猫 離乳食。 子猫の離乳食はいつから始めていつまであげる? 気になる疑問を解決!

子猫のミルク・ご飯の作り方、離乳方法【量、時間、回数、注意点】

猫 離乳食

ライフステージによっておすすめの猫の食事が変化するのはご存知でしょうか?大きく分けて「子猫時代」「成猫時代」「シニア時代」で各々猫達の必要栄養は変化していきます。 この度は子猫時代に摂取する離乳食について種類や与え方、通販や市販での選び方からおすすめ離乳食ベスト18をご紹介いたします。 母猫と一緒のフードはおすすめではないの?とお思いになるかもしれませんが、子猫は身体を作るために高栄養が必要となります。 逆に母猫以外の成猫に子猫用フードも与えない方が良いという事ですからご注意くださいね。 離乳食は母乳等のミルクから子ねこ用フードに切り替える橋渡しに子猫が食べるキャットフードです。 母猫がいれば母乳の終了する生後30日前後から乳歯の生え揃う 生後6週〜8週齢までを目安に離乳食を与えます。 離乳食は子猫がミルクを飲む事からフードを食べる事に移行する期間です。 水分の多いスープ状から固形物への移行でもあります。 スムーズに移行するためにもおすすめの離乳食を与えましょう。 粉末、ペースト、ムース、ドライと様々ですが総合栄養食と書いてあるおすすめの離乳食、総合栄養食と書いていない場合はトッピングなどにしてもよいでしょう。 離乳食に移行する時は子猫のウンチの様子を観察しながら離乳食の量を増やし1〜2週間で移行します。 新しい食べ物を摂取すれば猫の腸内環境が変化しますので軽くうんちが緩む可能性がありますが、元気も食欲もあればひとまず様子を見てください。 長期間に渡り下痢が続く時は病院を受診します。 おすすめの離乳食から子猫用のドライフードやウエットフードに移行する際はドライフードをふやかしたりウエットフードを崩す事でスムーズにできます。 あくまでも子猫のペースを守り食べないからと言って早急に移行はしないでくださいね。

次の

授乳と離乳タイミング

猫 離乳食

仔猫である期間は、生まれてから生後3週くらいまでの「授乳期」、生後1ヶ月前後~2ヶ月の「離乳期」、その後1歳までの「発育期」に分けられます。 授乳期 生まれたばかり まだ、へその緒がついている状態です。 目も開いていないので、何も見ることができません。 生まれてすぐは歩くことができませんが、数日で這うことはできるようになります。 生後10日ほどで目が開き始めます。 体重は約100g前後です。 生後1週 この時期になると、ほとんどの仔猫の目が開きます。 また、へその緒が取れて、自分の足を舐めたり、前足で顔をこすったり、小さいながらも猫らしい仕草を見せるようになります。 体重は約150~200gほどです。 生後2週~3週 生後2週間で、カラダ全体を地面につけるような姿勢でバランスをとりながら歩行をします。 次第に乳歯が生え始めるのもこの時期です。 体重は200~300gほどです。 生後3週間くらいから、しっかりと四肢で歩行をします。 猫にとっては、小さな部屋でも大冒険をしている気持ちでしょう。 乳歯はだんだんと生えそろってきます。 体重は300~400gほどです。 離乳期 生後1ヶ月前後~2ヶ月 生後1ヶ月前後から、離乳期に入っていきます。 ミルク以外の食べ物にも興味を持ち始め、ミルクだけの食事から、離乳食へとシフトしていくことになります。 活発に動き回るようになり、母猫から様々な見本を見せてもらいながら学習をし始めるのもこの時期の特徴です。 体重は生後1ヶ月で400~500gほど、2ヶ月で950g~1. 0kgほどになります。 発育期 生後2ヶ月~ 生後2ヶ月を過ぎると、体重が増え、カラダつきがしっかりし始めるのが特徴です。 固いままのドライフードなども徐々に食べられるようになってきます。 生後3ヶ月~ この時期になると、ほとんどの猫がドライフードをそのまま問題なく食べられるようになります。 体重は約1. 0~1. 5kgほどです。 生後4ヶ月~ とてもやんちゃな時期です。 ご飯をたくさん食べたがりますが、胃袋が小さいので、一度にたくさん食べることはできません。 1日3~4回に分けて食べさせましょう。 生後5ヶ月~ この頃から胃袋も大きくなってくるので、一度の食事で食べられる量が増えてきます。 仔猫の様子をみながら、食事の回数を1日2~3回に減らすことも可能です。 ただ、猫は少量ずつ何度も食べることがカラダに合っているので、1日3~4回に分けてあげることができるなら、それを続けてあげましょう。 生後6ヶ月~ この時期は、永久歯が完全に生えそろいます。 この頃に発情期を迎えるケースもあります。 体重は2. 5~3. 0kgほどです。 生後7ヶ月 オス・メス共に発情が始まる時期です。 メスなら大きな声で鳴くようになり、オスもメスも外に出たがるようになる場合もあります。 生後8~10ヶ月 この頃になると、体重の変化が少なくなります。 ほぼ、成猫と同じカラダの状態になります。 生後11~12ヶ月 生後8~10ヶ月の頃に比べて大きな変化はみられません。 生後3~4週で離乳が始まります。 子猫はお乳以外の食餌を食べはじめます。 生後6~10週で離乳は完了します。 母猫に育てられていると、こんなに早く離乳が完了します。 野良猫ちゃんなら、このペースで離乳が完了します。 3~4週 固形物を食べ始めるが、カロリー摂取の95%は母乳から摂取します。 5~6週 固形物から30%のカロリー摂取し、残りは母乳から摂取します。 固形物の摂取は、子猫が完全に母乳に頼らなくなるまで徐々に増えていきます。 離乳初期では、かなり母乳を飲んでいます。 固形物として5%の離乳食ってどれぐらい必要かというと、生後1ヶ月で96㌍必要で、それの5%というと、4. 75㌍を固形物でとります。 短毛種は6週例で離乳。 純血種では、8~9週例で離乳。 離乳の長期化は、子猫の成長、免疫系の成熟に時間をかけることによって、離乳後期の死亡率を下げます。 子猫は20週齢ごろまで、1週間で約100g体重が増加します。 30週齢で体長が成猫の80%になると、成長速度がゆるやかになります。 40週齢(10ヶ月)で成猫の体重になります。 12ヶ月以上になると、体重はさらに増えて、筋肉が発達し、成熟期を迎えます。 そうすると、授乳時に乳首を噛まれて痛いので、母猫が授乳を嫌がり、子猫に離乳を促します。 そして、自分の餌場に子猫を連れて行くようになるので、子猫は次第に離乳していきます。 子猫(短毛種の雑種)は、1~1. 5ヶ月齢(約450g~600g)で離乳を始めて、徐々に固形物の量が増えて行き、2ヶ月齢くらいまでに完全離乳をする子が多いです。 (長毛種だと、さらに2週間ほどかかります。 ) 母猫の性格によっては、2ヶ月齢を過ぎても授乳していることはありますが、栄養補給というよりスキンシップの維持です。 5ヶ月齢くらいになると毎日150mlほど必要になります。 母乳の80%ほどは水分なので、母乳だけ飲んでいると直ぐに満腹になってしまい、必要カロリーを満たすほどは飲めないと思います。 複数の子猫が居れば、母乳が足りなくなります。

次の

子猫の離乳食、1日にあげる回数やタイミングはどれくらい?

猫 離乳食

子猫を飼っていて迷うのが、離乳食に切り替えるタイミング。 それまで子猫用ミルクだけ飲んでいた子猫に、乳離れをしてもらわなければなりません。 上手に離乳食に移行する方法とタイミング、それから離乳食を卒業する時期までまとめて解説します! 「歯が生えてきたころ」に離乳開始 子猫用ミルクを卒業して、徐々に離乳食に移行する目安は、子猫に歯が生えてきたころ。 週齢でいうと生後4週齢くらいが目安です。 子猫の口を開けて、歯ぐきを優しく触ってみましょう。 少し堅いものの存在を感じられるようになります。 もし正確な週齢が分からなくても歯が生えてきたことが離乳食開始のサインになります。 最初は離乳食+ミルクから ペットショップに行くと、子猫用の離乳食が売られています。 お湯で溶いてペースト状にできたり、最初からムース状になっていて、それまでミルクだけ飲んできた子猫でも、食べやすい工夫がされています。 ただ、最初は子猫が離乳食を食べ物だと思わないかもしれません。 まず指先に離乳食をつけて、子猫の上あごに塗りつけてみましょう。 「離乳食は味があって、食べられるものなんだ」ということを子猫に認識してもらうのです。 最初は、離乳食にそれまで飲んでいた子猫用ミルクを半分ほど混ぜてあたえましょう。 下痢などしないかどうか、様子を見ながら1回に1口程度から始めます。 便の調子もよく、下痢などの問題がないなら、欲しがるだけあたえてもかまいません。 このころになると、子猫は自分で食べる量を調節できるようになっています。 もし離乳食を食べさせて下痢をしたり、ミルクも口にしないような状態になったら、すぐに動物病院を受診しましょう。 離乳食を食べることに慣れてきたら、徐々に子猫用ミルクの量を減らして、離乳食の割合を増やすようにします。 与える頻度は、1日3~4回を目安にしましょう。 生後8週齢を目安に子猫用フードに移行 ミルクを混ぜない離乳食と水の食事に慣れてきたら、徐々に子猫用フードを加えていきます。 成長して好き嫌いがなるべく出ないよう、ドライタイプのフード(カリカリ)だけでなく、ウエットフードも合わせて与えていきたいところ。 最初は離乳食に、お湯でふやかしたドライフードを少し足して与えます。 ドライフードを食べるようになったら、徐々にその割合を増やしていきます。 すべてドライフードになったら、ふやかす水分の量を調節して、硬いままでも食べられるようにしていきます。 同時に新鮮な水を、いつでも飲めるように用意することも忘れないでください。 注意したいのは、「総合栄養食」とかいてあるフードを与えること。 このフードと水だけで子猫が必要とする栄養をまかなうことができるタイプのフードです。 「一般食」という表示のあるフードは、いわば「おかず」で、それだけでは必要な栄養を満たすことができないのです。 子猫用フードに移行完了する時期の目安は、生後8週齢。 このころになると体重は1キログラム前後になっているはず。 ここから1才になるまでは、子猫用フードを与えるようにしましょう。 体がどんどん成長する時期なので、成猫用より高カロリーになっています。 1才になったら成猫用フードに切り替え 個体差はありますが、1才になったときの体重の目安は約2キログラム。 ずっと高カロリーの子猫用フードを与え続けると、肥満の原因になってしまうので、このタイミングで成猫用フードに切り替えていきます。 新しいフードにいきなり切り替えると食べない場合や下痢などをする猫もいますので、それまで食べていたフードを少しずつ新しいフードに置き換えて、時間をかけてその割合を増やしていくとフードの切り替えがスムーズに進みます。 子猫の離乳食、手作りするなら? 子猫のこの時期は、体が大きく成長する時期。 たくさんの栄養がバランスよく必要になるので、人間用の食材を使った手作り食はNGです。 また、手作り食を子猫のころから与えることで、ドライフードを食べなくなってしまう可能性も考えられます。 もし市販の離乳食だけでは物足りないのなら、子猫用粉ミルクの粉を振りかけてみたり、ウエットフードを少しだけトッピングしてみたり、子猫用のフードの組み合わせを変えてみて。 また、食いつきが悪いときは温度が問題なのかも。 熱すぎず冷たすぎず、ぬるま湯でふやかして、人肌になるよう気を配ってみましょう。 オススメ離乳食 子猫用ミルクからドライフードまでの間に使える、子猫用離乳食をご紹介。 お湯で溶いて硬さを調節できるタイプから、母猫の栄養補給にも使えるタイプまで、用途に合わせてお使いください。 JPスタイル 幼猫用離乳食 生後20日以降の幼猫のための国産離乳食。 バチルスサブチルス(活性菌)・ビフィズス菌・カルシウム・ビタミンEなど、幼猫期の発育と健康維持に必要な栄養素がバランスよく豊富に含まれた総合栄養食です。 ネコちゃんの離乳食 ネコちゃんの離乳食です。 お湯を加えてちょうどいい硬さにできます。 FHNウェット マザー&ベビーキャット 離乳期の子猫が食べやすいムース状で、母乳から離乳食への移行をスムーズにします。 妊娠後期から授乳期の母猫にも与えられます。 まとめ 離乳食開始のタイミングは、子猫に歯が生えてきたころ。 徐々に離乳食に切り替えていって。

次の