こちらこそお願いします 英語。 「よろしくお願いします」を英語で言うとどうなるの?

「よろしくお願いします」を英語で言うとどうなるの?

こちらこそお願いします 英語

」は日本では挨拶や頼みごとをするときなど、よく使う言葉ですが、実は英語では直訳しにくい言葉です。 日本語は「よろしくお願いします」と一言言えば何となく会話の流れからどうすればいいのか相手に伝わりますが、英語の場合は「具体的にどうして欲しいのか」ということを明確にする必要性があるので雰囲気で使うということが難しいのです。 これは、 日本が ハイコンテクスト文化で、 米国は ローコンテクスト文化であることに起因します。 コンテクストは「文脈」や「前後関係」と訳され、前後関係から意味を察する、状況・環境に依存して意味をなす、と言う意味を持ちます。 日本は、言語に依存しなくても、状況や相手の考えていることを察することで、なんとなく通じてしまう文化なので「ハイコンテクスト」、これに対してアメリカは、あくまでも言語によってコミュニケーションを図ろうとする文化なので「ローコンテクスト」と言えます。 アメリカでは状況や考えをしっかり言葉にする必要があります。 日本語のようにさまざまな表現で使うことができないのですが、これを踏まえたうえで、状況別の「よろしくお願いします。 」の英訳をピックアップしました。 「お会いできてうれしいです。 」 出会ったときの最初の挨拶。 英語の教科書にものっていますし、定番の挨拶ですね。 これからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて言うときにつかいます。 Please be nice to me. 「よろしくお願いします。 「お会いできてうれしいです。 」 Nice to meet you. よりも丁寧な言い方で、誰に使っても失礼にはならない言い方なので、目上の人や、この場合はどの言葉を使えばいいのか不安になってしまった場合はこの表現がおすすめです。 Nice meeting you. 「お会いできて良かったです。 」 別れ際の挨拶 It was nice to meet you. 「お会いできて良かったです。 」 別れ際の挨拶 Let's keep in touch. 「連絡を取り合おう」 別れ際の挨拶。 別れ際の挨拶といっても色々な表現がありますね。 「__さんによろしく言っといて」 くだけた表現 Please give my regards to __. 「__さんによろしくお伝えください。 」 丁寧な表現 Best Regards. 「(メール文末に書き記す)よろしくお願いします」 日本でもメール文末に「今後ともよろしくお願いいたします。 」と書いたりしますよね。 」と言う機会が多いので、相手方に失礼にならないようにシーン別での「よろしくお願いします」を勉強しておくと安心ですね。 Thank you very much for coming. 「(会議や打ち合わせの場において)お越しくださってありがとうございます」 I appreciate you coming. 「来ていただいたことに感謝します。 」 I appreciate~は~に感謝しますという意味で、少し丁寧な言い方。 来てくれたことに対してのお礼を言うことで、これから始まる会議や打ち合わせについてよろしくお願いしますの意味合いを含む表現です。 「こちらこそありがとうございます。 」 先に相手方からよろしくお願いしますと言われたときに、こちらこそよろしくお願いしますと返事をする場合の表現。 I'm excited to work with you. 「一緒に働けるのが楽しみです。 」 I'm looking forward to working with you. 「一緒にお仕事ができるのが楽しみです。 」 We look forward to doing business with you. 「私たちは、あなたとビジネスできるのが楽しみです。 」 I hope we will do good business together. 「これからも良きビジネスパートナーとしてお付き合いお願いします。 「(ビジネスメールでの文末で)よろしくお願いします」 これは英語のメールではお決まりの締めの挨拶になるので、ビジネスで英語のメールのやりとりをする場合はこのフレーズはよく見かけると思います。 日本語の敬具ですね。 カジュアルシーンでのメールでも使われます。 I really appreciate it. 「お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。 「あらかじめありがとう」 お願いごとの内容に関して、先にお礼を言ってしまう時に使う表現です。 何かを頼むときに「よろしくね」を表現する言葉もいろいろありますが、基本的には "Thank you. " の一言ですんでしまうことが多いです。 I'd really appreciate it. 「(人に何か依頼をした際の)よろしく」 I'm counting on you. 「(上司と部下の間での)任せたよ、よろしく。 」 I knew I could count on you. Thank you. 「コーヒー作ってくれますか?よろしくお願いします。 Please continue your kind guidance. 「(上司などの目上の方に)ご指導のほどよろしくお願いします。 「支えてくれることに感謝」 Thank you for putting up with me. 「ずっと友達でいてね」 友人間で「これからもよろしくね。 」というのも英語だと感謝の意味がストレートに伝わって素敵ですね。 I hope we will get on well together. 「私はあなたと仲良くしていきたいです。 」 特別な感情や仲良くしたい気持ちを伝えたい場合の表現の1つですが、英会話では使わないことが多いので、おすすめはしません。 」は、状況別に言い方を変えていかなければならなんですね。 勉強になります。 いろいろなシーンでの「よろしくお願いします」を紹介しましたが、意外にも日本語の「よろしくお願いします。 」に近い表現で使われる英語は "Thank you. " だったりもします。 カジュアルなシーンで「よろしくね」と言うニュアンスで使われます。 ビジネスシーンや目上の方には "I appreciate it. "(Thank you の丁寧な言い方)と言うので覚えておくと便利だと思います。 もちろん会話の流れによっても違ってくるので、ご紹介した英語表現のようにシーンによって内容を明確にして「よろしくお願いします。 」が言えたらいいですね。 調べてみて日本語って便利だなと思いました。 ハイコンテクスト文化って素敵!!•

次の

「初めまして」の英語|6つの基本フレーズと使い方を習得!

こちらこそお願いします 英語

「こちらこそ」の意味や正しい使い方 「こちらこそ」は、「こちら」と「こそ」の2つの言葉がつながった表現です。 細かなニュアンスや使い方について解説していきます。 「こちらこそ」の詳しい意味 「こちら」には、話し手に近い方向、話し手自身、話し手の側といった意味があり、話し手の隣などすぐそばにいる人を指す場合もあります。 自分のいる側について説明したいときに役立つ言葉ですが、必ずしも自分自身のみを表す場合にかぎりません。 自分側にいるほかの相手、人だけでなく物や場所なども含めて表現することができます。 例えば、会社を代表して挨拶にいくときなどは、自分の勤める会社のことも含めて表現できますよ。 「こそ」は、言葉の語尾や文末に付いて、そのものごとを強める働きのある言葉です。 ほかにも複数の使用方法があり意味が異なりますが、「こちらこそ」の場合には、強調する意味合いで使われています。 「こちらこそ」の正しい使い方 「こちらこそ」は、取引先や上司、先輩などの目上の人に対して使える言葉で、ビジネスシーンでも役立ちます。 ただ、「こちらこそ」自体は敬語ではないため注意も必要。 立場が同等ではない目上の方に使う場合には、「こちらこそ」だけで終わらせるのではなく、丁寧語などと一緒に敬語表現を含めて使用しましょう。 オウム返しのように受け取られて失礼に思われる可能性もあるため、自分も同じように感じている感謝や謝罪の内容を「こちらこそ」の前後に付け加えるようにしましょう。 否定の言葉を用いた使い方 また、より謙遜の気持ちを表すために、一度相手のいうことを否定してから「こちらこそ」を使う方法もあります。 この場合は「こちらこそ」の前に否定語をいれましょう。 「いいえ」や「とんでもないことです」または「とんでもないことでございます」などが否定に役立つ丁寧な言葉です。 ただ「とんでもない」には、拒絶のように強く否定する意味合いもあり、相槌としては強すぎる可能性もあるため注意も必要です。 ・Likewise, thank you very much. Thanks to you I was able to successfully complete the project. Thank you from the bottom of my heart. おかげさまで無事にプロジェクトを完遂することができました。 心より感謝申し上げます。 お変わりなくお過ごしのご様子、何よりでございます。 ・Likewise, I am always indebted.

次の

こちらこそのビジネスメールでの使い方は?類語や英語への言い換えも

こちらこそお願いします 英語

件名:Your Inputs Required Dear John, I'm writing to ask your inputs to the comments in the attached file. (添付ファイル内のコメントにあなたのインプットをお願いするために書いています) Please comment and send it back to us within this week. (今週中に、コメントと返送をお願いします。 (withinは「〜中」の期限を示す前置詞)) または、Would you please comment and send it back to us within this week? でもOK If you have any questions, please let me know. Thank you. Kind regards, Taro 「メールはアートだ」 世界50カ国にオフィスをもつグローバル企業の、とあるプロジェクトマネージャーはこう言いました。 自分の期待するとおり、いかに相手に行動してもらうか。 同じ内容でも、Aさんのメールでは反応がないけど、Bさんのメールだとなぜか反応率が良い。 こういうことが当たり前のように起こる。 英語メール経験の少なかった時、私はAさんだったと思います。 今の自分がBさんになれているかはわかりませんが、そうなれるように努力しているつもりです。 ただ英語でメールを書くだけなら、誰でもできるわけで、 (将来的にはAIでも書けるようになるかもしれませんね) 本当の勝負は、時間がないギリギリの状況の中、一通のメールだけで、確実に期待どおりの結果を得れるかどうか。 以下に、緊急時の考え方と実際の例文を、ケーススタディーとして見ていきましょう。 (本日中に添付ファイルのレビューと承認をお願いできるか確認させてください。 ) I imagine it is not easy for you to deal with this type of urgent request, because I understand you have 5 working days for this task as per the XXX Plan. (このような緊急リクエストに対応することは簡単ではないと想像しています、なぜならXXXプランに従えばあなたの持ち時間は5日ある事を私も知っているためです。 ) I feel terribly sorry that I have to ask this. But this is based on the comments from the ethics committee in Australia. (このようなお願いをせざるを得ないことを、大変申し訳なく思います。 しかしこれは、オーストラリアの倫理委員会からのコメントによるものです。 ) If we couldn't meet this deadline, we wouldn't be able to move forward to the next step, ZZZ. Our schedule would be delayed by two weeks. (もし私たちがこの締め切りを守れなかった場合、次のZZZというステップに進むことができなくなります。 私たちのスケジュールは2週間遅れることになります。 ) If "within today" is not possible, please consider "within two working days. " (もし「本日中」が不可能であれば、「2日以内」をご検討ください) It would be highly appreciated if you could do this within today. If you or your team happen to have time today, your or your team cooperation would be much appreciated. If possible, please. (本日中にご対応いただけますと、本当にありがたく思います。 もしあなた又はあなたのチームが、偶然にも本日時間があれば、あなた又はあなたのチームのご協力に感謝いたします。 もし可能でしたら、お願いします。 ) Thank you so much in advance. Best regards, Taro• これらはビジネス英語の定型表現なので、暗記しておくことをおすすめします。 「もし〜していただけると、大変ありがたいです。 」 I(私)を前面に出したいときはIを主語に、そうじゃないときはItを主語に。 wouldやcouldなど、仮定法過去になっている点も注目です。 仮定法過去の感覚は、文法の個別記事内の「ネイティブの感覚、事例1」に詳しく書いています。 少し文章が長く感じられたかもしれませんが、緊急時のメールこそ、私はあえて、文章で行くようにしています。 (平常時のメールでは、シンプルにすることを重視し、箇条書きを多用することが多いのですが) 本来のルールに従うなら、却下されるのが当たり前で、 そのルールを超えて、例外的にやってもらうためには、相手の感情に訴えるアプローチが必要だと思うためです。 相手にはルールという絶対的な盾があるわけで、そこにビジネスちっくなロジックで突っ込んでいっても、玉砕するのは火を見るよりあきらか。 だからこそ、緊急時に限っては、人間の感情に訴えるアプローチの方が、勝率が高いと、私は思っています。

次の