どんな とき も wifi 容量。 クラウドSIMを使った「容量無制限」ルーターで障害 一体何が?

どんなときもWiFiとボーダレスWiFiは何が違う?

どんな とき も wifi 容量

容量無制限• 対応エリアが広い• 海外でも使える• 縛り期間がすぎても月額料金が変わらない 順番に見ていきます。 容量無制限 1日3GBや3日10GBなどのデータ容量の制限はありません。 上記の制限が良くあるWiMAX系に速度ではかないませんが、動画視聴など日常で困るような速度ではないため安心してギガを使いまくれます。 対応エリアが広い 、と同様にクラウドSIMを採用しているため、国内三大キャリアの回線が利用できます。 場所によって最低な回線が自動で選択されるため、auのみが繋がる場所といったところでも安心して利用ができます。 海外でも使える これもクラウドSIMによる恩恵です。 対応している国は100ヵ国を超え、何の手続きも不要で対応する国でモバイルWiFiルーターの電源を入れるだけで利用可能です。 海外での利用料金は以下の通りになっています。 その他にも縛り期間が終えるとその後はずっと契約解除料は不要になります。 めっちゃWiFiのいまいちなところ のいまいちなところは以下の通りです。 縛りがある• 端末保証オプションがない 順番に見ていきます。 縛りがある の縛り期間は2年です。 いくら月額料金が安くても縛りがあるとマイナス要素となってしまいます。 おなじ2年縛りのよりも契約解除料金が安い 9,800円 というところがせめてもの救いでしょうか。 端末保証オプションがない レンタルモバイルWiFiには珍しく端末保証のオプションがありません。 なので、端末の故障が怖いですよね。 しかし、端末保証オプションがないかわりなのか、端末故障時の修理 交換 費用が5,000円とかなり安いです。 他社で端末保証オプションに加入していなかった場合は20,000円近くは修理 交換 にかかってしまうので、ここは逆に良心的と言えると思います。 めっちゃWiFiのプラン のプランは以下の通りです。 他社との料金プラン比較 めっちゃWiFi クラウドWiFi東京 どんなときもWiFi 限界突破WiFi 初期費用 3,000円 3,980円 3,000円 3,000円 月額料金 3,480円 3,380円 3,480円 3,500円 縛り 2年 なし 2年 2年 解約違約金 9,800円 なし 1,4000円〜 1,9000円 5,000円〜 18,000円 いや、クラウドWiFi東京やばすぎ・・・。 初期費用は高いものの、縛りなしで月額料金3,380円ってのはすごいですね。 クラウドWiFi東京を除けばが解約違約金の部分でリードしてます。 また、は2年経過したら月額料金が3,980円になるので、この中だとがオススメになります。 サイズ 12. 7 x 1. 4 x 6. 6 cm 重量 149g バッテリー容量 3,500mAh 連続使用時間:12時間) Wi-Fi規格 IEEE802. その後は以下を行うことで契約できます。 お客様情報入力• 端末のカラー選択• 利用規約への同意• 重要事項説明書への同意• 入力内容の確認• めっちゃWiFiの解約方法 の解約はカスタマーサポートセンターに連絡することで可能です。 電話番号 0570-022-577 受付時間 10時〜18時(土日祝日含む) カスタマーサポートセンターに電話して指示にしたがってください。 まとめ いかがだったでしょうか? 料金や縛りについてはクラウドWiFi東京には及ばないものの、スマモバが運営しているという点で安心感があります。 のように2経過後に月額料金が上がるといったこともないので、安心して使用したい方にはオススメです。 まと特徴としては端末保証オプションがない代わりに修理代金が安いので、他社よりも故障に対してビクビクせずに使用できます。

次の

どんなときもWiFiってどう?無制限のポケットWiFiを徹底比較

どんな とき も wifi 容量

是非読んでいってくださいね…! こちらが、どんなときもWiFiとWiMAX・PocketWiFiの速度測定1回目の結果です。 どんなときもWiFiの速度は「15. 72Mbps」です。 どんなときもWiFiの速度は「23. 84Mbps」でした。 どんなときもWiFiの速度は「12. 10Mbps」でした。 今回は、先ほどと比べて速度が遅くなりましたね。 WiMAXも遅くなっていますが、WiMAXの半分程度の速度しかでていません。 PocketWiFiは先ほどよりも速い速度がでていますが、まだまだどんなときもWiFiの方が速いです! 次のパートでは、このパートで測定した速度の実測を元にどんなときもWiFiの速度について詳しく解説していきます。 72 46. 61 8. 42 測定2回目 Mbps 23. 84 31. 90 6. 85 測定3回目 Mbps 12. 10 24. 88 8. 74 平均速度 Mbps 17. 22 34. 46 8. 00 どんなときもWiFiとWiMAX・PocketWiFiの速度を3回連続で比較した結果を表にまとめてみました! こうしてみると、どんなときもWiFiはWiMAXと比べると確かに遅いのですがPocketWiFiと比べるととても速いことがわかりますね…! また、どんなときもWiFiの速度を3回測った平均値は17. 22Mbpsでした。 実際に使っていても、常に10Mbps以上は出ている印象があります。 海外で1日1GB以上の通信を行った場合、翌日のAM9:00までの間下り384Kbpsの速度制限がかかります。 また、容量の追加チャージはできないので海外利用の際は注意が必要です! 次に国内利用の場合ですが、基本的に速度制限はかかりません。 その場合は任意の期間で384Kbpsの速度制限がかかります。 ですが、個人で普通の使い方をしていれば速度制限がかかる事はないので安心してください。 公式HPに問い合わせたところ1月で1TB使っても制限がかからない実例もありましたよ…! 【ガチ無制限!】どんなときもWiFiは国内で本当に速度制限がかからないのか検証してみた! どんなときもWiFiの速度は必要十分な上に速度制限も無い事が分かったところで、「本当に容量制限がないのか?」テストしてみました! 今回は、Amazonプライムの最高画質動画を朝から晩まで8時間以上流し続けて見ましたよ! このようにAmazonプライムを最高画質で流すと、1時間当たり5. 8GBの容量を消費します。 動画を流し始める前のどんなときもWiFiの使用容量です。 仕事で少し使っているので「672. 42MB」消費していますね…! こちらが、動画を流し終えた後で夜寝る前にチェックしたどんなときもWiFiの使用容量です。 「100. 09GB」なので、1日で100GB近く使った事になります。 こちらが、容量制限テスト後に計った速度テストの結果です。 「14. どんなときもWiFiは必要十分な速度がでる速いWiFiです!• 海外利用では1日1GBの容量制限があります!• 国内ではガチ無制限の速度制限が無いWiFiです! 1日100GB使っても速度制限がかかりませんでした! 今回の記事では、どんなときもWiFiの速度や通信制限について他のモバイルWiFiとの比較を交えつつ解説してきました! どんなときもWiFiとWiMAX・PocketWiFiの速度を比較して見た結果、どんなときもWiFiはWiMAXよりは遅いですがPocketWiFiと比べた場合は速度が速いWiFiです。 ただし、海外利用の場合は1日1GBまでの容量制限があり超過した場合翌日AM9:00まで384Kbpsの速度制限がかかるので注意が必要です!.

次の

総務省がグッド・ラックに行政指導 「どんなときもWiFi」について

どんな とき も wifi 容量

総務省のニュースリリース 指導の概要 先述の通り、今回の行政指導は2月と3月にどんなときもWiFiで発生した通信障害を巡るもので、以下の事実認定に基づいている。 極めて例外的な場合にのみ帯域制御を行う旨を留保しつつ 「無制限」をうたって利用者を誘引したが、3月下旬に相当数のユーザーにおいて通信速度を著しく制限した(電気通信事業法第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に反する)• 通信総容量逼迫(ひっぱく)を受けて、一定基準を超過したユーザーに対して「月間25GB」の容量制限を実施したが、 その制限を受ける具体的な基準を示さず、問い合わせにも一律で回答しなかった(電気通信事業法第27条と同条の2第1号に違反)• どんなときもWiFiの提供に必要な情報などを認識せず、提供体制を整えずにサービスを提要したことなどによって、ユーザーの利益が損なわれ、社会的にも大きな影響を及ぼした(電気通信事業法第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に反する) このことから、同省は同社に対して以下の要請を行った。 利用者利益を保護するための措置の速やかな実施• 電気通信事業法第27条と同条の2第1号の規定の順守徹底• 再発防止措置の実施と実施状況の報告(報告は7月16日まで) なお、今回に指導に当たり、同省では他の電気通信事業者に対してもユーザーに誤解を与えるような宣伝などを行わないよう注意喚起を行っている。 関連記事• uCloudlinkは4月3日、同社のクラウドSIMを活用した通信サービスの障害について声明を発表した。 ここ最近、使い放題をうたうWi-Fiサービスで通信障害が発生している。 ネット上では、上記の通信障害は、クラウドSIMそのものに原因があるかのような声が聞かれるが、「これらの内容は事実無根」と同社は主張する。 エックスモバイルが提供している通信サービス「限界突破WiFi」で、3月上旬から通信速度が低下する現象が起きている。 原因は、一部ユーザーが膨大な通信をして、SIMサーバが不安定になったため。 4月以降は「使い放題」とはならず、制限付きでのサービス提供となる。 4月3日から「どんなときもWiFi」が新規受付を停止。 2月と3月に通信障害が発生しており、まだ復旧のめどが立っていない模様。 3月分の返金や、解約金免除などの措置も発表している。 最近増加傾向にある「容量無制限」をうたうモバイルWi-Fiルーターに、「つながらない」「速度が遅い」といった声が散見される。 一体それはなぜなのだろうか。

次の