を襲うのは全く変わらず、現在も多くの人々を震撼させています。 日本で発見される日は恐らくないと思いますが、何かの間違いで来てしまう可能性もあるでしょうか…。 (そう、ヒアリやセアカゴケグモのように) もし南米へ行った際は、くれぐれもお気を付け下さいませ! まとめ:吸血UMA「チュパカブラ」の動向は今後も目が離せない アメリカ大陸の各地で猛威を振るい、今なお恐れられている吸血UMA「チュパカブラ」。 最初に目撃された姿(二足歩行の怪物)と現在の姿(四足歩行のコヨーテ)が異なることから、今後どのような目撃情報が出てくるのか非常に楽しみな存在です。 個人的にはもう少し可愛い見た目になってくれると嬉しいですが…そんなことはないでしょうね。

次の