アクタス 宇品。 雑貨・インテリア店が並ぶオシャレな空間「宇品デポルトピア」に行ってみました

アクタス・広島店|ACTUS(アクタス) インテリア・家具・ソファ・チェア・テーブル・ギフト

アクタス 宇品

走れるポイント! 釣りをしてる人がいるから、バケツをのぞき込むのが楽しみ! そんなアクタスのすぐ東側に目を向けると、謎のタワーが。 そんなタワーのふもとにややひっそりと「宇品波止場公園」はあります。 公園自体は、しばらく整備が続いているようです。 船が近い!最高の芝生広場 駐車場あり。 「広島みなと公園」と同じく、最初の1時間は無料。 その後は30分100円と比較的リーズナブル。 92台。 土日はいっぱいになっている日もあるようです。 が、過ごしたいのは「芝生広場」。 海が見えて気持ち良い。 海風を気軽に感じるならココ。 コンテナ船が行きかう姿が見られます。 いやされます。 けっこうすいてます。 暑いのが苦手な一家なので、これは大事。 木のふもとにビニールシートをしいて過ごしたい。 昔の名残が興味深い 昔は栄えたであろう歴史を感じる「インフォメーションセンター」。 今はあいていないように見えます 1989年に開かれた「海と島の博覧会」で栄えました。 あのタワーはその時に建てられました。 声が響いたり、何かと意味はあるようですが、すごく涼しいので、暑い日は大人たちの避難場所として生かされています。 宇品に行ったら、ここにもぜひ寄ってみて! 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

アクタス・広島店|ACTUS(アクタス) インテリア・家具・ソファ・チェア・テーブル・ギフト

アクタス 宇品

地理 [ ]• 広島県を流れる(厳密に言えば)のに位置している。 南に広島のの玄関口、がある。 隣接している地区 [ ]• 北側…南区、南区• 南側…• 西側…南区出島、を挟んで、中区• 参照)が、現在の宇品地区は、宇品築港事業((17年)着工)の結果造成された広大な新開地(埋立地)として成立した。 には、この「宇品新開」は広島区(広島市の前身)に編入され「 宇品町」となった。 さらに11月に築港が竣工すると(当時は内)がこの新開地と地続きになった(宇品島は2月、広島市に編入され同年10月には元宇品町と改称した)。 これにより宇品地区・宇品港には続々と兵員が輸送され、この地区は大陸進出の前進基地とみなされた。 なお1894年に作られた唱歌「」(旗野十一郎・林柳波作詞、作曲)は当時の宇品港の賑わいを歌ったものである。 さらにに、にが設置されたことで、宇品の兵站基地化は決定的なものとなった。 その後には陸軍糧秣支廠に全国一の規模をもつ缶詰工場が建設されている。 一方、宇品地区は市街地としての発展も著しく、(4年)には、宇品線に続く第2の鉄道線として、地区西端(東岸)の土手沿いの道に広島電軌(の前身)の路面電車線が敷設され、のちのとなった。 この路線は(10年)にやや東よりの宇品本通に移設され現在に至っている。 には錦華紡績の工場が宇品町東部(現・宇品東の宇品工場)に設立された。 原爆被災 [ ] のに際し宇品地区はその大半がから3km以上隔たった位置にあり、「半壊地区」とされているものの比較的被害が軽微であった。 第二次世界大戦後の発展 [ ] 敗戦後、かつての広大な軍用地・施設は民間企業・官庁などに払い下げられて民需に転換されることとなり、この地区に進出した施設のうち最大の企業であるマツダにより、には東部の埋立地が造成された。 また、戦前から進められていた地区西側の海面(京橋川河口)の埋め立ては戦後になって本格化し、現在の出島地区として造成された。 にはが仁保町より宇品町に編入され、には宇品町が宇品東・宇品神田・宇品御幸・宇品西・宇品海岸・出島に分割されほぼ現在の住居表示が確定した。 近年の宇品地区は、再開発の目玉として多くの商業施設が建設・出店しているほか、地区の南端を通過するの造成にともない南部を中心に大きく街並みが変わろうとしている。 おおむね 東部の工業地区(宇品東)、 南部の港湾地区(宇品海岸)、 西部の商業・住宅地区(宇品神田・宇品御幸・宇品西)に3大別され、これらに 公園地区としての元宇品が加わる。 地名の由来 [ ] 宇品(うじな) 「宇品」の地名は、この地区の南にある宇品島(現在の元宇品町)に由来する。 宇品神田(うじなかんだ) 町名は築港後から移転してきた神田神社(後述)に由来する(その後同社は現在地の宇品御幸に再移転)。 宇品御幸(うじなみゆき) 町名は町のほぼ中心を南北に貫通する「御幸通り」(~)に由来する。 御幸通りはのを記念し、当時埋め立て工事中だった宇品新開の新しい道に命名された。 元宇品町(もとうじなまち) 宇品という地区名の由来となった島であるが、宇品築港のさい島の対岸に造成された宇品新開が広島市所轄になり「宇品町」と称したため、宇品島の広島市編入時()に「本来の宇品」という意味で「元」を町名に冠し宇品町と区別した。 別称「向宇品」(むこううじな)。 宇品新開(現在の「宇品地区」)とはで連絡する。 宇品を冠する町名 [ ]• 宇品西(うじなにし)• 宇品御幸(うじなみゆき)• 宇品神田(うじなかんだ)• 宇品東(うじなひがし)• 宇品海岸(うじなかいがん)• 元宇品町(もとうじなまち)• 宇品町(うじなまち) - の所在地。 施設 [ ] 港 [ ]• 広島港 - 市営桟橋と県営桟橋のほか貨物埠頭もある。 公共施設 [ ]• 広島市南消防署宇品出張所(宇品東)• 広島市南消防署水上出張所(宇品海岸) - かつて水上消防署であったが現在は南消防署に併合された。 (宇品東)• 御幸交番(宇品御幸)• 宇品海岸交番(宇品海岸)• 旧広島県港湾事務所(宇品海岸)• (宇品東)• (県病院)(宇品神田)• - かつての宇品陸軍糧秣支廠。 宗教施設 [ ]• 神田神社(宇品御幸) - もともとは字神田(現在の)に所在し、村の鎮守社として「神田八幡宮」と称されていたが、明治になり敷地が軍(陸軍工兵第5連隊)に接収されたため宇品(現在の宇品神田)に遷座した(その後宇品御幸に移転し現在に至っている)。 牛田に古くから架かっている「」や、の旧称「神田川」などは宇品移転以前の神田神社のなごりである。 千田廟神社(宇品御幸)• 宇品教会• 広島南部教会(宇品御幸) レジャー施設 [ ]• (宇品海岸三丁目) 産業 [ ] 工場 [ ]• マツダ宇品工場(宇品東)• 本社(宇品東)• 2007年まで広島工場(宇品御幸)があった。 祭り・行事 [ ]• - 毎年7月に周辺にて行われる。 教育機関 [ ]• 広島(本部)キャンパス(宇品東) - 旧県立広島女子大学。 宇品キャンパス(宇品西)• (宇品東)• (宇品東)• かつてはが現在の(イオンみゆき店、みゆきパーク・マンション)敷地に立地していた。 公園 [ ]• (宇品御幸) 宇品港(現)・宇品新開建設に貢献した・を記念し作られた。 千田廟神社の南に位置し、園内には千田の銅像のほか「宇品新開地紀念碑」がある。 宇品西公園(カルビー公園)• (元宇品町) 元宇品町(旧・宇品島)の緑地帯全域を自然公園としている。 域内には市内でも数少ないがあり、の一部に指定されている。 宇品第五公園• 宇品波止場公園(宇品海岸) 旧陸軍桟橋(第六管桟橋)跡を埋め立て建設された(当時の突堤の石積のみが現存)。 公園内には宇品線の記憶を伝えるモニュメントとして、線路の一部が敷かれている。 旧国鉄宇品駅および陸軍糧秣支廠倉庫の跡地の南側に位置する。 公園内には「宇品凱旋館建設記念碑」のほか「旧蹟陸軍運輸部船舶司令部」碑、「明治天皇行幸碑」、宇品港を歌った「」の歌碑がある。 御幸松臨海公園(宇品海岸) この付近の港湾区域は宇品御幸松地区と呼ばれ、そこから名前のついた公園である。 なお、この公園内に元々があったわけではない。 交通 [ ] 鉄道• かつてが存在した。 - 2010年10月4日のダイヤ改正により経由便が廃止され、宇品を経由しなくなった。 21-1号線• 21-2号線• 国際フェリーポート線(号線番号なし)- 国際フェリー入港の休止にともない、路線も休止。 道路 [ ]• 広島市道鷹野橋宇品線• 店 [ ] ショッピングモール• - を核に専門店を有する(画像参照)。 ベイシティ宇品 - 、、(スーパー)、スポーツオーソリィティー(スポーツ用品店)、• フレスタ宇品 - 、、、• 宇品ショッピングセンター スーパー• (宇品西)-旧フレスタベイシティ宇品店、2013年9月28日に宇品市場としてリニューアルオープン• (宇品西)• (宇品神田) - 元々、があった。 撤退し、ユアーズになったが店舗は(18年)7月閉店した。 業務用食品スーパー宇品店(宇品西)他 ドラッグストア• (宇品西) ほか ディスカウントストア• 宇品店• 宇品店 ホームセンター• 旧ディック宇品店から現在の名称に• 出身有名人 [ ]• (第37代)• (元)• (選手・監督) 関連項目 [ ]• - -• ・・・ - 広島城下成立以前からの広島湾頭の島嶼で現在は周囲が埋め立てられ山になっているもの。 - 陸軍省が保有した輸送船。 外部リンク [ ]• - (2004年4月5日アーカイブ分)•

次の

DEJIMASTOCK(デジマストック)

アクタス 宇品

宇品の 広島港 近くにある、1万トンバース。 豪華客船が止まったりクルーズ客船といった、巨大で迫力ある船がつくのが魅力ですが、1万トンバース 横には 宇品波止場公園 と アクタス広島 (インテリアショップ)、カフェなどが出来て綺麗になりましたね! 宇品の 広島港近くにある、1万トンバース(広島港宇品外貿ふ頭の通称)。 豪華客船やクルーズ客船といった、巨大で迫力ある船が停泊することもあり、1万トンバースはデートコースにもなっています。 久しぶりに1万トンバースに行ってみると、付近の景色が随分変わっててビックリ。 広島港周辺など、都市開発で宇品がどんどん変化しているため、周辺の雰囲気がガラリと変わっていました。 1万トンバースの横には、綺麗な公園やお店も出来ていましたよ。 この日はいい天気だったので、公園には家族連れやカップル、1人でラジコンに熱中する人や、いろんな人がくつろぎの時間を過ごしに来ていました。 公園の中央にある白い塔は、広島で「海と島の博覧会」 が開催された時の会場でシンボル的な塔として使われていたもの。 それをそのまま、博覧会が終了したあと、この公園に設置しシンボルとなっていました。 宇品 広島港近く、眺めのいい公園とアクタス広島店の様子 1万トンバース の付近は海の目の前の為もともと眺めはいいのですが、古い倉庫が沢山立ち並んだちょっと暗い雰囲気のエリアでした。 現在では宇品波止場公園が綺麗に整備され、公園の広場には綺麗な芝生が植えられて、公園も周辺道路も広くて綺麗に明るくなっています。 ( 公園図 :HPより ) 眺めがいい立地を生かして公園の隣に、カフェや雑貨、家具などのお店も。 倉庫をそのまま使って中も吹き抜け状態になってて、開放感があります! アクタス という、インテリア雑貨を扱うお店の中にはお花屋さんがあったり、生活雑貨やベットやキッチンなど、家具などもいろいろ扱っています。 可愛いく飾られている商品たちは広くて開放的な空間にあるので、ゆったりとショッピング出来そうな雰囲気でした。 予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の