韓国ドラマ 秘密 最終回。 仮面の秘密【韓国ドラマ】キャスト・最終回感想・視聴率・彼女はと言えば

韓国ドラマ【秘密と嘘】のあらすじ121話~122話(最終回)と感想

韓国ドラマ 秘密 最終回

本作の視聴率は初回は5. 3%というものでしたが、最終回には18. 9%と3倍以上に跳ね上がった作品です! そして2013年のKBS演技大賞においてもチソンさんとファン・ジョンウムさんの二人が最優秀演技賞とベストカップル賞を受賞したのをはじめ、合計7冠に輝くことになりました。 主演の二人はのちにドラマ『キルミー・ヒールミー』でも共演しており、そこでも相性の良さを発揮しています。 チソンさんは日本での人気も高く、代表作にはハ・ジウォンさんと共演した『太陽の誘惑』や、イ・ビョンホンさん出演作『オールイン 運命の愛』、医療ドラマ『ニューハート』、歴史ドラマ『鉄の王キム・スロ』など様々なタイプの作品があります。 ヒロイン役のファン・ジョンウムさんはアイドル出身の女優として知られ、2009年のシットコム『明日に向かってハイキック』のビット以降、『ジャイアント』『私の心が聞こえる?』『お金の化身』『彼女はキレイだった』など主演ドラマはヒット作ばかりです。 本作での悪役を演じているぺ・スビンさんは、『朱蒙チュモン』『トンイ』といった大作時代劇などで知られる一方、『華麗なる遺産』や『私の期限は49日』にも出演しています。 そしてぺ・スビンさんと共に主人公たちを陥れようとする悪女役には、『悲しき恋歌』や『太王四神記』のイ・ダヒさんが起用されています。 この他にも『君の声が聞こえる』といったヒット作や『ビッグマン』などにも出演し抜群のスタイルと美貌を披露しています。 メインの4人以外の出演者は、存在感抜群の会長役でお馴染みのイ・ドクファさん、名バイプレイヤーとして様々な作品に出演するチョ・ミリョンさんにイ・スンジュンさん、父親母親役でお馴染みのカン・ナムギルさん、カン・シニルさん、ヤン・ヒギョンさんと、ベテラン陣が多く出演しています。 そして物語のキーマンの一人であるジヒ役のヤン・ジンソンさんは、ドラマ『百年の花嫁』『私の残念な彼氏』のヒロイン役などで知られています。 彼女は歌手として本格デビューする前にドラマ『ドリームハイ2』で俳優デビューしています。 OSTも数多く手掛けており、『運命のように君を愛してる』『輝くか、狂うか』『トッケビ』などに参加しています。 本作のOSTには他にも、チソンさんによる「嵐の丘」や、「Navi feat. スポンサーリンク 秘密【韓国ドラマ】 あらすじ ホテルグループの御曹司であるチョ・ミニョク(チソン)は、恋人ジヒ(ヤンジンソン)との仲を父親に引き裂かれ、国会議員の娘であるシン・セヨン(イダヒ)との政略結婚を持ち掛けられていました。 ミニョクとセヨンは幼馴染みで、セヨンは政略結婚に対しても割り切っているようでしたが、実はミニョクの事を深く愛していました。 一方、製菓店の娘カン・ユジョン(ファンジョンウム)は、恋人である司法試験浪人生のアン・ドフン(ペスビン)を7年に渡って支えてきました。 そのかいもあってドフンは見事司法試験に合格し、検察官となります。 そしてドフンはユジョンにプロポーズするのですが、その夜ジヒをひき逃げし死なせてしまいます。 そんな事は知らないユジョンはドフンの為にと車を修理に出すのですが、その事からユジョンはひき逃げ容疑者と見なされてしまい・・・。 最愛の恋人ジヒを失ったミニョクはユジョンへの復讐を誓うのでした。 スポンサーリンク 秘密【韓国ドラマ】 みどころ 相手を愛してしまうという愛と復讐のラブロマンスです。 復讐のドラマでありながらもラブラインの占める割合が大きいのも特徴ですし、財閥の御曹司が悪事を働くのではなく、登場人物それぞれがちょっとした行動を起こさなかったせいで皆が不幸になってしまったという流れの作品です。 彼のためを思って身代わりとなり、そのせいで悪人へと変わってしまうのを防げなかった女、権力と野望のために長年彼を支え続けた彼女を捨てた男、深い愛が憎しみへと変わってしまった女、愛する人を殺した犯人に近づくもその犯人を愛してしまった男、政略結婚の為に女を追い詰めた者たち、そして罪に気付いていたのに見て見ぬふりをしていた親たちなど、タイトルからも分かるように色んな人物が秘密を持っていて、その積み重ねによって不幸の連鎖が起きてしまいます。 ミニョクとユジョンとの関係はどうなるのか、そして真犯人に罪を償わせることが出来るのかに注目です! スポンサーリンク 秘密【韓国ドラマ】感想と評価・評判 本作は韓国の復讐のドラマにしては、組織的な犯罪だったり権力の腐敗を描いたというものではありません。 その分、一人一人のちょっとした気の迷いや過った行動によって犯罪が起きてしまうというのがリアルに感じられました。 ドフンのしたことは決して許されるものではないのですが、周りにそれを諭したり本当に彼のためを思っていたことや行動をする人が居なかったのには同情するところも。 このドラマは傍観者の罪深さや、愛の裏表が描かれていて、自分のちょっとした行動によって人が幸せにも不幸にもなるということを分かっていない人が多かったように思います。 これまでの復讐ドラマは、あり得ない展開や設定が気になって物語に入り込めない!なんてものも多かったのですが、本作は事件としては地味な感じですが細かいところまでキッチリとした作品でした。 財閥や政治家などが登場するは韓国ドラマお決まりのものですが、メロドラマとしては他の作品よりは大人し目ですし、メインキャストの演技力にも引き込まれました。 ただ、やはり始まりから数話は徹底的に重苦しい展開で、特にユジョンの不幸の連鎖は酷く、この見ていて辛い展開が何話も続くんです。 その後、主人公の感情が復讐から愛へとシフトしていくと面白くなってくるんですが、そこまで我慢しなければならないというのはどうも苦手です。 何作かこのパターンを見ていると、「またかぁ」と見る気が失せてしまうんですよね。 まあこれは、沢山ドラマを見ていると人の感想ですが、我慢するのが当然という流れは考え直してほしいですね! 最終回の展開は賛否両論あるようですが、個人的には正解だと思います。 ドフンのしたことは何を言われても許せませんでしたが、ちゃんと罪を償わせているのは納得です。 ただ、色々あった二人がこれまでの辛いことを思い出させる相手と本当に幸せになれるのかは疑問で、二人のラブラブなシーンにもそこまで引き込まれませんでした。 まぁ、当事者じゃないとどんな気持ちかなんて分かりませんけどね。 まとめ:重い展開の好き嫌いはありますが、サスペンスとしてもラブロマンスとしても見応え十分な作品でした! キャラクター設定もちゃんとしていて、この手のドラマにありがちな突っ込みどころもなく、出演者たちの演技力にも引き込まれました。 最後に 基本的にはこの手のドラマは苦手なジャンルなのですが、それは登場人物の行動に突っ込みどころが多かったり、あり得ない設定や展開の為にストーリーに入り込めないからです。 しかし、本作の場合は悪人であってもその行動がちゃんと考えられていて、何故悪事に走ったのかも理解出来る部分もあったから苦手でも見ることが出来ました。 全てが完璧とは言えないですし、個人的には主人公の二人が再共演した『キルミー・ヒールミー』の方が大好きですなんですが、韓国の復讐ドラマの中ではかなりの良作だと思いますよ!.

次の

韓国ドラマ|秘密と嘘のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

韓国ドラマ 秘密 最終回

本作の視聴率は初回は5. 3%というものでしたが、最終回には18. 9%と3倍以上に跳ね上がった作品です! そして2013年のKBS演技大賞においてもチソンさんとファン・ジョンウムさんの二人が最優秀演技賞とベストカップル賞を受賞したのをはじめ、合計7冠に輝くことになりました。 主演の二人はのちにドラマ『キルミー・ヒールミー』でも共演しており、そこでも相性の良さを発揮しています。 チソンさんは日本での人気も高く、代表作にはハ・ジウォンさんと共演した『太陽の誘惑』や、イ・ビョンホンさん出演作『オールイン 運命の愛』、医療ドラマ『ニューハート』、歴史ドラマ『鉄の王キム・スロ』など様々なタイプの作品があります。 ヒロイン役のファン・ジョンウムさんはアイドル出身の女優として知られ、2009年のシットコム『明日に向かってハイキック』のビット以降、『ジャイアント』『私の心が聞こえる?』『お金の化身』『彼女はキレイだった』など主演ドラマはヒット作ばかりです。 本作での悪役を演じているぺ・スビンさんは、『朱蒙チュモン』『トンイ』といった大作時代劇などで知られる一方、『華麗なる遺産』や『私の期限は49日』にも出演しています。 そしてぺ・スビンさんと共に主人公たちを陥れようとする悪女役には、『悲しき恋歌』や『太王四神記』のイ・ダヒさんが起用されています。 この他にも『君の声が聞こえる』といったヒット作や『ビッグマン』などにも出演し抜群のスタイルと美貌を披露しています。 メインの4人以外の出演者は、存在感抜群の会長役でお馴染みのイ・ドクファさん、名バイプレイヤーとして様々な作品に出演するチョ・ミリョンさんにイ・スンジュンさん、父親母親役でお馴染みのカン・ナムギルさん、カン・シニルさん、ヤン・ヒギョンさんと、ベテラン陣が多く出演しています。 そして物語のキーマンの一人であるジヒ役のヤン・ジンソンさんは、ドラマ『百年の花嫁』『私の残念な彼氏』のヒロイン役などで知られています。 彼女は歌手として本格デビューする前にドラマ『ドリームハイ2』で俳優デビューしています。 OSTも数多く手掛けており、『運命のように君を愛してる』『輝くか、狂うか』『トッケビ』などに参加しています。 本作のOSTには他にも、チソンさんによる「嵐の丘」や、「Navi feat. スポンサーリンク 秘密【韓国ドラマ】 あらすじ ホテルグループの御曹司であるチョ・ミニョク(チソン)は、恋人ジヒ(ヤンジンソン)との仲を父親に引き裂かれ、国会議員の娘であるシン・セヨン(イダヒ)との政略結婚を持ち掛けられていました。 ミニョクとセヨンは幼馴染みで、セヨンは政略結婚に対しても割り切っているようでしたが、実はミニョクの事を深く愛していました。 一方、製菓店の娘カン・ユジョン(ファンジョンウム)は、恋人である司法試験浪人生のアン・ドフン(ペスビン)を7年に渡って支えてきました。 そのかいもあってドフンは見事司法試験に合格し、検察官となります。 そしてドフンはユジョンにプロポーズするのですが、その夜ジヒをひき逃げし死なせてしまいます。 そんな事は知らないユジョンはドフンの為にと車を修理に出すのですが、その事からユジョンはひき逃げ容疑者と見なされてしまい・・・。 最愛の恋人ジヒを失ったミニョクはユジョンへの復讐を誓うのでした。 スポンサーリンク 秘密【韓国ドラマ】 みどころ 相手を愛してしまうという愛と復讐のラブロマンスです。 復讐のドラマでありながらもラブラインの占める割合が大きいのも特徴ですし、財閥の御曹司が悪事を働くのではなく、登場人物それぞれがちょっとした行動を起こさなかったせいで皆が不幸になってしまったという流れの作品です。 彼のためを思って身代わりとなり、そのせいで悪人へと変わってしまうのを防げなかった女、権力と野望のために長年彼を支え続けた彼女を捨てた男、深い愛が憎しみへと変わってしまった女、愛する人を殺した犯人に近づくもその犯人を愛してしまった男、政略結婚の為に女を追い詰めた者たち、そして罪に気付いていたのに見て見ぬふりをしていた親たちなど、タイトルからも分かるように色んな人物が秘密を持っていて、その積み重ねによって不幸の連鎖が起きてしまいます。 ミニョクとユジョンとの関係はどうなるのか、そして真犯人に罪を償わせることが出来るのかに注目です! スポンサーリンク 秘密【韓国ドラマ】感想と評価・評判 本作は韓国の復讐のドラマにしては、組織的な犯罪だったり権力の腐敗を描いたというものではありません。 その分、一人一人のちょっとした気の迷いや過った行動によって犯罪が起きてしまうというのがリアルに感じられました。 ドフンのしたことは決して許されるものではないのですが、周りにそれを諭したり本当に彼のためを思っていたことや行動をする人が居なかったのには同情するところも。 このドラマは傍観者の罪深さや、愛の裏表が描かれていて、自分のちょっとした行動によって人が幸せにも不幸にもなるということを分かっていない人が多かったように思います。 これまでの復讐ドラマは、あり得ない展開や設定が気になって物語に入り込めない!なんてものも多かったのですが、本作は事件としては地味な感じですが細かいところまでキッチリとした作品でした。 財閥や政治家などが登場するは韓国ドラマお決まりのものですが、メロドラマとしては他の作品よりは大人し目ですし、メインキャストの演技力にも引き込まれました。 ただ、やはり始まりから数話は徹底的に重苦しい展開で、特にユジョンの不幸の連鎖は酷く、この見ていて辛い展開が何話も続くんです。 その後、主人公の感情が復讐から愛へとシフトしていくと面白くなってくるんですが、そこまで我慢しなければならないというのはどうも苦手です。 何作かこのパターンを見ていると、「またかぁ」と見る気が失せてしまうんですよね。 まあこれは、沢山ドラマを見ていると人の感想ですが、我慢するのが当然という流れは考え直してほしいですね! 最終回の展開は賛否両論あるようですが、個人的には正解だと思います。 ドフンのしたことは何を言われても許せませんでしたが、ちゃんと罪を償わせているのは納得です。 ただ、色々あった二人がこれまでの辛いことを思い出させる相手と本当に幸せになれるのかは疑問で、二人のラブラブなシーンにもそこまで引き込まれませんでした。 まぁ、当事者じゃないとどんな気持ちかなんて分かりませんけどね。 まとめ:重い展開の好き嫌いはありますが、サスペンスとしてもラブロマンスとしても見応え十分な作品でした! キャラクター設定もちゃんとしていて、この手のドラマにありがちな突っ込みどころもなく、出演者たちの演技力にも引き込まれました。 最後に 基本的にはこの手のドラマは苦手なジャンルなのですが、それは登場人物の行動に突っ込みどころが多かったり、あり得ない設定や展開の為にストーリーに入り込めないからです。 しかし、本作の場合は悪人であってもその行動がちゃんと考えられていて、何故悪事に走ったのかも理解出来る部分もあったから苦手でも見ることが出来ました。 全てが完璧とは言えないですし、個人的には主人公の二人が再共演した『キルミー・ヒールミー』の方が大好きですなんですが、韓国の復讐ドラマの中ではかなりの良作だと思いますよ!.

次の

家族の秘密 あらすじ 102話~103話(最終回) ネタバレ

韓国ドラマ 秘密 最終回

【家族の秘密のあらすじの概要】 財閥一族の長男テソン キム・スンス と結婚し嫁いだジョンヨン シン・ウンギョン は家内では息苦しい日々の毎日でした。 そんな時、心の支えである娘が婚約式当日に突然と行方不明になってしまう。 ジョンヨンは娘を捜す中、財閥家の家族が持つ嫉妬と欲望、それぞれが隠し持つ秘密に気づき始める。 不倫や出生の秘密など韓国ドラマのヒット要素を満載に盛込んだ復讐劇ドラマ。 【家族の秘密-あらすじ-102話~103話 最終回 】 家族の秘密 あらすじ 102話 テヒの取調べは終わり、送検され、ついに裁判の日を迎えます。 これでテヒを法的に罰することができる・・。 ジョンヨンをはじめ彼女から被害を被った人達は 安堵の気持ちを抱いていたのだった。 他方、テヒは捕まってもウンビョルの心の傷はまだ癒えていません。 それどころか、彼女に過去の記憶がある限り これからも苦しみ続けることになるかもしれません。 そして今でさえ、ウンビョルは精神的な苦痛に悩まされています。 傷だらけの娘をそばから見ていたジョンヨンは、胸を苦しくするばかりでした・・。 テヒの裁判が行われても、自分の戦いはまだまだ続く。 ジョンヨンは新たな気持ちで心を引き締めます。 他方、テヒがいなくなったことでジョンヨンとウンビョルは 平穏が訪れると思っていたのだった。 けれども二人の前に、ふたたびテヒが姿を見せます! 自分だけがこのまま落ちぶれていくなんて・・ 許せない・・ そう言ってテヒは大騒ぎこころみます。 ジョンヨンとウンビョルに対するテヒの執念は、彼女が独房にでも 閉じ込められない限り、何度でも襲ってくるかのようでした。 それもそのはず、テヒはすでに精神に異常をきたしていたのだった。 精神鑑定が行われており、テヒは精神疾患判定を 受けていたのでしたが、裁判中に一人で脱走してきたのでした。 そんなテヒの異常さにジョンヨンは驚きますが、けれどもそれと同時に 彼女に対する怒りの気持ちもこみ上げてきます…。 家族の秘密 あらすじ 103話 最終回 どれだけ人に危害を加えても 決して反省も後悔もしてこなかったコ・テヒ。 そんな彼女の心にもようやくある変化が訪れます。 自分がこれまでどんなことをしてきたか、どんな罪を犯してきたか そのことを静かに振り返りながら、ようやく後悔の涙を流こころみます。 とんでもないことをしでかした・・失われた時間はもう戻せない・・。 そして自分がやってきた一つ一つの重大な罪は どれも取り返しのつかないものばかり。 人生の最後にテヒは自分の過去と正面から向き合いたのだった。 そしてテヒはこの世を去ります・・。 ジョンヨンとウンビョルにとっては、自分たちの人生を大きく狂わした相手。 また数々の苦しみを背負わされたその張本人がテヒでした。 二人にとっては今でも過去のことを思えばいたたまれない気持ちになります。 悔しくて悔しくて、復讐してもしきれないほど憎い相手でもあります。 けれどもそれでも、ジョンヨンとウンビョルはテヒを許こころみます。 彼女の墓前の前に行ったとき、二人は彼女を憎むことができなかったのでした。 テヒが自分たちに犯した罪を知りながらも・・。 むしろ、ウンビョルはテヒに向かって意外な言葉をかけます。 「どうか心が安からになりますように・・」と。 ジョンヨンもあれほど憎んでいた相手に、今ならあなたを許せると言ったのです。 ジョンヨンにもウンビョルにも、もはやわだかまりはありません。 テヒはとても大変な人生を送っていましたが ジョンヨンはそのことに気づき理解するようになっていたのだった。 そして彼女の孤独な人生が自分とダブそれでもあると考えたようでした。 こうして、ジョンヨンとテソンは旦那婦で力を合わせて 困難を乗り切ることができました。 ウンビョルを誘拐されたときは絶望の淵になりましたが それでも二人意は家族を守りきったのでした。 ジョンヨンはジュンヒョクと指輪を交換していましたが 彼を選ばずテソンのところへ戻りました。 ジュンヒョクはとてもいい人、頼りになる人、愛してもいた。 でも・・ジョンヨンはテソンのそばを離れることができなかったのでした。 それに対してテソンも、自分の隣に座るのは ジョンヨンしかいないと告げました。 やがて、テランとミョンソクの結婚式が行われます。 家族が久しぶりに全員集合して二人の門出を祝福こころみます。 そこではもう憂いの表情は見当たらず 家族全員が満面の笑みをたたえていました・・。 そしてジョンヨン、テソン、ウンビョルの人生が再出発します…。

次の