柏原 芳恵 ハロー グッバイ。 Amazon Music

ハロー・グッドバイ (アグネス・チャンの曲)

柏原 芳恵 ハロー グッバイ

スポンサーリンク 11月12日(月)徹子の部屋 ゲストは柏原芳恵さんです。 80年台アイドル全盛期 松田聖子、田原俊彦さん等と 同世代です。 柏原芳恵?榊原郁恵? アイドルに興味がうすいひとは 見分けがつかないかもしれません。 よく見ればぜんぜん違うのですがね。 柏原芳恵の現在は 地方でのコンサートや 花火大会への出演、懐かしの歌手コンサートなどに出演しています。 相変わらずおきれいです。 またカバーアルバムも発表しています。 2016年4月27日絶賛発売中 美しい! 柏原芳恵のプロフィール 本名: 柏原 芳恵(かしはら よしえ) 別名義: 柏原 よしえ 生年月日 :1965年10月1日(51歳) 出生地:大阪府大阪市 身長 :157cm 血液型: A型 職業 :歌手 ジャンル: J-POP、歌謡曲 活動期間 :1980年 — 現在 活動内容 :音楽活動ほか 14歳という低年齢でデビューしたため、同時期のアイドル歌手のあいだでは孤立しがちであった。 そんな中、岩崎良美は柏原の話をよく聞いてくれたため、とても嬉しかったとコメントしている。 また、同じ大阪市出身の河合奈保子とも、デビュー当時から仲良しでした。 1990年台前半からテレビ出演がへり映画・ビデオ等でセクシー路線に転換しました。 柏原芳恵といえばハロー・グッバイ 紅茶の美味しい喫茶店・・・ 白いお皿にグッバイ 歌詞に出てくる喫茶店は大分県大分市に実在しました。 現在は営業を終了しています。 この曲を柏原芳恵さんが発表したのは1981年ですが、 実はこれはカバー曲です。 もともとアグネス・チャンの歌でした。 原曲はアグネス・チャンさんが1975年に発表したシングルレコード「冬の日の帰り道」 のB面の「ハロ-・グッドバイ」 です。 なんと南こうせつさんの実兄がこの喫茶店の経営者で、カップはこうせつさんの義父が製作したものということです。 「ハローグッバイ」の作詞者の喜多条忠さんといえば、かぐや姫の名曲「神田川」」「赤ちょうちん」「妹」を1973年・1974年に作詞していて、南こうせつさんと非常になかがよく、喫茶店を訪れたものでは。 そこでハロー・グッバイの歌詞ができたのでしょう。 スポンサーリンク.

次の

Amazon Music

柏原 芳恵 ハロー グッバイ

スポンサーリンク 11月12日(月)徹子の部屋 ゲストは柏原芳恵さんです。 80年台アイドル全盛期 松田聖子、田原俊彦さん等と 同世代です。 柏原芳恵?榊原郁恵? アイドルに興味がうすいひとは 見分けがつかないかもしれません。 よく見ればぜんぜん違うのですがね。 柏原芳恵の現在は 地方でのコンサートや 花火大会への出演、懐かしの歌手コンサートなどに出演しています。 相変わらずおきれいです。 またカバーアルバムも発表しています。 2016年4月27日絶賛発売中 美しい! 柏原芳恵のプロフィール 本名: 柏原 芳恵(かしはら よしえ) 別名義: 柏原 よしえ 生年月日 :1965年10月1日(51歳) 出生地:大阪府大阪市 身長 :157cm 血液型: A型 職業 :歌手 ジャンル: J-POP、歌謡曲 活動期間 :1980年 — 現在 活動内容 :音楽活動ほか 14歳という低年齢でデビューしたため、同時期のアイドル歌手のあいだでは孤立しがちであった。 そんな中、岩崎良美は柏原の話をよく聞いてくれたため、とても嬉しかったとコメントしている。 また、同じ大阪市出身の河合奈保子とも、デビュー当時から仲良しでした。 1990年台前半からテレビ出演がへり映画・ビデオ等でセクシー路線に転換しました。 柏原芳恵といえばハロー・グッバイ 紅茶の美味しい喫茶店・・・ 白いお皿にグッバイ 歌詞に出てくる喫茶店は大分県大分市に実在しました。 現在は営業を終了しています。 この曲を柏原芳恵さんが発表したのは1981年ですが、 実はこれはカバー曲です。 もともとアグネス・チャンの歌でした。 原曲はアグネス・チャンさんが1975年に発表したシングルレコード「冬の日の帰り道」 のB面の「ハロ-・グッドバイ」 です。 なんと南こうせつさんの実兄がこの喫茶店の経営者で、カップはこうせつさんの義父が製作したものということです。 「ハローグッバイ」の作詞者の喜多条忠さんといえば、かぐや姫の名曲「神田川」」「赤ちょうちん」「妹」を1973年・1974年に作詞していて、南こうせつさんと非常になかがよく、喫茶店を訪れたものでは。 そこでハロー・グッバイの歌詞ができたのでしょう。 スポンサーリンク.

次の

柏原芳恵

柏原 芳恵 ハロー グッバイ

スポンサーリンク 11月12日(月)徹子の部屋 ゲストは柏原芳恵さんです。 80年台アイドル全盛期 松田聖子、田原俊彦さん等と 同世代です。 柏原芳恵?榊原郁恵? アイドルに興味がうすいひとは 見分けがつかないかもしれません。 よく見ればぜんぜん違うのですがね。 柏原芳恵の現在は 地方でのコンサートや 花火大会への出演、懐かしの歌手コンサートなどに出演しています。 相変わらずおきれいです。 またカバーアルバムも発表しています。 2016年4月27日絶賛発売中 美しい! 柏原芳恵のプロフィール 本名: 柏原 芳恵(かしはら よしえ) 別名義: 柏原 よしえ 生年月日 :1965年10月1日(51歳) 出生地:大阪府大阪市 身長 :157cm 血液型: A型 職業 :歌手 ジャンル: J-POP、歌謡曲 活動期間 :1980年 — 現在 活動内容 :音楽活動ほか 14歳という低年齢でデビューしたため、同時期のアイドル歌手のあいだでは孤立しがちであった。 そんな中、岩崎良美は柏原の話をよく聞いてくれたため、とても嬉しかったとコメントしている。 また、同じ大阪市出身の河合奈保子とも、デビュー当時から仲良しでした。 1990年台前半からテレビ出演がへり映画・ビデオ等でセクシー路線に転換しました。 柏原芳恵といえばハロー・グッバイ 紅茶の美味しい喫茶店・・・ 白いお皿にグッバイ 歌詞に出てくる喫茶店は大分県大分市に実在しました。 現在は営業を終了しています。 この曲を柏原芳恵さんが発表したのは1981年ですが、 実はこれはカバー曲です。 もともとアグネス・チャンの歌でした。 原曲はアグネス・チャンさんが1975年に発表したシングルレコード「冬の日の帰り道」 のB面の「ハロ-・グッドバイ」 です。 なんと南こうせつさんの実兄がこの喫茶店の経営者で、カップはこうせつさんの義父が製作したものということです。 「ハローグッバイ」の作詞者の喜多条忠さんといえば、かぐや姫の名曲「神田川」」「赤ちょうちん」「妹」を1973年・1974年に作詞していて、南こうせつさんと非常になかがよく、喫茶店を訪れたものでは。 そこでハロー・グッバイの歌詞ができたのでしょう。 スポンサーリンク.

次の