色あせる 意味。 【色あせる】の例文集・使い方辞典

【色あせる】の例文集・使い方辞典

色あせる 意味

講武殿の広場の入口で、欽宗は声をかけられた。 声の主は八十歳にもなろうかという老人で、色あせた袍をまとっている。 老い衰えた身体を、二本の肢でようやくささえているといった印象だ。 … 田中芳樹『紅塵』 より引用• そなたが愛したいかなる者とて、わたしの前には色あせることだろう。 かくてそなたはわたしだけを愛するようになるのだ。 … エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』 より引用• そのドアのかぎ穴の上のほうに五シリング銀貨ほどの大きさの赤ろうの封印がしてあった。 ひどく汚れて色あせているところからみて、よほど前につけたものらしい。 そうやってなお見つめて、このドアはいったい何をかくしているのだろうと怪しんでいると、うしろのほうで私を呼ぶ声が聞こえた。 … ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 冒険編』 より引用• 多くの近代的な建物で周辺が色あせたが、駅そのもは昔からの特徴を残した。 プラットホームは2つの鉄骨の屋根で覆われている。 この映画のフィルムは保存状態の悪さのため、非常に傷み色あせていた。 これを危惧したジェームズ・C・カッツ、ロバート・A・ハリスらの手によってネガは2年かけて修復され、1996年に公開された。 おれたちはちょっとしたトラブルで誰かと結びつき、忘れられない輝きをあげたり、もらったりする。 おれは店のまえの色あせた日よけのすきまから、池袋の夕空を見あげた。 星の数は断然すくない。 … 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』 より引用• 二十七年前の高校サッカー全国大会の記念品が、壁やガラスケースの中に展示されていた。 色あせた当時の平義のカラー写真が、一番光の当たる場所に掲げられている。 雪の降りしきる泥だらけのグラウンドで渾身のシュートを放った瞬間を、望遠レンズが捉えた。 赤ら顔の太った男が招じ入れられた。 髪も額ひげも赤っ茶け、着古して色あせた青色のビロード服を着ている。 男はすっかり堅くなった様子で手紙を差し出した。 … ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』 より引用• レベロは、座席から半ば立ち上がった。 太陽灯の下にいるにもかかわらず、その頬は老人じみて色あせていた。 … 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』 より引用• もみじはもうおしまいになっていた。 ほとんど落葉しているし、木の枝に残っている葉もすっかり色あせていた。 宿の玄関にあったようなあざやかな色彩を放つものはなかった。 … 新田次郎『昭和新山』 より引用• まえよりもっと色あせて、影のような女にもどっているのであった。 山田風太郎『妖異金瓶梅』 より引用• 二等航海士はあわてて目をそらすと、不自然な声で「じゃあ」と言い、残りの言葉を口の中でぶつぶつつぶやくようにした。 彼は急に威厳がなくなってしまい、制服の金モールさえ色あせて見えた。 子どもたちは顔を見あわせた。 … 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』 より引用• けれどもいま、ふたりの死者がそれを揺り動かしている。 たしかに、あの色あせた時代から私たちは生まれたようにも思える。 「一九六九年のことだ」と私はいった。 … 藤原伊織『テロリストのパラソル』 より引用• 大好きだった散歩にもボール遊びにも関心を示さず、ただひたすら眠っている。 庭の小さな陽だまりでうずくまっていると、色あせた古い 絨毯 じゆうたんのようだ。 暑くなってからは、食欲も極端に落ちた。 … あさのあつこ『ガールズ・ブルー』 より引用• ところが、この女が入るとほとんど同時に、おなじように荷物をかかえた、もう一人の女が入ってきた。 するとそのあとにすぐつづいて、色あせた黒い服を着た男が、また入ってきた。 二人の女は、顔を見あわせて驚いたが、それとおなじく男もびっくりした。 … ディケンズ/安藤一郎訳『クリスマス・カロル』 より引用• 戸外では、雨まじりの冷たい風があらしとなって吹き荒れ、窓のそばのポプラの木が、突風にたわんだり、また幹をもたげたりしていた。 濡れた色あせた葉が、ときどき窓ガラスにぴたりと貼りついたりしていた。 まだ七時の鐘も鳴っていないのに、まるで真夜中のように暗かったが、すでに秋の気配は深まり、日足は短くなっていた。 … レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』 より引用• そんな、琥珀さんらしくない誤魔化し方をされて、鈍感な自分でもようやく悟った。 この色あせた写真が、琥珀さんがずっと探していたものなんだって。 … 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』 より引用• ヤマモモからもとれるけれども、それもきれいな緑ではなくて、ちょうどワサビのような黒っぽい感じの色になってしまう。 しかも、何日ももたずに色あせてしまうといったことを教えて下さいました。 こういう事実は、逆に、緑という色の大いなる貴重さを示しているのではないか。 … 大岡信『名句歌ごよみ[恋]』 より引用• 空地を出たときは、もう遅くなっていた。 どぎついほど青かった空も色あせ、東の空には白い月がかかっていた。 たそがれが、通りにそった家々の輪郭をやわらげている。 … マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』 より引用• 楊過は「小龍女と一緒に死ぬ」と主張し、自身の治療を拒否していたが、小龍女は16年も経てば楊過も自分を追って自殺したりしなくなるだろうと考え、「16年後に再会しましょう」と書き残して姿を消した。 しかし、楊過の小龍女への気持ちが16年で色あせることは全くなかった。 後に楊過と再会を果たして抱擁しあい、お互いに歓喜した。

次の

レベッカ(REBECCA)のフレンズの歌詞はどんな意味?

色あせる 意味

講武殿の広場の入口で、欽宗は声をかけられた。 声の主は八十歳にもなろうかという老人で、色あせた袍をまとっている。 老い衰えた身体を、二本の肢でようやくささえているといった印象だ。 … 田中芳樹『紅塵』 より引用• そなたが愛したいかなる者とて、わたしの前には色あせることだろう。 かくてそなたはわたしだけを愛するようになるのだ。 … エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』 より引用• そのドアのかぎ穴の上のほうに五シリング銀貨ほどの大きさの赤ろうの封印がしてあった。 ひどく汚れて色あせているところからみて、よほど前につけたものらしい。 そうやってなお見つめて、このドアはいったい何をかくしているのだろうと怪しんでいると、うしろのほうで私を呼ぶ声が聞こえた。 … ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 冒険編』 より引用• 多くの近代的な建物で周辺が色あせたが、駅そのもは昔からの特徴を残した。 プラットホームは2つの鉄骨の屋根で覆われている。 この映画のフィルムは保存状態の悪さのため、非常に傷み色あせていた。 これを危惧したジェームズ・C・カッツ、ロバート・A・ハリスらの手によってネガは2年かけて修復され、1996年に公開された。 おれたちはちょっとしたトラブルで誰かと結びつき、忘れられない輝きをあげたり、もらったりする。 おれは店のまえの色あせた日よけのすきまから、池袋の夕空を見あげた。 星の数は断然すくない。 … 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』 より引用• 二十七年前の高校サッカー全国大会の記念品が、壁やガラスケースの中に展示されていた。 色あせた当時の平義のカラー写真が、一番光の当たる場所に掲げられている。 雪の降りしきる泥だらけのグラウンドで渾身のシュートを放った瞬間を、望遠レンズが捉えた。 赤ら顔の太った男が招じ入れられた。 髪も額ひげも赤っ茶け、着古して色あせた青色のビロード服を着ている。 男はすっかり堅くなった様子で手紙を差し出した。 … ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(下)』 より引用• レベロは、座席から半ば立ち上がった。 太陽灯の下にいるにもかかわらず、その頬は老人じみて色あせていた。 … 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』 より引用• もみじはもうおしまいになっていた。 ほとんど落葉しているし、木の枝に残っている葉もすっかり色あせていた。 宿の玄関にあったようなあざやかな色彩を放つものはなかった。 … 新田次郎『昭和新山』 より引用• まえよりもっと色あせて、影のような女にもどっているのであった。 山田風太郎『妖異金瓶梅』 より引用• 二等航海士はあわてて目をそらすと、不自然な声で「じゃあ」と言い、残りの言葉を口の中でぶつぶつつぶやくようにした。 彼は急に威厳がなくなってしまい、制服の金モールさえ色あせて見えた。 子どもたちは顔を見あわせた。 … 加藤幸子『夢の壁・北京海棠の街』 より引用• けれどもいま、ふたりの死者がそれを揺り動かしている。 たしかに、あの色あせた時代から私たちは生まれたようにも思える。 「一九六九年のことだ」と私はいった。 … 藤原伊織『テロリストのパラソル』 より引用• 大好きだった散歩にもボール遊びにも関心を示さず、ただひたすら眠っている。 庭の小さな陽だまりでうずくまっていると、色あせた古い 絨毯 じゆうたんのようだ。 暑くなってからは、食欲も極端に落ちた。 … あさのあつこ『ガールズ・ブルー』 より引用• ところが、この女が入るとほとんど同時に、おなじように荷物をかかえた、もう一人の女が入ってきた。 するとそのあとにすぐつづいて、色あせた黒い服を着た男が、また入ってきた。 二人の女は、顔を見あわせて驚いたが、それとおなじく男もびっくりした。 … ディケンズ/安藤一郎訳『クリスマス・カロル』 より引用• 戸外では、雨まじりの冷たい風があらしとなって吹き荒れ、窓のそばのポプラの木が、突風にたわんだり、また幹をもたげたりしていた。 濡れた色あせた葉が、ときどき窓ガラスにぴたりと貼りついたりしていた。 まだ七時の鐘も鳴っていないのに、まるで真夜中のように暗かったが、すでに秋の気配は深まり、日足は短くなっていた。 … レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』 より引用• そんな、琥珀さんらしくない誤魔化し方をされて、鈍感な自分でもようやく悟った。 この色あせた写真が、琥珀さんがずっと探していたものなんだって。 … 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』 より引用• ヤマモモからもとれるけれども、それもきれいな緑ではなくて、ちょうどワサビのような黒っぽい感じの色になってしまう。 しかも、何日ももたずに色あせてしまうといったことを教えて下さいました。 こういう事実は、逆に、緑という色の大いなる貴重さを示しているのではないか。 … 大岡信『名句歌ごよみ[恋]』 より引用• 空地を出たときは、もう遅くなっていた。 どぎついほど青かった空も色あせ、東の空には白い月がかかっていた。 たそがれが、通りにそった家々の輪郭をやわらげている。 … マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』 より引用• 楊過は「小龍女と一緒に死ぬ」と主張し、自身の治療を拒否していたが、小龍女は16年も経てば楊過も自分を追って自殺したりしなくなるだろうと考え、「16年後に再会しましょう」と書き残して姿を消した。 しかし、楊過の小龍女への気持ちが16年で色あせることは全くなかった。 後に楊過と再会を果たして抱擁しあい、お互いに歓喜した。

次の

【わび・さび】の意味を説明できる?理解しておきたい日本独特の美意識|IKITOKI

色あせる 意味

約百年前に書かれたこのロマンが、少しも色あせることなく、今なおわれわれに新鮮で身近な存在であるのもこのためである。 翻訳に使用したテキストは一九五九年ソ連国立文学出版所版トルストイ十二巻選集の八、九巻であるが、随時、革命前の豪華本その他を参照した。 … トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』 より引用• 生前に刊行されたのは、草部20巻のみであったが、その価値は、時代を経ても色あせることなく海外でも高く評価されていた。 牧野富太郎も増訂草木図説を昭和に入ってから出版しているほどで、まして木部の刊行は実に死後120年たった昭和52年のことであった。 とくに、トルストイの場合は、単に一個の作家としてばかりでなく、現代文明のきびしい批判者、あるいは人生の教師として世界の思想界に大きな影響を与えて、今日に及んでいる。 その八十二年にわたる 波瀾 はらんにとんだ生涯において彼の創造した芸術的遺産は、たとえ彼自身が晩年になってその価値を否定したとはいえ、現代においても少しも色あせることなく、かえって時代とともに常に新しい評価を要求しているかにみえる。 レフ・ニコラエヴィチ・トルストイは、中央ロシアのトゥーラ市南方約十五キロにあるヤースナヤ・ポリャーナにおいて、一八二八年八月二十八日、ニコライ・イリイッチ・トルストイ伯爵の四男として誕生した。 … トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』 より引用• ハリウッドを代表する名作のひとつであり、今なお、色あせることなく輝きを放っている。 特にジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面は、映画史に残る名シーンとされる。 さらには、軽機関銃の代わりに限定的な制圧射撃で援護を行うことすら可能であった。 いわば端境期の小銃といえる。

次の