まいやん ぽろり。 里田まい、夫・田中将大投手に寄り添い”ラブラブ”オーラ全開「イイ夫婦だなぁ」

でちゃう! GIRLS’ EDITORS

まいやん ぽろり

(C)まいじつ 『女性自身』7月21日号が、女優・深田恭子のプライベート姿をスクープ。 ネット上では〝小学生のような〟私服センスにツッコミを入れる声が上がっている。 5月13日に写真集『Brand new me』を発売し、「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」で1位に輝くなど、ルックスも人気も〝無双状態〟の深田。 同写真集は「史上最高の〝深キョンBODY〟」と銘打たれている通り、トレーニングで磨き上げられた美ボディーがウリ。 健康的な小麦色の肌を、ハワイの空の下で惜しげもなく披露している。 そんな深田が私服で現れたのは、6月下旬の東京・六本木。 どうやら、雑居ビルの一室にある有名美容クリニックを訪れていたようだが、ネット上で注目が集まったのは、その美しい〝おみ脚〟が大胆に露出しているデニムスカートだった。 衝撃的なコーディネートも着こなす深田恭子 「青と白のチェック柄シャツに、ロング丈のデニムスカート、水色のスニーカーというカジュアルな〝いでたち〟。 しかしながら、ダメージ加工されたデニムスカートはアシンメトリーで、片方の脚がホットパンツの丈並に短いセクシーなデザインとなっています。 おそらく、こちらはギャル御用達ブランドのもので、お値段約1万円の品物。 深田ほどになれば、1万円のスカートなど安いでしょうが、そこは本当に気に入ったデザインを選んでいるということかも」(女性誌ライター) しかしながら、ネット上では、 《何か全体的に小学生っぽいコーデ》 《90年代の中学生》 《深キョンっていつも10年前のギャルが着てそうなファッションだよね 洋服も高いんだろうけどすべて安っぽく見えちゃう》 《上に着てるシャツもしまむらみたい すごい美人なのにもったいないと思ってしまう》 などと〝ダサセンス〟にショックを受ける声が続出。 また〝ダメージを受け過ぎている〟スカートの大胆なスリット部分に対しては、 《スカート引きちぎられた?》 《スギちゃんじゃんw》 などというツッコミも。 深田といえば、『FRIDAY』6月19日号で、〝オールブラックコーデ〟にピンク色のメッシュが施された派手髪という〝ギャルギャルしい〟姿がスクープされたばかり。 小学生になったり、ギャルになったりと、仕事同様自らの〝七変化〟を楽しんでいるのだろうか。

次の

里田まい

まいやん ぽろり

2020. 17 2020. 08 2020. 03 2020. 03 2020. 01 2020. 29 2020. 26 2020. 26 2020. 19 2020. 12 2020. 10 2020. 10 2020. 05 2020. 03 2020. 01 2020. 28 2020. 22 2020. 15 2020. 11 2020. 08 2020. 04 2020. 29 2020. 22 2020. 20 2020. 17 2020. 10 2020. 06 2020. 03 2020. 01 2020. 27 2020. 26 2020. 20 2020. 20 2020. 13 2020. 11 2020. 06 2020. 06 2020. 28 2020. 20 2020. 18 2020. 08 2020. 24 2020. 24 2020. 10 2020. 08 2019. 31 2019. 10 2019. 06 2019. 02 2019. 29 2019. 22 2019. 15 2019. 08 2019. 08 2019. 01 2019. 01 2019. 23 2019. 14 2019. 13 2019. 11 2019. 04 2019. 30 2019. 27 物件募集ページを公開いたしました。 2019. 25 2019. 25 2019. 20 2019. 13 2019. 06 2019. 31 2019. 30 2019. 24 2019. 16 2019. 16 2019. 05 2019. 05 2019. 02 2019. 31 2019. 26 2019. 26 2019. 19 2019. 12 2019. 10 2019. 05 2019. 01 2019. 21 2019. 14 2019. 07 2019. 01 2019. 31 2019. 31 2019. 24 2019. 17 2019. 10 2019. 24 2019. 19 2019. 16 2019. 08 2019. 25 ホームページを公開いたしました。

次の

まいの意味

まいやん ぽろり

「よい時分に迎へに行く程に、必ず物をいふ まいぞ」〈虎寛狂・金津〉• 4 (「…まいか」の形で)勧誘・依頼の意を表す。 「少しでもいいから寄付をしてくれ まいか」• 「是はめでたい事ぢゃ程に、いざ囃 はやし 物をして戻る まいか」〈虎明狂・〉• 5 (「…うと…まいと」などの形で)動作・作用を対比し、どちらも関係のない意を表す。 「話そうと話す まいとぼくの自由だ」• 6 (現代語では多く「あろうことかあるまいことか」「なろうことかなるまいことか」の形で)否定するのが当然・適当である意を表す。 …するべきではない。 …するはずがない。 「あろうことかある まいことか、子を殺すなんて」「思いどおりになろうことかなる まいことか、しっかり考えてみろ」• 7 (「あるまいし」の形で)• ㋐打消しの意を伴った逆接条件を表す。 …ないのに。 「選手になれるわけでもある まいし、よくおそくまでがんばるね」「身内でもある まいし、よくそんなに面倒みられるね」• ㋑打消しの条件を伴った理由を表す。 「もう子供ではある まいし、自分のことは自分でやりなさい」 「兄ではある まいし、意見はいらぬもの」〈伎・傾城江戸桜〉• 8 (「…まいに」の形で)事実と反対を仮想する意を表す。 「実の親だったらあんなしうちはし まいに」 [接尾]助数詞。 1 紙・板・皿などの薄く平たいものを数えるのに用いる。 「二、三枚の紙」• 2 原稿用紙の数を数えるのに用いる。 ふつう400字詰めの原稿用紙を単位として数える。 「五枚ほどの随筆」• 3 魚を数えるのに用いる。 「ヘラブナを三枚釣り上げる」• 4 相撲で、その階級の人数を数えるのに用いる。 「幕内を二枚ふやす」• 5 相撲の番付で、席次を数えるのに用いる。 「三枚上がる」• 6 田や畑などの一区画を数えるのに用いる。 「田一枚を植える」• 7 浄瑠璃・長唄で、太夫や唄方の人数を数えるのに用いる。 「二挺 ちょう 三枚」• 8 近世の大判金・丁銀や近代の貨幣・銀貨など、貨幣の数を数えるのに用いる。 「銀三拾枚」• 9 駕籠舁 かごかき の人数を数えるのに用いる。

次の