スキーゴーグル。 スキーやスノボのゴーグルの曇りを防止する方法!?意外と簡単!

スキーゴーグルのおすすめ人気ランキング10選【スノボにも!】

スキーゴーグル

スキーやスノーボードにかかせないアイテムのひとつが ゴーグル。 種類も機能も数多くあり、選ぶのに悩んでしまいますね。 今回は東京・神田にある「」の佐山さんに、 ゴーグルを選ぶときのポイントを教えていただきました。 Q ゴーグルのレンズの色によって違いはありますか? Aゴーグルを実際に着けて中から見たときに言えば、オレンジやピンクなどのレンズの色はコントラストが取りやすいので、斜面のでこぼこ等のコブは見つけやすいです。 あとは色の濃さですね。 晴れのときは眩しさを考慮してグレーやオレンジなどの暗い色や濃い色を。 そちらの方が眩しさを抑えられます。 天気が曇っていると色の濃いレンズは逆に視界が暗闇になってしまうので、レンズは明るめを選ぶのがいいでしょう。 基本的に使用するゴーグルが1つとなると、両方の天気に使えるオレンジとピンクの中間の濃さを選ぶのがおすすめ。 日本人は特に黒目の人が多いので、晴れの日には比較的に強いので、どちらかといえば明るめのレンズを多用します。 Q レンズの色の種類はどれくらいありますか? Aオレンジ、ピンク、グレー、クリア、イエローが主体で、そこからまた色の種類が増えます。 さらに偏光レンズという晴れの日の反射光をカットするタイプや、最近だと兆候レンズという紫外線を浴びるとレンズの色が変化するタイプも少しずつ出てきています。 ただ兆候は新しく値段が高いので、シリーズはまだそれほど出ていません。 自分の瞳の色と天候に合わせてレンズを選ぼう Q どれくらいでゴーグルは買い替えるべき? A 1年で40から50日滑っている方だと、1〜2シーズンでゴーグルは買い替えるべきですね。 年間で1〜2回滑りに行く人だとゴーグルは保たれますが、劣化はどうしても止められないので使わなければスポンジはボロボロに。 スキー・スノーボードが好きであれば1〜2年に1回の買い替え、滑りに行くのが少ない場合は、5年は持ちますがスポンジは悪くなってしまいます。 Q メーカーの違いはどういうところですか? A 海外メーカーの商品がそのまま海外仕様で日本に渡ると、日本人の鼻の高さに合いません。 例えば、SWANSという日本メーカーは「アジアン・フィット」という日本人仕様になっています。 日本人に合うように鼻の部分を盛り上げてスポンジの形を盛っているのがアジアン・フィットという物です。 海外の商品が好きであれば一度試着してみるのが大事になります。 使っていないゴーグルはスポンジがボロボロになっているので注意しよう Q スキー場で売っている安いゴーグルとお店で売っている商品の違いはどのあたりでしょう? A 一番大きな違いは曇り止めの強さですね。 3,000円で売られているゴーグルは利益重視になっているので、違いは曇りやすさに一番出ます。 曇り止めの中に水分を貯めていける量が多いのが高いモデル。 安いモデルだと許容量が少ないのであっという間に曇ります。 ただ、高いのも扱い方次第です。 1回の使用でダメになったという方のレンズを見ると、ものすごくレンズを触った痕があります。 できれば内側は曇り止めが付いているので触らないほうが良いです。 曇り止めとはレンズに透明なノリみたいなものが塗ってあるので、曇ったからといってガーっと触ってしまうと曇り止めを取ってしまいます。 できれば触らないで、軽く水分を寄せるくらいがベストです。 豊富な知識を持つ佐山さん。 ゴーグル選びに悩んだら相談してみましょう。 Q こちらでは何種類のゴーグルを置いてあるのですか? A SWANSはほとんどの種類を置いてあります。 神田近辺のお店では2番目くらいに種類は多いと思います。 お客様の好みや目の色に合わせて提案しています。 海外の方は色素が薄いので濃い色を、逆に日本人は黒目が多いので明るめの色レンズを。 もちろん日本人でも黒目が強い人、弱い人といます。 しかし、目も変わっていくので、そのときの状態にいちばん合うゴーグルを探すのが大切になるので、店員さんと相談しながら選ぶと良いでしょう。

次の

スキーのゴーグルとグローブと帽子っていくらぐらいが相場ですか?高校...

スキーゴーグル

ゴーグルは単に雪山の眩しさを和らげるだけでなく、紫外線から目を守る役割があります。 雪山の光は目に相当悪いですから、 ゴーグルを付けずにスキー・スノボを行うのはキケンです。 また、吹雪いたときには、ゴーグルがないと目を開けて滑ることすら大変なので、その意味でもゴーグルは必需品です。 ゴーグルにはスキー、スノボの区別はありません。 ゴーグルを選ぶポイントは、ミラーの色と種類、構造です。 安いゴーグルと高いゴーグルでは、値段が相当違いますが、性能もそのぶん異なります。 わかりやすく解説していきましょう。 ゴーグルのレンズの色 ゴーグルを買うときに気になるのが、レンズの色でしょう。 見た目にカッコイイ、カワイイのを選びたい、という気持ちもわかりますが、そのまえに、色による特徴の違いを見てみましょう。 オレンジ系 スキー・スノボのゴーグルで、もっともオーソドックスなのがオレンジ系のレンズです。 晴天時の太陽光の強さを抑え、曇天時にもきれいな視界が確保できます。 暗くなってからもそれなりに見ることができます。 オールマイティな色がオレンジです。 ピンク系 ピンクはもオレンジ同様、オールマイティな色です。 オレンジより一段階、暗めに強くなっていて、曇天時やナイターで見やすくなっています。 快晴時はオレンジよりも少しだけ眩しく感じるかもしれません。 イエロー系 オレンジ、ピンクに比べて、悪天候やナイターで強みがあるのがイエローです。 やや暗いときに、視界を確保しやすい色です。 反面、快晴時にはやや眩しく感じます。 ピンクよりも一段階、暗めに強い色です。 コントラストが強く見えるので、雪面の凹凸が見やすく、曇天や荒天でも比較的滑りやすいでしょう。 グレー、スモーク系 着色が薄いので、視界が広がり、見やすいレンズです。 オレンジ系やピンク系よりもさらに眩しさをカットするので、快晴時にはとても滑りやすいです。 しかし、悪天候やナイターでは視界がやや暗くなります。 ブルー系 ブルー系は、グレーよりもさらに晴天に強いレンズ色です。 コントラストが高くなり、凹凸もはっきり見えるようになります。 ただし、夕暮れ時やナイターではみづらくなります。 ミラー系 ミラー系は、光を反射してしまうレンズなので、目に入ってくる光は限られます。 快晴時にはとても見やすいのですが、ナイターではかなり見づらいです。 ミラー系は見た目は格好いいので人気はありますが、基本的には晴天向きのレンズです。 クリア 色のないレンズです。 ナイターやゲレンデなど、光が乏しい状況でも裸眼同様にはっきりと見ることができます。 ミラーとは真逆で、快晴時の日中は眩しいので使い物になりません。 結論としては、 一つだけ買うなら、オレンジ系かピンク系が便利です。 二つ持って行けるなら、快晴時用にミラータイプを持っておくと、使い分けしやすいでしょう。 可視光線透過率(VLT ゴーグルのレンズには、「 可視光線透過率」 VLT が%で記されています。 これは、レンズを選ぶ際に大切な指標です。 可視光線とは、人間の目で見える光のことです。 可視光線透過率 VLT とは、レンズの外側から内側に通過する可視光線の割合を示します。 簡単にいえば、「 どのくらい眩しいか」を示す指標です。 つまり、数値が小さくなるほどレンズ越しの視界は暗く見え、大きくなるほど明るく見えます。 レンズカラーはやや感覚的な部分がありますが、VLTは客観的な指標です。 ダブルレンズとシングルレンズの違い ゴーグルには ダブルレンズと シングルレンズがあります。 ダブルレンズというのは、レンズを2枚重ねたもので、レンズとレンズの間に空気の層ができるので、曇りにくい、というのが最大の特徴です。 スキー、スノボをしていると、レンズの曇りには悩まされることでしょう。 ダブルレンズのほうが明らかに曇りにくいので、 できるだけダブルレンズにすることをオススメします。 とくに、吹雪などの状況になったとき、シングルレンズでは使い物にならず、雪が顔に当たるのにゴーグルを着用できない、などの危険な状況に陥る可能性があります。 ダブルレンズでは、その可能性は減ります。 ただし、ダブルレンズは、2枚のレンズを使用するため視界が歪みやすいという難点があります。 高速滑走をする場合は、視界の歪みが致命的になる場合があるので、レーサーなどはシングルレンズを使うようです。 平面レンズと球面レンズ 平面レンズは、文字通り表面が平らに作られたレンズです。 ゴーグルのレンズとしてはオーソドックスで価格も安いです。 ゴーグルのフレームと同じ高さのレンズになるので、目とレンズの距離が近くなり、視界が歪みづらくワイドに視界が開けます。 多くの人の顔にフィットしやすく、レンズの交換も楽に行えるというメリットもあります。 球面レンズは、レンズが立体的に丸い形をしているものです。 平面レンズに比べて高価ですが、フレームよりもレンズが高い位置にあり、レンズ内の容積が広くなるので曇りにくいという利点があります。 また、レンズ自体も固く丈夫なので転倒時に目を守ってくれます。 ただし、平面レンズよりも視野が狭くなります。 球面レンズのほうがメリットは大きいですが、ダブルレンズとシングルレンズほどの違いはない、という気もします。 偏光レンズとは? 雪面に反射した光を「偏光」といいます。 雪山では偏光が乱反射して、雪面が見づらくなります。 偏光レンズは、こうした光のうち、ある方向の光のみをゴーグルに取り込み、不要な光をカットしてくれるという特徴があります。 そのため、 偏光レンズを付けると、雪面の凹凸などの状態が見やすくなります。 他のレンズよりも少し高価ですが、できれば装着したいところです。 UVカットレンズとは? UVとは紫外線のこと。 ゲレンデでの紫外線は非常に強いです。 紫外線がキケンであることについての説明は省きますが、雪山では四方八方から反射した紫外線が飛んでくるので、 100%UVカットのできるゴーグルを選びましょう。 広告 換気ファン付きゴーグル ゴーグルの中には、換気機能が付いたものもあります。 小さな換気ファン(換気扇)が付いていて、「 ターボファン式」「 換気式」などとして販売されています。 単4電池で作動するものが多いです。 換気機能があると、レンズの曇りを防止できます。 こうしたファンの曇り防止性能は強力で、「曇ったな」と思ってスイッチを入れると、あっという間に曇りが取れます。 ほとんどの換気ファンつきゴーグルは、センサー感知式で、レンズ内の湿度が高くなると自動的に作動します。 実際には、思うように作動しなくて、手動で換気させることが多いのですが……。 センサーはあまりあてにしない方がいいでしょう。 換気ファン付きゴーグルを使うと、他のゴーグルを使う気にならなくなります。 価格は普通のゴーグルに比べるとかなり高価ですが、それに見合う性能はあるとは思います。 ゴーグルのおすすめブランド スキー、スノボのゴーグルにはたくさんのブランドがあります。 SWANS、GIRO、UVEX、ATOMICあたりが人気メーカーです。 このなかで、日本で人気があるのは、、などでしょうか。 ゴーグルのサイズ スキー、スノボのゴーグルには、基本的にはサイズ表記はありません。 「大人用」「子供用」「メンズ」「レディス」などの違いはあり、それぞれに応じて大きさが少し異なります。 また、「眼鏡対応」というサイズもあり、これはレンズと顔の間が広く取られています。 眼鏡を掛けないのなら、ゴーグルのサイズに関してはあまり気にしなくても構いません。 顔が大きくて不安、という人には、数は少ないですが、「顔の大きい人用」という特別サイズのゴーグルも販売されています。 実際に購入するときは、できば試着したほうがいいですが、あまり気にしないで買う人も多いです。 あるいは、店頭で試着して、楽天やアマゾンで購入すると、少し安く買えます。 ゴーグルの値段の違いは? ゴーグルは、安いものだと1,000円程度で販売されていますし、高いものだと3万円くらいするものもあります。 この値段の差は、上述してきたような性能の違いによるものです。 簡単にいえば、 平面レンズでシングルレンズで、オーソドックスなオレンジ色のゴーグルで、偏光レンズでもなくファンも付いていなければ、値段は安いでしょう。 球面レンズのダブルレンズで、ミラーコーティングがしてありファンが付いていたりしたら高くなるでしょう。 広告 はじめてゴーグルを買うのなら? 初めてゴーグルを買うときは、安いものを買いたくなってしまいますが、ちょっと立ち止まって考えましょう。 平面レンズでシングルレンズだと確かに安いですが、曇りやすいのは間違いありません。 そして、ゴーグルが曇るのはとてもストレスが溜まるものです。 ですので、曇りにくいもので、比較的安価なオールマイティタイプを狙う、というのが初心者向けのゴーグル選びです。 平面タイプのダブルレンズで、オレンジかピンク色のものを買うといいでしょう。 VAT30〜50程度にしておきます。 偏光レンズは価格差を見て検討します。 ヘルメット対応か? ヘルメットを着用する場合は、ゴーグルがヘルメットに対応しているかも確認します。 対応していなくても、延長ベルトを着ければヘルメット対応にできることもあります。 延長ベルトは店舗では販売されていないことも多いので、メーカーサイトで通販で購入することになります。 できれば、最初から ヘルメット対応のゴーグルを買った方がいいでしょう。 ゴーグルを買うときの注意点 ゴーグルを買うときは、できれば実際に付けてみるのがいいでしょう。 そして、視界の広さや、見え方、顔にフィットするかどうかを確認します。 とはいえ、ゴーグルの場合、少々顔にフィットしなくても、それなりに使える、というのもまた事実です。 数千円のものですので、性能を見て、通販でえいやっと買ってしまってもいいでしょう。

次の

【楽天市場】ゴーグル

スキーゴーグル

雪を被った山々と白銀のゲレンデで非日常な空間を楽しめる「スキー」や「スノーボード」。 そんな楽しい空間をより快適に過ごすためにはゴーグルが欠かせません。 サングラスでも代用できるのではと思われるかもしれませんが、吹雪や強風が隙間から入り込んでしまうので、やっぱりゴーグルが便利。 しっかり装着できるので、転倒しても紛失する恐れもありません。 また、 UVカット機能の付いたゴーグルで、目へのダメージを軽減することも可能。 スキー場は、雪への反射や標高の高さから紫外線量が多いため、サイドも防御できるものが安心です。 スキーやスノーボードでのゴーグルの装着は、見た目以上に安全面で重要。 視界を確保するための機能もいろいろありますので、ぜひチェックして思いっきり滑れるアイテムを見つけてくださいね。 オールマイティに使うのであれば、「可視光線透過率」が50%前後の商品を選んでおくと安心できますよ。 可視光線透過率とは、ゴーグルのレンズ外から中に入ってくる人が見える光の割合のこと。 低すぎると視界が悪く、高すぎると眩しくなってしまいます。 50%前後の可視光線透過率のレンズは、晴れた日だけでなく曇りの日にも対応が可能。 天気に合わせてゴーグルのレンズをわざわざ交換する必要もありません。 ただし、昼間の使用に適した数値なため、 毎回ナイターでスキーをする方は、90%ほどの可視光線透過率の製品を選ぶのがおすすめです。 日中とナイターでは選ぶレンズが変わりますので、時間を問わず楽しみたい方は両方とも用意しておきましょう。 滑走中にレンズが曇って視界が遮られると大変危険です。 そのため、曇りにくい「ダブルレンズ」タイプのゴーグルを選ぶのがおすすめ。 2枚のレンズの間にある空気層が断熱効果を発揮し、ゴーグルの内部と外部の間に気温差が生じにくいため、曇りにくい構造になっています。 価格は少し高めですが、一旦曇ってしまうと都度ゴーグルを外す必要があるため、急な吹雪などに対応できない場合も。 どのゴーグルにも基本的に曇り止め効果はありますが、 より安全に楽しむためにもダブルレンズタイプを選びましょう。 ただし、 機能よりも価格重視で選ぶなら「シングルレンズ」もあり。 安価なものであれば2000円台から購入することもできます。 中級者コース以上での利用はあまりおすすめできませんが、麓の初心者コースで滑る方や雪遊びをする方にはおすすめですよ。 レンズの色は見た目だけではなく見え方にも関わる部分なため、天候や時間帯などを考慮して選ぶのがおすすめ。 快晴でカンカン照りの日や 明るい時間帯の場合は、コントラスト比が高いブルーや、眩しさを抑えてくれるグレーなどの濃色系がぴったりです。 晴れ間があって明るい場合でも見やすいので、オールマイティに使う方のチョイスとしておすすめですよ。 完全な曇天やナイターには、暗い場所でも視界の確保がしやすい無色のクリアやイエローなどが適しています。 レンズの色は、天候や時間帯にあった色でないとゲレンデの凸凹が見にくくなって危険です。 スキーを楽しむ時間帯に合わせて、レンズの色を選んでくださいね。 視界を広くして安心した方におすすめなのが本製品。 今まで見えなかった視界までも捉えることができ。 周辺の状況を的確に判断できますよ。 また、スミス独自の「クロマポップレンズ」採用により、鮮明なコンストラクトも実現。 雪面の凸凹がとても把握しやすく、スムーズなライン取りや危険把握もお手のもの。 「調光レンズ」採用で、天候や時間帯の変化に合わせて30%から50%の間で可視光線透過率を自動調整してくれる優れものです。 レンズ交換をする手間が省けますよ! また、 合わせてクロマポップレンズも採用し、現在いる状況での最高の視野を提供してくれるのが嬉しいポイント。 もちろん雪面の凸凹も把握しやすく、ストレスフリーで快適なスキーやスノボーを楽しむことが可能です。 可視光線透過率 30%~50% レンズ種類 ダブル レンズ形状 球面 レンズ色 Photochromic Rose Flash(調光) UVカット - その他の機能 調光レンズ コスパ重視でお探しの方は、こちらを選ぶと満足できますよ。 UV400カットやメガネ対応にダブルレンズなど、必要な機能が揃いながら安価なのが最大の魅力。 旅行でスキーやスノボーをするという方や、とりあえず購入するという方にもぴったりです。 また、 安価でありながら、4種類のレンズ色を選べる点も嬉しいところ。 友達と一緒に購入しても、それぞれで個性を出すことができますよ。 球面レンズ採用で耐久性が高く、転倒しても壊れにくいのも特徴です。 とてもコスパが良いので、初心者の方には特におすすめのスキーゴーグルです。 9%以上カット) その他の機能 メガネ対応 調光レンズ - メガネ対応・フレームレス メガネ対応・フレームレス - - 偏光レンズ・メガネ対応 - 偏光レンズ・メガネ対応(小型のみ) 商品リンク• スキーゴーグルはメンテナンスが必要不可欠!まず大前提として、 スキーゴーグルを保護するためにハードケースに入れることが重要。 単体でバッグに入れてしまうと、圧力でフレームが歪んでしまうことがあるため注意しましょう。 スキーやスノボーを楽しんだら、できればフレームからレンズを取り、1日間ほど乾燥をさせます。 水洗いできるレンズの場合は、乾燥させる前に軽く水洗いを行いましょう。 水滴は、専用のクロスで優しく拭き取ります。 雑巾やタオルなどで拭いてしまうと、レンズの色が剥がれてしまうので注意してくださいね。 乾燥剤は100円ショップなどでも売られていますので、事前に準備しておきましょう。 湿気対策をすることで、曇り止め効果をより長持ちさせることができますよ。

次の