麒麟 が くる 前田 利家。 2020年大河ドラマ明智光秀の『麒麟がくる』出演キャストを予想してみる~NHK大河ドラマ

麒麟がくる:“くる”までお待ちください…「国盗り物語」の次は「利家と…

麒麟 が くる 前田 利家

加賀百万石の礎を築いた戦国武将・前田利家と、その妻・まつの物語。 ブレないその生き方や、まつとの夫婦愛、ライバル秀吉との熱い友情が見どころです。 夫のピンチを救うまつの名ゼリフ「おまかせくださりませ」は流行語にもなりました。 名場面とともに利家役の唐沢寿明さんと、信長役の反町隆史さんが知られざる舞台裏を語ります。 深芳野役の三田佳子さんが、その魅力を語ってくれました。 そして信長と光秀の激突、本能寺の変など、「麒麟」につながる名シーンが続々登場します。 また信長を演じた高橋英樹さんと、光秀を演じた近藤正臣さんがスタジオに。 1987年に放送され、平均39.8%と大河ドラマ歴代最高視聴率を記録しました。 主役の伊達政宗を演じたのは、当時まだブレイク前だった渡辺謙さん。 そのほか北大路欣也さん、勝新太郎さん、岩下志麻さんなど豪華キャストの名演技が続々登場します。 渡辺謙さんの撮影秘話インタビューも必見!戦国大河ドラマが大好きなゲストとともに、名場面をたっぷりお楽しみください。 【MC】 高橋英樹・川島明(麒麟) 【ゲスト】 松村邦洋・伊達みきお(サンドウィッチマン) 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

大河利家とまつの動画配信を全話視聴する方法!見逃した6/28麒麟がくるまでお待ちください戦国大河ドラマ名場面スペシャルを観るやりかた!

麒麟 が くる 前田 利家

麒麟がくる第13話では、土岐頼芸が斎藤利政(道三)により近江国に逃げ、利政と織田信長の会見が、尾張の聖徳寺で行われることになりました。 利政は、信長が替わりの者を遣わしている可能性を考えて、信長をよく知る明智十兵衛(長谷川博己)をお供にして、信長の出方を見るため近くの廃屋に10人程度の側近とともに隠れていました。 麒麟がくる第14話は、ここに信長が現れ、利政と信長の会見から始まります。 まだ、麒麟がくるを視聴していないという方はで視聴できるのでチェックしてみてください。 麒麟がくる14話のネタバレ(あらすじ) 鉄砲隊の行列に囲まれて、馬に乗った信長が現れる。 腰にひょうたんをつけた粗野な格好に、傲慢な表情で現れた信長に、利政は呆然とした。 しかし、我に返った利政は、 「聖徳寺に先回りする」と言い、十兵衛と共に聖徳寺に向かった。 聖徳寺で、利政は長い間信長を待ちました。 しかし信長は中々現れず、苛立ちを隠せません。 そこに、先程とは打って変わって 鮮やかな装いの信長がやって来る。 信長は、「待たせてしまい、申し訳ない。 」と利政に侘びた。 利政は「いつも支度に時間がかかるのか。 」と問いただした。 すると信長は、 利政に舐められることを案じた帰蝶が、鉄砲隊や利政の好む色の装束となるように仕込んだ、と正直に打ち明けた。 そして自分は、帰蝶の手の上で踊らされている尾張一のたわけだ、と言って笑った。 これには利政も、「見事なたわけじゃ。 」と言って笑い返した。 信長は、廊下にいた2人の若侍・佐々成政と前田利家を呼び寄せて、 「父・信秀は利政殿について、『家督さえ継げない身一つのこの2人のような、失うものがない男は、戦となれば手強い。 』と話しておられた。 この先、戦の世も変わっていくから、自分たちも変わらなければならない。 」 と話した。 利政はこれを聞き、自分と似た雰囲気の 信長を気に入ったようだった。 和やかな雰囲気に、信長を注視していた十兵衛も、ようやく安堵した。 一方、望月東庵と駒は太源雪斎の診察のため駿府に向かっていた。 そこで、駒が字を教えた藤吉郎が、藁草履を売っていた所、場所代について因縁をつけられ男たちに殴られていた。 しかし、藤吉郎は、 絶対に字を読めるようになり、出世すると意気込んでいた。 東庵は雪斎のもとに到着すると、雪斎に針をうちます。 雪斎は 駿河の安泰のためには信長を倒さないといけない、と考えており、「あと2年ほど生かして欲しい」と東庵にお願いした。 この年、今川義元は織田軍が守る緒川城を攻め落とすため、緒川城の近くに 村木砦を建設。 緒川城から信長に援軍を求める連絡が来たものの、信長の背後には 今川と通じている清州城の織田彦五郎がおり、身動きが取れなかった。 そこで信長は、 自分が村木砦を攻め、緒川城を助ける間、那古野城を守って欲しい、と美濃の利政に依頼した。 一刻を争う状況下で、 利政はすぐに独断で援軍を送ることを決定した。 利政は、明智光安に織田彦五郎の監視を命じ、十兵衛には信長がどのように村木砦を攻略するのか見るよう命じた。 そこに援軍を送ることに反対する斎藤高政、稲葉良通が現れた。 高政は 「うつけの信長を助け、今川と戦をするのか。 」と言って、猛反対した。 しかし利政は、 「噂を鵜呑みにして、信長を甘く見ていれば、いつかひれ伏すことになる。 」と一喝。 皆の注目が集まる中、高政は十兵衛に意見を求める。 戸惑いながら、十兵衛は、 「援軍を送るには機が熟していない。 信長を気に入ったとはいえ、今川と彦五郎の両方を敵にまわすのは無謀で、彦五郎の背後にいる守護の斯波家も厄介だ。 」と言った。 しかし、利政は聞く耳を持たず、 「誰がなんと言おうと、援軍は送る。 」と言い残し、明智光安と共に席を立った。 残された高政は暗い顔で、「この国は、潰れてしまう。 」と言い、良通は 「一刻も早く家督を譲るように、殿に迫るべきだ。 」と主張した。 十兵衛は、迷いながらも稲葉の意見に同意した。 天文23年(1554年)、十兵衛が村木砦の近くの丘から様子を眺めていると、 信長の鉄砲隊は村木砦の今川軍に一斉に発砲。 やがて9時間の攻防の末、多くの側近を失いつつも、用意周到に攻め込んだ 織田軍が、見事勝利を挙げ、今川軍を村木砦から一掃することに成功した。 一方その頃、高政が稲葉山城に戻ると、深芳野がいなくなったと騒ぎになっていた。 深芳野は川で倒れている所が発見され、既に亡くなってた。 父子である利政と高政の不仲を思い悩んでいたため、深芳野は自害してしまったのだ。 悲しみにくれる利政に、高政は、 「母上を、父上は飼い殺しにしたのだ。 」と言い、利政を責めた。 続けて、 「母上は自分の血を継ぐ私が家督を継ぐことを望まれていた。 」と迫った。 こうして 斉藤家の家督は高政が継ぐことになった。 麒麟がくる14話の感想 すごく楽しい、とにかく楽しい回だった…し、幸せだ…ーー!! — 野間与太郎@「明智光秀」集英社学習まんが発売中 yotaroom 今回、信長の考え方がやっと語られた気がするんですが、これなら後の光秀や秀吉が重用されるわけだなぁと。 煕子さんもなかなかしたたかでこの先が楽しみです 笑。 上司へのツッコミとは思えぬ程の 強いツッコミ。 — King JAKQVNK 第14話。 奇妙な婿・信長を気に入った道三、援軍を送る決断をするも高政の逆鱗に触れる。 私怨で動いてる部分が大きく視野の狭さを感じてしまう高政、家督の才能があったのは帰蝶だったのかもしれません。 村木砦の戦いに笑みがこぼれた光秀と深芳野の悲しい最期が印象的な回でした。 その母の死によって、唯一のよりどころを失った。 本木雅弘さんが演じる道三は、威厳と迫力があるのに、どこかユニークさもある。 ただ圧力を与えるのではなく、人の懐にひょいと入ってきて、隙を見つけてグサッとえぐる。 まとめ 今回は、 麒麟がくる第14話「聖徳寺の会見」のネタバレ(あらすじ)と感想についてご紹介しました。 利政と信長の聖徳寺での会見でしたが、初めは信長が遅れて利政が苛立つなど、緊迫感がありましたが、利政が信長を気に入った時は、十兵衛と同じように安堵しましたね! そして、利政の援軍で信長は村木砦から今川軍を一掃することに成功しましたが、その後深芳野の自害という悲劇がありました。 利政は家督を高政に譲りましたが、今後の父子の関係も気になりますね! 次回も楽しみにしたいと思います。

次の

麒麟がくる14話ネタバレ(あらすじ)!感想も!信長の鉄砲隊登場!

麒麟 が くる 前田 利家

伝説的大河ドラマ『独眼竜政宗』がくる! 最終回の視聴率47. 主人公の政宗を演じたのは今や世界的俳優のこのかた。 筆者が見たのは子どもの頃なのですが、今でも視聴者を射抜くような 強烈な目力を覚えています。 あと、名ゼリフとして流行したちびっ子政宗の「 梵天丸もかくありたい」は子役の表情やしゃべりかたまで完全に記憶に残っています。 余談ですが、 ちびっ子政宗を演じた藤間凌太は現在、日本舞踊の藤間流宗家として活躍しています。 スポンサーリンク 政宗の母親役のもものすごく強烈な印象を残しました。 武家の娘であり母親である義姫を激しくも美しく演じています。 政宗の母親といえば、作中屈指の有名シーンである「政宗毒殺未遂事件」が有名ですが、「 毒殺未遂すらも政宗への深い愛の裏返しだったのではないか」と岩下さんはインタビューで語っています。 また、政宗のエピソードとして超有名な小田原遅参。 政宗を呼びつける天下人・秀吉を演じたのは、国民的俳優のこのかた。 秀吉というとひょうきんなイメージがありますが、勝新の秀吉はとにかく怖い。 圧がハンパない。 天下人に初めて対面する政宗の緊張感を出すため、実際に撮影本番まで顔を合わせないようにしたんだとか(勝新のアイデア)。 持っていた杖で平伏する政宗の首をバシバシ叩くのも勝新のアドリブだったそうですが、実際に見るとかなりの勢いで叩いていてリアルに痛そうです。 ほかにも、政宗の父・輝宗に、政宗の守役であるに、政宗の恩師・虎哉(こさい)に、政宗の宿敵・に、秀吉の正室に、になどキャストも超絶豪華。 また、政宗の娘婿であるは、ケンワタナベとともに日本が誇るハリウッドスターが演じました。 それにしても久しぶりに観たら最終回の演出があんなに斬新だったことをすっかり忘れていたので度肝を抜かれました。 さらに特番では放送されなかったのですが、 伊達政宗の遺骨(本物)も登場したんですよね。 どこまでも攻めている。 麒麟がこないのは残念で仕方ないですが、また政宗に会えたのは嬉しかったですね。 渡辺謙が撮影秘話を語るスペシャルインタビューも、なんでこんなに当時のことを鮮明に覚えているんだ!?と驚く内容の濃さだったので、見逃したかたは再放送でぜひ!おすすめです! ついにスタートした2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 ひさしぶりの戦国ものということもあり好調な滑り出しの本作、鮮やかすぎる色彩明度やビビッドな衣装も話題ですが、注目を集めるのは本木雅弘さん演じるカッコよすぎる斎藤道三。 そこで今回は過去の大河や映画作品で道三を演じた歴代キャストをまとめてみました。 『国盗り物語』で野心家の道三を男の色気たっぷりに演じたのはこの方。 油売り時代の若き庄九郎から晩年の道三までを演じてますが、「道三といえばこれ」というほど印象的な道三像をつくりあげました。 とにかくかっこいいんだなぁ。 道三亡きあとの主人公・織田信長を演じたのはこちら。 特番ではMCも担当されるので、いろんなお話が伺えそうで楽しみです。 ちなみに妻の濃姫を演じたのは。 これがまたひじょーにかわいい! 松阪慶子は歴代濃姫のなかでも3本の指に入るほどの大人気濃姫です(異論は認めない)。 脚本は特番4週目に登場する1996年放送の大河ドラマ『秀吉』でも脚本を担当した竹山洋。 ちなみに大河ドラマのタイトルに夫婦の名前が使われたのはあとにも先にも『利家とまつ』だけ。 さて、ひとり目の主人公・を演じたのはこちら。 現在放送中の朝ドラ『エール』では主人公の父親役を熱演しています。 もうひとりの主人公を演じたのは、。 戦国乱世に生きる利家を力強く励まし支える献身的な妻を演じました。 「 わたしにお任せくださいませ!」というセリフはまつそのもの。 同作でなかでも話題になったのがこちら。 織田信長を演じました。 信長の発する「で、あるか」が印象に残っている視聴者も多いのではないでしょうか。 余談ですが、当時、 松嶋菜々子と反町隆史は入籍直後でそれも話題になりました。 その信長に弓をひく明智光秀をが演じたのですが、これまた今までにないタイプの神経を病んじゃった系光秀でとてもインパクトが強かったですねぇ。 「いままでの大河を壊そう!」という意気込みでつくられた本作は、重厚感あふれる本格派大河とは一線を画す、エンターテイメント性に富んだ作品となり人気を博しました。 主人公の秀吉を明るくエネルギッシュに演じたのはご存知この方。 竹中秀吉の 決め台詞「心!配!御!無!用!」は当時の流行語にもなりました。 かつてないほど汚く、かつてないほどアクティブで、かつてないほどハイテンションの竹中秀吉は多くのファンを生み、「秀吉といえば竹中直人!」といわれるほどハマり役になりました。 ちなみに秀吉のサクセスストーリーを描いた『秀吉』では秀吉の晩年は描かれず、竹中直人本人もそれが物足りないと感じていたんだとか。 その気持ちをくんでか、2014年放送の大河『』で再び竹中直人が演じることになった秀吉は、晩年の愚かさをこれでもかと描かれています。 秀吉が心酔した信長のキャスティングも話題でした。 若き日の信長が馬にまたがり大根をまるかじりしながら登場したのも衝撃的でしたが、本能寺の変で自ら首を掻き切って血を噴き出しながら絶命するシーンもかなりの衝撃でした。 秀吉の弟であるはもうひとりの主人公といっても過言ではなく、この方が好演しました。 (画像右)。 こんなポジション、絶対人気出るやつ。 そして演じる明智光秀も、「明智光秀のイメージといったらこれ!」と今でも根強くいわれるほどのハマり役でした。 余談ですが、石田三成の少年時代を演じたのは子役だったです。 びっくり。 特番をきっかけに令和の時代に再び「心!配!御!無!用!」が流行るかもしれませんね。

次の